確定 申告 2020 いつまで。 2020年の確定申告はいつからいつまで?対象期間を税別に解説

確定申告の還付金はいつ振り込まれる?振り込まれない場合の確認は?

確定 申告 2020 いつまで

いつからいつまで はいつからいつまでか? 毎年している個人事業主などの方々は覚えているでしょう。 最近を始めた方、またサラリーマンでも様々な理由でが必要になることもあります。 そんなときに気になるのがはいつからいつまでなのか? や納税についてもみてみます。 確定申告はいつからいつまで? 2020年(令和2年)は、2月17日(月)~2020年(令和2年)4月17日以降 確定申告はいつからいつまで? 2020年( 令和2年)は、2月17日(月)~2020年( 令和2年)4月17日以降 確定申告はいつからいつまで?還付申告は? 2020年(令和2年)は、1月6日(月)~2024年(令和6年)12月28日(月) 確定申告はいつからいつまで?対象期間は? 2019年(平成31年)1月1日から2019年( 令和元年)12月31日までの1年間 確定申告はいつからいつまで?所得税と復興特別所得税の納税は? 2020年( 令和2年)4月17日以降まで 確定申告はいつからいつまで?消費税の納税は? 2020年( 令和2年)4月17日以降まで 確定申告はいつからいつまで?税務署の開庁時間は? 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで 確定申告はいつからいつまで? 2020年(令和2年)は、2月17日(月)~2020年(令和2年)4月17日以降 確定申告はいつからいつまで?2020年(令和2年)は、2月17日(月)~2020年(令和2年)4月17日以降 の申告をする期間は、2月16日~3月15日(2020年は特例にて別途)です。 それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 つまり2020年(令和2年)は2020年(令和2年)は、2月17日(月)~4月17日以降です。 (2020年は新型コロナウイルスの影響で4月17日) ちなみに上記はについてです。 消費税および地方消費税については、個人事業者の場合は、課税対象期間の翌年3月31日(2020年は特例にて別途)が提出期限となっていて、法人の場合は、事業年度末日の翌日から2カ月以内となっています(ちなみに法人は、前年度の確定消費税額が48万円を超えている場合、その確定税額に応じて定められた回数の中間申告が必要)。 また 法人税については、決算日後から2ヶ月以内となっています。 また個人事業税については、をすれば申告する必要はありません(つまり基本的には申告の期間はと同じ)。 確定申告はいつからいつまで?還付申告は? 2020年(令和2年)は、1月6日(月)~2024年(令和6年)12月28日(月) 確定申告はいつからいつまで?還付申告は? 2020年(令和2年)は、1月6日(月)~2024年(令和6年)12月28日(月) をする期間は対象の期間の翌年1月1日から5年間です。 例えば2019年(平成31年・令和元年)1月1日から12月31日までの期間についてをしたければ、翌年1月1日、つまり2020年(令和2年)1月6日(月)~2024年(令和6年)12月28日(月)までの間に申告をするということです。 確定申告はいつからいつまで?対象期間は? 2019年(平成31年)1月1日から2019年(令和元年)12月31日までの1年間 確定申告はいつからいつまで?対象期間は? 2019年(平成31年)1月1日から2019年(令和元年)12月31日までの1年間 「の対象期間はいつからいつまでなのか?つまりいつからいつまでのについて確定申告やるのか?」ですが、 これを「課税対象期間」と言います。 1月1日から12月31日までの1年間。 つまり例えば2020年(令和2年)の期間(2020年(令和2年))2月17日(月)~4月17日以降に行うの対象期間は2019年(平成31年)1月1日~2019年(令和元年)12月31日まで(2019年(平成31年)1月1日~2019年(令和元年)12月31日の)ということになります。 主な税目は「所得税」、「消費税および地方消費税」、「法人税」。 所得税は、個人事業主、サラリーマン。 消費税および地方消費税は、課税売上高又は給与支払額が1,000万円超などの場合。 確定申告はいつからいつまで?所得税と復興特別所得税の納税は? 2020年(令和2年)4月17日以降まで 確定申告はいつからいつまで?所得税と復興特別所得税の納税は?2020年(令和2年)4月17日以降まで 所得税と復興特別所得税の納税は、2020年(令和2年)4月1(木)までです。 これは税務署の開庁時間が午前8時30分から午後5時ですので、の時間も自ずと午前8時30分から午後5時までになるのです。 確定申告書には、確定申告書Aと確定申告書Bがあり、個人事業主の場合には確定申告書Bを使用します。 確定申告書Aと確定申告書Bの違いは、確定申告書Aは利用用途が限定的で、確定申告書Bはより幅広い申告に対応しています。 青色申告決算書 個人事業主がする場合、申告方法にはとがあります。 は複式簿記など難しい知識が必要であり(ソフトなどを利用すると簡単)、その分とは比べ物にならない控除を受けられるというメリットがあります。 青色申告と白色申告についてはの記事をご覧ください。 をするには青色申告決算書が必要です。 青色申告決算書は、日々の帳簿付けの結果を決算書の形式で記入する書類となっています。 収支内訳書 に青色申告決算書が必要なように、には収支内訳書が必要になります。 売上、仕入、経費、利益について記載します。 各種控除書類 はなどの税金を決めるための申告ですが、税金の金額を決めるにはを割り出します。 そのそのからは各種の控除額を差し引くことができ、から控除額を引くことができれば、は安くなる。 つまり税金は安くなります。 このには各種あり、該当するものがあればを受けられますが、を受けるにはに関する書類が必要になります。 には以下のようなものがあります。 社会保険料控除 生命保険料控除 小規模企業共済等掛金控除 医療費控除 地震保険料控除 雑損控除 寄附金控除 源泉徴収票 専業の個人事業主であれば、はありませんが、サラリーマンのように会社に勤めていれば会社がを発行します。 サラリーマンが副業などを理由にする場合にはを提出します。 サラリーマン サラリーマン 住宅ローン控除 ふるさと納税 医療費控除 災害、盗難被害 仕事の支出 2箇所以上給与 年末調整漏れ 年の途中退職 雑損控除 災害減免法 確定申告書A 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 収支内訳書 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 住宅借入金等特別控除額の計算明細書 〇 借入金残高証明書 〇 住民票 〇 建物・土地の登記事項証明書 〇 建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)のコピー 〇 寄附金受領証明書 〇 医療費控除の明細書 〇 領収証などの証明書類 〇 損害金額明細 〇 会社からの証明書 〇 経費の金額を証明できる書類 〇 報酬支払調書 〇 源泉徴収票 〇 〇 生命保険・地震保険料控除証明書 〇 国民健康保険控除証明書 〇 国民年金保険料控除証明書 〇 確定申告書A 個人事業主やサラリーマンがやをするのは、確定申告書の提出が必要になります。 