デッド ゾーン デッキ。 【デュエルマスターズ】赤黒デットゾーン(赤黒ドルマゲドン)【CS優勝デッキレシピ】

【デュエマ】赤黒デッドゾーンデッキが環境上位に!《復讐ブラックサイコ》で手札が0だ!ブラックアウト!【絶望】

デッド ゾーン デッキ

Sponsored Link 【アルティメットクロニクルデッキ2019】必勝!! 闘将ブレードオーガはどんな人にオススメ? まずは、必勝!! 闘将ブレードオーガ。 ガチンコジャッジやカイザー「刃鬼」のリメイクデッキです。 特性上、高コストが多く派手な動きが多くなります。 ドラゴンや高コストで相手を押しつぶしたい!というプレイヤーはこっちがオススメ。 新規カードは以下の通り。 自分が勝ったら、相手はこのターン、呪文を唱えられない。 正直これは弱すぎて逆にびっくりしました。 伝説のレジェンド ドギラゴンのハンター版。 強さはお墨付きで、刃鬼から出るのはさすがに強い。 難点は1枚しか入ってないこと。 その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。 そのプレイヤーは、それらを自身の山札に加えてシャッフルする。 (仮テキスト) 墓地メタ、除去、マナ加速といぶし銀感。 環境によっては使われうる。 闘将ブレードオーガの予約はこちら。 こちらで詳しくデッキについて紹介してます。 侵略デッドディザスターはどんな人にオススメ? 次に、SSS!! 侵略デッドディザスター。 こちらはデッドゾーンのリメイクデッキとなります。 墓地にカードを落とし、墓地から侵略して殴りながら場を制圧するデッキになります。 どっからでも出てきてマナ、手札、墓地と好きな場所へ除去れるカード。 このデッキだと4ターン目に出てくるのがザラで、相当強い。 そうしたら、次のうちいずれか1つを選ぶ。 そのうちの1枚を自分の手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。 このデドダムが異様に強い。 墓地、手札、マナと3つのリソースが増えて、しかもコマンド。 絶対今後色があったらとりあえず入るレベルの活躍をするでしょう。 これ買い逃すと悲惨。 未だに環境で見るカードが多く、実用的なデッキとなりそうです。 実際構築の幅が現状でも広くて、赤黒デッドゾーンのようなミッドレンジっぽい動きもできますし、黒緑ドルマゲドンのようなコントロールデッキも組めます。 改造して遊ぶ、大会に出てみたいという方はこっちがおすすめです。 SSS!! 侵略デッドディザスターの予約はこちら。 これに関しては、実用性という意味ではやはり デッドディザスターでしょうか。 ガチンコジャッジや刃鬼がメインなので、ブレードオーガはちょっと動きが重くて、侵略の速さについていけない可能性が高いです。 あと純粋にカードパワーが低くて、上手く回ってもあんまり制圧できてないってことが多そうです。 ガチ勢なら、正直両方買うべき そのうえで、 ガチ勢なら両方買うべきだと進言しておきます。 というのも、理由は大きく分けて2つ。 新規・再録ともに強いカードが多い これは毎年のクロニクルデッキがそうなんですが、新規カードと再録カードが、CSなどに出るプレイヤーからすると無視できないレベルで強いです。 ゼニスデッキのトライガードチャージャーのような死ぬほど使われたカードや、ジャックアルカディアスのような名脇役はクロニクルデッキで新登場ですし、 ドルゲーザデッキなんてヤバイですよね。 サイゾウミスト、サルトビ、アナリスなど。 デッキ単位だと微妙だった究極のバルガ龍幻郷にも蒼龍の大地やワルドブラッキオが再録されてましたし、単純に強いカードが多いので、両方買っとくのがおすすめです。 新規カードは再録されづらい 更にいうと、 クロニクルデッキ出身の新規カードって、めちゃくちゃ再録が遅いんですよね。 サイゾウミストは重いデッキだとほぼ必須カードなのにもかかわらず、再録されたのは超天篇の1弾のUGC。 サルトビに至っては未だに再録がありません。 で、例年クロニクルデッキは売り切れが当たり前なので、 ぜっっっったいにシングル価格がぶっ壊れます。 特にデドダム。 デッキで買ってればもっと安く買えたのに……ってなるのはほぼ間違いないので、ガチでデュエマやるなら両方複数個買っとくべきです。 お子さんのクリスマスプレゼントに迷ったら…… 「クリスマスプレゼントに何をあげたら喜んでもらえるかわからない……」 「欲しがってるおもちゃはあるけど、区別がつかない、どれがいいのかわからない……」 そんな方のために、 クリスマスプレゼントにオススメのおもちゃをまとめました!ぜひ参考にしてみてください。 でも、無理やりやらせるのは違う……。 そんなあなたのために、 お子さんが自分でやる気になってくれるオススメの通信教育をまとめました。 勉強も楽しくやってほしい、と思っている方はぜひご覧ください。

