韓国 300万ウォン 日本円。 韓国語で値段を表現しよう!数字の読み方・聞き取りのコツ [韓国語] All About

外国為替計算

韓国 300万ウォン 日本円

240590 1203. 530000 1375. 634790 224. 702675 841. 628529 172. 092657 1510. 791209 788. 552856 865. 724356 37. 966246 40. 841930 72. 209923 886. 317107 175. 408450 155. 218087 1281. 305227 282. 187573 53. 452212 24. 364928 16. 059915 0. 081046 16. 744812 133. 204578 129. 683745 184. 754843 327. 624881 1. 524614 0. 005377 3908. 199383 320. 881435 284. 032285 0. 173704 75. 220625 0. 328759 1695. 112676 342. 261972 0. 792578 107. 060000 122. 369580 19. 988424 74. 867058 15. 308501 134. 392418 0. 088931 70. 145712 77. 010502 3. 377287 3. 633094 6. 423433 78. 842330 15. 603457 13. 807423 113. 978495 25. 101993 4. 754841 2. 167382 1. 428610 0. 007209 1. 489535 11. 849212 11. 536016 16. 434865 29. 143868 0. 135622 0. 000478 347. 653840 28. 544005 25. 266089 0. 015452 6. 691250 0. 029245 150. 788732 30. 445911 0. 070504 情報提供元:.

次の

日本の銀行から韓国の銀行に送金するには

韓国 300万ウォン 日本円

この記事の目次• 韓国の通貨 まずは韓国の通貨について説明します。 お買い物をする時のために韓国ウォンのレートも知っておくと便利でしょう。 どんな通貨を使ってる? 韓国の通貨の単位は ウォン(W)です。 これは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 韓国ウォンの紙幣はW5万、W1万、W5000、W1000の4種類、硬貨はW500、W100、W50、W10、W5、W1の7種類あります。 W10硬貨は新旧の2種類が出回っていますが、どちらも問題なく使用できます。 韓国ウォンのレートは? 韓国ウォンのレートは、 1ウォン=0. 099円(2018年10月19日時点。 )つまり、 1000ウォン=99円(約100円)ということです。 韓国ウォンの値段からゼロを1つ取ると日本の値段とほぼ同じになります。 「ゼロを1つ取る」ということを覚えておくと、食事や買い物の時にすぐに値段がわかるので便利です。 ゼロを1つ取るので「すごく安い!」という感覚に陥ってしまう方が多いので、買い物の際には買い過ぎに注意しましょう! どこで日本円を韓国ウォンに両替するのがお得? ここからは日本円をどこで韓国ウォンに両替すれば良いかご紹介していきます。 両替はなるべく手軽にできてしかもお得な方が良いですよね。 日本で両替する場合と韓国で両替する場合に分けてそれぞれ見ていきましょう。 日本で円をウォンに両替できる場所 まずは日本で両替してから韓国に行く場合。 日本で両替ができるのは銀行や両替所になります。 銀行での両替は安心感がありますが、どこの店舗でも両替ができるわけではありません。 韓国ウォンに両替できる店舗を事前に調べて行く必要があります。 