大赤見 由来。 風来坊「伊山亮吉」さんのプロフィール、一番怖い怪談は?

西成の今昔物語/学校

大赤見 由来

予想もしなかった雨に遇い、ヤブコギをやめて、標識に従って走ったら阿夫利神社前の駐車場へ、雨のやむのを待って、一般コースを歩くことにした、8:44出発する。 ここからの山行は、勿論はじめてである、駐車場はWC&水道あり、20台ほど駐車できる感じ。 大小山の由来を書いた案内板を見て、阿夫利神社へ、そして滝コースに入る。 この浅い山に滝があるのだろうか、あった、石尊の滝と書かれた画像の滝が確かにあった。 一般的な滝のイメージはないが、ヘイソクがさがり、神事のあとがうかがえる。 この小さな沢に沿って少し登ると、桧の間をトラバースぎみに歩き、枝尾根に出る、8:55。 ここから少し進むと大久保町からの道を9:03、山百合学園方面からの道を9:14、大小山見晴台からの道を9:20に合せ、大小山着9:24、三角点のある妙義山山頂、313. 6mに9:32到着する。 阿夫利神社 石尊の滝 桧の間をトラバースぎみに進む 枝尾根に出て右手に『大小』の字 ゴロゴロした岩石の間をわずか進むと 大久保町からの道を合せる 南東方向田畑が霧に霞む 東方向には荒船・大平山方面の山並 落ち葉と岩の道が続く 高度を稼ぎ大小山は近い 貫く渡良瀬川と足利の街を眼下に見ると 山百合学園方面からの道を合せる 雲のかかった東方向の眺望 北方向に大小山と妙義山 大小山見晴台からの道を合せる 大小山山頂282mに着く、後は妙義山 三角点のある妙義山山頂、313. 6m 相変わらず雨雲が上空に点々とあり、青空も見られるが日差しはない。 絶景は次回に期待して9:42北方向に下山開始。 岩場に張られた新品のトラロープを握りしめ急降下する。 間もなく、緩やかに回り込むようにしてホコラを右手に見て赤見方面の分岐点に差しかかる、9:52。 ここで右に折れて、大小山を右手に、岩場を下って桧の人工林に入ると、見晴台コースと合流して阿夫利神社前駐車場に着く、10:07。 妙義山山頂から南方向の展望 岩場を北方向に下山 真新しいトラロープで急降下 斜面にホコラあり 石神あり 赤見方面の分岐点を右折 大小山を北東から見る 左、大小山(一名を鷹巣山というようだ) 右、妙義山 こんな穴倉があった、何だろう 桧の林を抜けると阿夫利神社前駐車場 総所要時間は、1時間23分、晴れていればゆっくり眺望を楽しんだところだが、あっという間の大小山山行で納めの山行にしてはもの足りなかった。 この1年、当HPのつたない山行録にお付き合い頂き、感謝、感謝、感謝です。 私的には、中味は別として、健康で楽しい山歩きが出来たことに今年も大満足である。 来るべき2008年(平成20年)が、皆様にとって幸多い年でありますよう、お祈り申し上げます、良いお年をお迎え下さい。

次の

桶狭間で勝利した信長の戦略

大赤見 由来

西成の歴史 明治22(1889)年10月1日以降、瀬部村、時ノ島、穂波村(西大海道村、下奈良村、定水寺村、下奈良酉新田村)、赤羽村(大赤見村、柚木颪村、小赤見村、丹羽村)、浅淵村(北小淵村、南小淵村)と呼ばれていたようです。 これが明治39(1906)年7月5日合併により西成村となりました。 翌40(1907)年1月1日に丹陽村より馬見塚を分離し、西成村に合併しました。 その後、昭和15(1940)年9月20日に一宮市に合併し現在に至ります。 何で西成っていうの? 一宮市の中でも、東方に位置しているのに、なぜ「西成」と言うのか?不思議ですよね。 独断と偏見を織り交ぜ、お答えします。 この「西成」は、昭和15(1940)年9月20日に一宮市に合併するまでは、西成村と呼んでいました。 西成村ができたのは、明治39(1906)年7月5日で、34年間続きました。 それまでは、丹羽郡の西の端の肥沃な地にあった(位置していた)ことに由来していたからのようです。 丹羽郡西成村、一宮市の西成連区など、「西成」と呼ばれて百年余にもなります。 先人の思いをはせ、郷土の成り立ちや伝統文化を大切にしたいものです。 どんな地名があるの? 瀬部、時之島、春明、西大海道、定水寺、丹羽、柚木颪、大赤見、小赤見、北小渕、南小渕、浅野、馬見塚 って街にくらしています。 ぐるりんマップ追加情報 追加情報001、037もご覧下さい 詳細 最終更新日:2018年5月11日•

次の

風来坊「伊山亮吉」さんのプロフィール、一番怖い怪談は?