次の

【デュエルマスターズ】レッドゾーンのデッキレシピ|デネブログ デュエマの速報・環境

デッド ゾーン デッキ

闇文明• S級不死 デッドゾーン 4枚• ZEROの侵略 ブラックアウト 2枚• 摩天降臨 1枚• 復讐 ブラックサイコ 1枚• 超次元リバイヴ・ホール 2枚• 魔狼月下城の咆哮 3枚• 爆霊魔 タイガニトロ 4枚• ボーンおどり・チャージャー 3枚 虹文明• 禁断V キザム 3枚• 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート 1枚• ウソと盗みのエンターテイナー 2枚• リロード・チャージャー 4枚• 勝利のガイアール・カイザー 2枚• 勝利のリュウセイ・カイザー 1枚• 勝利のプリンプリン 1枚• ヴォルグ・サンダー 2枚• シルバー・ヴォルグ 1枚• 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 1枚 終焉の禁断 ドルマゲドンX デッキ考察 最近見かけるデッドゾーンは大体同じような構築ですが、やはり3コストチャージャーから爆霊魔 タイガニトロや復讐 ブラックサイコに繋げる動きを意識していますね。 3コストのチャージャー7枚体制だとほぼ引けないことはないので確実に使うことが出来ます。 これで相手の手札が枯渇している間に、クリーチャーを並べてアタッカーを増やしていけます。 早いデッキに対してもシールドトリガーで守りつつ、キザムやドルブロでドルマゲドンの封印外していきます。 シールドトリガーカードが計10枚で1枚もシールドにないことは少ないです。 モルトネクスト等で処理しきれない数のアタッカーがいても禁断解放で相手クリーチャーに封印をつけて止められます。 カード紹介 S級不死 デッドゾーンはS級侵略で手札と墓地から侵略できるクリーチャーです。 Tブレイカーで、バトルゾーンに出た時相手のクリーチャー1体のパワーを-9000の除去能力を持っています。 除去能力持ちのTブレイカーがしつこく出てくるのは相手にしてみれば厄介だと思います。 フィールドはドルマゲドンがいるためいつでも効果を使えて、捨てるカードをデッドゾーンにすれば2枚ドローと変わらないのでこのデッキのためにあるようなカードです。 マナが伸びてきたら復讐 ブラックサイコやデッドゾーンの進化元にしてしまいましょう。 リロード・チャージャーは手札を1枚捨てて1枚ドローした後、チャージャー効果でマナゾーンを増やすカードです。 手札を入れ替えて回りをよくしつつ、マナを増やして5コストのカードや、マナ武装5が必要なタイガニトロに繋げるために入っています。 墓地にあっても侵略できるデットゾーンとも相性がいいです。 ボーンおどり・チャージャーは山札の上から2枚墓地に置いて、チャージャー効果でマナを増やすカードです。 リロード・チャージャーと同じように3ターン目にマナを増やすためにあります。 爆霊魔 タイガニトロはマナ武装5で大量ハンデスができるカードです。 マナゾーンに闇のカードが5枚以上あれば、自分のターンの終わりに相手は手札を1枚選んで残りを捨てます。 復讐 ブラックサイコは闇のコマンドから侵略できて、バトルゾーンに出た時相手の手札を2枚捨てさせるカードです。 勝利のガイアール・カイザーで相手のクリーチャーを攻撃しながら侵略すれば、シールドを割らずに手札破壊だけできてしまいます。 ZEROの侵略 ブラックアウトは相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した場合、相手ターンの終わりにバトルゾーンに出すことが出来るクリーチャーです。 バトルゾーンに出た時ドルマゲドンの封印を外すことが出来ますし、デットゾーンに侵略もできてしまいます。 摩天降臨はお互いのプレイヤーが手札とマナゾーンのカードを入れ替える呪文です。 タイガニトロで相手の手札を減らしてから使えば、逆転される可能性を少なくできます。 超次元リバイヴ・ホールは墓地のクリーチャーを回収しつつ、コスト7以下の闇のサイキック・クリーチャーやコスト5以下のサイキック・クリーチャーを出すことができる呪文です。 状況に合わせて 勝利のガイアール・カイザーからデッドゾーンに侵略し攻める動き 相手の山札が少なければ ヴォルグ・サンダーで山札を削って決めにいくのもいいですね。 魔狼月下城の咆哮はシールドトリガーで相手のクリーチャーを-3000した後、マナ武装5でクリーチャーを1体除去できる呪文です。 ビートジョッキーやジョーカーズ、サザンルネッサンス等の小型クリーチャーが並ぶデッキに対して2体除去してくれます。 ビートジョッキーの単騎連射マグナムがあると、これをシールドトリガーで使わないと止めることができません。 3コストチャージャーから繋がるコスト5で、手札から唱えやすいです。 禁断V キザムはドルマゲドンと相性のいいシールドトリガーです。 バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャー1体のパワーを-2000した後、相手クリーチャーを1体選んでバトルできます。 禁断V キザムがバトルゾーンに出た時、右上の封印を外せばキザムがスレイヤーになるので、スレイヤーになったキザムで大型クリーチャーとバトルして相打ちして大型クリーチャーを打ち取ります。 左上の封印を剥がせば相手クリーチャー1体をー1111してくれます。 キザムと合わせて小型クリーチャー3体除去もいいですね。 キザムと同じようにドルマゲドンと相性がいいです。 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒートはバトルゾーンに出た時、山札から1枚墓地置き、そのあとクリーチャーを1体回収できるスピードアタッカーです。 バトルゾーンに出た時封印と合わせて2枚墓地を肥やし、手札補充、攻撃して侵略など使い勝手のいいカードです。 デッドゾーンと合わせて粘りずよく戦えます。 ウソと盗みのエンターテイナーはコスト踏み倒し対策のクリーチャーです。 相手がコストを支払わずにバトルゾーンに出したとき、そのクリーチャーを破壊します。 CSで優勝するデッキだけあってよく練られている構築ですね。 カード同士のシナジーも強力で今後も環境で使われていくと思われます。 引き続き「CS優勝デッキレシピ」を紹介していきます。 それではまたお会いしましょう。

