足 の 甲 テーピング。 【下肢静脈瘤のセルフ改善法】抜け道血管を塞ぐ「足の甲テーピング」のやり方。むくみはその場で取れる?|カラダネ

足の甲の痛みに効く!テーピング編

足 の 甲 テーピング

京都府に住む主婦の安藤早苗さん(仮名・73歳)は、今から8年前、下肢にむくみや痛みが起こりだしました。 「ひざから足首にかけてパンパンに腫れ、歩いているときに立ち止まると、足の甲や指先に電気が走るような激痛が起こるのです。 昼夜を問わずこむらがえりもしばしば起こるばかりか、足が氷のように冷え、夏でもスパッツや靴下を2枚ばきにしていました」 安藤さんは、痛み止めの注射を打ったり、鍼治療を受けたりしました。 ところが、安藤さんの場合は、一時的にしかよくならなかったそうです。 「いちばんつらかったのは歩くことです。 買い物中に足が痛くなってカートにもたれかかり、主人に介抱されることもありました。 階段の昇り降りもつらく、外出がめっきり減りました」 安藤さんは足をらくにしようとして、巻いたバスタオルの上に足を乗せて寝たそうです。 ところが、かえって足が重だるくなり、しびれも起こったため、数日でやめてしまったそうです。 その後も安藤さんの症状は回復することはなく、下肢にかゆみも現れ、皮膚に血管が浮き出ていたといいます。 下肢静脈瘤の症状に加え、足首の冷えやこむら返りまで改善 そんな安藤さんが「足の甲テーピング」を始めたのは、数カ月前のことでした。 「足の甲テーピングを指導しているサトウ血管外科クリニックを受診していた近所の奥さんからすすめられたので、その奥さんの家に出向き、足の甲に包帯を巻いてもらいました。 すると、2日後には足のむくみや痛みがかなり軽くなったので、奇跡かと思ったほど驚きました」 奥さんからテープをいただいて、足の甲テーピングを毎日続けるようになった安藤さんは、2016(平成28)年10月にサトウ血管外科クリニックを受診しました。 「診察の結果、両足に静脈瘤がたくさんできていることがわかり、佐藤先生が足の甲に包帯を巻いてくれました。 私が巻いているより少しきつめに巻かれたようです。 すると、翌日から足のむくみ、痛み、かゆみから足首の冷え、こむらがえりまで、すべての症状が改善したのです。 半日歩いても平気ですし、走れるようにもなりました」 安藤さんは、12月の中旬に下肢静脈瘤のレーザー手術を受ける予定です。 手術と足の甲テーピングで下肢静脈瘤が完治することを期待していると話してくれました。 ・記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。 また、記事の体験はあくまでも個人的な感想であり、効果効能を保証するもので はありません。 ・この記事は健康情報誌『夢21』で2017年に紹介されたものをウェブ用に再編集したものです。

次の

浮き指の改善方法とテーピングのやり方

足 の 甲 テーピング

腱の周りには腱鞘というトンネル状の筒(鞘)のようなものがあります。 この腱と腱鞘がこすれて炎症がおこることを「腱鞘炎」といいます。 足の甲の腱鞘炎がおこる原因はいろいろあります。 手と同様にスポーツなどにより使いすぎて腱鞘炎をおこすことがあります。 サッカー選手におこることが多いのです。 しかし、それだけでなく、靴ひもをきつく締めすぎたことが原因で腱鞘炎をおこすこともあります。 特に足の甲が高い人は注意が必要です。 腱鞘炎の症状は、炎症をおこした部分が腫れたり痛みを感じます。 痛みは走ったりすると感じる場合や体重をかけた時に感じることもありますが、ひどくなると立っていられないほどの痛みを感じることがあります。 それだけでなく足の指先にしびれを感じることもあります。 腱鞘炎の治療としては保存療法が中心となります。 まずは腫れている部分を冷やします。 痛みや炎症がひどい場合は、抗消炎剤の痛み止めの内服や湿布などの外用薬の処方が行われます。 保存療法で効果が無く、症状が慢性化したり悪化して日常生活に支障をきたすような場合は、手術を行うことがあります。 ここではテーピング方法についてご紹介します。 足の甲の中心あたりに印をつけておくとテーピングしやすいです。 かかととつま先を床に付け、足首を少し伸ばしテーピングしていきます。 ・足の甲(横幅)よりやや長めに採寸したテープを2本用意し、角は丸くカットしておきます。 裏面のシールを中心部からはがし、両端をもってやや強めに引っ張りながら印をつけた部分に貼り付けます。 両端はあまり引っ張らないようにしてそのまま貼りつけます。 ・2枚目も同様に裏側のシールをはがしてから強めに引っ張りながら1枚目よりやや足首側に貼ります。 (両端を貼る時は引っ張りすぎないようにします) ・3枚目は縦方向に貼ります。 長さは1枚目から脛のあたりまでです。 裏紙をはがし、1枚目のテープに重なるように貼りつけます。 裏紙を全部はがし、足首から足の前面に向けて少しひっぱりながら貼ります。 テープの端は伸ばさないようにします。 最後に全体を抑えて貼りつけます。 また、偏平足や足首が硬い人は足裏のエクササイズをしていくと、足の甲にかかる負荷を軽減させることができます。 ここでは足の甲のストレッチを2つご紹介します。 1つ目はサッカー選手に向けての解説となっていますが、足指の柔軟性が期待できますので痛みが治まったら行ってみてください。 2つ目は足裏を鍛えて体重を支えるためのアーチ機能を改善するストレッチです。 腱鞘炎の予防改善になりますので行ってみてください。 ・1つ目:足指ストレッチで足の柔軟性アップ 左足を曲げて右膝に乗せます。 左手で足の甲(足首より)をしっかりつかみます。 右手で左足の親指を握ります。 この時人差し指だけは伸ばします。 左手はしっかり固定したまま、右手で足の親指を下に曲げます。 また、手前に曲げたり回したりします。 ・2つ目:足裏を鍛えてアーチ機能を改善するトレーニング タオルを用意し端を結びコブを作り、足の指先にかかりやすくします。 親指と人差し指の間に結び目をかけて、反対の端を手で持ちます。 手で持った方を軽く引っ張りながら(やや外側から)、足首と指を丸めるように動かします。 (10~15回)結び目の位置を一つずつ変えながら、同じことを繰り返します。 膝を曲げないように注意してください。 スポーツ選手だけでなく誰でも腱鞘炎になるかもしれません。 靴ひもの結び方には十分注意してください。 足の甲が高い人や偏平足の人は特に注意が必要です。 腱鞘炎の症状の予防改善のために、テーピングやストレッチを日々の生活の中に取り入れてみてください。 この記事が参考になれば幸いです。 気になる!健康記事ランキング•

