キット チャンネル 暴力。 キットチャンネル原英翔の現在!木本奏太に暴行で逮捕・炎上騒動・最新情報も総まとめ【動画多数】

キットチャンネル奏太(かなた)失踪の理由は?活動休止や解散|実はデマでドッキリ?

キット チャンネル 暴力

より チャンネル登録者数11万8000人を誇るYouTuberが、交際相手の女性に暴行を加え逮捕された。 らんまくんは、「〇〇を歌ってみた」などの動画で人気を博し、ツイキャスやライブなどでもファンを広げていた。 事件が明るみに出た発端は、3年間交際していたという女性がツイッター上で「昨日らんまくんは泥酔して私に暴力振るってきたので通報して逮捕してもらいました」と暴露したことによる。 その後、らんまくんのツイッターやYouTubeの更新が止まっていたが、23日夜にツイキャスにて本人が事件の詳細を語った。 らんまくんは交際女性と酒を飲んだが、彼の自宅に向かう途中で口論となり、自宅にて暴力を振るった。 その後、女性が警察に通報して逮捕されたという。 現時点で、らんまくんは相手女性への接触が禁止されており、まだ謝罪もできていないと明かした。 そのため、生配信で相手女性とファンに向けて謝罪コメントを述べた。 女性と交際中、ほかの女性と関係があり、喧嘩をしたことがあるとも告白。 その時には許してもらったというが、別れたり付き合ったりを繰り返したという。 視聴者から「日常的に暴力を振るっていたのか」と聞かれると否定したが、過去に暴力を振るったことはあると認めた。 今回、警察に逮捕されたあと48時間勾留され、地検に送られて検察官に事情を話し、裁判官とも話した結果、さらなる勾留の必要はないとして釈放されたという。 勾留所、地検などに身柄を拘束されていた期間は4日にわたるという。 6畳ほどのスペースで過ごし、そこで自身の犯した罪を反省したと明かした。 現在、女性とは弁護士を通してしか話せない状況であるとしつつ、「しっかりと謝罪をさせていただこうと思います」と決意を表明した 今後の配信活動についてはこれから考えるとしつつも、「難しいと思っている」「休止、引退も考えている」と見解を述べた。 3月28日にワンマンライブを予定していたが、開催するか否かについては関係者と協議して決めるという。 最近、人気YouTuberが逮捕される事件が相次いでいる。 昨年6月にはワタナベマホトが交際中の女性に暴力を振るって逮捕され、今年2月に活動を再開させた。 また、今月に入ってからは、よりひとが同居女性に暴行して警察から事情聴取を受けたほか、「キットチャンネル」の原英翔が相方の木本奏太に暴力を振るって傷害を与えて逮捕された。 若者が簡単に参入できるYouTubeでは、気軽に動画を上げて収入を得られるようになることもあり、社会的な教育を受ける機会のないまま活動している人も少なくない。 そのような人物が大きな影響力を持つことを懸念する声は以前から多々ある。 YouTubeが社会インフラとして広まりつつある現状を鑑みると、こういった非社会的な行動をとったYouTuberを再教育する制度を構築する必要もあるのかもしれない。 (文=編集部).

次の

LGBTのYouTuber「キットチャンネル」の原英翔が相方への暴行で逮捕される

キット チャンネル 暴力

2人組YouTuberキットチャンネルの英翔こと原英翔(えいと)容疑者が、相方の奏太こと木本奏太(かなた)に暴行したとして、傷害容疑で逮捕されることが、週刊新潮で報じられた。 新潮によると、英翔は奏太にパワハラを日常的に行っており、1日のスケジュールを管理するなど洗脳していたという。 そんな奏太へ今後について聞いたところ、「もう一緒に活動することはできません」などとコメント。 キットチャンネルは解散するとみられる。 スポンサードリンク キットチャンネル英翔こと原英翔、相方の奏太こと木本奏太に暴行し逮捕!パワハラ・スケジュール管理して洗脳 ・警視庁が3月17日、キットチャンネルの英翔こと原英翔容疑者(28)を傷害容疑で逮捕することが、週刊新潮の取材で分かった ・逮捕容疑は共演者の奏太こと木本奏太氏(28)に対する傷害罪だった ・英翔は奏太への暴力だけでなく、パワハラやスケジュール管理もしていた 1. もともと動画作成のセンスを持っているのだから、指示されなくとも完成させるように頑張ってほしい」と労いの言葉 2. 動画のクオリティが悪いと判断されると、「正座しろ。 ・英翔との和解を諦めた奏太は手紙を残し、共同生活を送っていた一戸建てから家出 ・同31日に英翔は「奏太がいなくなりました。 警察の捜査を受けるというのは非常に残念な気持ちで一杯ですが、これをきっかけに反省し、彼の今後の人生が幸せなものになることを心から祈ってやみません。 スポンサードリンク ネットの反応 逮捕おめでとう 性格も逮捕されて当たり前のやつで草 今までファンをだましてたのか 昔は、良かったのになんでこうなったん。 売れたらなるん?応援してたのに 暴力振るってて白々しくよく平気にこんな動画出せるよね。 サイコパスすぎるやろ 本当に自分のことしか見えてないね。 かなたくんのこと話してる時も いつの間にか自分の話… 人はモノじゃないんだよ スポンサードリンク• 関連する記事• 2020. 2020. 2017. 2018. 2018. 2017. 2018. 2017. 2019. 2020.