大赤見 由来

そこからは10m近く先の荒くれた巨石を1. 8mほどの高さに組んだ基壇上に 鉄筋造の祭文殿が設置されている 写真左。 この祭文殿、正面のガラス格子戸は拝殿の木部と同じく赤丹色に染められた木造時代のものが流用されていた。 拝殿と祭文殿の間は玉垣で囲われ、間の参道には砂利が敷かれていた。 石段の麓、左右には石の基壇を敷いた巨石が設置されている。 戸の透かしガラスを透して棟入の 本殿らしきシルエットが望める。 その本殿に祀られている祭神は、この地域の多くの神社と同じく、 記録が失われているようで、不詳であるが、 『古事記』にある春日山田郎女 カスガヤマダノイラツメ 、 あるいは『先代舊事本紀 せんだいくじほんぎ 』にある 春日山田赤見皇女 カスガヤマダアカミノヒメミコ だと見られている。 だとすれば、現在の社名は 『先代舊事本紀』の春日山田赤見皇女と関係があるのは明らかだ。 「赤見」という名称は以下のように伝搬したとみられているようだ。 「この神社がいつ建てられたかは不明であるが、室町時代末期に現在地にあったことがわかっている。 」 「現在、赤見には〈山田〉という姓の家が数軒ある。 」 国道22号線の建設 1958〜69 に伴って国道沿いは都市計画区域となり、 22号線まで10m以内の赤見國玉神社と22号線の間には 赤札堂と町工場が並んでいる。 赤札堂は愛知県では眼鏡スーパーとして認識されており、 東京ではスーパーマーケットであることは知られていない。 赤札堂が赤見國玉神社の隣に店舗を構えた事情には興味があるが、 「赤札堂」という屋号の由来はネット上には露出されていないようだ。 ところで、『日本書紀』には登場しない春日山田赤見皇女の名は Wikipediaでは「春日山田皇女」の項目名でUPされており、 生年不詳〜宣化天皇5年12月5日 539年12月30日 以降. 継体天皇7年 513年 9月安閑天皇の皇后となり、 母は仁賢 にんけん 天皇妃、和珥糠君娘 ワニノヌカキミノイラツメ 、 子女は無しとなっている。 風*月さんから 滋賀県長浜市高月町 たかつきちょう に 山田赤見皇女の祀られている赤見神社の存在がもたらされた。 赤見神社の祭神は近江国式内社の情報サイト『近江国INDEX』によれば、 以下となっている。 ・広国排武金日命(安閑天皇) ・春日山田皇女(山田赤見皇女) 「赤見」の入っていない「春日山田皇女」を祭神名にしているのは 社名の「赤見」と重複しないためだろう。 一宮市の地元取材のブログの中には赤見國玉神社を 春日山田皇女を祀った全国唯一の神社として紹介してあるものもあり、 一宮市の赤見では長浜市の赤見神社のことは知られてないようだ。 そして、現在の周囲に「赤見」という地名は無さそうだ。 ただ、ここでも赤見神社社名は 山田赤見皇女の名に由来すると言われており、 「往昔赤見の里と称し」という情報はあるものの、 「赤見」が何を意味するのかという情報は無い。 「赤見」を説明する唯一かもしれない情報が『にしなり』にあった。 「赤見の〈見〉は〈水〉に通じ、赤見=赤水とも考えられる。 赤水とは赤茶色をした〈ソブ水〉のことであり、木曽川の流域である関係から生じた赤水は濾過して飲料に使っていたようだが、それが地名の起源になったとも言われる。 」 この説は個人的には納得できるものなのだが、 一宮市が関っているからなのか、奥歯に何かが挟まっている。 「見」に関しては触れており、解釈を紹介しているだが、 「赤」という文字が何度も出て来るのに、 なぜ、「赤」なのかには一切、触れないようにしているのだ。 だから、私がバラしてしまおう。 「赤」は木曽川の水が停滞する場所に発生する 「ソブ」と呼ばれる赤茶けた沈殿物を指すものだと思われる。 Wikipediaには 「自然界に存在するレベルであればバクテリアも沈殿物も人畜無害である」 と説明されているが、これは裏返せば、 条件によっては人に有害になることがあると説明しているのと同じなのだ。 もしかしたら、説明会が必要になってしまうかもしれない。 