ダイワ アドテック。 D

アジャスタ アンカー固定用 受皿強化リブ付 D

ダイワ アドテック

通常単価 税別 : 242円~ 通常出荷日: 在庫品 1日目~ 当日出荷可能 外側への出っ張りを防ぎたい場合に最適な台座部カットタイプです。 【特長】 ・壁面専用の調整ボルトです。 ・D-DIIと併用してご使用ください。 ・6角ナット等のアクセサリーをご利用下さい。 ・壁面と接触する部分に折れこみを入れてあります。 ・その為、耐荷重性は他社の受皿をカットした製品に比べて、飛躍的に強い構造になっています。 ・ボルトの入る穴が、壁面との関係で普通の受皿に比べて特殊加工になっています。 ・図面を参考してご使用下さい。 ・パイプは外径27. 5・肉厚1. 7のもののご利用を想定しています。 ・パイプ用ナットをつけて、パイプを立ててください(ナットは別売りです)。 ・スラストベアリングご使用の場合は、L2の長さにM12は8. 5ミリ、M16は9ミリ、M20は11ミリを足してください。

次の

ダイワアドテック株式会社で働く先輩社員に聞く仕事内容|リクナビ2021

ダイワ アドテック

ダイワアドテックのものづくり ダイワアドテックは大阪・豊中市に本拠を構えるものづくりの中小企業です。 我々が製造している部品は、アジャスターボルトやペダルストッパー等、一見地味に見えるものが多く、こういった製品・メーカーにはじめて触れる方は、世の中の華やかな「ものづくり企業」とは違った見え方がするかもしれません。 ただし、我々にはものづくりに携わる上で大事にしていることがあります。 それは「世の中の困りごとを解決し、自らが誇りの持てる製品を世の中に送り出す」ということです。 アジャスターボルトやペダルストッパー、搬送ユニットといった我々の製品は、工場や物流基地、研究施設、医療機関等の「現場」で、設備・装置の水平出し、安定を生み出すために使用されます。 どれだけ高性能な装置が世の中にあったとしても、その土台部分が安定しなければ最大性能を発揮することはできません。 その重要な「支え」となるのが我々の製品であり、そして我々が「オンリーワンのものづくり」を追求していく上での原点となっているのです。 ダイワアドテックのお客様と仕事の使命 ダイワアドテックで作られた製品は日本中はおろか、世界中で使われています。 大阪の決して大きくはない規模の会社でも、世界中と関わることができる、この点がものづくりの仕事の奥深い点です。 また実際に物を使っているユーザーさまは、グローバル企業の工場から病院、学校、一般オフィスまで幅広く、そのような点でも社会全体で見れば珍しい仕事の仕方だと思います。 「仕事とはなにか」という問いに対する答えは、人によって千差万別ですが、我々は「ものづくりで世の中の困りごとを解決する」ことを理念のひとつに置いています。 もちろん、そのような仕事にも素晴らしい意義と使命があるのですが、われわれはもっとユーザーに近いところで、世の中の困りごとを自分たちでなければしない、できない仕事で解決したいと考えて自社商品を作りました。 まだ自社製品の売上は会社全体の売上の半分も達していませんが、誇りとやりがいを感じる製品となっています。 就職活動をされる皆様方にも、きれいごとではなく、自分にとって誇りとやりがいを感じることができる仕事・会社をぜひ選んでいただければと思います。 このような仕事の仕方ができるのは限られた一部のIT企業と製造業だけなのではないかと思います。 実際に手がける仕事は細かいですが、スケールの大きな仕事です。 その反面、世界に通ずる品質を追求することを求められるため、こちらも常にレベルアップする必要があります。 そのためには「できることをしっかりとやる」、凡事徹底がまず重要です。 その積み重ねた凡事の上に信頼が築かれるのです。 一見地味ですが、これを成すためには普段の高い意識と成長意欲が必要です。 ダイワアドテックはこのような姿勢、つまり信頼を超えブランドとなった「メイド イン ダイワアドテック」を守りながら、新しいオンリーワンの製品を作り続けようとしています。 まず、「素直」であること。 私たちはメーカーであり、ものづくり企業です。 世の中に新しい価値を、製品・技術を通して作っていくことが存在価値なのです。 昨日も、今日も、明日も同じ仕事をすることが求められる仕事ではないのです。 常に成長を志す意識が大事と言えるでしょう。 そのためには、自分の殻に閉じこもらずに、人からのアドバイスや世の中で起こっていること、お客さまが困っていることをまず受け入れる姿勢が、まず何よりも大事であると考えています。 そして2つ目に「自立」した人であること。 私たちは従業員50人にもならない中小企業です。 ですから大手企業のように「この仕事だけ、言われた通りにしていればそれでいい」という仕事はありません。 大事にしているのは、「社内の決められたルール」ではなくお客様と物事に対する「スタンス」、いわば人間として正しい判断なのです。 自分で考えて判断し、ダイワアドテックとお客様、そして社会にとって良い方向で、能動的に行動を起こすことが大事です。 最後に、「明るい」こと。 これは「陽気な人がいい」ということではありません。 「明るさ」とは、物事をプラスに考えることができる素質のことを言うと私たちは考えています。 何かトラブルが起こったり、壁にぶつかったとき、そこで立ち止まって途方に暮れるのではなく、前向きに解決や改善に向けて考えを変えて行動することができるか、それこそが大事なことだと思います。 就職活動されている方へ 就職活動は相互のマッチングが非常に重要です。 どちらか片方の側だけが強く求めても、就職する人の幸せにつながるとは限りません。 就職メディア等を見ると「大手か中小か」「今後生き残る業界・企業」などの記事が踊っています。 こういった観点は大事ですが、最重要なものではありません。 「食うために就職」「稼ぐために就職」、この意識も大事ですが、ぜひこの観点に「自己実現するために就職」という観点を加えて頂きたいと思います。 新卒の方も、中途の方へも申し上げたいことは同じです。 人並みに暮らすためにはどこの会社でもよく、稼ぎたいなら歩合制の会社で少し頑張ればいいのです。 でも、個人の幸せは衣食住やお金だけではないと思うのです。 ぜひ「自分は仕事を通じてどうなりたいのか」「どう成長したいのか」ということを考えていただき、それがダイワアドテックで実現できるかどうか、と捉えていただきたいと思います。

