副業 税金 対策。 副業するなら税金対策が必須!家賃や電気代も経費に?

サラリーマンも事業主になれば節税ができる

副業 税金 対策

副業でかかる税金の種類は? 副業をすることで増える税金は所得税と住民税です。 によれば、所得税とは「個人の所得に対してかかる税金で、1年間の全ての所得から所得控除を差し引いた残りの課税所得に税率を適用し税額を計算」したものです。 所得とは収入から必要経費を引いたもので、その金額に税金がかかります。 住民税は都道府県民税と市町村民税の総称であり、所得税と同様、所得に対してかかる税金です。 所得税と違い、翌年に税金を払うのが住民税です。 昨年の収入が高くて今年の収入が低い場合は支払いがきつくなります。 所得区分によって課税の扱いが違う 副業に対する課税については、所得区分によって違います。 ここでは所得区分について、どのように税金がかかるのか説明します。 アルバイトなどの給与所得 給与所得の場合、会社員と同じように源泉徴収をされています。 そのため、 会社での年末調整だけでなく、確定申告をする必要があります。 住民税は勤務先の住民税と合算されるのが通常ですので、会社はあなたがアルバイトをしているかどうかが分かります。 アフェリエイトなど雑所得 アフェリエイトなどネット収入になるものは雑所得になるのが一般的です。 ネット収入だから申告しなくてもばれないだろうと思うかもしれませんが、最近では税務署も申告漏れについて監視しているので、しっかりと申告する必要があります。 また、必要経費がかかっている場合は所得から必要経費を引いた額が収入になりますので、領収書は必ず取っておきましょう。 不動産賃貸など不動産所得 不動産所得も不動産収入から経費を引いた額に税金がかかります。 不動産賃貸の場合、経費が多くかかりますので、不動産所得は意外と少ない場合もあります。 継続して収益を得る事業所得 副業であっても事業として継続して収入を得ている場合は事業所得になります。 事業所得も収入から必要経費を引いた額に所得税がかかりますが、 雑所得と違い、給与所得との「損益通算」ができるので、副業が赤字になった場合、所得税などが安くなる可能性があります。 いくらから税金がかかる? 副業の場合、20万以上だと税金がかかると言われています。 しかし、20万円未満でも税金がかかる場合もあります。 ここではいくらから税金がかかるのかについて説明します。 20万円以上だと税金がかかる 副業では20万円以上だと税金がかかると聞いたことがありませんか。 確かに20万円を越えると所得税がかかります。 ただし20万円というのは所得です。 前述したように、収入から必要経費を引いた額が20万円を越えた場合に税金がかかりますので、必要経費をしっかりと計算しておきましょう。 また20万円を超えていても、申告しなければ分からないだろうと考える人もいるかもしれませんが、マイナンバーも導入され、あなたがどのような収入を得ているのか、把握されやすくなっています。 申告漏れを指摘されないように、20万円を超えた場合には必ず確定申告をするようにしましょう。 20万円未満でも税金がかかることがある 所得が20万円以上だと税金がかかると述べましたが、20万円未満でも税金がかかる場合があります。 まず給与所得の場合は所得の額に関係なく確定申告が必要です。 それ以外の所得区分で20万円未満の場合でも住民税はかかります。 所得税についてはかからないので、申告しなくても良いですが、住民税はかかりますので、住民税のみ申告するようにしましょう。 確定申告をされる方は早めに準備を 確定申告をされる方は、領収書の整理と必要な書類を準備しておきましょう。 まだ時間があると思ってゆっくりしていると、すぐに確定申告の締め切りが来てしまいます。 もしあまりにも忙しい場合は、税理士などに相談するのもひとつの手です。 お金はかかりますが、かなり楽ですので、時間のない人にはおすすめです。 副業は税金でバレる 副業ですが、税金はしっかりと申告するとしても会社にはばれたくないという人もいるのではないでしょうか。 確かに、会社の多くは副業を禁止していますし、禁止していないとしても、無許可で副業をすることについて、会社は良い顔はしないでしょう。 そのため、会社にばれないように副業をしたいと考えるかもしれませんが、 会社にばれないように副業をするのは無理です。 前述したように住民税は会社に通知されますので、会社の計算した額よりも多ければ、すぐに副業していることが分かってしまいます。 会社とトラブルにならないためにも副業をしたい人は会社に許可をもらっておきましょう。 必要な場合は確定申告をしっかりしよう 所得が20万円以上ある場合は確定申告をする必要があります。 確定申告をしなくてもばれないだろうと思う人もいますが、そんなことはありません。 特にネットで収入を得ている人は確定申告をしなくても大丈夫だと考えている人もいますが、 ネット収入も税務署は把握できます。 確定申告すべきものはしっかりと申告をするようにしましょう。 記事作成/ジョン0725.

次の

副業サラリーマンが知っておきたい税金対策!