確定申告書には、確定申告書Aと確定申告書Bがあり、サラリーマンの場合には確定申告書Aを使用します。 確定申告書Aと確定申告書Bの違いは、確定申告書Aは利用用途が限定的で、確定申告書Bはより幅広い申告に対応しています。 収支内訳書 売上、仕入、経費、利益について記載します。 収支内訳書は個人事業主のにも使用されます。 住宅借入金等特別控除額の計算明細書 は初年度だけが必要です。 のをするには、住宅借入金等特別控除額の計算明細書が必要になります。 住宅ローン控除についてはこちらの記事をご覧ください。 借入金残高証明書 は初年度だけが必要です。 のをするには、借入金残高証明書が必要になります。 住宅ローンを組むと、初年度の翌年1月下旬ごろに住宅ローンを組んだ金融機関等から借入金残高証明書が発送されます。 住民票 は初年度だけが必要です。 のをするには、住民票が必要になります。 言わずもがなですが、住所を管轄する市区町村役場で発行されます。 建物・土地の登記事項証明書 は初年度だけが必要です。 のをするには、建物・土地の登記事項証明書が必要になります。 建物・土地の登記事項証明書は管轄の法務局で入手しますが、 管轄法務局が登記情報交換サービス対象なら、ほかの法務局でも,請求することができます。 またオンラインでも請求できるようです。 ちなみに法務局はで確認することができます。 都道府県を選ぶと各都道府県の地図が表示されるので市区町村をクリックします。 建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)のコピー は初年度だけが必要です。 のをするには、建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)のコピーが必要になります。 家を買う時には不動産屋で契約しますが、契約をすると不動産売買契約書(請負契約書)が作成されます。 寄附金受領証明書 は寄附です。 は魅力的な返礼品がもらえますが、をしないとその恩恵を受けることはできません。 ふるさと納税についてはの記事をご覧ください。 年金受給者 公的年金等の収入金額(2ヵ所以上ある場合は合計額)が400万円を超える場合はが必要です。 各種控除書類 はなどの税金を決めるための申告ですが、税金の金額を決めるにはを割り出します。 そのそのからは各種の控除額を差し引くことができ、から控除額を引くことができれば、は安くなる。 つまり税金は安くなります。 このには各種あり、該当するものがあればを受けられますが、を受けるには控除に関する書類が必要になります。 には以下のようなものがあります。 社会保険料控除 生命保険料控除 小規模企業共済等掛金控除 医療費控除 地震保険料控除 確定申告は確定申告書を作成して税務署に申告します。 管轄の税務署を調べる 青色申告をするか、白色申告をするか。 確定申告書の作成 納税する 確定申告は、確定申告書を作成して税務署に提出するのです。 期間は、2月16日~3月15日(2020年は特例にて別途)です。 それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 つまり2020年(令和2年)は、2月17日(月)~2020年(令和2年)4月17日以降です。 管轄の税務署を調べる 確定申告をするのは、住所地もしくは居所地を管轄する税務署です。 青色申告をするか、白色申告をするか。 確定申告書を作成する前に、青色申告をするか白色申告をするか選択する必要があります。 青色申告と白色申告の違いは簡単に言うと税金が安くなるかならないかです。 青色申告?白色申告?その違いとは? メリット デメリット 青色 申告 青色申告特別控除最大65万円 赤字を3年間繰越できる 家族従業員の給与を経費にできる など 事前申請の必要がある 帳簿づけが大変 提出書類が白色申告と比較して多い 白色 申告 事前申請の必要なし 帳簿づけが簡単 確定申告の提出書類が白色申告と比較して少い 青色申告のメリットがない 青色申告のメリット 青色申告特別控除最大65万円 赤字を3年間繰越できる 家族従業員の給与を経費にできる 青色申告特別控除最大65万円 ここでは難しいことは置いておいて青色申告特別控除最大65万円についてみてみようと思います。 この青色申告の特別控除とは額のひとつです。 つまり金額が下がるイコール税金が安くなるということです。 これはに限らず、を元に計算される、国民健康保険税(料)にも関係してくるのです(安くなる)。 ちなみにこの青色申告特別控除最大65万円は、主に単式簿記かかによって10万円になってしまいます。 単式簿記なら10万円、なら65万円です。 赤字を3年間繰越できる 貸倒配当金を利用できる 減価償却を1年で300万円まで一括計上できる 家族従業員の給与を経費にできる 家事按分を利用できる 青色申告のデメリット 届出が必要 帳簿づけが大変 提出書類が白色申告と比較して多い 届出が必要 税務署に事前に以下の届け出が必要です。 開業届 青色申告承認申請書 開業届についてはの記事をご覧ください。 帳簿づけが大変 帳簿づけとかよくわからない 会計ソフトが活躍してくれます。 や、 、 などです。 またこちらも に頼むといくらくらいなのか一度相談してもいいかもしれません。 提出書類が白色申告と比較して多い これも確定申告書も含めて会計ソフトを使うと気にならないレベルです。 や、 、 などです。 に頼めばラクなのは言うまでもなく、費用との兼ね合いになります。 白色申告のメリット 事前申請の必要なし 帳簿づけが簡単 確定申告の提出書類が白色申告と比較して少い まったく青色申告の逆です。 白色申告のデメリット 青色申告のメリットがない すみません。 カンタンに書くとそういうことです。 確定申告書の作成 最寄りの税務署で確定申告書を入手して、手書きする 国税庁のHPにある確定申告書作成コーナーで作成する 確定申告(会計)ソフトを使って作成する 確定申告書を提出する 確定申告書を作成する方法は3つあるのです。 確定申告書を作成する際に必要なもの 経費の領収書 確定申告をするためには必要経費を算出しなければなりませんが、経費を算出するのには領収書が必要です。 