おでこ に ほくろ。 大仏様のオデコのホクロには意味があるのですか?

尾野真千子が嫌いと言われる理由がヤバイ!?ほくろを除去しない驚きの理由とは!?

おでこ に ほくろ

おでこ(額)の範囲は、髪の生え際から眉までの部分を指し、顔占いでは上停とも呼ばれている部分です。 基本的にこのおでこ(額)にほくろがある場合、恋愛運や愛情運が高まっていることになります。 出会いのチャンスに恵まれ、愛情に包まれることが考えられます。 おでこでほくろが現れている位置にもよりますが、結婚運も上昇しているので、結婚の時期が一般の人よりも早めになるとされています。 女性の場合は結婚運と職業運となり、男性の場合は、職業運が主体となるようです。 また顔占いでは、生来のものや若年期の運勢を表しているので、ほくろ占いでも、前半生の運勢や性格的な部分も知ることができます。 さらに男女とも、何かと訴訟沙汰に巻き込まれやすいとも言われています。 この場合、活きぼくろなら解決が比較的スムーズになるとされています。 それでは、このおでこ(額)のほくろの意味などを14パターン挙げて解説していきます。 眉間の上方で生え際近くにほくろが現れていることがあります。 ここは顔占いで「天中」と呼ばれている部分を指します。 この場合、目的や夢の達成するにあたり、周りの人の協力が得られるとされます。 何らかの問題に遭遇したり、人手が必要な時に援助の手が差し伸べられます。 どちらかというと幼少期に恵まれない家庭で育った人が多いようです。 母親との関係で苦労が多く、それを乗り越えることで忍耐力が養われるとされています。 また天中のほくろには、守護霊が舞い降りるとされ、スピリチュアルな才能があることもあります。 このほくろが痒くなると危険の知らせとされています。 ツヤと形が良い活きぼくろの場合、強力な助っ人が現れます。 一方、ツヤや形が悪い死にぼくろの場合、目上に逆らいやすく、助力が得られないこともあります。 眉間の上方で上下左右どこから見ても中央にほくろが現れていることがあります。 顔占いでは「司空」と呼ばれている部分を指します。 この場合、安定よりも変化を求める傾向にあり、交際相手や職業を次々に変えていくとされます。 個性が強く周囲を驚かせる言動をしたり、大胆な行動を取る面もあります。 社会運や家庭運に影響力が強く、人によっては対人関係が良くも悪くもなるようです。 周りを振り回すことが多く、それが愛嬌と見られるか嫌悪されるかで人の接し方が違ってきます。 人生は乱高下することが多く、幸せが落ち着かないとされます。 活きぼくろの場合、その人の持つ特質が良い方向に働き、死にぼくろだと、数々のトラブルを呼び込むことになります。 眉間の上方で生え際から少し離れた部分にほくろが現れていることがあります。 顔占いでは「天中」と「司空」の間で「天庭」と呼ばれている部分を指します。 この場合、先祖との縁が深く、予期せぬ出来事を事前に察知できるとされます。 30代ぐらいまでは運気が強めなのですが、それ以降は運勢に身を委ねた方が何かとスムーズに行くようです。 幼少期の逆境が自立心を芽生えさせているとも言われています。 幼少期に恵まれた環境にあると、成人後に何かと反抗的な態度を取りやすくなるようです。 組織にいるよりも独立した方が力が発揮できるとされます。 活きぼくろの場合、予期せぬ幸運な出来事が多くなり、死にぼくろだと、結婚相手に恵まれないことがあります。 額の右半分で中央寄りにほくろが現れていることがあります。 顔占いでは「天庭」と「司空」に寄っている辺りで、第三者が正面から見て右側となり「日角」と呼ばれている部分をを指します。 この場合、恋愛運や結婚運に優れているとされます。 運命の出会いがあったり、最高の結婚ができると言われています。 しかし運命の相手に出会うまでは、なかなか楽しい恋愛にはならないようです。 性格的に荒々しさがあるものの、一度この人と決めた運命の相手には優しく接するとされます。 一人の相手と生涯連れ添うことになり、不倫や離婚はまずありえないはずです。 活きぼくろの場合、意味合いがより一層強まり、死にぼくろだと、性格が裏目に出ることがあります。 