生理 遅れる 太った。 生理周期に影響する意外な8つのこと。

生理不順になると太るワケ|女性ホルモンのダイエット的働き

生理 遅れる 太った

生理が5日遅れている場合の原因って? まずは、生理が予定日より 5日遅れている場合の原因に迫ってみましょう。 例えば、生理がはじまった日から次の生理がはじまる日まで 25日周期の人が、 5日遅れて 30日目に生理が来たとします。 しかし、一般的に「生理不順」とは 25日~ 38日の範囲外のことを指すため、 30日目に生理が来ても、生理不順とはいわないのです。 しかし、 38日周期だった人が、 5日遅れると生理不順が疑われます。 問題があるかどうかは、自分の生理周期を確認することから始めましょう。 そして、これらのホルモンを司るのが、脳の視床下部と下垂体です。 しかし、この脳の部位はストレスの影響を受けやすく、ちょっとしたことでホルモンが順調に分泌されなくなってしまいます。 つまり、ストレスでホルモン分泌が滞り、生理不順になってしまうのです。 生理が遅れることは、このストレスによるところが大きいといわれています。 しかし、生理不順が毎月のように続いたり、無月経になったりする場合には、子宮や卵巣、脳の機能などの病気の可能性も考えられます。 妊娠を望んでいない場合は、 5日遅れた時点でも不安になることでしょう。 続いて、妊娠の兆候を確認する方法を見ていきましょう。 生理が5日遅れたらチェックしたい妊娠の兆候 生理が 5日遅れている場合、あと 5日ほどして生理が来なければ妊娠が疑われます。 では、妊娠しているかどうかはどうやって確認することができるのでしょうか。 妊娠の兆候をいくつかご紹介します。 5日以上生理が遅れていて、高温が続いている場合には、妊娠の可能性も考えられます。 つわりの症状とは、吐き気や嘔吐、胃のむかつきなどの胃腸症状が主です。 人によっては食べ物の好みが変わることも。 このつわりのような症状が現れたら、妊娠している可能性が高くなります。 5日遅れではまだ症状は出ている可能性が低いですが、あと 2日くらいして症状が出た場合、妊娠が疑われます。 乳房が張る、ふっくらとしてきた、乳首が黒ずむ、乳輪が大きくなったなど、何かしらの変化があれば妊娠の可能性があります。 しかし、一般的な市販の妊娠検査薬は、生理予定日から1週間後あたりからの確認となります。 よって、 5日遅れの時点では妊娠していてもまだ「陽性(妊娠している)」と出ない可能性が高いです。 あと 2日待ってから使用しましょう。 また、妊娠検査薬はたとえ「陰性(妊娠していない)」という結果が出ても、正しく判定できていない場合もあります。 よって、生理が大幅に遅れている、つわりの症状があるなどの場合には、婦人科を受診して正確に判定してもらいましょう。 生理が5日遅れている場合の対策 では、生理が 5日遅れている場合、どうすればいいのでしょうか。 対策をいくつかご紹介します。 よって、生理がちょっと遅れているなと気づいたら、数日間は無理をしないで早めに家に帰るなどして、休息とリラックスを心がけましょう。 アロマバスやマッサージなどでココロを落ち着かせるのがおすすめです。 血行が促進されて、気分もリフレッシュできますよ。 ただし、高い負荷のかかる筋トレや長距離マラソンなどは、逆に生理が来なくなることもありますので、控えましょう。 生理が 5日遅れている時点で、何か食事制限をするダイエットをしているのなら要注意です。 ひとまず過度なダイエットはお休みして、また生理が終わった後に心機一転はじめるのがオススメです。 生理が 5日遅れた場合、数日は様子を見よう 生理が 5日遅れた場合、主にストレスによる原因が考えられます。 それ以上遅れるのなら、生理不順や無月経が疑われます。 妊娠の心当たりがない場合は、数日間、様子を見ましょう。 また、妊娠の心当たりがある場合には、妊娠しているかどうかを確認する必要があります。 生理予定日から 7日を過ぎても生理がまだ来ない場合は、妊娠検査薬を使用して妊娠の徴候があるかどうかをチェックしてみましょう。

