キャンプ 失踪事件。 【神隠し】山梨キャンプ場小1女児行方不明は神隠しによる失踪なのか?

山梨女児不明事件に新証言「キャンプ場に小倉美咲ちゃんはいなかった」と事情通が書き込み

キャンプ 失踪事件

まなみちゃんは、当時身長120cm、体重20kgと小柄で体も弱く、普段の学校生活においても、教員や同級生のバックアップを必要としていた。 後日、テレビ番組に出演した母・益代さんによれば、まなみちゃんはダウン症を患っていたという。 まなみちゃんは、前日の23日から3日間の予定で、同校5年の恒例行事である野外授業として、児童85人と校長・教員ら数名と共に、隣県のを泊まりがけで訪れていた。 2日目の24日午前7時半頃、この日の夜に予定されていた「肝試し」の下見のため、まなみちゃんは同級生の女の子3人と一緒に出かけた。 最後にまなみちゃんを目撃した澤田広彰校長(当時49歳)の証言よると、午前8時を回る少し前、まなみちゃんら4人は遊歩道にある林道のカーブに立っていた校長の前を通過。 この時まなみちゃんは、同じグループの女の子3人から随分と遅れて歩いていたという。 その姿を見て心配になった校長は、しばらくしてグループの後を追う。 しかしその直後、引き返してきた女の子たちから、「まなみちゃんの姿が見えなくなった」とを知らされる。 まなみちゃんが校長の前を通ってから、わずか10分足らずだった。 林道は、道なりに歩けば出発点の広場に戻るコース。 最後の目撃場所周辺は、アスファルトで舗装された林道。 東側の斜面は、 大人でも登れないようながけが広がっている。 西側に小川があるものの、当時はおぼれるような水深ではなかった。 その後、教員らが付近を捜す見も見つからず警察に通報。 失踪の通報を学校から受けた岐阜県警は、すぐに同施設の捜索を開始する。 約15万平米もあるキャンプ場全体には数百人もの捜査員が動員され、7日間で県警、市消防、ボランティアなど延べ約1700人を投入し、懸命の捜索を続けた。 郡上警察署は、まなみちゃんが道に迷ってうずくまっている可能性があるとみて、 最後の目撃場所付近を中心に捜索を開始。 当日は一般の宿泊客がなく、 不審者などの目撃情報がないことから、その後もキャンプ場周辺を区域割りし、ローラー作戦を行った。 やぶの中や林道の奥、周辺の建物、小川の中。 重機でがけを崩し土の中までも捜索したが、その甲斐もなく、まなみちゃん本人はおろか、彼女の所持していた物さえ一切発見されなかった。 同市の各地でツキノワグマの出没も目撃されていたことから、事件発生当初は「クマに襲われたのではないか?」との予想もなされた。 しかしながら、警察の捜索で衣服や靴などが発見されていないことから、その可能性は極めて低いとみられている。 現状で最も可能性が高いと考えられているのは、何者かが彼女をさらったとする誘拐説だ。 その場合、偶発的にその場に出くわした人物、もしくは、同日に野外授業が行われることを知っていた人間が前夜~早朝にかけて施設に潜入し、グループから遅れて歩くまなみちゃんを発見し、拉致したということになる。 しかし、誰の目にも留まらないように小学5年生の女の子を連れ去ることが可能か、など疑問は多く残る。 「家はそのままだよ」。 母親の益代さん(47)は切実な思いで娘の帰りを待っている。 キャンプ前夜。 まなみさんはパジャマ姿で、中学3年だった姉のいくみさん(18)と居間のソファに座って、歌を合唱していた。 キャンプを待ちかね、はしゃぐ様子が、今も益代さんのまぶたに浮かぶ。 まなみさんは3人姉妹の末っ子。 ダウン症と診断され、生後間もなく心臓を手術した。 市立常滑西小学校に通い、学習や運動面で多少の遅れはあったが、「明るい性格で、踊るのが好きだった」。 看護師の益代さんは1人で3人を育て、それぞれの成長を楽しみにしていた。 しかし、キャンプ2日目の24日朝、まなみさんは友人3人とキャンプ場内を散策中にはぐれ、行方がわからなくなった。 事故や事件の可能性があり、警察や消防、教員らが周辺を捜し回った。 益代さんも勤務先からキャンプ場に駆けつけた。 そ のまま2カ月以上、仕事を休んで懸命に捜索したが、手がかりさえ見つからなかった。 4年が経ったが、いつ戻ってきてもいいように、学習机はそのままにしている。 アイドルグループの雑誌が机の棚に並び、 小学校の卒業証書が筒に入れられて置いてある。 まなみさんは市立常滑中学校に籍があり、3年生になった。 益代さんは積雪がない5~10月末には、機会を見つけて常滑西小の教諭や友人らとキャンプ場に足を運んでいる。 2年ほど前、地元の人から「同じ色の靴が見つかった」と届け出があった。 結果的に靴の大きさが異なっていたが、「気に掛けてもらっている」と心強く思った。 益代さんは、キャンプ場の最寄りの東海北陸自動車道ひるがの高原サービスエリアやJR岐阜駅などで情報提供を求めるチラシを配る活動も続ける。 当時、益代さんは学校側と監督責任をめぐって争わなかった。 精力的に協力してくれる学校や友人らには深く感謝している。 「元の生活に戻りたい」。 益代さんはそれだけを願ってきた。 「つらいのは私だけじゃない。 周りのみんなもつらい。