額の左半分で中央寄りにほくろが現れていることがあります。 顔占いでは「天庭」と「司空」に寄っている辺りで、第三者が正面から見て左側となり「月角」と呼ばれている部分をを指します。 この場合、金運や仕事運が強まっていることを示します。 お金の巡りが良く、あまりお金に困ることはないはずです。 仕事では、高い業績が上げられ、収入アップにつながります。 性格的には、常に欲求を満たさないと気が済まない傾向にあります。 物欲が強く、衝動買いすることも多いはずです。 また勝負運が強く、ここ一番で力を発揮することができます。 ギャンブルでも勝つことが多くなります。 活きぼくろの場合、格段に金運が高まり、死にぼくろだと、浪費が多くなるとされます。 額下部の中央にほくろが現れていることがあります。 眉間の辺りで額下部の中央にあたり、顔占いでは「印堂」と呼ばれている部分を指します。 この場合、強運に恵まれ、社会で大成功するとされます。 聡明な人が多く、人生を通じて縁起の良さがあり、先を見通す力を持つとも言われています。 その場に応じた的確な判断ができるので、何事も成功につながりやすくなります。 恋愛・結婚面では、衝動的に早く結婚すると長続きしないことが多くなります。 一方で先が見えてしまう分、相手を慎重に見極めることが多く、晩婚になりやすいとされます。 活きぼくろの場合、より強運に恵まれ人生が絶好調となり、死にぼくろだと、調子に乗り過ぎて大失敗する可能性が高くなります。 左右の額で少し下めの辺りにほくろが現れていることがあります。 眉の少し上方で側面生え際からもほぼ等間隔で離れている辺りで、顔占いでは「遷移」「遷移宮」と呼ばれている部分を指します。 この場合、人生に置いて移動する機会が増えるとされます。 引越や旅行、出張や転勤などが多くなります。 性格的にも、じっとしているよりも、動いていることを好む人が多いようです。 移動することで幸運がつかみやすくなる面もあります。 何かと活動の幅が広く、様々な人脈が築け、見識も広くなります。 恋愛面では、良くも悪くも経験が豊富となり、その分、恋愛トラブルを引き起こしやすくなるようです。 活きぼくろの場合、移動先でのハプニングが福となり、死にぼくろだと、移動での悩みが多くなるとされます。 眉中央のすぐ上にほくろが現れていることがあります。 眉中央の上の辺りで顔占いでは「福堂」と呼ばれている部分を指します。 この場合、親族などの身内からの助力が得られるとされます。 仕事や生活において、何らかの問題が生じた際には、必ず親族の手助けがあります。 親の財産などを元手に新しくビジネスを始めて成功する場合もあるようです。 店を引き継ぐことで、大繁盛に導くこともあります。 特に一番身近な兄弟姉妹の協力が得られ、長期間にわたり助けられることも考えられます。 あまり助力をあてにしていると、思わぬしっぺ返しになる場合があります。 活きぼくろの場合、親族の力によって大きな発展が遂げられます。 一方、死にぼくろだと、親族にわだかまりをもたらすことがあります。 おでこ(額)は、顔のパーツの中でも面積が広い領域で、目立つ部分です。 上は髪の生え際から、下は眉までの部分を指し、生え際が後退している場合、シワがよる部分を額としています。 女性の場合、前髪で隠れていることが多く、そこに現れているほくろは意外に気付かないこともあります。 ほくろ占いで、額に現れているほくろは、基本的に恋愛や愛情といった面を読み取ることができます。 さらに額のほくろはその現れている位置によって、いろいろな面もわかります。 額を細かく分類する際は、顔占いの呼び方を用いることが多くなっています。 「天中」と呼ばれる眉間の上方で生え際近くにあるほくろは、周囲の協力が得られます。 「天中」の下の「天庭」では、予期せぬ出来事が事前に察知でき、その下の「司空」では、個性が強くなります。 この他、生え際部分も細かく分類され、それぞれ意味を持つことがわかります。 自分や周りの人の額のほくろを見て、その意味合いを参考にすれば、何事もスムーズになるはずです。

