選挙 山田 太郎。 「私の戦闘力(得票)は53万です」ネット選挙で当選を果たした山田太郎参議院議員の選挙戦略に迫る(山田太郎氏インタビュー前編) | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

【画像あり】参議院選挙 富士宮市で「山田太郎 0票」はさすがにおかしい!ミス?不正?再集計は必須か

選挙 山田 太郎

2019年7月21日投開票の参院選比例区で当選を決めた自民党・山田太郎氏(52)をめぐり、不可解な得票数が物議を醸している。 党内で2番目の票を獲得したものの、静岡県富士宮市では1票もなし。 SNS上では同市在住で山田氏に投票したと宣言する人もおり、集計ミスを疑う声が続出している。 同市の選挙管理委員はミスを認め、再発防止を講じるとした。 「あれ、わたしの清き一票はどこに... ?」 山田氏は旧みんなの党に所属し、10年参院選で落選したが、繰り上げ当選で12年に参院議員に。 16年の参院選では旧新党改革から出馬し29万票超を得たが、党が議席を得られず落選した。 漫画・アニメなどを含む表現規制への反対を掲げ、今回の参院選ではツイッターや動画サイトなどを活用した選挙活動を展開。 比例では党内で2番目、全体でも3番目の約54万票を獲得し、当選をはたした。 しかし、ツイッター上では富士宮市での票数が不可解だと多数言及されている。 静岡県選挙管理委員会の発表によれば、同市での山田氏の票数は「ゼロ」。 人口約13万人と決して少なくない市で、たしかに「ゼロ」は不自然だ。 「当方富士宮市の投票所で山田太郎さんに投票しましたので0は明らかにおかしいです」 「あれ、わたしの清き一票はどこに... ?(富士宮市民)」 「はっ?俺富士宮在住土曜日市役所で不在者投票して山田太郎に入れた。 しっかり見直した」 と、富士宮市民で山田氏に投票したという声もある。 富士宮市選挙管理委員会は23日、J-CASTニュースの取材に、比例区で落選した氏(れいわ新選組)に全515票を配分してしまったと話す。 山本氏は1453票獲得したが、そこには山田氏へ投じられた票も加わっていた。 選管は「開票作業時に(候補者ごとに)束ねた票が、同じ方として処理に流れてしまった」と説明。 「あってはならいことなので、再発防止を考える」とし、人員配置やマニュアルなどを見直すとした。 外部サイト.

