長崎 グラン ピング。 無人島までドローンが料理をお届け!? 五島の新グランピング施設がすごい!

〈グランビーチ〉長崎にグラマラスなキャンプを楽しむグランピング施設が誕生!|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

長崎 グラン ピング

2017年11月、長崎県壱岐市にグランピング施設 〈Glam Beach R グランビーチ〉がオープンしました。 グランビーチの大きな魅力は、そのロケーション。 白い砂浜、透明度が高い海、松の緑が美しい壱岐の浜辺にあり、 夏は約20種ものマリンアクティビティ、冬は釣りなどが楽しめます。 近隣には、壱岐の名所「猿岩」や海に浮かぶ「小島神社」なども。 そして夜は、星空の下のテントで波の音を聴きながら眠れます。 海辺の本格的なグランピング施設は、全国でもまだ珍しいのだとか。 気持ちよさそうですね! グランピングとは、「Glamorous」(魅力的)なキャンプを楽しむ、新しいキャンプスタイル。 テントや食事などはあらかじめ用意され、 アウトドア初心者でも快適にキャンプが楽しめるようになっています。 ホテルよりも自然に近く、かといってワイルドすぎないグランピングは、 新しい宿泊のかたちといえそう。 グランビーチにはテントや寝具、調理器具、Wi-Fiなどが揃っている上、 悪天候の日は近くのペンションへ宿泊を変更することもできます。 宿泊プランは、2名で泊まれる「スタンダードグランピングタイプ」が20,000円から、 4名で泊まれる「デラックスグランピングタイプ」が40,000円から。 どちらも、広々としたかわいいテントに泊まれます。 ぜひ利用したいのがバーベキューメニュー。 長崎を代表する和牛「壱岐牛」と野菜、ごはんがセットになったベーシックBBQセット(3,800円)や、 玄界灘で獲れた海鮮つきのデラックスBBQセット(5,800円)、 サザエやあわび、季節の魚を堪能できる魚貝焼セット(時価)などが用意されています。 楽しそうなオプションがいっぱいです。 グランビーチの運営会社は、壱岐を拠点にマリンスポーツや釣り、 宿泊施設、飲食店など提案する〈シーガルイン〉。 自然との共存共栄を目指し、磯焼けの原因となるガンガゼウニの 駆除・再利用などといった環境保全活動にも取り組まれています。 ここで楽しめるウニ割体験も、そういった活動の一環なんですね。 夏の海はもちろんいいけれど、冬の海も気持ちよさそう! 気になられた方はぜひチェックしてみてください。

次の

九州のグランピング施設8選!タイプ別に気になる施設をご紹介!

長崎 グラン ピング

ヤシの木がお出迎えしてくれて南国をイメージした造りになっているグランピング施設です。 海が目の前に広がり、絶好のロケーションの中、SUPやシーカヤックなどマリンスポーツも楽しめます。 客室は天井が吹き抜けになっているコテージタイプ。 スペインやモロッコ、サンフランシスコの海辺をイメージさせるデザインのテントタイプがあります。 テント内には植物も飾られており、キャンプ気分をしっかり味わえますよ。 料理は地元の宮崎牛や海鮮のバーベキューです。 海を見渡し、自然を感じながらゆっくり楽しめる食事は最高ですよね! 近隣にはクルージングやフィッシング、ダイビングなどアクティビティが楽しめる施設もあるので、海で遊んでからバーベキューをするのもおすすめです。 さん iwanagarie がシェアした投稿 - 2018年 7月月21日午前1時30分PDT 海の目の前にあり、アクティビティも充実しているグランピング施設です。 テントタイプや海が見渡せるスカイツリーハウス、豪華な内装のキャンピングトレーラーやリノベーションされた古民家に泊まる事ができます。 夕食はバーベキューの他、シェフがコース料理を用意してくれて、食べながら屋外シアターを楽しむ事ができるので贅沢な時間を過ごせますよ! 海が近くにあるのでシュノーケリングやウェイクボード、空飛ぶバナナボートなどマリンスポーツを楽しめますし冬にはキャンプファイヤーをするのもいいですね。 12人以上で施設を貸切にできるので大人数で行くのもおすすめです。 森の中でグランピングを楽しめる、レトロな雰囲気の施設です。 カフェスタイルの可愛いお部屋や、ペットも一緒に泊まれるお部屋、テントを張って過ごす事のできるエリアがあります。 夜はキレイな星空の下でゆっくりグランピングを楽しむのもいいですね! 料理はバーベキューの他にアジア料理もあります。 手ぶらで楽しめますし、オーガニック食材を使ったバーベキューなので女性の方におすすめです! 日帰りでも楽しめますし、ペットも泊まれるので愛犬を連れて一緒にアウトドアを体験できるのは嬉しいですよね。 森の中にはツリーハウスや可愛い看板などもあります。 予約制ですが共有スペースにある石窯の使用もできるのでみんなでワイワイピザを焼いて食べるのも楽しそうですね。 さん glambeachiki がシェアした投稿 - 2017年11月月27日午後9時46分PST 壱岐の海を見渡し、波の音をBGMにグランピングを楽しめる施設です。 2人だけでゆっくり泊まれるテントやグループで楽しめるペンションなど色々な客室があります。 シーサイドバーベキューは壱岐牛や海鮮など贅沢な食材ばかり!日帰りもできるのでグランピング初心者の方でも気軽に楽しめますよ。 冬季期間中にはキャンプファイヤーや焼き芋、五右衛門風呂などもあり、寒い季節でしか味わえない体験もたくさんできます。 ダイビングやジェットスキー、バナナボートなどのマリンスポーツも楽しめるのでグループで行っても楽しめそうですよね! 海辺で星空を眺めながらゆっくり過ごすことができるのでおすすめです。 jp 【福岡】グランピング福岡 ぶどうの樹〜海風と波の音〜.