次の

キャンプ場で女児が行方不明になった事件を霊視していた霊能者 | 正しい霊的知識を学ぶブログ

キャンプ 失踪事件

今回紹介するネタの答えは下村まなみちゃん! それは、今から7年前に 発生された行方不明未解決 事件として記録に残されているとか。 一体、当時小学5年生で 10歳に何が起きたのか迫ります。 この子は、2009年7月24日時点まで 「愛知県常滑市」で生活されていた 小学5年生でした! 学校名は常滑西小学校であります。 当時の年齢は10歳となります。 場所は西方向に位置して降り 地多半島という島の一部の 中央部に存在する地域です。 西側には海が面しており 三重県で有名な伊勢湾と繋がっており ここは海上埋立地で中部国際空港が存在する あの有名な近くである。 果たして、こんな綺麗な海沿いで どんな悲惨な事件が 彼女に待ち受けていたのか? 行方不明未解決事件の真相とは! この下村まなみちゃんの真相の発端は 2009年7月24日金曜日の午前7時30分頃に 岐阜県郡上市 高鷲. たかす 町の 「ひるがの高原キャンプ場」付近で 発生した事件が原点となっているみたいです! 実際にキャンプ場へ着いた 小学5年の全児童85名と下村まなみちゃん 当時10歳 は 校長と教員数名らと 23日から3日間の予定の泊まる という日程が決定していました。 そして最大のテーマは4人1グループで 決められた範囲内の遊歩道を散策され 植物や生き物など自然と触れ合う事が 最大のテーマでありました。 しかし、突然 全学年と教員の先生ら全員に 不安の悲劇が襲い掛かってしまいました! それが「 行方不明」!? どうやら、まなみちゃんは 3人の同級生らと、肝試しコースを 下見途中に謝って 他の子供たちが、見守っていなかった 影響で、勝手に決められていない コースへ迷い込んでしまったのでしょうか。 そして、その後はグループの 児童が教員らに助けを求めた事で この日は予定を変更され 数時間は全児童で捜索活動となり 夜までに見つからなかったことで 警察や消防など大規模な捜索となりました。 しかし、この日も見つからなかった事で 正式に行方不明事件を視野に 25日時点で5年生の野外活動は中止が発表されたとか。 その後、警察や消防は 最後に目撃された証拠人の証言として 当時49歳の「澤田広彰校長」から聞く事になります。 その発言された理由は 午前8時過ぎ直前に3人と本人は指定された 遊歩道の林道カーブが実際にあり そこで校長が立っていたら、しっかり前を通過して 歩いたが、直後にグループから一番最後に 見えなくなるほど遅れて歩いていた と証言した。 すると、心配になった 校長が危険と判断すると 数分後に、このグループの後ろを 見守ることを決めて歩いたそうです。 しかし、この時点で最後になります。 それは、3人の女の子たちが 存在していない事を思いだすと 直後に同じルートを探すために 引き返したが、どこにも 「まなみちゃんの姿が見えなくなった」 という言葉だった! その後、この場所のキャンプ場コースは 林道で誰でも気軽に立ち寄れる 遊歩道で出発地点からスタートして この通りに辿ると最終的に 自分たちが野外で生活している 広場に戻ることが可能な初心者向けの コースであることが確認されています。 また最後に目撃された カーブ周辺のコースは アスファルトで作られた林道で そこまで悪い道ではなく 東側には、大人や上級者でも 無理に近い急斜面な、がけが存在しているそうです。 西側を見ると チョロチョロ流れるような 足首当たりまでの、水が流れているが 事故になる深さではなかったようだ。 あの時には、捜索で続きがあり その通り、1日全力で探したが 見つからない事で、最終的な判断は 地元の警察へ通報され 行方不明事件として最終的に 数百名の人数体制で広範囲で捜索しました。 2日以降には、7日間までに 市消防、自衛隊、ボランティアなど 倍の1700名以上で周辺だけでなく 半径以外のコースまで広げることに。 しかし、時間切れとなり 最後には、周辺を分かれた ローラー作戦で、「やぶ、林道や奥 建物内、川の中、がけの土の中」まで 探したがジャッジの成果は1700名で 捜索されたが1つの手がかりも 発見されないまま遂に「未解決事件」となったのです。 これは、熊による事故や 誰も見ていない事で 誘拐などの説が浮上されたが これでは理由が見つかることで 違う事が判明されています。 スポンサーリンク 真相は霊視でダウン症だった? 