デイヴアスプリー。 【1枚でわからない!?】『シリコンバレー式超ライフハック』デイヴ・アスプリー

デイヴ・アスプリー

デイヴアスプリー

ちなみに私の住んでいるロサンゼルスのスーパーで以前売っているのは見かけたことがありますが、流行ってはいません。 この本の著者であるデイヴ・アスプリー氏が自分で体験してみて、調子が良くなったと感じた食事を紹介しているだけなんです。 「15年間、30万ドル投じた」と書かれていますが、たくさんおカネを使ったことと正しい食事内容であるかどうかは別の問題です。 この本に書かれた食事を取り入れれば、なんとなく頭がすっきりする効果はあるかもしれませんが、残念ながら健康に良いとは言えません。 この本では、グラスフェッドのバターを入れたコーヒーを飲むことが推奨されていますが、バターは体に悪い油であることが数多くの研究からわかっています。 ちなみにグラスフェッドバターが普通のバターより健康に良いというエビデンスもありません。 グラスフェッドバターには酪酸が多く含まれているという研究もあり、ネズミの実験では酪酸が健康に良い可能性が示唆されていますが、健康に悪い飽和脂肪酸も多く含まれていることを忘れてはいけません。 人間において、グラスフェッドバターと普通のバターの健康への影響が違うというエビデンスがでるまでは、同じものであると考えたほうが良いと考えます。 ちなみにバターは悪玉(LDL)コレステロールの値を上昇させることがによって明らかになっています。 さらに、バターを1日大さじ1杯(14g)摂取するごとに死亡率がわずかながら上昇するというの結果もあります。 数年前に、バターは思ったよりも健康に悪くないのではないかという議論が起こりましたが、ハーバードの専門家たちはバターが健康に悪いというエビデンスは覆っていないと。 2014年に英国のは、アスプリー氏のバターコーヒーを検証し、「科学的ではない」と一刀両断しました。 この記事の中で、リバプール熱帯医学校のポール・ガーナー教授は、アスプリー氏は、研究結果をえり好みして自分の本で紹介しており、それらは30年以上前の古い論文や、1~2人の少人数を対象とした小さな研究ばかりであり、それらから導き出された結論は信頼に値しないと評しています。 バターコーヒーに関するきちんとした研究はまだ行われていませんが、欧米のメディアもバターコーヒーは健康に悪いと考えられると警鐘を鳴らしています(、)。

次の

ダイエットに効果的!ココナッツオイルコーヒーの作り方と飲み方

デイヴアスプリー

(こちらは新品の内容詳細となります。 参考として下さいませ。 ) NYからシアトルまで、全米の食生活を変えたベストセラー! これで、毎日0. 5キロ痩せて、パフォーマンスが最大化する! シリコンバレーで成功したITの寵児が、 15年間、30万ドルを投じて世界中の食とダイエットを研究しつくし、 脳科学から栄養学、生化学まであらゆる研究を総合、 自らの体まで「ハック」し尽くして答えを出した「食と体の真実」とは? 低炭水化物、低カロリー、菜食主義…… あらゆる食事法の「痩せる効果」「健康効果」「頭をよくする効果」をすべて検証、 自らもIQを20ポイント上げ、50キロ痩せた「完全無欠」の食事メソッド! 【内容より】 ・朝、「ヨーグルト」を食べると太る ・IQは「食べ物」で変わる ・空腹になる食べ方、ならない食べ方 ・「腹が空っぽ」のときがいちばん筋肉がつく ・炭水化物は「夜」に食べたほうがいい ・脂肪を食べると痩せる ・「カロリー制限」では痩せられない ・低炭水化物ダイエットは「カビ」を減らすから効く ・「空腹ホルモン」をハックする ・あなたの体を「解毒マシン」にする ・脳は「脂肪」でできている ・炭水化物をカットすると、うまく眠れなくなる ・「冷や飯」が腸内の善玉菌を育てる ・果物が「集中力とエネルギー」を奪う ・パンを「一切れ」食べると、時間差で悪影響が出る ・同じものでも「食べる時間」で毒になる ・パフォーマンスを最大化する「ベストの朝食」とは? ・カフェインが脳を守る ・「腸内細菌」を飢えさせると、脂肪が燃える ・体内の「痩せ型」細菌にえさをやる ・栄養は調理しだいで変幻自在 ……など 著者について デイヴ・アスプリー Dave Asprey 1970年生まれ。 IT起業家、マーケター、投資家、そして自分の心身を劇的に改造したバイオハッカー。 ウォートン・スクールでMBAを取得し、eコマース 電子商取引 を史上初めて行うなどシリコンバレーで成功するも肥満と体調不良に。 その集大成が本書である。 現在はブレットプルーフ・エグゼクティブCEOを務める。 自らもIQを20ポイント上げ、50キロ痩せたその画期的なアプローチは、LAタイムズ、フォーブス、CNN、ABCニュース、ヴォーグ等、数多くのメディアで話題に。 いまやハリウッドスターからトップアスリートまで数々のセレブリティが実践するなど、全米で大ブームになっている。 医師のラナ夫人も著書を持つ健康のスペシャリスト。 栗原百代 くりはら・ももよ 1962年東京生まれ。 翻訳家。 早稲田大学第一文学部哲学科卒業。 東京学芸大学教育学修士課程修了。 訳書に『相性のよしあしはフェロモンが決める』 草思社 、『レイチェル・ゾー・LA・スタイル・A to Z』 メディアパル 、『資本主義が嫌いな人のための経済学』 NTT出版 、『しまった! 』 講談社 など。