次の

【九州】おすすめキャンプ場17選!グランピングや温泉付きコテージも!

長崎 グラン ピング

豪華ホテルの快適さも楽しみながらキャンプのように自然も楽しむ。 そんな今話題の高級グランピング施設が、世界遺産登録で注目が集まる長崎県の五島市に9月27日にオープンする。 今月10日オープンに先立ち関係者や地元の人々を招いてのお披露目会が開かれた。 地元の人々も、初めてのグランピングにご満悦!! ハンモックを体験して… 「ほらほら~、よかねぇ!!」「あ~気持ちよかぁ・・・!!」 ノルディスクヴィレッジが展開するグランピング施設は、イタリアのヴェネチアに続いて世界で2ヵ所目。 テントはもちろん、家具やアメニティーまでノルディスク製品で揃えられていて、部屋の中は北欧風にコーディネートされている。 高級グランピング施設は廃校を再利用 このノルディスクヴィレッジができた場所は、2011年に廃校になった旧田尾小学校の跡地 10張のテントが張られているのはグラウンド、校舎内はかつての教室が貸切専用の客室やレストランにリノベートされている。 全面的にリノベートされているものの窓や扉、廊下の床板などは昔のまま。 風情が感じられるつくりとなっている。 地元の人の反応は? 人口100人の集落に誕生するグランピング施設。 地元の人々はどう思っているのだろうか? 「すごいですね…子どもたちが通った面影を残してもらっているのが懐かしい。 このまま廃墟になっていくより、こうやって活用されるのはいいこと。 」「口コミで田尾が良いという噂が広まり夏休みとかに都会からいっぱい人が来てくれて盛り上がってくれたらうれしい!」 田尾小学校は多い時には100人余りが通っていた。 しかし、最後には児童数が5人となり、今は集落全体で人口は100人ほどになってしまった。 その半数以上が高齢者で、若者の姿はほとんどない。 それだけに、地元の人々のグランピング施設にかける期待は大きい。 今回、グランピング施設で働くスタッフの中にはUターンで地元に帰ってきたり、Iターンで都会から移住してくる若い人たちも含まれるという。 今回、グランピング施設にできるレストランの運営をこのグループが任されることになり、地元の食材を使用した「発酵食品」をテーマにフレンチが提供される。 「世界遺産」とともに… 長崎といえば、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が今年、世界遺産に登録されたことが記憶に新しいが、構成資産のある五島市では今まで以上に海外からの観光客が増加することが期待されている。 気になる宿泊料金は1泊2食付きで1万9000円~ オープン前にすでに予約や問い合わせが相次いでいるという。 現地には、長崎市から高速船かフェリーで福江港に向かい、そこから車で30分のところにある。 空路では福江空港に向かい、そこからは車で30分くらいの場所にある。

次の