控除の証明書 所得控除の証明書 雑損控除 医療費控除 社会保険料控除 小規模企業共済等掛金控除 生命保険料控除 地震保険料控除 寄付金控除 寡婦・寡夫控除 勤労学生控除 障害者控除 配偶者控除 配偶者特別控除 扶養控除 基礎控除 青色申告特別控除 税額控除の証明書 マイホームの取得等と所得税の税額控除 居住者に係る外国税額控除 非居住者に係る外国税額控除 配当所得があるとき 配当控除 政党等寄附金特別控除制度 認定NPO法人に寄附をしたとき 公益社団法人等に寄附をしたとき 試験研究費の総額に係る税額控除制度 特別試験研究に係る税額控除制度 雇用者の数が増加した場合の税額控除 雇用者給与等支給額が増加した場合の税額控除 源泉徴収票 個人事業主であっても、サラリーマンが副業として事業をしている場合や、法人の役員になっている場合は、が発行され確定申告をする際に必要になります。 収支内訳書(白色申告)or青色申告決算書(青色申告) 白色申告をするか青色申告をするかによって違ってきますが、収支内訳書(白色申告)か青色申告決算書(青色申告)が必要になります。 収支内訳書は、売上と経費(仕入、人件費、旅費交通費、通信費など)を記入します。 また そこから所得金額を計算します。 青色申告決算書は内訳は、損益計算書、損益計算書の内訳、貸借対照表の4枚になっています(損益計算書の内訳は2枚)。 損益計算書:収入や経費を記載 損益計算書の内訳:損益計算書の内訳 貸借対照表:資産や負債を記載 確定申告書を提出する 基本的に3つの方法があります。 管轄の税務署に行って提出する。 管轄の税務署に郵送する e-taxを使う 例えば、自分で確定申告書を作って管轄の税務署に提出する。 国税庁のHPにある確定申告書作成コーナーで確定申告書を作成し、そのままe-taxでする、もしくは税務署に持って行く。 確定申告(会計)ソフトでデータを作成してe-taxでする。 税務署に持って行くなどです。 納税する 税金を納税します。 期限についは以下のようになっています。 20万を超える副収入 サラリーマンが会社でをしてもらっていても、マンションの賃料などの副収入(給与所得、退職所得を除く)との合計額が年間20万円を超える場合はが必要です。 確定申告が不要なのに確定申告した方がいい人 事業が赤字のとき サラリーマンが確定申告(医療費控除、住宅ローン控除1年目など) 年の途中で退職 退職して「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない 副業先でも源泉徴収 事業が赤字のとき 損失申告と言いますが、を行っている人が赤字になった場合、をすれば、赤字を翌年度以降に繰り越せます。 赤字の年の損失分を、翌年以降3年間、利益からすることができます。 サラリーマンが確定申告(医療費控除、住宅ローン控除1年目など) 例えばの場合、医療費が10万円以上であれば、()すればやの還付を受けることができます。 または、2年目からは会社でしてくれますが、1年目は()が必要です。 年の途中で退職 とは、を本人に代わって会社がしれくれる制度です。 年の途中で退職した場合、が必要になることがあります。 年の途中で退職しても、すぐに転職したり、またその年の内に転職すれば、転職先の会社でしてくれます。 しかし、年の途中で退職して、その年のうちに転職しなければ自分でをする必要があります。 退職して「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない 「退職所得の受給に関する申告書」を提出していれば、退職金に対するに「退職所得控除」、「2分の1課税」が適用されます。 「退職所得の受給に関する申告書」を提出していないと、退職金に対するに「退職所得控除」、「2分の1課税」が適用されず、退職金の総額に20%のがかかります。 つまり、退職するときに「退職所得の受給に関する申告書」を提出していなかった場合は()をすれば税金が還付されるというわけです。 確定申告とは 確定申告とは、1年間の所得を確定させて税金を申告するものです。 サラリーマンなどの給与所得者が、会社が等を本人に代わり給与から源泉徴収して納付し、また概算額の源泉徴収税額を年末に年末調整という形で清算しているのは違い、個人事業主などは、自分で所得を確定して、申告し、などの税金を納付しなければならないのです。 給与所得者も確定申告が必要な場合が 対象は主に個人事業主になりますが、給与所得者は、以下の場合確定申告が必要になります。 その年の給与収入が2,000万円以上の場合 複数の会社から給与貰い年末調整を受けていない、もしくはその他の収入が20万円を超えた場合 不動産収入や配当所得、年金等の所得が20万円を超えた場合 また給与所得者以外でも以下の場合は確定申告が必要になります。 事業所得や不動産所得などがある個人事業を行っている場合 同族会社の役員やその親族などの会社から給与とは別に貸付金の利子や家賃の支払いを受けている人など 1年間というのは、1月1日から12月31日までで、申告の期間は2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)まで(2月16日および3月15日(2020年は特例にて別途)が土日となる場合には休み明けの月曜日)で、納付期限も同期間となっています。 確定申告とは?確定申告ってなに? 確定申告とは所得税を計算して申告し税金を納める手続き サラリーマンも確定申告(還付申告)をすることがある なぜ確定申告か?申告納税制度 確定申告とは所得税を計算して申告し税金を納める手続き 確定申告とはを計算して申告し税金を納める手続きのことです。 具体的には、まずを計算し、や復興特別所得税を計算。 確定申告書や決算書などの必要書類を作成して、税務署におもむき申告し、納税するのです。 は1月1日から12月31日までの年単位で計算します。 また申告、納税は翌年の2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)に行います(それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります)。 は家族構成やの内訳などによって違ってきます。 から家族構成やに合わせたをして計算をします。 サラリーマンも確定申告(還付申告)をすることがある サラリーマンはこの確定申告をという形で会社が行っているイメージです。 ただサラリーマンも確定申告をしなければならないときもあり、またではできないやなどを計算し直し、確定申告()することによって、納めすぎた税金が還付金として戻ってくる場合もあります。 なぜ確定申告か?申告納税制度 納税、つまり税金を納めることは教育の義務、勤労の義務に並ぶ国民の三大義務のひとつです。 その納税はどのようにするかといえば、日本ではアメリカやイギリスなど同じように申告納税制度を採用しています。 申告納税制度、つまり国民である納税者は自分で税金を計算して税金を納めることになっています。 確定申告 必要? 不要? 4つのパターン 確定申告が必要な人 確定申告が不要な人 確定申告が必要なサラリーマン 確定申告が不要なのに確定申告した方がいい人 確定申告が必要な人 自営業、フリーランス 年金受給者 株取引の利益 不動産所得 自営業、フリーランス 所得が38万円を超えたら確定申告 一般的にと言えば、自営業者やフリーランスの事業所得でしょう。 