次の

アジャスタ アンカー固定用 受皿強化リブ付 D

ダイワ アドテック

営業部 元田 梨沙(22歳) 【出身】関西学院大学 卒 【年収】非公開 これが私の仕事 展示会の企画 展示会に向けて、企画提案から発注までを行っております。 どのようにブースを装飾すればお客様に製品に興味を持っていただけるか、様々な資料を通し、検討しています。 社員の皆様からの意見を大切にしながらお客様の目線を意識したブース構成を考え、自社製品を多くの方に見て頂けるようなディスプレイ案にできるように常に意識して取り組んでいます。 だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード 新しいことの発見 展示会のブース装飾の提案を社長含め社員の方々に提示した際、その案に対する改善点を沢山挙げてくださいました。 先輩社員が提示した案は、私が出した提案をどうすれば実現できるのかを前提にしたブース装飾の企画案でした。 どの案もそれぞれ良い点を挙げてくださり、その上でより良いものにするための知恵を貸してくださいました。 また、「展示会頑張っているね」「何かお手伝いするよ」などのお言葉をもらった時は、一人ではないと実感し仕事に対する気持ちも前向きになりました。 多くのアドバイスを頂けることが、今の私の喜びです。 ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き 社員・社長の距離の近さ 入社前の見学の際に、社員一人ひとりと目を合わせコミュニケーションをとっている姿に感銘を受け、入社することに決めました。 どのような仕事であってもコミュニケーションは欠かせません。 目を見て話すことなく険しい顔で一日過ごすよりも、笑顔で目を見て話し社員同士の信頼関係を築いていくことができると感じたことがきっかけです。 また、社員一人一人に将来どんな仕事がしたいのか社長自ら問いかけ、その仕事が出来る様にしたいとのお言葉も入社することに決めた理由の一つです。 これまでのキャリア 営業部 企画 この仕事のポイント 商品企画・プランニング 快適なオフィスづくりを支える仕事 臨機応変な対応力が必要とされる仕事 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事 先輩からの就職活動アドバイス! 就職活動をする中で、いくつもの壁にぶつかると思います。 面接が思ったようにいかず落ち込んだり、どうすればいいのかわからず焦り悩んでしまうこともあるでしょう。 しかし、あなたにはあなたにしか持っていない強みが必ずあります。 今まで築いてきたものは、決して無駄ではありません。 自分を信じて、堂々と就職活動に取り組んでください。 あなたを必要としている会社に巡り合うことが出来るよう、心から願っています。 ダイワアドテック株式会社の先輩社員 営業部 西澤和孝 設計部 張 衝 設計部 中島広揮 製造部 玉置寿明 設計部 高橋 洸樹 製造部 松宮 向輝.

次の