次の

デッドゾーン (映画)

デッド ゾーン デッキ

特殊な能力に目覚めてしまった一人の男の孤独な生と死を描く。 原作にあるジョニー・スミスとグレッグ・スティルソンの視点の内、ジョニー・スミスの視点に絞った構成になっている。 あらすじ [ ] ジョニー・スミス()はの若き教師であり、同僚のサラ()と恋愛関係にあった。 ある晩ジョニーはサラとのデートの後、大きな自動車事故に巻き込まれ、昏睡状態に陥った。 神経科医ウイザック()の治療の下で、ジョニーは昏睡から目覚める。 彼の身体にはギプスや包帯、また目立つ傷跡はまったくなかったが、それは彼が意識を失ってから5年もの歳月が経っていたためであり、恋人のサラもすでにほかの男性と結婚して子供がいることを知り彼は愕然とする。 ジョニーは事故の影響により、他人の過去や現在、未来の秘密を、その人にふれることによって知覚できるという超能力を持つ。 看護師の家の火事や、第二次大戦中に死んだと思われていたウイザック医師の母の所在を透視した事で、ウイザック医師はジョニーの超能力を信じるに至る。 そして超能力はTV放映され、ジョニーの人生はそれまでとは変ってしまった。 そんなある日、ジョニーの家に訪れたバナーマン保安官()に、連続強姦殺人事件の解決にその能力を生かしてほしいと頼まれる。 一度は断ったジョニーだが、バナーマン保安官の必死の捜査をTVで観て協力を申し出る。 そして再び起こった殺人事件の現場で犯人を透視し事件を解決する。 ジョニーは実家を離れ、他所の町で家庭教師をはじめる。 そして教え子がアイスホッケー中に事故死するビジョンを見、教え子はアイスホッケーに参加せず死を逃れる。 新進の地元政治家グレッグ・スティルソン()の演説会がジョニーの家の前の公園で行われ、そこにスティルソンの応援をするサラを見つけたジョニーは会場に迷い込む。 偶然スティルソンと握手したジョニーは、スティルソンがいつの日かに選出され、有事の際に躊躇わずに核ミサイルのボタンを押すビジョンを見てしまう。 ウイザック医師はジョニーが教え子を救った事から、ジョニーが予知した未来は変える事ができるのではないかと分析する。 ウイザック医師に、「もしヒトラーが台頭する前のドイツに行けたなら、あなたはどうするか」と尋ねるジョニーは、「命にかえてもヒトラーを殺す」という答えを得て、未来を変えるべくスティルソンの暗殺を決意する。 を手にスティルソンの演説会場に乗り込んだジョニーであったが、暗殺は失敗し、スティルソンは無傷で助かり、ジョニーは致命傷を負ってしまう。 しかし、ジョニーに銃を向けられた瞬間、スティルソンがサラの子どもを奪い人間の盾として利用しようとした写真が撮られていた。 瀕死で横たわるジョニーに、スティルソンが掴みかかる。 そのときジョニーには、誌の表紙となったその卑劣な行為と、スキャンダルにやつれ自殺するスティルソンという最後のビジョンがみえた。 ジョニーは満足し、スティルソンに「あなたは破滅する」と告げる。 スティルソンは激昂し会場を出ていき、残されたジョニーは「なぜ?」と問うサラの腕の中で息絶えた。 