副業 税金 対策

副業の収入も確定申告する必要がある? 副業の 所得が年間20万円以上になると確定申告が必要になります。 数箇所から所得がある場合は、1箇所あたりの所得ではなく、合計額が基準です。 ポイントは収入の金額ではなく、 収入から経費を差し引いた残りである「もうけ」部分が20万円超であるかどうか となります。 確定申告が不要なのは、副業の所得が20万円以下、且つ給与が1か所のみで年末調整されている人です。 よく勘違いされる部分ではありますが、この基準は国税である「所得税」についてのものです。 地方税である「住民税」に関しては、所得が20万円以下であれば、確定申告が不要になるという制度はありません。 したがって 住民税の確定申告は、所得が20万円以下であってもするようにしましょう。 副業の税金の計算方法 副業の税金の計算手順を簡単にまとめると、次のようになります。 副業には主に「事業所得」と「雑所得」に該当する場合がありますが、いずれの所得の場合でも、基本的な計算方法は変わりません。 副業でできる節税方法 節税方法は、副業が事業所得にあたる場合と、雑所得にあたる場合で異なります。 もし、副業がどの所得に該当するかわからない場合は、税理士や税務署に相談すると良いでしょう。 事業所得の節税方法 まず、副業が事業所得にあたる場合は、青色申告の承認申請書を税務署に提出して、青色申告特別控除を受けることが一番です。 この控除を使えば、最高65万円が控除され、所得を圧縮することができます。 つまり、その分税金を安くすることができるのです。 ただし、青色申告には記帳要件というものがあり、会計システムなどを使って、複式簿記にのっとって記帳を行い、貸借対照表(財産状態を表したもの)と損益計算書(経営成績を表したもの)の作成をすることが必要となります。 現在は、クラウド会計システムなどで、記帳を手軽に始めることができ、さらにインターネットバンキングと連携すると、仕訳の入力の手間を大幅に省力化することができます。 また、この青色申告には他にもさまざまな特典があり、赤字を3年間繰り越すことができたり、事業に従事している家族への給与を支給して、経費にしたりすることができます。 雑所得の節税方法 これに対して、副業が雑所得に該当する場合は、青色申告の特典を受けることができません。 そのため、一番の節税方法は、経費に該当するものを正しく、漏れなく集計することになります。 これは当たり前のことですが、集計することに慣れていない方も多く、また領収書を捨ててしまっていたりして、漏れなく経費に入れることができていないことが多々あるようです。 集計漏れを減らす方法としては、経費が発生したらその都度集計し、Excelなどにメモしておくことなどが大事です。 なお、経費に該当するかどうかに迷う場合は、次の3つを基準に判断してみましょう。 自分で支払うべきものであること• 事業のために使ったものであること• 証拠となる領収書やレシートなどの書類を保存していること 1については、自分で支払ったもののみ経費にすることができますので、取引先が支払った接待費の領収書などは経費にすることはできません。 また、12月末までに支払いが済んでいなくても、商品を受領していたりサービスを受けている場合には、未払金や前払金などどして経費にいれることができます。 ここでは、2が一番重要で、その経費は 事業のために使ったものであるかということです。 ポイントとしては、経費が収入に繋がるものであることを、納税者が説明できることが必要となります。 もちろん、プライベートな支出は経費にすることはできません。 家族での飲食代や、家庭で使用する消耗品などは事業に関係ないため、経費にはなりません。 3の証拠となる領収書などの書類には、「いつ、どこに、いくら、なんのために」支払ったものであるかが記載されていなければなりません。 また、領収書がもらえない場合には、出金伝票などに「いつ、どこに、いくら、なんのために」という内容を記載しておくと、証拠書類として認められます。 個人事業から法人成り(会社)にしたら税金が安くなる!? 売上が増えてきて、所得が大きくなると、会社を設立することを考える人も多いと思います。 会社にすると信用を得られるため、取引がしやすくなることもメリットですが、税金面でもメリットがあります。 会社を設立した場合は、会社と個人は別人格になりますので、会社から社長へ給与を支給することができます。 給与は会社にとって経費になり、さらに給与を支給された社長には「給与所得控除」という個人にとっての経費が概算で与えられています。 そのため、二重に経費が考慮されている状態になり、所得を圧縮して、税金を安くすることができます。 この他にも、個人事業では経費にできなかった生命保険料が、会社が契約者になった場合は会社の経費にできる場合もあります。 また、社長の自宅を社宅扱いとして会社の経費に算入することや、遠方への出張などの場合は、日当を支給して経費にする方法などもあげられます。 さらに、会社の赤字は10年間繰り越すことができ、個人事業の3年より長期間繰り越すことが可能になるといったメリットもあげられます。 法人成りするデメリットもある ただし、法人にすると税金面でのデメリットもあります。 個人では、赤字の場合は税金を支払う必要はありませんが、法人の場合は赤字でも均等割りという数万円の住民税を支払う必要があります。 そのため、会社の設立は事前にシミュレーションをして、メリットとデメリットをしっかり把握したうえで行うよう心得ておきましょう。 税金等のシミュレーションについては、税理士等に相談すると、安心して起業できるはずです。 おわりに 副業は、なかなか上手くいかないことも多いものです。 事業案を練りに練って始める方もいると思いますが、副業の成功の秘訣は、ずばり「小さく始めて、何度も試す」ことです。 練った事業計画や、事業モデルでも成功するとは限りません。 そして、副業では銀行から融資を受けて投資することも難しいため、事業資金は限られています。 そのため、まずは資金をあまり使わずに始めてみること。 失敗したり、上手くいかなかったりする場合には、次の方法を試してみるということの繰り返しが必要になります。 また、大企業が参入できないようないわゆる「ニッチ産業」で事業を行うことも大切です。 価格やノウハウで大企業に勝つことは難しいですが、大企業が参入しないような分野なら、個人だからこそできる分野を強みとできるはず。 副業で、自分らしい働き方を模索してみてはいかがでしょうか?.