わざわざ遠くの店舗に行くのは時間もお金もかかるので、それよりは空港の両替所で両替したほうが手軽でしょう。 空港の両替所で両替する方も多いですよね。 空港の出国前ゾーンと出国後ゾーンの両方にあって、旅行に行く途中に両替できるのでとても便利です。 ただし、 空港の両替所は手数料が高く、レートが悪くなってしまう場合が多いのです!便利な上、日本語が通じるので安心ではありますが、手数料については注意が必要です。 実は韓国で両替した方がお得! 日本と韓国のどちらで両替するか迷っている方は、 韓国で両替するのが断然おすすめ!日本の銀行や空港で両替するよりもお得に両替ができます。 なぜお得に両替できるかと言うと、現地(韓国)の方が両替手数料が安いから。 日本で両替したことによって使える現金が減ってしまうのはもったいないですよね。 できればレートの良い韓国で両替しましょう!韓国で両替できる場所は、 空港と市内の両替所や銀行です。 それぞれの両替のメリット・デメリットについて詳しく説明します。 ソウルの空港で両替する ソウルの空港で両替するメリットは、 現地に着いてとにかく早く両替できること。 空港から市内に向かう前に韓国ウォンを手にすることができるので、急に現金が必要になった場合も安心です。 韓国ではクレジットカードが使えるお店が多いですが、ローカルな小さなお店や屋台では使えないことが多いので現金が必要になります。 そのため、とにかく現金を準備しておきたいという時にとても便利です。 デメリットはまず 手数料が高いこと。 空港の銀行や両替所は、市内の銀行や両替所よりも手数料が高いです。 日本で両替するよりはお得なのですが、韓国市内には負けてしまいます。 空港では最低限のお金だけ両替して、残りは市内で両替する方が良いでしょう。 また、空港の銀行や両替所は混雑していることもよくあります。 混んでいる時は40分待ちになることも!せっかくの旅行で両替に時間を取られてしまうのはもったいないですよね。 空港での両替は便利ですが、手数料が高く時間がかかることに注意しておきましょう。 ソウル市内の銀行で両替する ソウル市内の銀行や両替所でおすすめなのは、 ソウル駅にある銀行です。 メリットは、何と言ってもレートが良いこと!ソウル駅にある ウリ銀行、IBK企業銀行、KB国民銀行は、レートが良いのでお得に両替ができます。 銀行の両替所ということで安心感もありますね。 ソウル駅以外の場所にある銀行では、クーポンを使ってお得に両替することができます。 ちなみに、ソウル駅にある銀行はクーポンを発行していませんが、クーポンを使った時と同じくらいお得なレートとなっています。 デメリットは、ソウル駅の銀行は時間帯によっては とても混雑しているということ。 混雑する時間帯は両替するのに時間がかかるので注意が必要です。 また両替の上限金額が決まっているので、大金を両替することはできません。 ソウル市内の両替所で両替する ソウル市内の両替所で両替をするメリットは、 レートが良い両替所もあること。 明洞や南大門、東大門は両替所がたくさんあって競争率が高いことから、レートが良い両替所が多いです。 このあたりは買い物に行く方も多いと思うので、買い物の途中で両替できるのも便利ですね! しかし、デメリットとして 違法両替所が多いことが挙げられます。 街中にある個人店の両替所には、許可を得ずに両替しているところもあります。 そういった違法両替所では、 ぼったくられたり偽物のお金に両替されたりすることも!そういった事件に巻き込まれる可能性があることを覚えておかなければなりません。 ソウル市内で両替するなら、きちんと許可を得ている両替所に行くようにしましょう。 セブンイレブン明洞店の両替所は許可を得ている両替所なのでおすすめです。 24時間営業で日本語が通じる店員さんもいるので安心ですね! ソウルではクレジットカードが使えるお店が多い? 旅行中はクレジットカードで買い物をする機会も多いでしょう。 