次の

足のアーチが崩れるとどうなる?偏平足・開張足向けインソールの選び方とテーピング術

足 の 甲 テーピング

足の捻挫の症状 足の捻挫の症状は伸ばすと痛みがある・腫れる・関節が緩む・内出血などがあるでしょう。 基本的に捻挫というのは関節に過剰な力が加わることで靱帯が伸びきってしまって切れてしまうというものです。 このように 靱帯損傷が発生することで皮下出血が発生して内出血となり腫れにつながるというメカニズムになります。 これは足の捻挫以外でも同じですので知っておかれるといいでしょう。 また、足の捻挫の場合は リスフラン関節捻挫の可能性があります。 これは足首の捻挫と勘違いする可能性が高いので要注意です。 横文字ですとわかりにくいですが、具体的には 足根中足関節のことで足の甲を前後に2つに分ける位置にある関節のことです。 この部分は指の骨と足の甲の立方骨をつなぐ骨で、ジャンプをして着地をするときなどの足にかかる体重の衝撃をやわらげる作用があるので、スポーツ選手はかなりの負担がかかる部位なのです。 足の甲における捻挫か骨折の見分け方 足の甲の捻挫はジャンプして着地をするときに力がかなり加わるとか、走っているときにつまずくとか、重いものを足に落としたときなどに発生するものです。 しかし、 この部位の骨折かどうかの見分け方はかなり難しいようです。 骨が皮膚から飛び出るなどの明らかな状態であれば、わかりやすいでしょう。 ほかにも 応急処置をして1週間が経過しても痛みが引かないとか、 歩くことができないレベルで痛いとか、 紫色に大きく腫れているなどの 大きな症状があれば骨折です。 骨の変形やこれらのような明らかに重い症状があるのなら骨折を疑ってみるといいでしょう。 足の甲の捻挫で歩けない時の応急処置は? 足の甲の捻挫で歩けなくなるほどの痛みを感じることがあります。 足の甲が腫れて体重をかけると痛みが走るとか、足が痛いけれど具体的に細かい部位がわからないという場合はリスフラン関節捻挫の可能性が高いです。 そのような場合は急いで応急処置をしましょう。 捻挫や骨折の時の応急処置は対応の仕方が同じです。 それは RICE処置となります。 この処置は怪我をしたときの応急処置ですので覚えておかれるといいでしょう。 まずは Rest 安静 にする必要があるので、治療ができる場所に移ってください。 次に Ice 冷却 を使って患部を冷やしましょう。 ある程度冷やしたのなら内出血や腫脹を防ぐために 患部をCompression 圧迫 してください。 鬱血しないように注意しながら伸縮性のある包帯やテープを使って固定し、その後は Elevation 高挙 します。 つまり、患部を心臓より高く上げるようにして内出血を抑えるのです。 手の場合は簡単なのですが、足の場合は横になる必要があるので、足の下にクッションなどを置くなどして高い位置をキープしましょう。 足の甲の捻挫の治療方法 基本的には応急処置をして、病院で診てもらうのが正しい対処法となるでしょう。 歩くことが困難なレベルの場合はすぐにでも診てもらった方がいいです。 まずは レントゲンで検査をしてもらって骨に異常がないのかを確認することになるかと思います。 その後は 痛み止めをもらってそれを飲みつつ、ギブスやサポーターを使って固定をするとか松葉杖を使って生活をする必要があります。 仮に、痛みが軽いという人は湿布を使うという選択肢もありますが、湿布には血管拡張作用があるのでRICE処置をしてすぐには使わない方がいいようです。 熱っぽさや炎症がある程度引いた後に使いましょう。 4日ほど経過してもある程度痛みが残っているのなら、冷感湿布を使い、腫れや痛みがほぼ治まっているのなら温感湿布を使うのが良いでしょう。 この辺りは状態を病院の先生に診てもらい指示を仰がれると良いかと思います。 足の甲の捻挫の痛みを和らげるテーピングの仕方 足首の捻挫をしたときのテーピングをするときは、この動画を参照して巻くと良いでしょう。 体毛のある部分やテープによるかぶれを防止するためにアンダーラップを使います。 皮膚保護のために肌に直接巻くテープなので安心です。 