次の

副業サラリーマンの節税対策!その方法や注意点などを徹底解説

副業 税金 対策

正社員や公務員は副業を禁止されていることが多いですが、 会社にばれずに副業を行うことはもちろん可能です。 バレないために必要な 「4つの注意点」をまとめたので、副業を内緒にしておきたい人はぜひチェックしてみてください。 ちなみに以下の記事では 「副業30種類」をまとめているので気になる方は併せてお読みくださいませ。 副業をする前にまず確認すること 一般的に、正社員や公務員は副業を禁止されています。 副業を禁止する法律はありませんが、入社したときに会社と交わした契約書に 「副業を禁止する」という文言が書かれている場合が多いですね。 法律違反はしてないけれど、契約違反にはなってしまうので、 バレてしまうと会社から何らかの罰則を与えられる可能性が考えられます。 与えられる罰則は会社によって変わりますが、減給や降格が一般的のようです。 正社員・会社員が副業するときの4つの注意点 最近では、アフィリエイトやポイントサイトで副業をしているサラリーマンが増加しているので、会社にばれないように副業している人は意外と多いんですね。 そのためにはいくつかの注意点を守る必要があります。 (1)副業は20万円以内!20万円以上は確定申告を 副業を行うときに気を付けなければいけないのが、確定申告についてです。 稼いだお金は確定申告をしないと脱税になってしまうので、確定申告をしなくてはいけません。 申告しなければバレないと思っている人もいるようですが、 マイナンバーカードの普及で副業をすると最近はバレるシステムになっています。 追徴課税で大きく取られないように、必ず確定申告をするようにしましょう。 ただし、 副業で得た収入が年間20万円以下の場合は課税の対象外なので 確定申告は不要です。 20万円以上の収入がある場合は、確定申告をするのですが、普通に確定申告をするだけでは会社にバレてしまうのです! 確定申告は住民税からバレるぞ! 確定申告をすると 副業で増えた収入分、住民税が上がってしまうのです。 正社員や公務員は住民税を会社が手続きをして支払っている状態なので、他の社員よりも住民税が高いとわかってしまい、副業がバレてしまうのです。 確定申告をする場合、 「住民税・事業税に関する事項」の住民税の徴収方法を 「特別徴収(給与から天引き)」ではなく 「普通徴収(自分で納付)」を選ぶようにしましょう。 給与から天引きのままだと会社に連絡がいってしまいますが、自分で納付する場合は 副業分だけ別で市町村に支払えば、給与の住民税は変動しないので、会社にバレないで済みます。 確定申告を行うと、5月末頃に支払い用紙が届くので、副業分の住民税を支払うようにしましょう。 (2)副業の選び方に注意する 例えば、会社と同じ街の飲食店でバイトをしてしまったら、いくら確定申告を別にしても顔でバレてしまう可能性があります。 お店で副業をする場合は、顔が見えないようにすることも大切です。 また、インターネットを使った教育ビジネスの副業などで、顔写真を使うことがありますが、そちらもできれば載せないようにしましょう。 なるべくならネット副業が一番です。 (3)副業していることは周りに隠すこと 副業していることはどこから漏れて伝わってしまうかわかりません。 とにかく内緒にしておくことが大切です。 「最近羽振りがいいな」「実は副業始めてるんだ」なんて会話をしてしまった場合、その人が内緒にしていても、その話を聞いていた誰かが密告する場合があるので注意が必要です。 (4)副業が本業の収入を上回らないようにする 副業をした場合、確定申告が必要なことを上記しましたが、 給与から天引きされる住民税は、本業から引かれます。 つまり、副業が本業である会社員の給料を超えてしまうと、会社の給料にかかる住民税が副業の方にかかってしまうので、会社の明細では「住民税0」となってしまうので、バレてしまいます。 副業はあくまで副業ということで、上回らないように注意しましょう。 まとめ 今回は、 バレない副業の注意点をご紹介しました。 正社員の場合、副業を禁止されているので、バレないように副業することが大切です。 最近ではネットビジネスが盛んなので、顔が見えないことや短時間で稼げることなどが挙げられるので、副業をする場合にはおすすめです。 その場合、 ・20万円を越えない、超えたら確定申告 ・確定申告は住民税を「自分で納付」するを選ぶ ・顔出しやバレるようなところで副業しない ・本業の収入を上回らないようにする この4つを守って、安全に副業しましょう!.

次の