韓国・ソウルでは多くのお店で支払いにクレジットカードが使えます!VISAカードやMasterカードはもちろん、JCBカードやアメリカン・エキスプレスカードも利用可能です。 ただ、屋台などの小さなお店ではクレジットカードが使えないこともあるので現金も少しは持っておきましょう。 また、クレジットカード決済ができる屋台でも決済機器の電波状況が悪くて一時的に使えないこともあるので、そういった場合は現金で払わなくてはいけません。 クレジットカードが使えるお店がほとんどですが、屋台での買い物に使える程度の現金は持ち歩いておくと良いでしょう。 ソウルの物価は高い?安い? 韓国は数年前までは物価が安いと言われていましたが、 ここ数年は物価上昇率がとても高く、以前より高くなっている物もあります。 韓国の物価と言ってもソウルと釜山では違うと考えられるので、今回はソウルの物価をご紹介します。 ソウルで化粧品を買いたいという方も多いと思うので、化粧品の物価も気になりますよね。 実際に日本の物価とどのくらい差があるのか見ていきましょう!(レートは2018年10月19日時点) お水 まずはお水の物価について。 お水は旅行中必ず必要になってくるものなので物価は重要ですね。 ソウルでは500mlのミネラルウォーターは 400ウォン(約40円)で売られています。 日本では100円程度なので、お水は韓国の方が安いです。 海外では水道水は飲まない方が良いので、飲み水はミネラルウォーターを買うようにしましょう。 約40円であれば気軽に買えますね。 タクシー 続いてタクシーの値段ですが、ソウルのタクシーの初乗り料金は 3000ウォン(約300円)です。 その後は142mごとに100ウォン(約10円)が加算されます。 日本のタクシーは初乗り料金が730円なので、タクシーは韓国の方が安いです。 ちょっとした移動でも気軽に乗ることができる料金ですね。 ソウルは日本よりもたくさんのタクシーが走っているのでつかまえやすいのもポイントです。 運転手は日本語がわからない場合が多いので、 行き先の住所(韓国語)や地図を用意しておくと良いでしょう。 地下鉄 ソウルの地下鉄は距離によって料金が変わります。 10kmまでは1350ウォン(約135円)、10km〜40km間は5kmごとに100ウォン(約10円)追加、40km以降は10kmごとに100ウォン追加になります。 ソウルの地下鉄は料金がとても安く便利です。 観光の際には地下鉄とタクシーをうまく利用して行きたいところを回るのが良いでしょう。 また、「ソウルシティパス」という ソウル市内の地下鉄とバスを1日20回乗り放題のカードもあります。 1日券は1万5000ウォン(約1500円)、2日券は2万5000ウォン(約2500円)、3日券は3万5000ウォン(約3500円)です。 地下鉄やバスによく乗る方はこちらもおすすめです! マクドナルド 続いてはどこの国にもあるマクドナルドの物価について。 ソウルのマクドナルドは、 日本よりも若干値段が高いことが多いです。 例を挙げて比較してみましょう。 日本のスターバックスコーヒー ・アメリカーノ(Tall) 340円 ・スターバックスラテ(Tall) 370円 ・キャラメルマキアート(Tall) 420円 比べてみるとやはりソウルのスターバックスコーヒーの方が値段が高いことがわかりますね。 韓国の化粧品 続いて女性が1番気になるであろう化粧品の物価について。 韓国発の化粧品はプチプラで日本でもすごく人気がありますよね。 現地で買った方が安いものもたくさんあるので、人気の商品の値段を比較しながら紹介していきます。 皮膚科医などが開発に参加したドクターズコスメで、今韓国のパックでもっとも人気があるものです。 こちらはインスタなどでもよく見かけますよね。 ソウルで買うと 1枚1500ウォン(約150円)です。 バラ売りでの値段なので、10枚セットなどもっとお得なものがある場合もあります。 