次の

山田太郎(ヤマダタロウ)|政治家情報|選挙ドットコム

選挙 山田 太郎

決意文 本日、第25回参議院議員通常選挙の立候補の届出をいたしました。 7月21日投開票日まで17日間の選挙期間がスタートしました。 表現の自由を守る 今回の選挙、まず「表現の自由を守る」をスローガンに再選を目指して立候補させていただきました。 表現規制問題 「表現の自由を守る」闘いの現状は、規制の勢いが強く厳しさを増しています。 直近では、海賊版対策を巡って、ダウンロード違法化、スクリーンショット違法化が法制化されようとしていました。 ネットのブロッキングの議論も再び始まりました。 著作権関係の裁判判決によっては、二次創作やコスプレが違法となってしまうかも知れません。 実際、マリカー裁判では、コスプレの著作権について問われるなど表現規制に関する裁判もあります。 毎年改正される著作権法も権利者の権利強化の方向から、二次創作や創作物の利活用という点から寛容さが無くなってきています。 手遅れになる前に、二次創作や同人誌の制作が合法的に行われる立法をいち早く実現しなくてならないと考えています。 先進10ヵ国以上で制定されていますが、日本でも著作者の権利は守りながら、パロディーの合法化の検討が必要と考えています。 クリエイターの待遇改善 一方、「表現の自由を守る」闘いは、そのコンテンツ表現であるマンガ・アニメ・ゲームの産業が滅んでしまうのであれば、その闘いに意味がありません。 特にアニメ業界で従事する現場の制作者の平均給与が月給10万円前後であったり、毎日10時間以上の労働時間であったりと現在の待遇では仕事が続けられないという人も多く、産業自体が続かないという問題もあります。 下請法の見直しや契約関係、権利関係の見直しなどで、産業の適正化を図り、アニメ制作従事者を守るとともにアニメ産業を改善していくことも必要です。 海外からの表現規制 国連を始めとして海外からの日本のマンガ・アニメ・ゲーム表現に対する圧力も強く、表現の規制を求める声も年々強くなってきています。 毎年、毎年、形が変わって来た表現の自由をめぐる諸問題に対して、民間で対応していくには限界があります。 行政、立法、業界と表現の自由を守る活動を重点的に行い、常にその問題点を発信し続ける議員が、表現の自由を守るために具体的に対応していく必要があります。 誰もやらないのであれば、私が改めてやるしかないと今回の選挙にあたり腹をくくりました。 将来不安の解消と困っている人たちの課題解決 更に、若者の置かれた現状を考えたとき、もちろん「表現の自由を守る」ことばかりが政治の課題ではありません。 私は、政治の目的は究極的に以下の2つしかないと考えています。 「将来不安の解消」と「弱者や困っている人たちに光を当て問題を解決すること」です。 将来不安の解消 私は、15年間近く大学の教官として多くの学生に接してきました。 その結果、学生が最も将来不安を持っているものの一つは年金問題です。 まだ働き始めてもいないにも関わらず、老後が不安だというのです。 更に、介護問題、花粉症への対策、尊厳死・安楽死の問題など、多くの将来不安の課題があります。 今、若者の将来不安を特定し、その原因や対策案を議論し始めるべきだと考えています。 困っている人たちの課題解決 更にこれまで政治の光が当たらなかった知的障がい者の教育や雇用の問題、虐待児が保護された児童養護の問題など、これらは政治で票にならないと言われていて置き去りにされてきました。 私は「100㎝からの政治(子どもや障がいをもつ人たちなど目の高さが違う世界からの視点とその政策)」と名付けましたが、もっと困っているこの子どもたちのために政治家は働くべきです。 児童養護の問題は、児童相談所と警察の強化による虐待する親の逮捕、重罪化では全く問題は解決しないと思っています。 最も大切なのは、保護された生身の子どもをどうやって擁護、育成していくかということです。 公共の施設に送ってしまえば問題解決するわけではありません。 その子どもたちに里親や養子縁組で家庭養護を行うべきなのです。 日本では、児童養護の里親率が世界で極端に低い状態です。 私は、政府に対して、これらの児童養護の構造的な問題を「子ども庁」のパッケージ政策として提案してきました。 どんなことがあっても、どんな環境にある子ども達をも政治はしっかりと擁護する責任があるのです。 経済再興 私はもともと創業経営者でしたから、この国が経済的にももう一度、力強く発展する様、国のグランドデザインを再構築する必要があると考えています。 格差も解消しつつ、経済をしっかりと発展させていく。 これが日本の将来不安が解消される大きな基盤となると考えています。 従来の政治を変えるために 前回の選挙では、29万余の票を皆様から支援して頂いていながらバッチをつけることができませんでした。 しかし、この29万の数は、「表現の自由を守る」勢力として形を見せることになりました。 その後、私が民間として表現の自由を守る活動を続けていても、この数が大きな力になっていたことは間違いがありません。 しかし、今回の選挙は負ける訳にはいきません。 もし、前回の数字を下回ることがあったり、落選する様なことがあったりすれば、今後、表現の自由を守る闘いに大きな悪影響があります。 そして「表現の自由を守る」勢力は大した力はないなと政治の世界で再認識されてしまいます。 それでは、今回選挙に出た意味はありません。 53万票という目標 そのために、今回、前回以上の得票数を目標とすると同時に、53万という大きな数を目指していきたいと考えています。 党の全国比例候補の中で最大の数字を皆様から預かれば、それだけで政治は大きく変わります。 ネット選挙だ、若者参加だと声高に言いますが、その数が結集できれば、もう古い政治のスタイルから脱却することができます。 政治を次の世代、若者のものとするためにも、私は先頭にたって新しい政治の姿を切り開いていきたいと考えています。 どうか力を貸してください。 一緒に政治の世界を変えていきましょう。 私は、特定の支援団体も既得権益団体もありません。 特段、多額の寄付も頂いていません。 私は総理大臣になりたいなんてこれっぽっちも思っていません。 私が求めているのはただ多くの皆さんから多くの支持をいただく。 ネットや街宣活動を通じて、また今回の選挙で、誰もやったことのないやり方を政治の世界で見せていく。 そうすれば、実際、参議院の比例区で数を取って送り込まれた政治勢力は、たとえ党の幹部ですら無視することはできない政治勢力になっていきます。 それが政治における本当の力になります。 結果、政治の世界を変えていきます。 そして、同時並行で、これまで政治の光があたらなかった人や分野にまで光を当てていくのです。 これが私の決意です。 どうか、「私の戦闘力は53万(票)」の力を与えてください。 令和元年7月4日 第25回参議院議員通常選挙 全国比例立候補者 山田太郎.

