アンネ の 日記 読書 感想 文。 アンネの日記で読書感想文を書きたいのですが、、、

大至急です!!!!アンネの日記で読書感想文を書いています!!...

アンネ の 日記 読書 感想 文

中学生・高校生にぜひ読んで欲しい• 平和・第二次世界大戦・ホロコースト• 読書感想文にもおすすめ あらすじ 世界的ベストセラーとして知られる『アンネの日記』。 ドイツ軍のユダヤ迫害を逃れるために屋根裏での隠れ家生活を綴った少女の日記は、歴史的遺産ともいえる世界的ベストセラー。 アンネの隠れ家に、フランク一家と同居していたペルス一家の長男ペーターが日記を書き残していたら…という視点で描かれたのがこの作品。 『アンネの日記』はぜひ読むように、と言われるが実は読んだことがないという人もたくさんいるんじゃないかな。 女子トークのような語りの日記は男子には読みづらいかもしれないね。 そんな人に特にお勧めしたい。 夢見がちな女の子全開のアンネの日記はちょっと読みづらい…と感じる男子には、ぜひこちらがおすすめ。 この日記をみんなに読んでほしいと最後まで希望を持ち続けたアンネに対して、ペーターが恐れていることは、自分が女の子を抱くことなく死ぬかもしれないというリアルさ。 第1部では、アンネの日記ならぬ、隠れ家での日々を語る、『ペーターの日記』。 アンネの日記と読み比べてみるのもおもしろいです。 第2部では、アンネの日記で描かれることのなかった「あの日」以降のことが描かれています。 当時の記録や資料を元に、ペーターに起こったであろうことを想像を交えながら描かれているフィクションですが、当時収容所にいたユダヤ人の一般像であるといえるようです。 残されている記録によると、実際のペーターもアウシュビッツ収容所に送られ郵便室で働き、その後マウトハウゼン強制収容所に向かう「死の行進」をさせられています。 アンネの日記がノンフィクションであるのに対して、こちらはフィクションですが、アンネの日記や史実をもとに描かれているためか、より現実的に身に迫る感じがあります。 あとがきも合わせてどうぞ。 「はじめに」で著者はこう語っています。 「想像しなおす」ことは、歴史を風化させないための、重要なひとつの方法といえるでしょう。 平和の鍵は、抑制力でも創造力でもない、想像力です。 そんな私はただの理想家なのかもしれないけど…。 ブックデータ.

次の

大至急です!!!!アンネの日記で読書感想文を書いています!!...

アンネ の 日記 読書 感想 文

中学生・高校生にぜひ読んで欲しい• 平和・第二次世界大戦・ホロコースト• 読書感想文にもおすすめ あらすじ 世界的ベストセラーとして知られる『アンネの日記』。 ドイツ軍のユダヤ迫害を逃れるために屋根裏での隠れ家生活を綴った少女の日記は、歴史的遺産ともいえる世界的ベストセラー。 アンネの隠れ家に、フランク一家と同居していたペルス一家の長男ペーターが日記を書き残していたら…という視点で描かれたのがこの作品。 『アンネの日記』はぜひ読むように、と言われるが実は読んだことがないという人もたくさんいるんじゃないかな。 女子トークのような語りの日記は男子には読みづらいかもしれないね。 そんな人に特にお勧めしたい。 夢見がちな女の子全開のアンネの日記はちょっと読みづらい…と感じる男子には、ぜひこちらがおすすめ。 この日記をみんなに読んでほしいと最後まで希望を持ち続けたアンネに対して、ペーターが恐れていることは、自分が女の子を抱くことなく死ぬかもしれないというリアルさ。 第1部では、アンネの日記ならぬ、隠れ家での日々を語る、『ペーターの日記』。 アンネの日記と読み比べてみるのもおもしろいです。 第2部では、アンネの日記で描かれることのなかった「あの日」以降のことが描かれています。 当時の記録や資料を元に、ペーターに起こったであろうことを想像を交えながら描かれているフィクションですが、当時収容所にいたユダヤ人の一般像であるといえるようです。 残されている記録によると、実際のペーターもアウシュビッツ収容所に送られ郵便室で働き、その後マウトハウゼン強制収容所に向かう「死の行進」をさせられています。 アンネの日記がノンフィクションであるのに対して、こちらはフィクションですが、アンネの日記や史実をもとに描かれているためか、より現実的に身に迫る感じがあります。 あとがきも合わせてどうぞ。 「はじめに」で著者はこう語っています。 「想像しなおす」ことは、歴史を風化させないための、重要なひとつの方法といえるでしょう。 平和の鍵は、抑制力でも創造力でもない、想像力です。 そんな私はただの理想家なのかもしれないけど…。 ブックデータ.

次の

自由に使える読書感想文〜アンネ・フランク『アンネの日記』を読んで〜

アンネ の 日記 読書 感想 文

製作 1959年 米 監督 ジョージ・スブンス 原作 出演 ミリー・パーキンス あらすじ による人迫害の中、狭い屋根裏部屋で自らの思いを書き綴ったアンネの生涯を描く。 大人への疑問、そして同居人ペーターとの間に芽生えた淡い初恋など、アンネの心の軌跡をゆたかな感性と素直な演技でたどってゆく。 (アマゾン商品紹介より) 屋根裏で隠れて暮らす2家族7人と一人の中年歯科医。 あと、ファン・ペルス家の息子ペーターがかわいがる猫一匹。 アンネはフランク一家の二女。 狭い部屋に2、3人での相部屋状態。 アンネはなぜか中年歯科医との相部屋。 外に出ることはもちろん、窓から顔を出すことも許されず、 明かりもつけられず、音も一切立てられない。 咳もできず、大声での会話もできない。 父親の知人の支援者クラーレルとミープらが、定期的に食事など生活用品を用意してくれるのを頼りに息をひそめ待ち望む日々。 アンネたちが見つかれば支援者たちにも危険が及ぶ。 それでもクラーレルとミープは最後まで献身的にアンネたちを支えつづける。 極限の緊張状態。 精神的限界。 理性を失い、皆が言いたいこと思ったことをそのまま口に出す。 人間関係は常にギスギス。 約2年間。 そんな暮らしの中で、アンネは成長していく。 追い詰められていくほどに、 生への渇望エネルギーは増幅していく。 「私には夢があるの。 書くことが好きだからジャーナリストになりたい」 「人間の歴史をさかのぼれば、迫害弾圧されているのは私たちだけじゃない」 「人間は基本的には善だと思う」 「私の望みは死んでからも生き続ける事」 密告される直前にたどり着く 珠玉の言葉の数々。 そしてペーターとの最後のキス。 ・・・・。 なぜこんなことが起こったのか・・・ ただただ悔しい。 take-yutaka.

次の