基本的に事業所得が38万円を超えたらです。 なぜ38万円かというと、が38万円だからです。 とはすべての人がされるです。 やを計算するには、からを必ず引きます。 つまり最低でもから38万円を引いた金額に対してやが計算されますので、が38万円以下であるとやはかからないのです。 、かからない=は不要。 ちなみに自営業者やフリーランス以外と考えると法人になりますが、法人にもはあります。 年金受給者 公的年金受給額が公的年金等控除と基礎控除の合計額を上回る&「確定申告不要制度」の対象外は確定申告が必要 老齢基礎年金、老齢厚生年金、企業年金などの公的年金を受給されている方は、その公的年金受給額が公的年金等控除との合計額を上回り、かつ「確定申告不要制度」の対象外であればが必要になります。 「確定申告不要制度」とは、以下の条件に該当する年金受給者はが不要になるという制度です。 公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下であり、かつ、その公的年金等の全部が源泉徴収の対象となる 公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である ちなみに遺族年金や障害年金は非課税なのでは不要です(ただし副収入があれば別)。 株取引の利益 株取引やFXなどで利益があると確定申告が必要 株取引やFXなどで利益があるとが必要です。 こちらも自営業などと同じ理由で38万円を超えるが対象になります。 以下は対象外です。 源泉徴収口座(自動的に源泉徴収される) NISA ニーサ)での株取引で利益が120万円まで 不動産所得 不動産所得、つまり不動産の貸付け(賃貸マンションの家賃収入等)などによるが38万円(副業の場合は20万円)を超える場合にはが必要になります。 確定申告が不要な人 所得38万以下 年末調整したサラリーマン 副業は所得20万以下 年金400万以下&源泉徴収 所得38万以下 所得が38万円を超えたら確定申告 上述のとおり、基本的にが38万円を超えたらです。 なぜ38万円かというと、が38万円だからです。 とはすべての人がされるです。 やを計算するには、からを必ず引きます。 つまり最低でもから38万円を引いた金額に対してやが計算されますので、が38万円以下であるとやはかからないのです。 、かからない=は不要。 年末調整したサラリーマン 会社で年末調整を受けたサラリーマンは確定申告不要 会社がをしているサラリーマンは基本的には不要です。 カンタンに言えば、とは会社がすることだからです。 副業は所得20万以下 副業の所得が20万円以下であれば確定申告不要 副業(ダブルワーク)などの副収入があっても、そのが20万円を超えなければの必要はありません。 副収入が不動産であっても同様です(本業の場合は38万円以下で不要)。 年金400万以下&源泉徴収 「確定申告不要制度」の対象であれば確定申告が不要 公的年金等控除と基礎控除が公的年金受給額の合計額を上回れば確定申告不要 「確定申告不要制度」の対象であればが不要です。 「確定申告不要制度」とは、以下の条件に該当する年金受給者はが不要になるという制度です。 公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下であり、かつ、その公的年金等の全部が源泉徴収の対象となる 公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である また、老齢基礎年金、老齢厚生年金、企業年金などの公的年金を受給されている方は、公的年金等控除との合計額が公的年金受給額を上回ればは不要です。 ちなみに遺族年金や障害年金は非課税なのでは不要です(ただし副収入があれば別)。 確定申告が必要なサラリーマン 2,000万を超える給与 20万を超える副収入 副業で2ヶ所以上給与&2ヶ所とも20万を超える 2,000万を超える給与 年間の給与の年間収入金額が2,000万円を超える給与所得者は確定申告が必要 年間の給与の年間収入金額(ではない)が2,000万円を超える給与所得者はが必要です。 20万を超える副収入 サラリーマンが会社でをしてもらっていても、マンションの賃料などの副収入(給与所得、退職所得を除く)との合計額が年間20万円を超える場合はが必要です。 確定申告が不要なのに確定申告した方がいい人 事業が赤字のとき サラリーマンが確定申告(医療費控除、住宅ローン控除1年目など) 年の途中で退職 退職して「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない 副業先でも源泉徴収 事業が赤字のとき 損失申告と言いますが、を行っている人が赤字になった場合、をすれば、赤字を翌年度以降に繰り越せます。 赤字の年の損失分を、翌年以降3年間、利益からすることができます。 サラリーマンが確定申告(医療費控除、住宅ローン控除1年目など) 例えばの場合、医療費が10万円以上であれば、()すればやの還付を受けることができます。 または、2年目からは会社でしてくれますが、1年目は()が必要です。 年の途中で退職 とは、を本人に代わって会社がしれくれる制度です。 年の途中で退職した場合、が必要になることがあります。 年の途中で退職しても、すぐに転職したり、またその年の内に転職すれば、転職先の会社でしてくれます。 しかし、年の途中で退職して、その年のうちに転職しなければ自分でをする必要があります。 退職して「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない 「退職所得の受給に関する申告書」を提出していれば、退職金に対するに「退職所得控除」、「2分の1課税」が適用されます。 「退職所得の受給に関する申告書」を提出していないと、退職金に対するに「退職所得控除」、「2分の1課税」が適用されず、退職金の総額に20%のがかかります。 つまり、退職するときに「退職所得の受給に関する申告書」を提出していなかった場合は()をすれば税金が還付されるというわけです。 まとめ はいつからいつまで?かですが、2020年(令和2年)は、2月17日(月)~2020年(令和2年)4月17日以降です。 では、ですが、2020年(令和2年)は、1月6日(月)~2024年(令和6年)12月28日(月)です。 の対象期間はというと、2019年(平成31年)1月1日から2019年(令和元年)12月31日までの1年間になります。 にともなう、所得税と復興特別所得税の納税は?2020年(令和2年)は4月17日以降までとなりました。 消費税の納税も同様、2020年(令和2年)4月17日以降までとなりました。 ついでに税務署の開庁時間は、月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時までです。

次の

【2020年・令和2年】確定申告の期限~いつからいつまでできる?~2019年分(令和元年分)|スモビバ!