次の

「キットチャンネル」原英翔、DV発覚で逮捕報道…「暴力の連鎖を感じる」と同情の声も (2020年3月17日)

キット チャンネル 暴力

原英翔が木本奏太に暴行し逮捕へ 木本さんが失踪した理由について「デイリー新潮」は次のように報じています。 警視庁が3月17日、 ユーチューバーの 原 英翔容疑者(28)を 傷害容疑で逮捕することが、 週刊新潮の取材で分かった。 原容疑者は、 YouTubeチャンネル「キットチャンネル」を運営していたが、 逮捕容疑は共演者の木本奏太氏(28)に対する傷害罪だった。 動画による収益が、 エリートサラリーマンの年俸を超えるような額に達すると、 次第に原容疑者の 人格が変わっていったという。 木本氏が編集した動画をチェックする際、 罵声を浴びせることが常態化。 悪口雑言の後は 「自分は怒りたくて怒っているわけではない。 もともと動画作成のセンスを持っているのだから、 指示されなくとも完成させるように頑張ってほしい」 と労いの言葉をかけた。 今年(2020年)1月、 動画を見た原容疑者が、 いつものように罵声を浴びせると、 木本氏は 「精一杯やった」 などと反論。 激昂した原容疑者に胸ぐらを掴まれ、 木本氏は 首元に全治2週間の怪我を負った。 原さん本人は相方が失踪した理由を把握していたにも拘らず、動画ではその話題に 一切触れませんでした。 それどころか、相方の失踪を訴える動画に広告を付けていたことから、 「金目的だ」と批判の声が殺到していたのです。 世間の反応 昨日の夜、 えいと君の謝罪の動画見たばっかりなのに これはショック・・・ かなた君も相当辛かっただろうなぁ。 DV地獄から抜け出せて良かったね。 しかし昨日の動画・・・ 一緒に働いてた方も出てましたが、 この記事を読む限り DVのこと知ってことだよね? 助けてやらんかったのか? この記事で初めて存在を知りました。 ま、暴行なんて誰がやっても重罪ですよ。 相方が自惚れが強い大馬鹿だっただけのこと。 木本さんは自分の活動再開のことだけ考えておけば良いと思います。 忘れましょう。 開設当時はYouTube拝見してました。 …人気が出た頃位に ファンからのコメントに対して文句を言い出した! アンチ内容では無く、 褒めている内容にもかかわらず、 「そんなコメントはいらない」 と二人で怒っていた。 褒めコメントなら怒る必要もないし、 はじめは応援してましたが何?と思う事が増え チャンネル登録解除しました。 キットチャンネルが不仲で解散へ 相方への暴力で片割れが逮捕されるという異常事態を迎えたキットチャンネルですが、2人の関係を 修復することは不可能でしょう。 木本氏に取材を申し込むと、 言葉少なにこう語った。 「僕にとって、 昔も今も、家族も同然の存在であるのは間違いありません。 」 「警察の捜査を受けるというのは非常に残念な気持ちで一杯ですが、 これをきっかけに反省し、 彼の今後の人生が幸せなものになることを心から祈ってやみません。 そのため、いくら原さんが誠意ある態度を示したとしても、キットチャンネル 復活の可能性はゼロなのです。 原英翔は中国人とのハーフ 相方への傷害容疑で逮捕される原さんですが、彼は 中国人とのハーフでした。 彼のプロフィールがこちらです。 父方に中国残留日本人の祖母を持つ。 母は中国人。 0歳の時に祖母、両親などとともに日本に移り住む。 21歳の時にタイで性別適合手術を受け、 戸籍も男性に変更する。 現在は、 性同一性障害 GID のトータルサポート会社にて、 タイや日本国内での性別適合手術を含めた、アテンドサービス業務を担っている。 また、父親からは 暴力を受けていたため、子供の時から恐怖の存在だったのです。 「 暴力も頻回になり、 肉体的にも精神的にも、 どんどん父に追い詰められるだけで。 もうこれ以上、 我慢できないと思ったとき、 気づいたらパジャマのまま、 交番に駆け込んでいました」 理由もなく酷い言葉をはかれ、 時にはベルトでムチ打たれ、 腕がミミズ腫れになることも。 なぜ父に、 ここまでして己の人間の尊厳を、踏みにじられなければならないないのだろうか。 まだ自分がまともな思考ができるうちに、 逃げねばならないと思った。 そのため、彼は父親から逃げるように家を出ました。 父親からのDVに恐怖していた原さんは、皮肉にも、 それと全く同じことを木本さんに行っていたのです。

次の