次の

太ると生理が遅れる?! 知っておきたい「生理を遅らせる原因」3つ

生理 遅れる 太った

生理の遅れは、多くの女性が経験されていることだと思います。 でもみなさんは、生理が遅れる原因が一体何なのか、そもそも正常な生理とはどういうものなのかを、きちんと理解していますか? 「少し遅れているくらい平気だろう」と、簡単に考えてはいけません。 そこで今回は、生理が遅れる原因や、病院に行った方がいい生理についてお話したいと思います。 こんな生理は要注意 生理不順は放置しがちですが、「後々赤ちゃんを授かりたい」「自分自身が元気に過ごしたい」そんな気持ちがあるのなら、自分の生理について知っておきましょう! まずは生理周期や出血の日数などをチェックです。 正常な生理周期は25日~38日。 以下の4つのうち当てはまるものがあれば、女性ホルモンや甲状腺ホルモンバランスの乱れ、子宮や卵巣の病気が隠れていることがあります。 婦人科を受診してみてくださいね。 頻発(ひんぱつ)月経…生理周期が24日以内と短いもの。 稀発(きはつ)月経…生理周期が39日以上と長いもの。 過長(かちょう)月経…生理の出血が8日以上続くもの。 また出血量が多い、出血にレバー状の塊が混じる、痛みが強い月経を「過多(かた)月経」と言う。 過短(かたん)月経…生理の出血が2日以内で終わってしまうもの。 また出血量が少なく、ナプキンに少し付く程度の月経を「過少(かしょう)月経」と言う。 生理を遅らせる原因3つ 1 ストレス 女性ホルモンにはエストロゲンと、プロゲステロンがあります。 これらの分泌には、脳にある視床下部と脳下垂体、そして卵巣が関わっています。 脳はストレスに弱い部分です。 仕事や人間関係のトラブル、急な環境の変化などのストレスに影響を受けます。 また、卵巣の機能低下なこともありますが、これにもストレスが関わると考えられています。 2 不規則な生活 女性ホルモン、自律神経はお互いに影響しあっています。 不規則な生活により自律神経が興奮し続けることがあると、自律神経が乱れ、ホルモンバランスの乱れにも繋がると考えられます。 夜にはやりたいことが沢山あると思いますが、日付が変わる前には眠りにつきたいですね。 3 ダイエット・肥満 「ダイエットをしたら生理が止まった」という声も聞きます。 これは栄養不足による身体の防衛反応だと考えられています。 子宮や卵巣などは、直接私たちの命に関わる臓器ではないので、無月経にして先に心臓などに栄養を使おう!ということですね。 また、若い女性に多いのが多嚢(たのう)胞性卵巣症候群。 肥満が関係していると言われており、生理不順の原因の一つです。 いかがでしたか?ご自分の生理について知り、原因3つの対策を練り今後のために月経不順を整えたいですね。

次の

医師が解説!生理がくるのが早いのはなぜ?

生理 遅れる 太った

また、ホルモンバランスですか!? 何でもかんで一言でホルモンバランスが崩れたで片づけるの、あまりにもいい加減なことだと思いいますよ・・・ 妊娠可能な時期の女性は、ホルモンバランスを崩しながら生きているの様なものです。 それは、お医者さんのサイトなどで良く見られる、性周期における女性ホルモンの分泌変動のグラフを見れば明らかです。 また、一言で「ホルモンバランスが崩れた」で鵜呑みにし納得してしまうことも愚かな事です。 肥満と月経異常のメカニズムは、まだ、明らかに解明されていません。 しかし、血液中のレプチンという物質の濃度と、その抵抗性が原因であるという説が有力です。 参考URL(日本肥満症予防協会H. P 肥満と月経異常・妊娠合併症より) レプチンとは脂肪細胞から分泌されるホルモンです。 食欲を抑制し、エネルギー代謝を活性化させる機能をもつ物質です。 太っているのですから脂肪は多くなります。 脂肪が多くなれば、必然的に血液中のレプチンの量が多くなります。 レプチンは本来、エネルギー代謝を促進する物質ですから太らないのですが、肥満の人には「レプチン抵抗性」という事が起こってしまうのです。 参考URL(肥満病態におけるレプチン抵抗性の機序解明と改善に関する研究) ここまでだったら女性の性周期には影響を及ばしません。 レプチンは脳の視床下部にある満腹中枢を刺激し、これによって食欲が無くなり、満腹を感じるようになります。 だから、反対に太らなくなるはずなのです!? 問題は、脳の視床下部への働きかけです。 脳には血液の中の成分を通して様々な情報を絶えず感知しています。 女性の性周期も脳の視床下部や脳下垂体からコントロールされています。 女性ホルモンの卵胞ホルモンや黄体ホルモンも、レセプターという物質でその量を検知し、卵胞を育てたり月経を起こしたりしています。 肥満は、極論すれば人の生死に関わる問題です。 脳が異常な肥満状態を認識すれば、それを改善しようと躍起になって働くのです。 その一方で女性が赤ちゃんを作り、産むことは副次的な機能になります。 要するに、赤ちゃんが作らなくても女性は死なないという事です。 だから脳は、肥満を何とかしようと忙しく働き、卵胞を育てる事を疎かにしてしまうのです。 卵胞が育たないのですから排卵も起きませんし、月経も起こらなくなるのです。 太ったからホルモンバランスが崩れたのではなく、太ることにより自らホルモンの分泌量を少なくし過ぎたり、多くし過ぎたりしていると言えます。 女性は排卵をするために性周期の中でホルモン量の増減を繰り返して生きていますが、その分泌量が少なかったり、多すぎたりすることを「ホルモンバランスが崩れた」と言うのです。

次の