そして、鉄バクテリアは 「水面に油状にみえる鉄の酸化被膜をつくることから 油の流出事故と錯覚されることがある」とも書かれている。 事件の当事者になることを嫌う日本人公務員なら、 これは触れないでおくのが一番だと考えても不思議ではないのだ。 ところで、赤見國玉神社の「赤見 赤水 」が 木曽川水系のソブ水を指しているのは解ったが、 「國玉」に関する情報が無い。 かつて、赤見に存在した赤見神社に、 周辺に祀られていた大国主神が合祀された可能性が高いと思われる。 春日山田皇女の母系は和珥氏 わにうじ であり、 大物主を務めた人物の中にはオホナムチ =大国主 と ワニヒコ クシミカタマ=大国主 が存在するからだ。 さらに、クシミカタマは名前の中に「玉 魂 」を持っている。 この地域は同じ神社が複数 村毎に 祀られており、 この地域に社数の多い 日吉神社 祭神:大己貴神=大国主神 が第一候補となるが、 周辺に日吉神社は見当たらず、可能性は高い。 しかし、赤見國玉神社の真北740mあまりの場所に めったに遭遇することのない 愛宕神社 祭神:大黒主命=大国主命 が祀られており、 直感には愛宕神社の方がよく響いている。 なぜなら、愛宕神社の開祖役小角 えんのおづぬ こそが 神仏習合時代に広国排武金日命 安閑天皇 が同一視された蔵王権現を 祈り出したとされている人物だからだ。 拝殿の裏面を降り、祭文殿を迂回しようとした時、 異彩を放っている巨石が目に留まった。 たった1コで祭文殿に上がる石段の側壁となっている巨石だった。 周囲にも巨石は多いものの、その中であきらかに目立っている。 その巨石に足止めされながら、コンクリート造の塀に沿って奥に向かうと、 神明造の本殿が塀越しに立ち上がっていた。 千木は内削ぎ、鰹木は陰数で、春日山田皇女を示している。 予想したように大国主命が合祀されているなら、 当初は中央に広国排武金日命、 相殿に春日山田皇女と大国主命が組み合わされていた可能性があり、 後に、春日山田皇女が単独で祀られることになり、 本殿が神明造に変更されたのではないだろうか。 長浜市赤見神社の本殿は社叢に遮られて、航空写真では見えず、 ストリートビューで一般道から本殿らしき社殿をチェックすると、 神宮寺の建物なども入り交じっているようで、 視覚によるチェックなので、超能力捜査官の行方不明者捜索と同様、 完全な誤解になってしまう可能性もあるのだが、 大・小の敷地を持つ瑞垣が2つ並んでおり、 大きい方の瑞垣内が本殿、小さい方が境内社の天満宮か。 両社とも社殿は流れ造らしいが屋根には千木と鰹木が乗っている。 大きい方の社の千木はストリートビューでは確認できないものの、 鰹木が陽数で 男神 広国排武金日命だろう が祀られていることは確認できるのだが、 小さい方の社 春日山田皇女を祀った社である可能性もある は やはり社叢に一部が阻まれて確認できない。 それでは赤見神社周辺に鉄バクテリアの繁殖地は存在するのか。 赤見神社の本殿らしき社殿と天満宮らしき社殿は 神社の常識に反して西向きに祀られている。 そして,琵琶湖には金糞岳 かなくそだけ から 複数の河川が琵琶湖に流れ込んでいる。 それで、最初は赤見神社のすぐ西にある琵琶湖を疑った。 しかし、琵琶湖に関る鉄バクテリアの情報は 現在は見当たらない おそらく,過去にはあったはずだが。 そこで周辺の河川名をチェックしたところ、 あっさり「赤見=赤水」説を証明する赤川が 赤見神社の北、290m以内を流れているのを見つけたのだ。 赤見神社の周辺には「西物部」、「東物部」の字名が残っており、 物部氏と高師小僧や筒を生成する鉄バクテリアが関っているなら、 縄文期からこの地域に製鉄の環境があったことになる。 そして、長浜市高月町と一宮市赤見を結ぶのは 縄文人と、はるかに後代の人物、春日山田皇女ということになる。 ところで、赤見國玉神社には脇参道があって、その片側のブロック塀には 菊水紋を花ブロックに成型したブロックで装飾されていた 写真右。 これで、この神社に存在する菊紋は4種類目で、 すべて種類が異なっている. そして、本物の? 