次の

【中古:状態AB】 シリコンバレー式自分を変える最強の食事 : デイヴ・アスプリー

デイヴアスプリー

、MBA 著名な実績 () 運動・動向 取締役会 シリコンバレー健康研究所 配偶者 ラナ・アスプリー 公式サイト デイヴ・アスプリー(Dave Asprey)は、アメリカ合衆国の起業家、実業家、著述家。 「バレットプルーフ・エグゼクティブ」の創立者 で、シリコンバレー健康研究所の理事長 である。 アスプリーは「バイオハッカー」 で、バターコーヒーを考案してバレットプルーフ・コーヒー(Bulletproof Coffee、日本語では「完全無欠コーヒー」、「防弾コーヒー」などと呼ばれる)と名付け 、『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事(The Bulletproof Diet)』を著した。 アスプリーはインターネットを黎明期から商業利用していたことでも知られており、1994年にはalt. drugs. caffeinenewsgroupでカフェイン分子が描かれたTシャツを販売していた。 以前には、トレンドマイクロ、ブルーコートシステムズ、シトリックス・システムズなどのテクノロジー企業で役員やディレクターを歴任した。 経歴 [ ] カリフォルニア大学サンタバーバラ校を卒業後、アスプリーはIT業界に進み、ブラッドショー やスリーコム などで働いた。 また、カリフォルニア大学サンタクルーズ校のインターネット・ウェブエンジニアリング・プログラムも運営したが、これはクラウドコンピューティングの最初期の実装例であると言われている。 その後、エクソダスコミュニケーションズに入社し、戦略企画ディレクター として会社の専門サービスグループを共同設置した。 アスプリーはシリコンバレーのスタートアップ企業ネットスケーラーでプロダクトマネジメント・ディレクターを務めたが、同社はその後シトリックスに買収された。 シトリックスでの勤務を経て、アスプリーはゼウステクノロジーのマーケティング部門副部長に就任 した後、ブルーコートシステムズの技術・コーポレート・ディベロップメント部門副部長を務めた。 その後、トリニティヴェンチャーズの客員起業家(アントレプレナー・イン・レジデンス)になった後、ベーシスという会社を共同設立した。 アスプリーは自分の会社に専念する以前は、トレンドマイクロのクラウドセキュリティ部門副部長も務めていた。 2015年、アスプリーは健康・フィットネス分野において世界で最も影響力のある100人のうち、第11位に選ばれた。 バレットプルーフ・ニュートリション [ ] アスプリーはバレットプルーフ・コーヒーを考案し、バレットプルーフ・ブランドを始めた。 まだトレンドマイクロに勤務していた頃、このコーヒーのレシピと、そこから自分が得た健康上の利益についての詳細情報を、自分のサイトに公開した。 アスプリーはカビを含まないコーヒー豆、オイル、サプリメントを開発し、2011年に自分のサイトで販売を開始した。 翌年、アスプリーはサウス・バイ・サウスウエストで開催された「ハック・ユア・ブレイン(Hack Your Brain)」というイベントのパネリストとして登壇した。 2013年には、トレンドマイクロを辞職し、バレットプルーフ・オペレーションズを開始した。 アスプリーはポッドキャスト番組「Bulletproof Radio」を運営しており、2014年だけで1,050万回ダウンロードされた。 バレットプルーフ・ニュートリションの目的は、人間のパフォーマンスを向上させることである。 人が自身の健康状態を理解しハックすることを後押しするという点でクオンティファイド・セルフ(Quantified Self)運動を支持している。 2014年、アスプリーは『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事(The Bulletproof Diet)』をローデール社から上梓した。 同書は、食事、サプリメント、テクノロジーを利用していかに人間の肉体を「ハック」し、「パフォーマンスの高い生活」を送れるようになるか考察した本である。 2015年7月25日、バレットプルーフ社はサンタモニカにバレットプルーフ・カフェを開店した。 2015年7月には、アスプリーはバレットプルーフ・ニュートリションとコーヒー店を拡張するため、トリニティヴェンチャーズから900万ドル調達した。 バレットプルーフ・ダイエット [ ] アスプリーの著書『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事(The Bulletproof Diet: Lose up to a Pound a Day, Reclaim Energy and Focus, Upgrade Your Life)』は、食事、サプリメント、テクノロジーを利用していかに人間の身体を「ハック」し、「パフォーマンスの高い生活」を送れるようになるか考察した本である。 同書の勧める食事計画では、脂肪と野菜を大量に食べ、タンパク質はほどほどにし、毒性物質とでんぷん摂取を低量に抑えて、カロリーの50-70%を健康的な脂肪から摂取し、20%をタンパク質から、20%を野菜から、そして5%を野菜もしくはでんぷんから摂ることが望ましいとされる。 マザー・ネイチャー・ネットワークのマイケル・デストリースによれば、バレットプルーフ・ダイエットは「有名人が実践しており、支持者も続々と増え、さらに書籍まで出た」ことで、「2015年最初のダイエット・ブームになった」。 