確定 申告 2020 いつまで

がいつからいつまでのについてか? これを知らないとあとで困ったことになります。 例えばの場合、は前年の1月1日から12月31日までのについて行います。 つまり、前年にがたくさんあったからその場でたくさんお金を使ってしまう。 しかしは翌年の後、3月15日に支払うのです。 確定申告っていつからいつまでの収入? 前年の1月1日から12月31日までの1年間。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間 確定申告っていつからいつまでの収入? 前年の1月1日から12月31日までの1年間。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告はいつまで? 3月15日まで。 2021年は3月15日まで 確定申告っていつからいつまでの収入?2021年の確定申告の期間は? 2021年は2月16日(火)~3月15日(月) 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告 対象期間はいつからいつまで ? 1月1日から12月31日まで。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間 確定申告っていつからいつまでの収入?2021年の所得税と復興特別所得税の納税期限は? 3月15日。 2021年は3月15日(月) 確定申告っていつからいつまでの収入?2021年の消費税納税は? 3月31日。 2021年3月31日(水) 確定申告っていつからいつまでの収入?個人事業主は? 住民税と個人事業税 確定申告っていつからいつまでの収入? サラリーマンは? サラリーマンの還付申告は基本的に1月1日から5年後の12月31日まで 確定申告っていつからいつまでの収入?申告しないと? 無申告加算税 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告のやり方は? 確定申告書を作成して税務署に提出する 確定申告っていつからいつまでの収入? 前年の1月1日から12月31日までの1年間。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間 確定申告っていつからいつまでの収入?前年の1月1日から12月31日までの1年間。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間 確定申告するときに必要になるですが、確定申告するとはいつからいつまでのものなのでしょうか? それは 前年の1月1日から12月31日までの1年間分です。 2021年に確定申告をするとすれば、 収入は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間分ということになります。 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告はいつまで? 3月15日まで。 2021年は3月15日まで 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告はいつまで?3月15日まで。 2021年は3月15日まで 確定申告はいつまでにしなければならないのか? の期間は、 3月15日までです。 それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 つまり2021年(令和2年)は 2021年(令和3年)3月15日(月)までです。 ちなみに上記はについてです。 (出典:国税庁HP 消費税および地方消費税については、個人事業者の場合は、課税対象期間の翌年3月31日が提出期限となっていて、法人の場合は、事業年度末日の翌日から2カ月以内となっています(ちなみに法人は、前年度の確定消費税額が48万円を超えている場合、その確定税額に応じて定められた回数の中間申告が必要)。 また 法人税については、決算日後から2ヶ月以内となっています。 また個人事業税については、をすれば申告する必要はありません(つまり基本的には申告の期間はと同じ)。 確定申告っていつからいつまでの収入?2021年の確定申告の期間は? 2021年は2月16日(火)~3月15日(月) 確定申告っていつからいつまでの収入?2021年の確定申告の期間は?2021年は2月16日(火)~3月15日(月) の期間は、 2月16日~3月15日です。 それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 つまり2021年(令和2年)は 2021年(令和3年)2月16日(火)~3月15日(月)です。 ちなみに上記はについてです。 消費税および地方消費税については、個人事業者の場合は、課税対象期間の翌年3月31日が提出期限となっていて、法人の場合は、事業年度末日の翌日から2カ月以内となっています(ちなみに法人は、前年度の確定消費税額が48万円を超えている場合、その確定税額に応じて定められた回数の中間申告が必要)。 また 法人税については、決算日後から2ヶ月以内となっています。 また個人事業税については、をすれば申告する必要はありません(つまり基本的には申告の期間はと同じ)。 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告 対象期間はいつからいつまで? 1月1日から12月31日まで。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告 対象期間はいつからいつまで?1月1日から12月31日まで。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間 基本的には1月1日から12月31日までの1年間 まず基本的な、「とはいつからいつまでのについてやるの?」ということです。 「課税対象期間」と言います。 1月1日から12月31日までの1年間。 つまり例えば2021年(令和2年)の期間(2021年(令和年)2月16日(火)~2021年(令和3年)3月15日(金))に行うは、2020年(令和元年)1月1日から2020(令和元年)年12月31日までのということになります。 主な税目は「所得税」、「消費税および地方消費税」、「法人税」。 所得税は、個人事業主、サラリーマン。 消費税および地方消費税は、課税売上高又は給与支払額が1,000万円超などの場合。 確定申告っていつからいつまでの収入?2021年の所得税と復興特別所得税の納税期限は? 3月15日。 2021年は3月15日(月) 確定申告っていつからいつまでの収入?2021年の所得税と復興特別所得税の納税期限は?3月15日。 2021年は3月15日(月) 基本的には所得税は確定申告後すぐ=3月15日 つまり、2021年の所得税と復興特別所得税の納税期限は 2021年は3月15日(月)です。 2021年3月31日(水) 確定申告っていつからいつまでの収入?2021年の消費税納税は?3月31日。 住民税 については、税務署から地方公共団体に等のデータが送信されるので、申告は必要ありません。 納付については、6月に一括して支払うか、4回(6月、8月、10月、翌年1月)に分割して納付します。 個人事業税 個人事業税についても、税務署から地方公共団体に等のデータが送信されるので、申告は必要ありません。 納付については、8月に一括して支払うか、2回(8月、11月)に分割して納付します。 確定申告っていつからいつまでの収入? サラリーマンは? サラリーマンの還付申告は基本的に1月1日から5年後の12月31日まで 確定申告っていつからいつまでの収入? サラリーマンは?サラリーマンの還付申告は基本的に1月1日から5年後の12月31日まで 2021年のサラリーマンのは 2016年(平成28年)以降の分を2021年(令和3年)1月1日から2021年(令和3年)12月31日です。 サラリーマンのは 基本的に1月1日から5年後の12月31日までです。 サラリーマンのについては、翌年1月1日から5年間行えます。 つまり前年の1月1日から12月31日までの所得について、翌年の1月1日から5年後の12月31日まで申告できます。 ただし、それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 よって2021年(令和3年)に行うは、2016年(平成28年)以降の分を2021年(令和3年)1月1日(金)から2021年(令和3年)12月31日(金)までです。 2020年(令和2年)分のは、2021年(令和3年)1月1日(金)から2021年(令和3年)12月31日(金)までです。 ただし、それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 またこれにも例外があり、以下は土曜日、日曜日、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)でも可能です。 税務署の時間外文書収受箱(夜間文書収受箱)への投函 郵便又は信書便による送付(通信日付印により表示された日が提出された日になります。 ) e-tax(国税電子申告・納税システム)による送信(事前に利用開始のための手続等が必要です。 ) 還付申告の期間についてはの記事をご覧ください。 サラリーマンの還付申告とは サラリーマンなどの給与所得者は会社がをしてくれます。 しかしが、必ずしもすべてにおいて、完全にの清算をしているかというとそうではありません。 によって清算しきれなかったの清算をするのがであり、税金の還付の申告をすることによって、納めすぎた税金を還付してもらうのです。 対象はサラリーマンなどの給与所得者となります。 によって清算しきれない内容は、以下のとおりです。 年間10万円を超える医療費を支払った場合 災害や盗難にあって住宅や家財に被害を受けた場合 国や地方公共団体などに寄附した場合 住宅ローンを組んで住宅の購入などをした場合 中途退職後、再就職をしていない場合 年末調整で所得控除の適用漏れがあった場合 所定の要件を満たすマイホームの売却損失が出た場合 においては、申告の期限というものはなく、対象となる年の次の年の1月1日以降となっています。 また過去5年間に遡っていつでも申告することができます。 給与所得者は、次のような場合には、原則として還付申告をすることができます。 1 年の途中で退職し、年末調整を受けずに源泉徴収税額が納め過ぎとなっているとき 2 一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンがあるとき 3 マイホームに特定の改修工事をしたとき 4 認定住宅の新築等をした場合 認定住宅新築等特別税額控除 5 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき 6 特定支出控除の適用を受けるとき 7 多額の医療費を支出したとき 8 特定の寄附をしたとき 9 上場株式等に係る譲渡損失の金額を申告分離課税を選択した上場株式等に係る配当所得等の金額から控除したとき (出典:国税庁HP) 確定申告っていつからいつまでの収入?申告しないと? 無申告加算税 確定申告っていつからいつまでの収入?申告しないと?無申告加算税 所得があるのに、の期限である3月15日までに申告をしないと、無申告加算税を支払わなければなりません。 無申告課税は、 納付すべき税額が50万円まで=15% 納付すべき税額が50万円を超えた分=20% 確定申告がなんなのか?という点については以前取り上げました。 確定申告がなんなのか?について詳しくは後述します。 今回はより具体的に確定申告とは実際のところ何をするのかということについて書いてみたいと思います。 今回は個人事業主などの確定申告のやり方です。 給与所得者の医療費控除や住宅ローン控除などのについては後述します。 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告のやり方は? 確定申告書を作成して税務署に提出する 確定申告っていつからいつまでの収入?確定申告のやり方は?確定申告書を作成して税務署に提出する 確定申告は、確定申告書を作成して税務署に提出するのです。 期間は、2月16日~3月15日です。 それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 つまり2021年(令和3年)は、2月16日(火)~2021年(令和3年)3月15日です。 管轄の税務署を調べる 確定申告をするのは、住所地もしくは居所地を管轄する税務署です。 青色申告をするか、白色申告をするか。 確定申告書を作成する前に、青色申告をするか白色申告をするか選択する必要があります。 青色申告と白色申告の違いは簡単に言うと税金が安くなるかならないかです。 青色申告?白色申告?その違いとは? メリット デメリット 青色 申告 青色申告特別控除最大65万円 赤字を3年間繰越できる 家族従業員の給与を経費にできる など 事前申請の必要がある 帳簿づけが大変 提出書類が白色申告と比較して多い 白色 申告 事前申請の必要なし 帳簿づけが簡単 確定申告の提出書類が白色申告と比較して少い 青色申告のメリットがない 青色申告のメリット 青色申告特別控除最大65万円 赤字を3年間繰越できる 家族従業員の給与を経費にできる 青色申告特別控除最大65万円 ここでは難しいことは置いておいて青色申告特別控除最大65万円についてみてみようと思います。 この青色申告の特別控除とは額のひとつです。 つまり金額が下がるイコール税金が安くなるということです。 これはに限らず、を元に計算される、国民健康保険税(料)にも関係してくるのです(安くなる)。 ちなみにこの青色申告特別控除最大65万円は、主に単式簿記かかによって10万円になってしまいます。 単式簿記なら10万円、なら65万円です。 赤字を3年間繰越できる 貸倒配当金を利用できる 減価償却を1年で300万円まで一括計上できる 家族従業員の給与を経費にできる 家事按分を利用できる 青色申告のデメリット 届出が必要 帳簿づけが大変 提出書類が白色申告と比較して多い 届出が必要 税務署に事前に以下の届け出が必要です。 開業届 青色申告承認申請書 開業届についてはの記事をご覧ください。 帳簿づけが大変 帳簿づけとかよくわからない 会計ソフトが活躍してくれます。 や、 、 などです。 またこちらも に頼むといくらくらいなのか一度相談してもいいかもしれません。 提出書類が白色申告と比較して多い これも確定申告書も含めて会計ソフトを使うと気にならないレベルです。 や、 、 などです。 に頼めばラクなのは言うまでもなく、費用との兼ね合いになります。 白色申告のメリット 事前申請の必要なし 帳簿づけが簡単 確定申告の提出書類が白色申告と比較して少い まったく青色申告の逆です。 白色申告のデメリット 青色申告のメリットがない すみません。 カンタンに書くとそういうことです。 確定申告書の作成 最寄りの税務署で確定申告書を入手して、手書きする 国税庁のHPにある確定申告書作成コーナーで作成する 確定申告(会計)ソフトを使って作成する 確定申告書を提出する 確定申告書を作成する方法は3つあるのです。 確定申告書を作成する際に必要なもの 経費の領収書 確定申告をするためには必要経費を算出しなければなりませんが、経費を算出するのには領収書が必要です。 控除の証明書 所得控除の証明書 雑損控除 医療費控除 社会保険料控除 小規模企業共済等掛金控除 生命保険料控除 地震保険料控除 寄付金控除 寡婦・寡夫控除 勤労学生控除 障害者控除 配偶者控除 配偶者特別控除 扶養控除 基礎控除 青色申告特別控除 税額控除の証明書 マイホームの取得等と所得税の税額控除 居住者に係る外国税額控除 非居住者に係る外国税額控除 配当所得があるとき 配当控除 政党等寄附金特別控除制度 認定NPO法人に寄附をしたとき 公益社団法人等に寄附をしたとき 試験研究費の総額に係る税額控除制度 特別試験研究に係る税額控除制度 雇用者の数が増加した場合の税額控除 雇用者給与等支給額が増加した場合の税額控除 源泉徴収票 個人事業主であっても、サラリーマンが副業として事業をしている場合や、法人の役員になっている場合は、が発行され確定申告をする際に必要になります。 収支内訳書(白色申告)or青色申告決算書(青色申告) 白色申告をするか青色申告をするかによって違ってきますが、収支内訳書(白色申告)か青色申告決算書(青色申告)が必要になります。 収支内訳書は、売上と経費(仕入、人件費、旅費交通費、通信費など)を記入します。 また そこから所得金額を計算します。 青色申告決算書は内訳は、損益計算書、損益計算書の内訳、貸借対照表の4枚になっています(損益計算書の内訳は2枚)。 損益計算書:収入や経費を記載 損益計算書の内訳:損益計算書の内訳 貸借対照表:資産や負債を記載 確定申告書を提出する 基本的に3つの方法があります。 管轄の税務署に行って提出する。 管轄の税務署に郵送する e-taxを使う 例えば、自分で確定申告書を作って管轄の税務署に提出する。 国税庁のHPにある確定申告書作成コーナーで確定申告書を作成し、そのままe-taxでする、もしくは税務署に持って行く。 確定申告(会計)ソフトでデータを作成してe-taxでする。 税務署に持って行くなどです。 納税する 税金を納税します。 期限についは以下のようになっています。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間です。 はいつまで?ですが、3月15日までです。 2021年は3月15日までです。 2021年のの期間は?というと、2021年は2月16日(火)~3月15日(月)です。 の対象期間はいつからいつまで?かというと、1月1日から12月31日までです。 2021年は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間となります。 2021年のと復興特別所得税の納税期限は?3月15日です。 2021年は3月15日(月)です。 2021年の消費税納税は?4月17日です。 2021年4月17日(金)以降です。 その他、個人事業主のと個人事業税、サラリーマンのは基本的に1月1日から5年後の12月31日までという点をまとめした。 をしないと無申告加算税が課されます。 のやり方は、確定申告書を作成して税務署に提出するわけですが、簡単にまとめました。

次の

2020年確定申告の期間が延長!いつまでに申請すればいい?

