ユーディット 本好き。 【読書】本好きの下剋上 貴族院外伝一年生 [ 香月美夜 ]

【読書】本好きの下剋上 貴族院外伝一年生 [ 香月美夜 ]

ユーディット 本好き

第4部第8巻、通算20巻。 いよいよ第4部も残りあと1巻。 今回はメルヒオールのお披露目ということで、プロローグはメルヒオール視点。 の妹ベルティルデや、ユーディットの弟テオドールも初登場で、微笑ましく始まります。 4部クライマックス前で、ローゼマイン待望のお魚料理から始まる騒動とか、平和な日常が続きます。 ライゼガング最長老との駆け引きとかもありますが、これはまだ小手調べ。 フェルディナンドが領主会議に呼び出されたあたりからどんどん不穏になっていきます。 わたくし、神官長を脅迫しておきます。 「選択」の章は全編を通しても屈指の名場面。 ローゼマインの言葉がフェルディナンドを決定的に変化させた隠し部屋での話し合いです。 第4部の感情的なクライマックスはここなんだけど、でもまだサスペンスというか、話の流れ的なハラハラドキドキのクライマックスが次巻に残ってるからね。 エピローグはディートリンデ視点でゲオルギーネとグラオザムの陰謀の一端が垣間見えます。 ローゼマインからは見えない部分ですね。 ディートリンデって、明らかにゲオルギーネに利用されて振り回されてるだけの存在だけどその自覚もなく、本当の意味での見方は誰もいないし、うっかり書き込んでくと結構可哀想なキャラで同情を集めたりしかねないんだけれど、筆を抑えてますね。 まあ性格最悪だし、一番目立つ憎まれ役なので、あまり掘り下げてもね。 巻末のSS1本目は、フェルディナンドを救えと、完全に逆方向に向かって走り出すハイスヒッツェ視点のダンケルフェルガーの話。 王子の母であるマグダレーナとフェルディナンドとの学生時代のエピソードなんかもチラリと出てきます。 2本目は視点。 フェルディナンドに名捧げした、ユストクス、ラザファムとフェルディナンドとの重要な話し合いについて。 の心酔っぷりが遺憾無く発揮される主従エピソードです。 ローゼマインに対する時、ジルヴェスターに対する時とはまた違った、フェルディナンドも見れます。 特典SSはトゥーリ視点でベンノとカーリンの話。 トゥーリの初恋の話でもあります。 読者アンケでも要望が高かったエピソードだったと思う。 ベンノって重要なキャラなんだけど、個人的な背景についてはどれも間接的に一部が語られるだけど、直接的にはほとんど語られないんだよね。 あと、特別限定版にはアニメ第1話のDVDがついてきます。 OP、EDなしの本編だけですが。 いきなり神官長がマインの記憶を探るあのシーンから始まって、「え、ここから」とビックリします。 そのあとはプロローグに繋がって、これはPVでも流れてましたね。 そこからはまあ駆け足ながら原作通りで、市場で見かけた本に触らせてもらえず、こうなったら自分で本を作るんだと決意するところまで。 ちょこちょこ三頭身マインが出てきて可愛い。 現代人にはかなり刺激の強いカルチャーギャップの洗礼は結構マイルドになってましたね。 原作読んだときは、バーチャル中世験、みたいな感じがあったんだけど、もうなんども読んでるからかな、アニメで見てもそれほどではありませんでした。 キャラはどうしても小綺麗になるのはアニメとして仕方ないけど、でも部屋の中の薄暗さとか埃っぽさなんかは描写されてました。 しかし、キャラデザは基本ベースだけど、それでなくてもバージョン、波野バージョンがあって、さらにアニメ版まで出てきて公式のバリエーション多すぎないか。