日本では、Amazonなどで10枚セット1200円程度から販売されています。 特に人気なのがペリス インクティントというリップティントで、安いのに発色がよく、色も可愛いと評判です。 periperaのペリス インクティントをソウルで買うと、 7200ウォン(約720円)です。 日本では、Amazonで1300円程度から販売されています。 日本で買うよりもソウルで買った方が断然安いですね!実際にお店で色味を確認してから買うこともできるので、ソウルで買うことをおすすめします。 韓国と言えばクッションファンデというイメージがある方も多いほど、韓国コスメのクッションファンデは人気がありますよね。 IOPEのエアクッション インテンス カバーをソウルで買うと、 23900ウォン(約2390円)です。 日本では、楽天で5600円程度から販売されています。 こちらも ソウルで買った方が断然安いです!気になっている方はソウルに行ったときにチェックしてみてください。 韓国ではチップの習慣はある? 韓国では欧米のようなチップは不要です。 日本と同じく チップの習慣はありません。 高級レストランやホテルの宿泊料金にはサービス料金が含まれています。 もし特別なサービスをしてもらった場合や、無理なお願いを聞いてもらった場合にはチップを渡すこともあります。 その時のチップの目安は5000ウォン〜1万ウォン(約500円〜1000円)程度です。 韓国・ソウルの旅行予算 ここからはソウル旅行の予算を詳しく紹介していきます。 航空券・ホテル・食事は必ず必要なものなので、これらの予算を知って、旅行に必要な費用を考えておきましょう。 航空券 日本とソウル間の航空券の価格は、シーズンによって大きく変わってきます。 まずはGW・夏休み・年末年始などのオンシーズンの価格を見てみましょう。 大手航空会社の場合は往復5万円〜10万円程度、LCCの場合は往復2万円〜4万円程度です。 LCCになるとだいぶ安くなすのがわかります。 続いてオフシーズンの価格を見てみましょう。 大手航空会社の場合は往復3万5000円〜9万円程度、LCCの場合は7000円〜1万3000円程度です。 オフシーズンは大手航空会社・LCCともに価格が安くなります。 航空券代を安く済ませたいというかたは、なるべくオフシーズンを狙い、かつLCCを使うと良いでしょう。 ホテル ソウルは街中にホテルがたくさんあってとても便利です。 宿泊料金の幅も広いので、自分の旅行の予算に合ったホテルを見つけることができます。 ソウルの 一流ホテルは1泊2万円程度〜、便利な場所にある普通クラスのホテルは1泊1万円程度〜、ゲストハウスなどは3000円程度〜の料金で宿泊することができます。 安いホテルもたくさんありますが、安全面や困った時の対応を考えて、ある程度しっかりしたホテルに泊まるのがおすすめです。 韓国旅行に慣れている方ならゲストハウスなども安くて便利でしょう。 一食あたり 韓国はローカルな食事が安く楽しめることでも人気があります。 実際に屋台などでは200円くらいから食べ物を買うことができます。 一食あたりの予算をお店ごとに紹介します。 まず、 屋台の場合は200円程度、サムゲタンやタッカンマリのお店に行った場合は1000円程度、焼肉は1500円程度で普通に一食食べることができます。 焼肉で1500円程度は日本では考えられないほど安いですね!1日3000円あれば食事には困らないでしょう。 韓国ウォンの両替とソウルの物価まとめ 今回は、韓国ウォンの両替とソウルに物価について紹介しました。 韓国ウォンは ソウル駅の銀行やセブンイレブン明洞店で両替するのがお得で安心です!街中の違法両替所には注意しましょう。 ソウルの物価は 基本的には日本よりも安いです。 韓国料理や屋台グルメは驚くほど安く楽しむことができます。 反対に外食チェーンは日本よりも高い傾向にあります。

次の

韓国紙幣ウォンの価値は日本円でいくら?歴史と種類も調べてみた!

