ご 査収 の 程 お願い 申し上げ ます。 ご査収くださいの意味や使い方!上司にはよくても社外にはNGなのはなぜ?

間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

ご 査収 の 程 お願い 申し上げ ます

ご査収は便利な言葉でもありますので、ついいろいろな場面で使ってしまいますが、間違った使い方をしないように気を付けましょう。 間違った使い方としては、調べるものがない時やよく調べなくてもいい時などにも使ってしまう場合です。 例えば、添付ファイルなどがない場合でも「ご査収ください」とあると、受け取った相手は何を調べるべきなのかわかりません。 ただ確認してほしいといった時には「ご確認ください」でまったく問題ありません。 むしろこちらの方が正確に意味が伝わります。 また、すでに送ったことのある資料の最終版などを送付する際も「ご確認ください」で十分です。 ご査収は「よく調べて受け取る」という意味であることを、きちんと把握しておきましょう。 繰り返しになりますが、ご査収は「よく調べて受け取る」という意味ですから、それに対する返事も単に「受領しました」では不十分です。 きちんと確認した旨も伝えるべきでしょう。 では、 「ご査収ください」という文面にはどう返事をすればよいのでしょうか。 例文を2つほどご紹介します。 ・確認させていただき、特に問題ございませんでした。 ご送付いただきまして、ありがとうございました。 ・書類の確認をさせていただきましたが、修正をお願いいたします。 修正箇所は~ このように、 受け取ったという事実だけでなく、中身にも目を通して確認したということを伝える必要があります。 ご査収に対しては「中身を確認し、受領した」という返事をする、このことをぜひ覚えておいてください。

次の

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご 査収 の 程 お願い 申し上げ ます

「ご査収の程よろしくお願い致します」は、転職や就活において、メールなどで履歴書やエントリーシートを送付する際にも使うことができます。 具体的な例文を確認しましょう。 まずは、転職の際に履歴書をメールで送付する際の例文です。 このたび貴社の求人広告を拝見し、記載されている 営業職へと応募いたしたく、連絡いたしました。 添付にて履歴書を送付いたします。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 ご査収の程よろしくお願い致します。 次に、就活の場面で、エントリーシートをメールで送付する際の例文です。 表題の件、エントリーシートをメールにて送付いたします。 お手数をおかけいたしますが、 ご査収のほどよろしくお願い致します。 ビジネスメールなどで、先方から「ご査収の程よろしくお願い致します」という文言の含まれた文書がきた場合には、どのように返事をすればよいのでしょうか。 確認しておきましょう。 繰り返しますが、「ご査収」の正しい意味は「よく調べて受け取ること」です。 なので、「受け取りました」という意味合いの返事だけでは「調べたかどうか」が不足しています。 「受け取ったこと」と「きちんと確認したこと」の両方を伝えましょう。 【例文】• 確かに受領いたしました。 確認いたしましたところ、特に問題はございませんでした。 ご送付いただきありがとうございます。 早速拝見いたしましたところ、修正していただきたい箇所がございましたので、ご連絡いたします。

次の

ビジネスで使う「ご査収」の意味と正しい使い方(例文付き)