Sponsored Link 不安な方は粘着スプレーを使うとより効果的でしょう。 この動画ではどの部分なのかもわかりやすく解説しているので、今現在足の甲の捻挫に悩まされていないという方でも参考になるでしょう。 動画を見てもらうとわかるように、ひとりでも簡単に巻くことができます。 アーチの部分に巻くようにテーピングで足の横から固定をし、足の裏側にもテーピングをして固定をします。 足の甲の捻挫で病院に行くのは必須? 足の甲の捻挫は痛みがひどかったり腫れがひどい場合は病院ですぐに検査をしてもらうのが正しいでしょう。 基本的に負傷をして捻挫になった人は必ず痛みが発生するのですが、骨折の場合はその痛みも重く腫れがひどくなるので、見た目でも危険度が伝わることでしょう。 その場合はすぐに病院に行ってください。 しかし、疲労骨折のようなケースではなんとなく足の甲が痛いというケースで済むことがあるので、非常にわかりにくいです。 しかし、 いつまでたっても痛みがなくならないという人は病院で一度診てもらうようにしましょう。 はっきりとわかるような捻挫や骨折ならば動きやすいのですが、軽度ですと動かない人も多いので、痛みの程度や見た目の状態とは関係無しに異変を感じ取ったのなら確認するためにも診てもらいましょう。 足の甲を捻挫した場合お風呂に入ってもいいの? 基本的な考え方なのですが、捻挫においての応急処置は冷やすことにあります。 これは血管の拡張を抑えて痛みや腫れを減らす方法なので、効果的なのです。 従いまして、 このような状態で温めるのは良くありません。 捻挫して1-2日は患部の血管が切れている状態なので、このときにお風呂に入るのは避けましょう。 痛みがある程度引いて炎症も治まり始めたら、患部を温める必要が出てくるのでお風呂に入るのも有効な方法となってきます。 結論として、ある程度の痛みや腫れが引くまではお風呂に入るのは間違っているということになります。 足の捻挫の全治はどのくらい? 足の甲の捻挫の場合、軽度なら1週間程度で治るようですが、中度になると2週間程度かかるようになり、重度になると1ヶ月程度かかってしまうようになります。 ただし、これはあくまで目安なので、応急処置の対応やその後の治療の対応次第で短くもなりますし、長くなってしまうことも多いでしょう。 特に、足の甲の場合は日常生活において運動をしない人たちでも必ず負荷をかけてしまう部位なので、絶対安静にすることがなかなかできないのです。 靱帯を損傷している可能性もありますので、痛みがひどい人は一度診てもらって、テーピングによる固定方法なども説明してもらった方がいいでしょう。 足の甲の捻挫はクセになる? 捻挫がクセになるのかならないのかという議論がありますが、同じ場所を繰り返し捻挫してしまう人もいるので、 捻挫グセというのは存在していると多くの方がおっしゃっております。 特に多いのがスポーツ選手や運動系の部活動を行っている学生でしょう。 捻挫によって負傷した場所が癒着して固まってしまった結果、 関節の可動域が狭くなっているのに、そのまま過負荷なトレーニングを再開した結果再び痛めるというケースです。 また、 ジャンプを多く行うようなバスケットやバレーボールといったスポーツの場合は足の甲の捻挫が癖になってしまうこともあります。 特に、足の甲は捻挫してしまうとなかなか治ってくれませんので、無理矢理復帰した結果繰り返すようになったというケースも存在しているようです。 場合によっては剥離骨折を併発して重症化してしまうのが足の甲の捻挫なので、治す時は無理をしないで治すようにしましょう。 捻挫に関しましては次のページも参考にしてください。 足の甲の捻挫のテーピングの仕方やサポーターや湿布など処置法のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は足の甲の捻挫に対する様々な情報を記載いたしました。 足の甲の捻挫は痛みが分散することも多く、どの部位が原因なのかわからないことが多々あります。 従いまして、自己判断をせずに病院で診てもらうことが無難だと思います。 また応急処置は大切になりますので、参考にして頂ければと思います。 カテゴリー•

次の