韓国 300万ウォン 日本円

両替 [ ] 通貨保護の観点から国外への持ち出しを制限している。 のを機に規制緩和され、それまで韓国系銀行に限られていた日本国内でのが、や一部の、両替所等でも可能となった。 日本では、多くの外国硬貨と同様に硬貨が両替不可能(一部業者を除く)である。 また、日本で両替を行うと、韓国で両替を行うよりも顧客にかなり不利なになるのが通例である。 漢字表記 [ ] 「ウォン」は「 (円)」の読みだが、公式には漢字表記をしない。 一方、「元」も朝鮮語読みでは「ウォン」となるが、漢字圏の人を相手にする人たちの間でまれに、ウォンを「元」と漢字表記するケースも見られる。 一方、中国語圏では韓国ウォンを、では「 韓圓」または「 韓元」、では「 韩元」または「 韩币」と表記する。 旧ウォン(圓)を導入• に接収された南側の朝鮮銀行は、にが設立されるまでの間、日本統治下に引き続いて最初の南朝鮮の ウォン(圓、won)を発行した。 ウォンの下にはとしてチョン(、chon)が置かれ、1ウォンは100チョンだった。 1945年8月時点では1ウォン=1円にされていたが、1945年10月に15ウォン=1となり、以後は戦後のの進行とともに切り下げが進んだ。 中のには、ついに1ドル=6,000ウォンとなった。 この時期、当初朝鮮銀行は製造のウォン紙幣のみの発行を継続し、硬貨は日本統治下で通用していた一銭硬貨が使われていた。 1946年発行のの印刷による10ウォンおよび100ウォン紙幣は、日本統治時代の朝鮮銀行券と類似したデザインであったが、日本を象徴するに代わりの花に上部の紋章が変更された。 1949年発行の5ウォンおよび10ウォン紙幣は、寿老人の肖像に代わりの図案となった。 このとき同時に5、10、50チョンなどの小額紙幣も発行された。 1950年には大韓民国のとして韓国銀行が発足したが、直後に勃発した朝鮮戦争でソウルを占領したは、予備として保管してあった1000ウォン紙幣や100ウォン紙幣を使用し、大量に流出させた。 韓国は新たに日本ので製造された韓国銀行券1000ウォン、100ウォン紙幣を発行し、記号により正規に発行されたものと確認できる朝鮮銀行券と交換した(第1次緊急通貨措置)。 51年10月、が設立され、紙幣の国内製造が再開された。 100旧ウォンは1ファンと交換され、1ドル=60ファンとなった(第2次緊急通貨措置)。 いまだ低額紙幣が流通していた朝鮮銀行券(10圓、5圓、1圓、50銭、20銭、10銭、5銭の7種類)および日本で発行された1銭硬貨といった、日本時代の残滓といえる通貨の流通は停止され、韓国銀行が発行した圜紙幣だけが唯一の法定通貨となった。 が印刷した1ファン、5ファン、10ファン、100ファン、1000ファン各紙幣が流通し、からはファン硬貨も発行された。 1959年以降、韓国の紙幣や硬貨における漢字表記はなくなり英字とハングルのみとなっている。 ファンの下にも補助単位チョン(錢、chon)が置かれ、1ファンは100チョンだった。 ただし、チョンの硬貨は発行されず、チョンが使われることはなかった。 しかしファンも、大統領が独裁権力を振るう時代の政治と経済の混乱でインフレーションが起こり米ドルに対する価値が下がっていった。 にはをきっかけにが起こり第一共和国が倒され、へ移行した。 政治や経済は不安定さを増し、1960年の秋以降、失業率や物価の上昇でインフレーションが急速に進み、には1ドル=1000ファンに、には1ドル=1250ファンへと価値が急落した。 ファン硬貨 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 表 裏 鋳造開始 流通 終了 10 19. 1 2. 86 3. 0 6. この政権は経済再建と経済開発を優先し、翌には第一次五ヵ年計画と通貨改革を実行に移した。 に新たな大韓民国ウォンが登場、1ウォンは10ファンと交換され1ドル=125ウォンに固定された(第3次緊急通貨措置)。 補助単位はチョン(英語表記は「jeon」に改められた)であり1ウォンは100チョンとなったが、今日チョンが実際に現金単位として使われることはない。 この通貨改革によりようやくインフレーションは緩やかになった。 前半は、の影響もあり、とにウォンが切り下げられた。 には1ドル=580ウォンとなったが、同年にはへの移行が始まった。 の最中の、(IMF)とのにより、完全変動相場制へと移ったが 、その後ウォンの米ドルに対する価値は、僅かな間に半分に落ち込んでいる。 