十六八重表菊紋は一つも使用されていない. そこに、この神社の素姓が覗いている。 mixiユーザー 2018年11月06日 23:55 地名の「赤見」は酸化鉄を意味していましたか。 さて、鉄分が「東京 渋谷」の由来とききます。 住民のほとんど全部が箕(穀物の実と殻を分別する、ちりとり型の農具)の製造・販売を主たる生業としていたのである。 ほかに蓑(植物の茎などで編んだ雨具)も作っていた。 平成15年6月、わたしは住民の渋谷政昭(1945年生まれ)から次のような話を耳にした。 「ここの蓑はガマと稲の穂で作っていた。 材料は丈夫になるように、鉄分のある池に沈めておく。 その赤い水をソブミズという。 ドジョウしかいない」 先方の姓もあったのであろう、わたしはこのとき東京の渋谷の由来もソブミズによるのではないかと想定したのだった。 福島県猪苗町渋谷 しぶたに は、この予想を裏付ける地名である。 渋谷は、南流して猪苗代湖にそそぐ長瀬川と、支流の酸 sづ 川 かわ が合流するところに位置している。 そうして長瀬川と、ちょうどこの辺から下流2キロほどにかけて、川の石や河原が赤茶色に染まっているのである。 こんなに赤いという印象を受けた川を、わたしはほかに見た記憶がない。 酸川は名前のとおり強い酸性を呈するが、それは水中の硫黄分によるという。 しかし、渋谷から上流では普通の川と違わない色であり、本流に合したあと急に赤っぽくなっている。 その理由をわたしは説明できないが、とにかく長瀬川のこのあたりを「渋谷 しぶたに 」すなわち「シブの付いた谷」と呼んだことは、まず疑いない。 それがのちに赤い川の北端にある集落の名に移ったのであろう。 村名の由来については源頼朝の家臣、渋谷土佐坊昌俊なる人物がいて主命により源義経の暗殺をはかったものの、逆に弁慶に殺されてしまい、その子が義経・弁慶主従の跡を追ったが、すでに弁慶の死亡したことを知って、この地に住みついたという荒唐な話が伝えられている。 P39 岡山県玉野市渋川の荒川海岸(浦田ケ浜)は、12世紀には名勝の地として知られていた。 常套句にいう「白砂青松」の浜である。 だが、1キロほどにわたるその海岸の砂は粒の細かい、うす茶色を呈しており、むしろ「紅砂」に近い。 P40 なお、ここのシブは風化の進んだ花崗岩の色らしい。 近辺では砂も山の斜面も、だいたいが赤土色に染まっている。 シブは音が少し変化してソブとなることもあり、金属の錆などのなどのサビとも御馬路などのサビとも同語源であろう。 富山県南市を流れる山田川(小矢部川の支流)、赤 あか 祖父 そぶ 川も「赤いソブの付いた川」の意である。 同市東西原の氏神、赤祖父神社の南東500メートルあたりでは川の石全体が、はっきりと渋茶の色に染まっている。 これは一帯の川底から赤茶色の炭酸水「ソブ」が湧きだしているためである。 どんなメカニズムによるのかわたしにはわからないが、そういう色を呈しているのはほんの2、300メートルにかぎられているらしい。 P40 地名の「シブ」が赤茶色を指すとはかぎらない。 長野県茅野市の奥田で科温泉郷は横谷、明治、渋川、渋の各温泉から成っている。 このうち最も早く開かれたのは、いちばん奥の渋温泉で中世にさかのぼるようである。 ここは、もとは二軒ある温泉旅館の前の渋川の河原には、石灰華のような白っぽいシブがこびり付いている。 P41 旅館の人によると、これは言おうだという。 温泉が目に見える形で存在下から発見され、そうして「渋の湯」と呼ばれることになったのであろう。 渋川にはずっと下流まで、ほかにシブが出ている河原はないようである。 すなわち、渋川の名は源流に近い、ほんのわずかな一地点の特徴によっていることになる。 シブには右に例示したものとは全く異質の「シブ」も、ありそうである。 千葉県茂原市渋谷 しぶや は、どうもその一つらしく、何人かの住民に聞いても変わった色のついた土地や地物はないと答え、代わりに地中からブツ、ブツとガスが湧き出している田んぼがあることを教えてくれた。 