ヴォックスのジュリア・ベルズは『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』を「悪質な流行ダイエットの戯画」だと批判しており、多くの主張がエビデンス抜きでなされているか、都合のいい研究成果だけをつまみ食いして、読者にバレットプルーフの商品を購入するよう誘導していると述べている。 特にベルズが問題視しているのは、食事を変えることで炎症を抑えることができ、体重減に繋がるというアスプリーの主張である。 ベルズによれば、特定の食事がもたらす健康上の利益に関して正反対の結果を示す研究をアスプリーは無視しており、また動物に関する研究や、非常に小さな人間のグループ、また特定の疾患を抱えた人についてなされた研究を、不適切な仕方で全ての人に一般化しているという。 著書 [ ]• The Better Baby Book 2013 co-authored with his wife Lana Asprey• The Bulletproof Diet 2014 栗原百代訳『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』ダイヤモンド社、2015年 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• NextShark. 2015年6月14日閲覧。 TIME: Money. TIME Magazine. 2015年6月14日閲覧。 Keri Heath 2014-08-01. Austin Fit Magazine. Silicon Valley Health Institute. SF Gate. 2014年7月21日閲覧。 James D. Miller 2012. BenBella Books. New York Times. 2015年1月11日. 2015年2月17日閲覧。 Tim Nemec 1994-03-30. Stuart Wilson 1995. Dave Asprey of the West American T-Shirt Company tried marketing his T-Shirts on UseNet, another internet function. The problem he avoided that he could have come across is that UseNet has a serious anti-commercial bias. He states, 'A newsgroup called "Alt. drugs. caffeine" had a serious base of coffee drinkers, so I created a shirt for them. I posted a message on that newsgroup that an unofficial "Alt. drugs" caffeine shirt was available. I got lots of orders. Enough that I made more from UseNet posts in 2 months than I had made locally in 6. PandoDaily. 2015年6月14日閲覧。 Taylor, Dave October 13, 1997. Inside the Firewall: Intranets add fuel to the never-ending platform battle. InfoWorld. Shachtman, Noah September 28, 1998. InformationWeek CMP Media LLC. CIO. CXO Media Inc. 2015年6月14日閲覧。 Barthhold, Jim August 13, 2001. Exodus hangs onto customers - for now Most are sticking with Web host despite analysts' warnings. 241. Telephony. Staff writer s February 26, 2008. Much has been said about network optimisation recently. The expected onslaught.... Computer Weekly. FirstPost. February 12, 2009. 2015年6月14日閲覧。 Lawler, Ryan March 22, 2012. Gigaom. 2015年6月14日閲覧。 Crain's Wealth. Bloomberg News. April 22, 2015. 2015年6月14日閲覧。 Bloomberg Business. Bloomberg. 2015年6月14日閲覧。 Xerox Contributor 7 October 2013. Forbes. Asprey, Dave 2014. Rodale. D'Estries, Michael 19 December 2014. Mother Nature Network. 2015年2月17日閲覧。 Julia Belluz 2014-12-19. 2015年2月10日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の