一体、あの時の キャンプ場で起きた不思議な 下村まなみちゃんの事件ですが その後は、どうだったのか? その後の真相も理由や新証言の 目撃で見つかっていないのが現実だったが 実は、あの時の後日の25日に 緊急で地域のTV番組に出演した時 母親の「益代」さんがインタビューの中で 特徴を「 まなみは、ダウン症の疾患を患っています」 そのように告白していました。 可能性は見えてきますね。 また、一部ネットで 霊視というワードが出現しているが これは実際には鑑定されておらず もしかすると、今後このような 方法でTV番組で見つからない 最終手段で依頼があれば使用するかもしれませんね。 以外に、海外には霊視判定で事件を 解決する仕事で人物がいるので またもやTV番組企画で 新たな証言や真相がここから見つかる可能性も! ちなみにネットでは以下の 特徴が公開されていたので 少しでも役に立つ中身が含まれているので 今後は衣類関係で怪しいと感じたら 警察署へ通報する方法が第一です。 <特徴>! ・身長120cm ・体重20kg ・体型は痩せ型 ・白に袖が水色の長袖Tシャツ ・ウサギの絵が含まれている ・薄ピンクの長ズボン ・水色の運動靴 ・ヘアスタイルはゴムで2ヶ所止め ・自分の名前が入った赤色の ストラップを首に掛けている 犯人は親だったの? そうですよね。 これは、実際には かなり困難で警察や自衛隊が あの当時でも1700名を導入しても 見つからないのでハードルが高い 捜索となっている事が 世界の捜索スペシャリストを呼んだ TVで証拠が判明されています。 一番怪しいのは、 当時下見で歩いて散策されていた コースや周辺のキャンプ場から 10分後には既に姿を全方向から 消されていた所が最大のポイントですね。 2日後には、警察や消防 さらには自衛隊、そして 最終的に7日間までに延べ1700名を 導入された活動でも普通なら 近くで、この時点で不審者がいないのであれば 敷地内で高い確率で発見されるのがこのパターンに見えます。 そうなると、既に総作人数状況から ここのキャンプ場には既に2日後辺りから、 一般道路に状況が子供や知的から 考えれば一番あり得そうな行動に見えます。 もうここまで 出てくると、当時は野外活動で 責任は全て担当の先生に入り ここ以外では、状況が理解出来ていない 一般人の方で先生陣も諦めるのであれば 「 誘拐犯? 」による犯行が考えられます。 ちなみに、ネットで親という ワードが出ていますが、ただの 下村まなみちゃんの母という意味で 全く「犯人」とは関係が絶対にあり得ませんね。 でも、一点不思議なのが 野外活動であり、 行方不明となった日は 地元やまなみちゃんを知っている 怪しい人物などは、この行動からは 犯行でも難しいのではないでしょうか。 事故であれば、海沿いの 可能性は岐阜が山間地なのでないですし 川の可能性であれば、一般道路に 出れば、周辺に大や中が流れていれば 体質からあるかも? とにかく事件や事故全ての 証拠を考えて捜査しなければ 一生解決が難しいかもしれません。 今後の捜査はどうなるのか。 おそらく、今後は番組では 14日金曜日に未解決事件で 世界で活躍する捜索スペシャリスト2名と 捜索犬1匹が協力して特別に探すことになったので これで結果的に少しのヒントが新たに浮上されると 協力して地元の警察、消防、周辺の 自衛隊が探すことを限定で決定する可能性も。 でも、実際は多分ですが この企画で捜索する前には 当時の事件が2009年で およそ7年もの年月が過ぎているので 国内ではストップしている行動は高かったでしょうね。 どうやら、その後 関係する下村まなみちゃんの母が 2013年の特別インタビューで 今でも 切実な思いで娘の帰りを待つ そのように心境を告白されました。 また、娘に語りかけるような 一言で「家はそのままだよ」と告白。 感想&まとめ どうやら、母親もまだ 未解決から解決する事件 事故 で 解明するまで、諦めていない事が インタビューの思いから伝わるので 絶対に母や家族が諦めるまで そして見つかるまで一つの遺留物が 見つかるだけでも良いので どんな方法でもいいので探してもらいたいですね。 果たして、14日のFBI緊急捜索で どのような事実が新たに 世界のスペシャリストたちの腕と 能力から結果が出されたのか 未解決だけに目が離せませんね。 この未解決事件が本当にスペシャリストの 判断でも結果が未解決となるのなら 最後の答えは何だったのか? もし、犯人が浮上されるのであれば もしかすると国内か海外で 潜伏生活している可能性が高いかも? 最後までご視聴ありがとうございございました! 以上で全ての説明を閉じます。 次回はどんなネタを予想する?