キャスト [ ]• - ジョニー・スミス(主人公、高校教師)• - サラ・ブラックネル(主人公のフィアンセ)• - バナーマン保安官(主人公に「能力」を人のために役立てることを薦める)• - サム・ウイザック(主人公の主治医)• - ロジャー・スチュアート(地方の有力者で、ジョニーの教え子の父親)• - グレッグ・スティルソン(新進の政治家、ジョニーのビジョンでは世界を破滅に導く)• - ヘンリエッタ・ダッド• - ヴェラ 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 ジョニー サラ ブルック・アダムス スティルソン ウイザック バナーマン ロジャー アンソニー・ザーブ ヘンリエッタ フランク ニコラス・キャンベル ハーブ ショーン・サリヴァン ヴェラ• 制作:、演出:、翻訳:、調整:小野敦志、プロデューサー:圓井一夫 作品解説 [ ] この作品の映画化を持ちかけられたクローネンバーグは『』の仕上げ段階にあり、これまでの自らの作品と同じテーマを感じ監督する事を受けた。 原作者キングは当初、主役にを望んだが、クリストファー・ウォーケンは原作の持つ悲劇的要素を演じきった。 主人公のジョニー・スミスの元恋人であるサラがスティルソンの選挙運動の協力者として現れるが、これは原作にない設定である。 また映画では主人公が超能力について「今は神の恵みだと思っている」という台詞があるが、原作ではない。 評価・影響 [ ] この映画はデヴィッド・クローネンバーグの監督としてのキャリアのターニングポイントになったと評価された。 この映画の(興行的)成功と(作品に対する)好意的な評価は、クローネンバーグに1986年の映画『』のような大きな作品の仕事をもたらした。 この映画は(公開当時)クローネンバーグの以前の作品を評価していたによって公正に評価され、星3つと半分を獲得した。 またスティーヴン・キングも、自らの小説をオリジナルとする映画の中でも好きな作品であると認めており、「デヴィッドは僕が思いつきもしなかった素晴らしいアイデアを付け加えてくれた」とも語っている。 各国での高評価にもかかわらず、日本では完成から2年後の第1回で限定上映された後、更に2年後の1987年にのみの封切りとなった。 賞歴 [ ]• 1984年第12回• 批評家賞受賞• 黄金のアンテナ賞受賞• ヒッチコック・サスペンス映画賞受賞• 1983年度第11回• 受賞 トリビア [ ]• 保安官助手のフランクが猟奇殺人を行なう東屋は、ナイアガラ・オン・ザ・レークにある公園の永久的な構造物である。 スティーヴン・キングが希望したジョニー・スミスはだった。 ジョニーが冒頭で朗読している詩はの「」である。 またジョニーはこのシーンで教え子たちにを読むように薦めている。 後年、クリストファー・ウォーケンはこの映画の首なし騎士を演じた。 クリストファー・ウォーケンは、のコント()で自らの役柄のを演じた。 グレグ・スティルソンが赤ん坊を盾にしているのをスクープしているカメラマンは、演者マーティン・シーンの実の息子、ラモン・エステベス・ジュニアである。 バナーマン保安官役のトム・スケリットはテレビドラマ版デッドゾーンの最終回にハーブ・スミス(ジョン・スミスの父親)役としてゲスト出演した。 脚注 [ ]• 花の絵 2014年6月8日 関連項目 [ ]• - 小説を原作としたテレビドラマ。 外部リンク [ ]• スペシャル・コレクターズ・エディションDVDの - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の