次の

【ほくろ占い】おでこ(額)のほくろの位置別の意味を徹底解説

おでこ に ほくろ

天中・天庭は、 目上の人との関係性や希望の達成を見る場所です。 色艶が良かったり肉付きが良く盛り上がっているのが良相、色艶が悪かったり傷があったり凹んでいるのは悪相になります。 天中・天庭に生きぼくろがある人は誰かが助けてくれる 天中・天庭に生きぼくろがあると、問題に巻き込まれたとしても、 誰かが助けてくれたり簡単に解決できたりします。 幼少時に恵まれない環境でも、周りの人や親戚が助けてくれることでしょう。 天中・天庭の下部に生きぼくろがある人は、スピリチュアルな面もあるため慈善事業や宗教関係など、 他人のために行動する職業に向いているとされています。 天中・天庭に死にぼくろがある人は幼い頃苦労している 天中・天庭に死にぼくろがある人は、 幼少期に恵まれない環境で育ってきています。 苦労をしているため我慢強く、歳をとってから努力が実るケースも多いです。 まれに天中・天庭に死にぼくろがある人で、幸せな幼少期を過ごしたという人もいます。 そのような人は歳をとるにつれて、 わがままで攻撃的な性格になり目上の人々に反抗し出世の道が断たれてしまうので注意が必要です。 最後の最後で大失敗に終わるケースも 天中・天庭に死にぼくろがあると、 順調に行っていることも最後の最後で大失敗に終わることがあります。 ここに死にぼくろがある人は、最後まで気を抜かず慎重に行うことが必要です。 天中・天庭に死にぼくろがある女性は、結婚しても 夫に恵まれず辛い結婚生活を送ると言われています。 司宮・中正 額の中央 のほくろの意味と運勢 天中・天庭の下、額の中心部周辺を 司宮・中正 しぐう・ちゅうせい と言います。 司宮・中正は、 地位や出世、目上の人の関係性、男性なら仕事運、女性なら結婚運・仕事運を見る場所です。 司宮・中正に生きぼくろがある人は理解者が現れ成功に導かれる 司宮・中正に生きぼくろがある人は、 個性的な人が多く、人を驚かせるのが大好きな性格です。 理解されにくい性格ですが 個性的な性格を理解してくれて成功へと引き上げてくれる人が現れます。 女性の場合は、 婚期は遅れますが素敵な男性と出会うことができるでしょう。 なお司宮・中正の生きぼくろは、真ん中によりも左右にずれている方が良いとされています。 司宮・中正に死にぼくろがある人は個性的だがトラブルも多い 司宮・中正に死にぼくろがある人は、 気が変わりやすい性格でトラブルに巻き込まれやすいタイプです。 仕事面では、目上の人ににらまれ出世の道が絶たれる可能性があります。 また、飽きっぽい性格のため、仕事を転々とする可能性が高く 会社勤めよりも個人でできる仕事が向いているでしょう。 争いごとに巻き込まれやすく裁判になったとしても負けてしまうことが多いため、示談に持ち込むのが最適です。 司宮・中正に死にぼくろがある女性は婚期が遅れる 司宮・中正に死にぼくろがある女性は、 婚期が遅れがちで一生独身のままの可能性もあります。 ただし、個性的な性格を面に出さなければ、結婚できる可能性が高まります。 不時宮 額の生え際中央横部分 のほくろの意味と運勢 天中・天庭の両脇部分を 不時宮 ふじきゅう と言います。 不時宮は 思いがけないことに出くわさないか・他人に影響されやすいかを見る場所で、凹みや傷、色艶が悪いと悪相になります。 不時宮に生きぼくろがある人はトラブルにあっても軽く済む 不時宮に生きぼくろがある人は、 トラブルにあっても軽く済みます。 天中・天庭との境目に生きぼくろがある人は、スピリチュアルな面があるため 宗教関係や教育関係・宣教師・僧侶などの職業に向いています。 不時宮に死にぼくろがある人は思いがけないトラブルにあう 不時宮に死にぼくろがある人は、思いがけない災難にあうなど 普通の人よりトラブルに巻き込まれやすい性格です。 男性は左・女性は右に死にぼくろがあると仕事でのトラブル、逆の場合は私生活でトラプルに巻き込まれる可能性が高いので注意が必要です。 また情にもろい性格のため、他人の意見に左右され 思いもしない不運な目にあう相でもあります。 日角・月角 額の両脇出っ張り部分 のほくろの意味 不時宮の外側、触るとツノのように出っ張っている部分を 日角・月角 にっかく・げっかく と言います。 日角は父親との関係性、月角は母親との関係性を見る場所です。 日角・月角は男女で呼び名が異なります。 男性は左側を日角、右側を月角と呼び、女性は右側が日角、左側を月角と呼びます。 日角に生きぼくろがある人は母親や親戚との関係は良好 日角に生きぼくろがあれば、父親との関係は最悪ですが、 母親に可愛がられ親戚との関係も良好です。 日角に死にぼくろがある人は父親との関係が希薄 日角に死にぼくろのある人は、 父親との縁が薄く関係も良くありません。 父親が家出をして戻ってこない、一緒に住んでいても顔を合わせば口論ばかりなど、父親との相性は最悪です。 月角に生きぼくろがある人は父親や親戚との関係が良好 月角に生きぼくろがある人は、母親との関係は良くありませんが、 父親や親戚との関係は良好です。 月角に死にぼくろがある人は母親との関係が希薄 月角に死にぼくろのある人は、 母親と関係が良くありません。 意見が対立したり、母親に暴力を振るうお金を無心するなど親不孝な行いをします。 遷移宮 額の生え際両脇 のほくろの意味 額の両脇部分を 遷移宮 せんいきゅう と言います。 移動を意味する場所で、 転居・旅行・転勤・地位の移動などを見る場所です。 遷移宮に生きぼくろがある人は移動することがプラスになる 遷移宮に生きぼくろがある人は、移動することによって 仕事に役立ったり人間関係が広がったりとプラスになることが多いです。 遷移宮に生きぼくろが2つ以上あれば「恋ぼくろ」 遷移宮に生きぼくろが2つ以上あれば 「恋ぼくろ」です。 恋ぼくろがあると、異性の誘惑が多く情にもろいため 間違いを起こしてしまいがちです。 気をつけたほうがいいでしょう。 遷移宮に死にぼくろがある人は移動することに苦痛を感じる 遷移宮に死にぼくろがある人は、転居や転勤など移動することが多くなります。 移動することによる 精神的な苦しみや経済的な苦しみを感じやすいため、旅行や引越し・出張などは極力避けたほうがよさそうです。 女性で右の遷移宮の眉尻あたりに死にぼくろが2つ以上あれば「失恋ぼくろ」 女性で右の遷移宮の眉尻あたりに死にぼくろが2つ以上ある場合、 「失恋ぼくろ」と言います。 失恋ぼくろがあると、 恋人ができても失恋で泣かされたり浮気されたりするなど恋愛運がよくありません。 額のほくろの意味と運勢まとめ 最後に、おでこ・額のほくろの6種類の意味を要点を表にまとめてみました。 名前 場所 ほくろの有無で占えること 天中・天庭 額の生え際中央上部 目上の人との関係性 希望が達成するかどうか 司宮・中正 額の中央 地位や出世 目上の人の関係性 女性の結婚運 不時宮 額の生え際中央横部分 トラブルにあうかどうか 他の人に影響されるかどうか 日角 額の両脇出っ張り部分 父親との関係性を見る 月角 額の両脇出っ張り部分 母親との関係性を見る 遷移宮 額の生え際両脇 転居・旅行・転勤・地位の移動などを見る あなたの額にも「生きぼくろ」「死にぼくろ」はありましたか? 死にぼくろはあなたの弱点を表しています。 悩むのではなく普段から注意して生活しましょう。 そうすれば、弱点が強化されて、あなたの強みに変わります。