次の

【神隠し】山梨キャンプ場小1女児行方不明は神隠しによる失踪なのか?

キャンプ 失踪事件

1965年の夏、スウェーデンの港町で4人の男性が姿を消した。 50年以上過ぎた現在でも、彼らの行方は杳として知れない。 スウェーデン史上で唯一の未解決集団失踪事件をオカルトサイト「Mysterious Universe」からご紹介する。 この街に住む若い男性3人が突如として行方をくらませた。 html】 この日、3人はキャンプ旅行に行く予定だったという。 だがあいにく天候は雨。 夏とは思えないほど肌寒く、とてもキャンプには向かない日だったという。 しかし、3人はダールシュの兄の青いボルボPV444で出発したらしい。 なお、3人とも運転免許は持っていなかった。 それ以来、3人の姿を見た者はいない。 3人は時折軽犯罪に手を出す「悪ガキ」ではあったものの、真面目に仕事をし、家族や友人には気のいい青年であった。 彼らが失踪する理由は見当たらず、現金や財産もすべてそのまま残っていた。 特にヨハンソンは数カ月前に父親になったばかりで、家では妻子が帰りを待っていたのである。 同じ日に姿を消したのはこの3人だけではなかった。 彼はヨーテポリの南にあるトレコーブで夏の休暇を過ごしていたが、退屈だったため、この日の朝「リューセヒールに行く」と言い残して一人で出かけた。 ヨーテポリはリューセヒールとトレコーブの中間地点に当たる。 ルンドグヴィストも途中でヨーテポリに立ち寄り、家族に「すべて順調、心配しないで」と書いたポストカードを送った。 これ以降、彼の消息は途絶えている。 4人の失踪は違う時期にバラバラに警察に届けられたため、当初は集団失踪事件と考えられていなかったという。 捜査が行われたものの、4人の行方は50年以上たった今も不明なままになっている。 カールソンやルンドグヴィストについては数年後に目撃証言があったものの、それが本当に当人だったのかはわからない。 また、失踪後のある日、カールソンのアパートでは不気味な男が目撃されている。 カールソンの妹がアパートを訪ねたところ、目的の兄はおらず、代わりに見知らぬ男が部屋にいたというのだ。 しかも男はカールソンのセーターを着ていたという。 妹が兄の行方を尋ねると、男は「パブ地区にいるだろう」と答えた。 後に警察がこの男を探したが、結局見つからなかったという。 この日の午後2時過ぎ、ヨーテポリの銀行に2人組の強盗が押し入った。 1人は銃を持って行員を脅し、ブロンドのカツラに女性ものの服という奇妙な格好をしたもう1人がカウンターに置かれた金を奪ったが、人質の反撃に遭い、片方は足を撃って怪我をした。 逃げ出した強盗たちは近所の川まで行くと、服を脱ぎ捨ててダイビングスーツ姿となり、川に飛び込んで姿を消した。 「Frogman Heist(カエル男強盗)」の出現に街は当然大騒ぎとなったが、犯人グループは後に逮捕された。 失踪した4人はこの事件に何らかの形で関わっていた可能性があるというのだ。 ただそれが協力者だったからなのか、あるいは何かを目撃してしまったからかはわからない。 しかしながら、スウェーデン史上でもとりわけ奇妙な銀行強盗事件と同じ日に、同じ街で4人もの若い男性が姿を消したことは偶然とは思えないのも確かである。 この事件はスウェーデンでは有名な集団失踪事件で、今もネットでは好事家たちがその真相について議論を交わしているそうだ。 現地メディアの報道によれば、50年以上たった今でも、家族たちはいなくなった者たちの帰りを待っているという。 何とも不可思議な事件であるが、解決することを願ってやまない。

次の