確定 申告 2020 いつまで

【確定申告】ズボラなあなたへ 2020年(令和2年)の確定申告の期限 個人事業主や会社勤めをしていて副業で収入がある人たちにとって、忘れてはいけないのが確定申告の時期です。 確定申告の書類提出や納税の期限というのは明確に決められており、この期限内にキッチリと必要書類を提出することが重要になります。 2020年(令和2年)の提出の場合ですが、2月17日から4月16日までとなっています。 基本的には確定申告の提出期限は3月15日(曜日によって期限は前後します)ですが、新型コロナウィルスの拡大に伴い、集団感染を防ぐため混雑緩和を目的に延長されました。 確定申告の書類は期限内にきっちり提出することが非常に重要です。 期限に1日でも遅れてしまうと、期限後申告という扱いになってしまい、様々なペナルティが発生しますので、きちんと期限を押さえておくようにしましょう。 ちなみに、この確定申告の提出期間であれば、 何度でも申告書類を提出することが可能です。 この場合、最後に提出された書類が正規の申告書類となりますので、時間に余裕をもって提出すれば、仮に、書類や内容に不備があったとしても、期限内に修正して提出することが可能です。 最初の申告書類を期限内に提出し、その後で不備に気づいて、修正した内容を期限外に提出することも可能です。 ただ、この場合、最終的な申告書類の提出は期限外となってしまうため、修正申告扱いとなってしまいます。 期限内に1度も申告書類を提出しなかった場合と比べると、不利なことはそれほど多くありませんが、修正申告によって納付すべき税額が増える場合、多少、払うお金が多くなることには注意すべきです。 また、 確定申告の書類提出と同様に、同じ様なタイミングで税金の納付の期限も定められており、所得税や贈与税は、確定申告の期限と一緒です。 消費税は3月31日までとなっています。 ただし、2019年度に限っては前述の通り新型コロナウィルスの影響により期限が延長されているため、注意が必要です。 2019年度は所得税や贈与税、消費税の納付期限は4月16日になりました。 つまり、確定申告の申告作業をすると同時に、納付する税金も準備しておく必要があるということです。 納付すべき税金額は、申告書類の作成が終わってからわかりますので、余裕をもって申告・納税を行うためには、早い時期にある程度準備しておくほうが賢明であると言えるでしょう。 確定申告に必要な書類 確定申告を進めるにあたって、複数の書類が必要になります。 確定申告の作業は、必要事項の記入自体は慣れてくると意外とスムーズに進みますが、書類の準備がとても面倒です。 確定申告の提出期間に入ってから、ゼロから書類を揃えると非常に大変ですので、必要な書類は、理想を言えば前年中に、遅くとも年が明けたら早めに揃えておくほうが無難です。 確定申告をする上では、以下のような書類が必要になります。 ・確定申告書 確定申告の中心的な書類で AとBがあります。 複写式になっていて、収入や所得、控除などの金額を記入して、最終的な税額を計算して記入する書類です。 この書類の他にも、分離課税の対象となる所得がある人や、所得が赤字になっている人は、別の書類もあわせて提出することになります。 ・青色申告決算書 緑色で書かれている 4つのページで構成されている書類で、青色申告の対象者だけが提出することになります。 この書類に必要な数値を記入するには、一部、会計の知識が必要な部分があります。 ですので、会計ソフトなどで前年のお金の動きを入力していると、非常にやりやすいと言えるでしょう。 ・控除に必要な書類 確定申告にあたっては、様々な控除が受けられますが、その控除を受けるためには、そのような支出があったということを証明する書類を添付して提出することになります。 控除関係の書類は種類が多く、場合によっては、非常に量が多くなってしまいがちですので、控除に関係しそうだと思われる書類については、もらった時点で、まとめてファイリングしておくことをオススメいたします。 申告時期が近づいてから、探すのではとても大変だからです。 控除に必要な書類はいろいろありますが、 生命保険料の控除や医療費の控除、社会保険料の控除に住宅ローンの控除、障害者控除、寄付金の控除などがあります。 どういった支払いが控除の対処になるのかは、税務署でもらえる確定申告の手引きに記載されていますので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。 ・源泉徴収票 源泉徴収を受けている人は、 源泉徴収票の添付をするべきです。 本業以外で給与をもらっていたりして源泉徴収を受けている人は、必ず、源泉徴収票をもらっているはずです。 その場合、申告書類にすべての源泉徴収票を添付しましょう。 源泉徴収は会社や取引先などが、納税者に変わって事前に税金を払ってくれているシステムですが、その会社や取引先は納税者の収入や経済状態などを正確に把握して、税金を払っているわけではなく、ある程度アバウトな基準に基づいて、代理で税金を徴収しています。 ですので、納税者によっては税金を多く取られているケースもあり、場合によっては、確定申告することで還付を受けられる可能性が出てきます。 確定申告による還付は過去5年までさかのぼって受けられるので、忘れてしまっていた人も、気づいた時点で申告をすれば、後日、指定の口座に税務署から還付金が振り込まれることになります。 ・経費の支払いを証明する領収書 個人事業主の人などは、事業を進めていく上で、何かしらの経費が発生しますので、その経費の支払いを証明するための領収書もまとめておきましょう。 確定申告において、領収書を書類に添付して提出するということはありません。 経費はあくまで金額の合計額だけを書いて税務署に提出するだけで済みますので、書類の提出だけなら領収書が無くてもできてしまうことになります。 ですが、税務署の調査が入ったり、税務署から経費の支払いを証明する書類の提出を求められたりした場合、見せなければなりませんので、年度ごとにわかりやすく整理して保管しておく必要があります。 今はインターネットのメールによる領収書やPDFなど電子ファイルでの領収書もかなり増えています。 