P41 同市の渋谷も「ガスが湧き出すヤチ」の意かもしれない。 同紙にはほかにも渋沢、渋口、渋谷越など少なくとも5ヶ所の「シブ」地名が存在する。 mixiユーザー 2018年11月07日 01:21 >AKKIY さん 世界一有名な交差点、渋谷スクランブル交差点の実名が「ソブヤ・スクランブル交差点」だったとは日本初の歩行者天国が公開された日、道玄坂のセンターラインを散策していたジョンとヨーコも気付いていなかったでしょう。 また,ジャニー喜多川の先見性が配下にソブガキ隊を組織していたことも。 ソブヤ警察裏の金王八幡宮を創建した渋谷金王丸も自らの通名がソブヤこんのうまると発声するとは思っていなかったことでしょう。 ところで、一宮市南西部に面する稲沢市には輪中を有した祖父江町が編入されており、多くの祖父江姓のお宅が存在します。 Twitterに画像4枚あり• mixiユーザー 2018年11月07日 02:22 2016年01月17日のツイート 〜ムーチービーサの真冬に寒桜が/ふたたび億計王の赤見皇女を祀る赤見国玉神社へ/歴史の薄明へといざなう籠守勝手神社のご縁 Twitter• (何故か突然怪しげな名古屋弁になる。 放送事故か。 ) 総理大臣を祖父にもち、KITAGAWAさんなる別嬪女優さんと婚姻関係にある音楽家が、「このあたりの経緯は歴史および民俗学の醍醐味である。 」と国営放送局のあるJR某駅そばのスタジオで評したそうな。 風さん 赤見神社と赤見國玉神社の紹介、ありがとうございます。 赤見神社周辺は「赤見の里」と呼ばれていたんですね。 2012年11月10-11日のツイートの方は写真のリンクが外れているのか、写真が表示されてませんでした。 尚、Twitterは利用していません。 ところで、本殿は以下の写真の瓦葺の社殿の真後ろにありますか? もう一つ、赤見神社本殿には広国排武金日と春日山田皇女は一緒に祀られてますか?• 尚、KITAGAWAさんのご実家は三菱の重役らしいですから。 ロック・フェラー系に当たりますが、夫で音楽家の祖父にはロスチャイルドに殺害された 日本の要人暗殺はすべて病院で死亡したことになってます という説があり,実際にはヘリコプターで宙吊りにされて殺害された映像を公安が確認しているという by 中丸薫 、まことしやかな噂もあり、つまりミュージシャンは将来の子息が政治家を目指した場合、ロスチャイルドに対抗できるようロック・フェラー系と閨閥を持つのが目的の政略結婚だったのではないかというのが、個人的な思いつきです 笑 祖父殺害情報 殺害映像ではない はYouTubeでも流されてましたから、ミュージシャンの夫は当然、そのYouTubeコンテンツも見てるはずで,どんな気持ちでそれを観たのか、もっと拡大して考えると、阪神淡路に始まる大地震で肉親を亡くしている人たちが「人工地震説」にどういう思いで接しているのかが気になるんですね。 その近くに90度の角度で十一面観音の寺があり、合わせて2棟の建造物が建ち並んでいたように記憶してます。 祭祀の形態は、本殿など明確でないのではっきり確認できませんでした。 今度行くことがあれば、注視してみます。 風*月 さん >建造物1棟のみだったように思います。 現在のストリートビューでは桧皮葺の建物の裏面が東側の道路に面して建ち、玉垣で囲われていますかから,この6年間のうちに建て直して、場所も東の道路沿いまで下げたのかもしれないですね。 >90度の角度で十一面観音の寺があり、合わせて2棟の建造物が建ち並んでいた 神宮寺の2棟の建造物は南向きで,神社の建物2棟 北側の社殿が天満宮じゃないでしょうか が西向きすよね。 境内社の天満宮は祠のような小さいもので、忘れてて思い出しました。 風*月 さん >境内社の天満宮は祠のような小さいもの となると,西向きに並んでいる2棟の社は南側が広国排武金日命,北側が春日山田皇女である可能性が高いですね。 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年•

次の