次の

【ほくろ占い】おでこ(額)のほくろ意味と運勢6種!仕事運結婚運が判明

おでこ に ほくろ

おでこの生え際のほくろの意味は? おでこの生え際は前髪で隠れていると、なかなか見えにくいほくろではありますが、生え際のほくろも出る位置によって、また意味が違ってきます。 A のおでこの生え際の真ん中に位置するほくろは、とても良いほくろです。 幼い頃は苦労して育つ人が多いですが、その逆境に打ち勝って得たものが糧となり、晩年期は非常に実りのあるものになるでしょう。 B の生え際の少し横の位置( 左右どちらでも ) にほくろがある場合、情に厚く困った人を放おっておけないところがあり、それが原因でさまざまなトラブルに巻き込まれる危険もあります。 C の生え際横の位置( 左右どちらでも ) にほくろがある場合、1つの場所にジッとしていられないところがあり、休みの日でも家でずっとゴロゴロして過ごす...なんてタイプではないでしょう。 旅行も大好き、旅に出た先での出会いによって運気も上昇します。 この部分にほくろがある人は、わりと職を転々とする事が多く、常に変化の中に身をおく人でもあります。 個性的な人が多く、それゆえに周囲の人とトラブルになる事もあります。 おでこの真ん中にほくろのある女性は、やや晩婚傾向です。 E のちょうど眉間の真ん中あたりにほくろがある人は大変強運の持ち主です。 ただし、女性の場合は、このほくろは少し強運過ぎて、結婚して平凡な家庭に身をおくという事は難しいかもしれません。 宗教家 や 芸術家 、ジャーナリスト など、少し特殊な仕事に就くと成功間違いなしです。 運気の浮き沈みは激しいので、常に良い運気で安定するという事はありません。 スポンサーリンク おでこにほくろがある芸能人って!? おでこにほくろのある芸能人って言ってすぐに思い浮かぶのは、歌手 の 千昌夫さんですが、若い人にはあまりピンッとこない方かもしれませんね^^; モノマネ芸人のコロッケさんが、大きいほくろをおでこに付けてよくモノマネされていた方です。 私の小学校時代の同級生の男の子にも、おでこに5ミリくらいの大きなホクロのある男の子がいたのですが、あの子の今現在が気になる所です^^;.

次の