こういったデジタルデータでの領収書も、税務署から提出を求められたときに有効ですが、管理の利便性を考えると、紙にプリントアウトして他の領収書と一緒に整理するほうが楽ではあります。 ・マイナンバーの確認書類 マイナンバーの制度が始まってから、マイナンバーに関連した確認書類の添付が必要になりました。 マイナンバーの確認書類としては、マイナンバー自体が確認できる書類と、そのマイナンバーの持ち主だと確認できる書類が必要になります。 マイナンバーカードがあれば、その表と裏面の写しを添付すればOKです。 それがない場合、マイナンバーの確認書類として通知カードや住民票の写し又は住民票記載事項証明書などいずれか一つの写しが利用できます。 加えて、身元確認書類として免許証や、パスポート、公的医療保険の被保険者証、在留カード、身体障害者手帳の写しを添付する必要があります。 マイナンバーの確認書類は、写しを準備する必要があるため少し面倒です。 ですので、年が明けた段階で、早めにコピーを用意しておくほうが良いでしょう。 ・印鑑 確定申告書に押印する部分があるだけでなく、申告書類の修正をするときにも必要になります。 特に、税務署に直接、書類を提出しに行く場合、提出時に不備が見つかって修正が必要になる可能性もありますので、念のため持っていくほうが良いでしょう。 確定申告のために用いる印鑑は、シャチハタでなければ、高い本格的な印鑑を用いる必要はありません。 三文判でも利用可能です。 確定申告をする方法 確定申告というのは、主に2つの作業に分けることができます。 それは申告のための書類やデータの準備と、準備した書類やデータをもとにした申告書類の作成です。 かかる時間や手間でいえば、前者の負担のほうがずっと大きく、書類やデータの準備さえできていれば、申告書類の作成自体は一日でも終えることが可能です。 申告のために必要な書類は、主に経費の支払いを証明する領収書や、源泉徴収票、控除に関係した書類などになります。 これらの書類は確定申告の対象となる1年間を通して、集めることになりますので、申告に関係しそうな書類は専用のファイルなどにまとめて保管しておくと、確定申告の時期が近づいた時に慌てずに済みます。 申告ためのデータというのは、日々のお金の動きを記録したエクセルや会計ソフトのデータのことです。 月の収入や経費などエクセルや会計ソフトに入力しておくと、青色申告の決算書の作成が非常に楽になります。 このデータの入力は、1つ1つは非常に簡単に済みますが、1年分の入力となるとそれなりに手間がかかります。 ですので、ため込んでしまわずに、1〜2か月に一度など、定期的に入力をしていくほうが良いでしょう。 必要な書類やデータを揃えることができれば、確定申告の書類を作成していくだけです。 書類の作成は前年の収支が確定するまでは行えませんが、12月31日が終わって年が明けた時点で、収支が確定しますので、それ以後は記入に必要な書類さえあれば、2月の申告時期を待たずに作成を開始することが可能です。 確定申告書の作成は記入する部分が多く、煩雑に感じられますが、税務署からもらえる確定申告の手引きに記入法や数字の計算の仕方が詳細に書かれています。 全部を読む必要はなく、自分に関係する箇所だけ読んで記入していけばOKなので、手引きを元に少しずつ記入を進めていけば、申告書類の作成自体は、比較的、短時間で終えることが可能です。 確定申告の提出方法 確定申告の書類の提出方法は、主に3種類あります。 直接税務署に持っていく方法と、郵送で送る方法、e-Taxによるオンラインでの提出方法です。 直接、税務署に持っていく方法が一番確実ですが、税務署に足を運ぶという手間と時間がかかります。 税務署も役所ですので、営業時間が決まっており、土日や祝日は休みとなっていますが、書類の提出だけなら、専用のボックスがあるのでそこに投函すればOKです。 郵送の場合は、郵便局から送ることになりますが、期限ギリギリであっても、3月15日までの消印が押されていれば、期限内提出として扱われます。 あくまで消印の日付が提出の日付として扱われる点は覚えておきましょう。 (2020年度に関しては4月16日の消印だったら問題ありません) 自宅で申告書類の提出や納税が行えるe-Taxは便利なシステムですが、届け出やICカードリーダーの準備など、最初はやや面倒でもあります。 ただ、実際に使えるようになれば、以後の申告作業がかなり楽になりますので、デジタル媒体に抵抗がない人であれば、導入を検討してみる価値はあると言えるでしょう。 e-Taxに対応したカードリーダーは、 1000〜2000円くらいで購入することが可能です。 国税庁のホームページでは、申告書や決算書など確定申告に必要な書類をオンライン上で作成できるシステムが提供されていますので、e-Taxと合わせて活用すれば、確定申告に必要な作業を自宅で完結することも可能になります。 税金の納付 確定申告の書類作成が終わると、納付すべき税金の額も確定します。 確定申告をして税金の額が確定しても、税務署から専用の通知書等が送られてくるわけではありませんので、現金で支払う場合には、税務署や金融機関でもらえる専用の納付書を使って、金融機関で振り込むことになります。 事前に手続きをしておけば、コンビニでの納付やe-Taxによる電子納付、預金からの納付も可能です。 いずれにしても、確定申告の時期は、納税の時期でもありますので、確定申告を行う人は年末年始の時点で、ある程度、納税のためのまとまったお金をプールしておく必要があると言えるでしょう。 まとめ 確定申告の期限というのは明確に決められており、2月中旬から3月中旬までの1か月となっています。 必要な書類を揃えたり、1年分の記帳作業をしたりといったことを、ゼロから始めるとなると1か月というのは短く感じられるものです。 ですので、確定申告の期限の1か月というのは、確定申告の作業をするための期間ではなく、あくまで作成が終わった書類を受け付けている期間と考えておき、実際には、2月の確定申告の期間が始まるまでに、必要な作業やお金の準備は終えているというのが、理想の状態であるということができるでしょう。

次の