次の

【9/10発売】本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜ドラマCD5

ユーディット 本好き

設定資料ページの解像度が低く、発売日に購入した時点ではギルベルタ商会と神官長の隠し部屋コンテ内の説明文字など一部が読めませんでしたが、更新があったのかiPadで読めるようになっていました。 kindle for PCでは画像の拡大ができず、読めません。 作者さんには何の落ち度もない理由で辛い点をつけるのは心苦しかったので、とてもうれしいです。 コンテンツが盛りだくさんでお買い得だと思います。 それでも画像はかなり荒い(書籍の口絵よりも荒い口絵ギャラリーの存在価値とは…?)のでビジュアル部分が目的の人は紙で買ったほうがいいんじゃないかと思います。 紙の本の品質は確認していませんけれども。 「ふぁんぶっく」とかイラスト集とか滅多に買いませんがこの「本好き~」だけ例外的に「1」からすべて買っています。 デジタル化のおかげで場所をとらなくなったのも大きな理由の一つですが例外対応の最大の理由はこの作品のファンになった直接的な原動力がこの作品のイラストを担当する方の絵の魅力が大きいからです。 「本好き~」の第一巻のレビューをのぞけばわかることですが本作が好きになれなかった方の辛口コメントがいっぱいあります。 その内容にわたしも結構同意する感想を持っていたため簡単にファンにはならなかったのですが気になる作品であり続けたのはひとえにこのイラストパワーによるところがあります。 今は小説としてもお気に入りになっていますので本編の書籍化版も嬉々として待ちわびていまる状態です。 今回の「ふぁんぶっく」ではアウレーリアの顔がちゃんと考えられていたんだとわかったこと作中の印象ではどんだけきつい顔してんだろと脳内イメージがいまいち出来上がりませんでしたがランプレヒトが惚れたんですからかわいくなきゃへんですよねェ~確かに。 本好きの空気感がしっかりと味わえてもう既に何度か読み返してしまいました。 Kindleでは解像度が~というレビューが見えましたが、 私はKindleでしっかりと細かい部分まで見れたので、その人の環境か目の問題では……? 確かに言われてみれば一番小さい部分は結構見にくいですけれど。 PCで見ればいいんじゃないかな。 まぁ私はうっかりTOブックスで紙も買ったので、気になる人は両方買って売り上げに貢献しちゃいましょ。 本編も五部にこれから入ってますます楽しみですが、 これを読むと今までのお話もまた読み返したくなってしまいますね……! 資料だけでもわくドキさせてくれる本好きの下剋上、大好きです! 本好きの下剋上の設定資料集や短編、著者によるQ&A集である「ふぁんぶっく」も4冊目になりました。 年に1冊のペースですが、毎年出版できるくらいに各種設定があったり、Q&Aがあるのが凄いですね。 読むと本好きの下剋上の楽しみ方が更に深まる気がします。 なお本編は、これから最終章に入ります。 本編も3ヶ月に1冊のペースで出続けているのが凄いです。 作者はアニメも関わっているという話なので、くれぐれも体調管理に気をつけて欲しいです。 あと、シリーズ全般、Kindle版で購入していますが、iPadで見ても細かい文字が見にくい印象はありますね。 細かい文字をどのように綺麗に見せるかについては、出版業界の方に頑張ってもらいたいです。 本をテーマにした小説であるので、特にそう思います。

次の

本好きの下剋上 ふぁんぶっく4

ユーディット 本好き

設定資料ページの解像度が低く、発売日に購入した時点ではギルベルタ商会と神官長の隠し部屋コンテ内の説明文字など一部が読めませんでしたが、更新があったのかiPadで読めるようになっていました。 kindle for PCでは画像の拡大ができず、読めません。 作者さんには何の落ち度もない理由で辛い点をつけるのは心苦しかったので、とてもうれしいです。 コンテンツが盛りだくさんでお買い得だと思います。 それでも画像はかなり荒い(書籍の口絵よりも荒い口絵ギャラリーの存在価値とは…?)のでビジュアル部分が目的の人は紙で買ったほうがいいんじゃないかと思います。 紙の本の品質は確認していませんけれども。 「ふぁんぶっく」とかイラスト集とか滅多に買いませんがこの「本好き~」だけ例外的に「1」からすべて買っています。 デジタル化のおかげで場所をとらなくなったのも大きな理由の一つですが例外対応の最大の理由はこの作品のファンになった直接的な原動力がこの作品のイラストを担当する方の絵の魅力が大きいからです。 「本好き~」の第一巻のレビューをのぞけばわかることですが本作が好きになれなかった方の辛口コメントがいっぱいあります。 その内容にわたしも結構同意する感想を持っていたため簡単にファンにはならなかったのですが気になる作品であり続けたのはひとえにこのイラストパワーによるところがあります。 今は小説としてもお気に入りになっていますので本編の書籍化版も嬉々として待ちわびていまる状態です。 今回の「ふぁんぶっく」ではアウレーリアの顔がちゃんと考えられていたんだとわかったこと作中の印象ではどんだけきつい顔してんだろと脳内イメージがいまいち出来上がりませんでしたがランプレヒトが惚れたんですからかわいくなきゃへんですよねェ~確かに。 本好きの空気感がしっかりと味わえてもう既に何度か読み返してしまいました。 Kindleでは解像度が~というレビューが見えましたが、 私はKindleでしっかりと細かい部分まで見れたので、その人の環境か目の問題では……? 確かに言われてみれば一番小さい部分は結構見にくいですけれど。 PCで見ればいいんじゃないかな。 まぁ私はうっかりTOブックスで紙も買ったので、気になる人は両方買って売り上げに貢献しちゃいましょ。 本編も五部にこれから入ってますます楽しみですが、 これを読むと今までのお話もまた読み返したくなってしまいますね……! 資料だけでもわくドキさせてくれる本好きの下剋上、大好きです! 本好きの下剋上の設定資料集や短編、著者によるQ&A集である「ふぁんぶっく」も4冊目になりました。 年に1冊のペースですが、毎年出版できるくらいに各種設定があったり、Q&Aがあるのが凄いですね。 読むと本好きの下剋上の楽しみ方が更に深まる気がします。 なお本編は、これから最終章に入ります。 本編も3ヶ月に1冊のペースで出続けているのが凄いです。 作者はアニメも関わっているという話なので、くれぐれも体調管理に気をつけて欲しいです。 あと、シリーズ全般、Kindle版で購入していますが、iPadで見ても細かい文字が見にくい印象はありますね。 細かい文字をどのように綺麗に見せるかについては、出版業界の方に頑張ってもらいたいです。 本をテーマにした小説であるので、特にそう思います。

次の