ご 査収 の 程 お願い 申し上げ ます

「ご査収」という言葉はビジネス文書やメールでよく目にする言葉ですよね。 でも、意味を理解せずに何気なく使っている方も多いのでは?ビジネスシーンで使われる「ご査収」の意味や正しい使い方について解説します。 「ご査収」の読み方と意味、類語 ビジネス文書やメールでよく使われる「ご査収」は、「ごさしゅう」と読みます。 「ご」は尊敬語、「査」は「よくみて調べる、検査する」、「収」は「おさめる、取り入れる」といった言葉の意味があります。 つまり 「ご査収」とは、「内容をよく確認してお受け取り下さい」といった表現になります。 また、「ご査収」の類語として「ご検収」という言葉があります。 「検」にも「よく確認する、調べる」といった意味があります。 ただし、 「ご検収」は「納品されたものが、注文した通り間違いなくあるかをよく確かめた上で受け取る」ことなので、相手が受け取るものが異なってきます。 使い分けをする場合は下記を参考にしてください。 「確認」は「確かにそうであると認めること」という意味であり「受け取る」という内容は含まれていません。 相手が受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使いません。 「ご査収」の正しい使い方 「ご査収」の言葉の意味について説明してきましたが、ビジネスシーンではどのように使うべきなのでしょうか。 正しい使い方について解説します。 「ご査収」はどのような時に使うか 「ご査収」は、ビジネスシーンで下記のような場合に使用します。 ・内容をよく確認して欲しい 添付ファイルをつけたメールを送信する時 ・内容をよく確認して欲しい 書類や資料を郵送する時 前述している通り、あくまでも 「内容をよく確認して受け取るもの」がある時にしか使えません。 確認するものがないのに「ご査収」を使ってしまうと受け取った相手は何を確認すればいいのか分からず困惑してしまいますので注意しましょう。 入れ替えた後の表現に違和感がある場合は、「ご査収」の使い方に問題があると判断しましょう。 例として、「どうぞご査収ください」が正しい使い方なのかをチェックしてみます。 「査収」を「指導」に置き換えると、「どうぞご指導ください」と少し違和感がある表現になります。 そのため、この場合は正しい使い方ができていないと判断することができます。 目上の人や取引先にも使えるのか 「ご査収ください」は「よく確認してお受け取りください」という意味なので、 目上の人や取引先にも使用することができます。 ただし、使い方が合っているかどうかは事前にしっかり確認することが必要です。 「ご査収ください」だけでは目上の人や取引先に少しくだけた印象を与え、失礼にあたるのでは?と心配な場合は、「ご査収の程お願い致します」「ご査収くださいますようお願い申し上げます」などといった、より丁寧な言い回しをするとよいでしょう。 「ご査収」の例文 ここでは「ご査収」を使った例文を紹介していきます。 実際に仕事をしている時に使いやすいものをいくつかピックアップしていますので、是非参考にしてください。 ・明日の会議資料を添付致しましたのでご査収ください。 【郵送の場合】 ・領収書を同封致しますのでご査収ください。 ・先日の会議議事録を添付致しましたのでご査収願います。 【郵送の場合】 ・提出書類一式を同封致しましたのでご査収願います。 ・下記の書類を送付しましたのでご査収くださいますようお願い致します。 【郵送の場合】 ・請求書を同封致しましたのでご査収くださいますようお願い申し上げます。 目上の人や取引先に失礼にあたらないか心配な場合は、この使い方をするとよいでしょう。 【メールの場合】 ・ご依頼いただいたデータをまとめた資料を添付しております。 ご査収の程宜しくお願い致します。 ・訂正しました書類一式をお送りしますのでご査収の程宜しくお願い致します。 【郵送の場合】 ・契約書を同封しておりますのでご査収の程宜しくお願い致します。 (添付の請求書をご査収ください。 ) ・I am sending you the reference that you requested. Please check the contents. (ご依頼いただきました資料を送付致しますのでご査収ください。 ) 「ご査収ください」の返事のしかた 「ご査収ください」と記載されたメールや文書を受け取った場合、相手が自分に対し「よく確認してから受け取って欲しい」と依頼してきているものなので、 返事をする際にはしっかり確認した旨を伝えるようにしましょう。 具体的な返事のしかたをいくつか紹介します。 ・書類を確認いたしましたが、特に問題はございませんでした。 お忙しいところご対応いただきありがとうございました。 ・書類を確認いたしましたが、修正していただきたい箇所がございましたので、ご対応をお願い致します。 修正箇所につきましては下記の通りとなります。 いかがでしたか。 「ご査収ください」はあまり耳慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、このような日常生活ではあまり使わない言葉がたくさんあります。 社会人として言葉の意味をしっかり理解し、正しい使い方をしていきましょう。

次の