流通貨幣 [ ] 紙幣 [ ] 2006年から2007年にかけて新デザインによる新紙幣が導入された。 偽造防止のための新技術が盛り込まれ、サイズが小さくなった。 長年似通っていた図柄を現代風に改め、紙幣の色彩が鮮やかになり、額面の文字と数字が大きな字で明るくはっきり見えるようになった。 新シリーズは額面によって様々な偽造防止技術が導入されている。 50,000ウォン紙幣は22種、10,000ウォン紙幣は21種、5,000ウォン紙幣は17種、1,000ウォン紙幣は19種の偽造防止技術が入っている。 偽造防止技術の例は下記の通り。 :表面の金属ホイル部分の変色立体画像• :人物像の透かしが白色部分に入っている• :文字と人物像の印刷部分が隆起している• :「한국은행 Bank of Korea(BOK)」と額面表記のスレッドが表面に織り込まれている• :裏面の額面表記が変色インクになっている• 詳細はを参照。 50,000ウォン紙幣の発行 [ ] 長らく最高額紙幣が10,000ウォン(2009年当時ので約800・8程度の価値)であったため、決済時に不便をもたらしていた。 このため国民の間では、(チャギアプスピョ)略して手票(スピョ・日本語で)やの使用頻度が高い。 論 や高額紙幣発行論がしばしば取りざたされていたが、「圧力になる」との批判が根強く、具体化に至っていなかった。 しかしながら、自己宛手票流通に掛かるコストや、偽造小切手問題から、2006年初頭より、韓国政府は100,000ウォン札を発行する方針で具体的な検討に入り、、が上半期を目処に100,000ウォンと50,000ウォン紙幣を発行する事を正式発表し、50,000ウォン紙幣は、予定通り2009年に発行された。 100,000ウォン紙幣の発行断念 [ ] しかし、100,000ウォン紙幣の図案に関して論争が起き(裏面の朝鮮半島の古地図・に、本来描かれていなかった独島()を記載するか否かの問題もあったが、表面の肖像に予定されていた独立指導者のに関して、南北統一政府を主張してらと確執を繰り広げたことから『最高額面の紙幣にふさわしい人物かどうか』が、保守派から提起され激論となったことが大きい )、2009年、韓国銀行は100,000ウォン紙幣発行推進計画を中止すると発表した。 ただ、50,000ウォン紙幣も日本円で4,000円弱程度の価値(発行当時)でしかなく、今後再び100,000ウォン紙幣の発行論議が再燃する可能性があるが、高額な買い物に対しては、所得控除制度がある「クレジットカード決済」が当たり前であり、高額紙幣が新規発行される目処が立たない状況が続いている。 硬貨 [ ] 2006年までは黄銅の10ウォンが発行されていたが、素材価値が高くなり額面に見合わなくなったため現在の硬貨に改められた。 1ウォン硬貨、5ウォン硬貨は、現在では事実上流通していないが、現在でものために細々と製造されている。 現金を伴わない取引では1ウォン単位で決済が行われるが、現金取引で10ウォン未満の端数が発生した場合、切り上げ、もしくは切り捨てられる。 現在使用 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 票面 表 裏 鋳造開始 流通 10 18 mm 1. 22 g アルミニウムに銅メッキ 無地 多宝塔・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 2006年 2006年12月18日 50 21. 6 mm 4. 16 g エンボス ・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 100 24 mm 5. 42 g ・ハングルで額面 500 26. 5 mm 7. 7 g ・ハングルで額面 1982年 1982年6月12日 1982-2006年発行 [ ] 画像 額 硬貨 柄 日時 表 裏 幅 mm 重量 g 材質 票面 表 裏 鋳造開始 流通 1 17. 2 mm 0. 729 g 無地 ・で額面 で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 5 20. 4 mm 2. 95 g 無地 ・ハングルで額面 算用数字で額面・ハングルで「韓国銀行」の表示・鋳造年 1983年 1983年1月15日 10 22. 86 mm 4. 06 g ・ハングルで額面 為替レート [ ] 公式にはは採用していない。 