次の

「私の戦闘力(得票)は53万です」ネット選挙で当選を果たした山田太郎参議院議員の選挙戦略に迫る(山田太郎氏インタビュー前編) | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

選挙 山田 太郎

山田太郎53万票プロジェクトとは、に投開票が行われる第回において、認で全例で出しており、の保護と文化の発展を掲げているに票することを標としているの根の活動である。 なお、このは氏の活動であり、氏(同じ全例の補者)・氏(同日に投開票される知事補者)とは一切関係がい。 でブロガーの氏もの他人であり、名前を間違えると効票になる。 プロジェクトの内容 はに投開票される第回において、認補として全例代表で出した。 全例代表であるため、以上の有権者は全どこに住んでいても「」という個人名を例代表の用に記入することでを行うことが可となる。 は今回のにおいて、自身の標得票数を票に設定した。 この票数は、に登場するのと関連付けられることもあるが、より面なに立つと、前回例代表として最も多くの得票数を記録した全長会が支持した補が獲得した万票を上回ることが意図されている。 ここには、における戦略としての的を越し、前回の大きなを与えた29万票を更に上回る票をを守ることを掲げた補が獲得することで、保護勢をにおける最大のとしてすることも巨視的な的としている。 背景 に行われた第24回において、はから全例で出し29万票得票するも落選した。 この時に得票した29万票という票数は、全農政連や連盟、建設業連合会などの大規模な業界団体による組織票と同じ準の票数であり、を守ることを全面に掲げている補がこれだけの票数を獲得したことは前例のないことであった。 このことは、・好者のを持つとみられる、の保護に関心を抱く層が、大規模業界団体に匹敵する票田を秘めていることを顕在化させた。 元々、・文化におけるの支持を表明していたは存在していたが、が潜在的に大きな票田を持つことが認識されるようになると、今まで態度を保留していたも・文化におけるを支持することを表明するようになった。 のは、ににて・文化におけるを守ると明言しているが、この事は第24回でにされた29万票が影しているという観測もなされている。 のでが獲得した29万票はこのように大きな意味を持ったものの、はまでの3年間、議員のを外し、人としての保護に関する精的な活動をしていた。 しかし、議員でなくなったことで議員だった頃に可としていた手法が使えなくなったこともあり、をより効果的に守る為に、再び議員として出することを決断した。 山田太郎の実績 はに関して、議員時代に多くの実質的かつ絶対的な実績を残している。 最も著名な成果が、物を対に含めようとしていたのにおける問題条文のと物保護の附帯決議の追加に関する働きかけである。 これにより、による内容対からやが除外され、今まで出ていた多くの物やこれから出てくる多くの物が決定的に守られた。 それに次いで重要な成果が、における化に伴う禁止を防いだ働きかけである。 この時、は、実質的な条約の交渉に当たる閣僚から、がに対しどのような影を及ぼすか、またそれについてとしてどのように対処するかについて切れ味の鋭い質問を次々と行い、重要答弁を続々引き出した。 その中には、をから守るとであるに明言させたものも含まれていた()。 はこのように筋入りの表現反対であることが知られており、内法においても外事情においても様々な手法を駆使してこれに対抗するやり手であると評価されている。 そのため、のを知らしめる今回のがを囲んで行われたのは、の必然的な結果であったといえる 結果 にが締め切られるとともに、をはじめ各社によりの速報が発表された。 また、から間ほどで「」をとするが24万件以上され、のトンに入りした。 開票終了時の総得票数は 66票となり、標数を達成した。 これは全例補中3位、内でも(補を除く)となり、の団体を持たない補としては異例の結果となる。 その後集計が発覚し再集計が行われた結果、標を上回る 万票となっている。 関連動画 関連チャンネル 関連商品 関連項目•

次の