90年代後半以降、ドルや円に対して大きく変動してきている。 2005年頃から急激なウォン高が始まり、2007年時点では約7. 5ウォン近辺、その後のドル安傾向もあって8ウォン台で推移していた。 同年9月末にはの影響から、が発生、12ウォン越えをし大幅なウォン安が起き、10月7日にはついに13ウォンを突破。 85ウォン水準に日に日に近付いていたが、10月27日には売値・買値ともに15ウォンを突破し、さらに12月5日には一時的ながら16ウォンにまで達し、2009年2月20日には再び16ウォン台に突入、対円での史上最安値を更新した。 その後はの導入により、通貨危機前の水準に戻しつつある。 数字が大きいほどウォン高) 年 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 09. 03 09. 31 09. 11 09. 38 09. 44 09. 41 09. 56 09. 5 09. 64 09. 45 09. 84 09. 96 10. 09 10. 43 10. 54 10. 56 10. 76 10. 74 10. 94 10. 74 10. 88 11. 09 11. 54 11. 71 12. 12 11. 99 12. 05 12. 11 11. 85 12. 05 12. 02 12. 19 12. 46 12. 44 12. 49 12. 78 12. 92 12. 61 12. 52 12. 84 13. 1 13. 3 12. 93 12. 36 12. 55 12. 71 11. 89 12. 09 11. 27 11. 16 10. 「」も参照 500ウォン硬貨は日本のと比べて、重量が少し重いことを除き、材質・形状が極めて類似していた。 なおかつ、当時、500ウォン硬貨は日本円でおよそ50円程度の価値であった。 このため、1999年頃から、ドリルでくぼみをつけて五百円硬貨と重量を合わせる加工が施されたが、大量にから日本に運び込まれ、日本全国のやで不正使用された。 摘発された主な事件には、次のようなものがある。 1999年6月に、のの男3人との男1人が、日本各地の自動販売機で変造500ウォン硬貨を使用していた容疑で、で逮捕された。 男らが用いていた自動車から、変造500ウォン硬貨約2000枚が発見され、押収された(による)。 当初は、自動販売機の識別機能強化による対応が試みられたが、まさにの状態となり、自動販売機での500円硬貨の受入れを中止する動きが広まった。 結局、に、日本のは、抜本的な対策のため、材質を変更した上で偽造防止対策を施した500円ニッケル黄銅貨を発行した。 また、自動販売機の多くで500円ニッケル黄銅貨のみ対応の自動販売機に切り替わった。 その結果、日本国内の自動販売機荒らしの発生件数は、2000年の6706件から2001年には1061件まで減少した(による)。 しかし最近は、韓国人旅行者の増加で、で韓国人旅行者が500ウォン硬貨を渡す事もあり、また店員も知らずにそのままつり銭として他の人に渡す事もあり、問題となっている。 脚注 [ ] []• National Statistical Office, South Korea 2019年12月31日. 2020年3月12日閲覧。 1米ドルが何ウォンか。 数字が大きいほどウォン安。 Kurt Schuler 2004年2月29日. Currency Boards and Dollarization. 2006年12月7日閲覧。 旧ウォン: [ ] [ ] ( (朝鮮語)、)• ファン硬貨: [ ] [ ] ( (朝鮮語)、韓国銀行)• Kurt Schuler 2004年2月29日. Currency Boards and Dollarization. 2006年11月16日閲覧。 民間においては、喫茶店などで0を省略した価格表示などを行っている場合がある。 週刊京郷 2018年10月1日• asahi. com 2009年1月22日配信、2009年3月2日配信• 2007年3月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年9月20日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (一部店舗でウォンが使える)• - 近年の韓国は現金を用いない電子決済が現金決済より圧倒的に多い国となっている。

次の