ロール カーテン 付け方。 ロールスクリーンのベストな選び方は?色柄・ライフスタイル別にご紹介!|基礎知識・読み物| Re:HOME

自分でできる! ロールスクリーンの取り付け方

ロール カーテン 付け方

ロールスクリーンの取り付け方は難しい? ロールスクリーンの取り付け方と聞いて、皆さんはどのようなものを思い浮かべますでしょうか? 専門業者の工事が必要? ドリルを手にDIY? 機械と生地が一体となったロールスクリーンは一見扱いが難しそうで、自分での取り付け方は慣れた人でないとわからないと思い込みがちではないでしょうか。 けれども実は、ロールスクリーンの取り付け方は非常に簡単なのです。 必要なのはドライバー一本。 DIY素人でも、初めての方でも、取り付け方をしっかりと見れば誰でも自分で設置することができます。 ここでは、自分で行うロールスクリーンの取り付け方を簡単にご説明いたします。 これで完璧!自分でロールスクリーンを取り付けてみよう 自分でロールスクリーンを取り付けようとするとき、 重要なのは 「天井付け」と「正面付け」という2つの取り付け方のどちらで取り付けるかを、しっかりと確認しておくことです。 「天井付け」とは ロールスクリーンを窓枠の中に設置する取り付け方で、窓の外に生地が出ないため見た目をスッキリとさせることができます。 一方の 「正面付け」は 窓枠の上から、窓枠を覆うように設置する取り付け方で、窓全体をしっかりと生地で覆うことができるため光の漏れなどを防ぐことができます。 この2つの取り付け方のどちらにするかは、取り付ける場所や機能に応じてロールスクリーンを注文する際に決め、それに合わせたサイズを注文しましょう。 それでは、「天井付け」の取り付け方をご紹介します。 1)ブラケットを取り付けます ロールスクリーンの機械に接続するための金具・ブラケットを窓枠に取り付けます。 天井付けの場合は窓枠の内側上部に、窓枠の端から4~6センチ内側にドライバーで取り付けを行ないます。 ブラケットを3個以上取り付ける場合は、きちんと一直線になるように場所を注意してください。 2)ロールスクリーンの本体を取り付ける ブラケットをきちんと取り付けたら、本体の裏側にあるフレームの耳の部分をブラケットのツメに引っ掛けて押し込みます。 天井付けの場合は手前から引っ掛けると取り付けやすくなります。 カチッと音がしたら成功です! しっかりハマった場合はブラケットの透明の部分が戻っています。 へこんだままの場合はカチッと音がするまできちんと固定してください。 これで「天井付け」ロールスクリーンの取り付け方は終了です。 次に「正面付け」の取り付け方をご説明します。 1)ブラケットを取り付けます 正面付けではブラケットを壁と並行に窓枠に取り付けます。 このとき、窓枠が2センチ以上ないと取り付けができませんので注意が必要です。 天井付けの場合と同じように、窓枠の端から4~6センチ内側に、一直線になるようにドライバーで取り付けます。 2)ロールスクリーンの本体を取り付ける ブラケットの取り付けが終わったら本体を取り付けます。 正面付けの場合はフレームの下のツメに引っ掛けて奥に押し込むと取り付けやすくなります。 カチッと音がするまで押し込んで、きちんと固定されたことが確認できれば成功です。 これで、「正面付け」ロールスクリーンの取り付け方は終了です。 賃貸でも安心、カーテンレールへの取り付け方 さて、ここまでロールスクリーンの取り付け方をご紹介しましたが、中には「うちは賃貸だから窓枠に穴が開けられなくて……」という方もいらっしゃるかもしれません。 では、賃貸の家にはロールスクリーンは取り付けられないのかといえば、そうではありません。 賃貸の家ならほぼ備え付けてあるカーテンレールを利用した、ロールスクリーンの取り付け方をご紹介します。 カーテンレールへの取り付け方において、 事前に注意しなければいけないことが2点あります。 1つ目は機能性カーテンレールにしか取り付けることができない点です。 多くの賃貸住宅に備えてあるのは機能性カーテンレールだと思われますが、ロールスクリーンを購入する前に確認しておくことをおすすめします。 2つ目は天井付けの取り付け方でしか取り付けができない点です。 そのため、ロールスクリーンを購入する際には、その場所や取り付け方に合わせたものを選ぶ必要があります。 カーテンレールを使ったロールスクリーンの取り付け方は次のとおりです。 1)まず、カーテンレールの端についているキャップストップを取り外します。 その後、カーテンレールについているランナーを全て外します。 2)ブラケットをカーテンレール専用のレールビスという取付金具を使って、カーテンレールの端に取り付けます。 3)しっかり固定されたことを確認して、天井付けと同じように手前からフレームを引っ掛けて押し込みます。 カチッと音がしたら成功です。 この取り付け方を使えば、ドライバー一本で賃貸住宅の窓にもロールスクリーンを取り付けることが可能になります。 このように、ロールスクリーンの取り付け方は見た目以上に簡単で、誰でも設置することができます。 この取り付け方を参考に、自分でロールスクリーンを取り付けてみてはいかがでしょうか。 自分らしいインテリアをつくるのに、きっと役に立つはずです!.

次の

意外と知られていない【カーテンの処分方法】一般的な処分方法からリサイクル方法までご紹介

ロール カーテン 付け方

ロールスクリーンは、凹凸がなく窓まわりがすっきりとするアイテム。 空間を広く見せるため、狭い部屋は広々と。 巻き上げたときも大変コンパクトです。 「カーテンからロールスクリーンへ」 「カーテンレールがついている賃貸住宅に引っ越し」 こんなときは、既存のカーテンレールにロールスクリーンが取り付けられます。 ただし、どのロールスクリーンもカーテンレールに取り付けられるわけではなく、専用の取付金具が必要!レールの種類などにもちょっとした条件があります。 ここでは、 「 どんなものがカーテンレールに取り付けられるの?」 「 おすすめはどれ?」 と気になるあなたへ、購入方法と取付方法をご紹介。 インテリア用品の通販店「 Re:HOME(リホーム)」のおすすめ商品も一緒にお届けします^^ 目次• レールに取り付け!ロールスクリーンの購入方法 カーテンレール用ロールスクリーンを買うときは、以下の3つの条件があります。 レール用金具つきのものを選ぶ ロールスクリーンを吊り下げる部分は、カーテン用のランナーを使わず専用の金具を利用します。 各メーカーで微妙に呼び方が異なりますが、取り付け方はどれも似たようなもの。 製品のオプションとして選ぶことが多いです。 代表的なロールスクリーンメーカーを例にあげると・・・• もっとも広く使われている一般的な形状で、賃貸物件にも多い種類。 カーテンレールには、• 装飾性レール|ウッドレール(木製)・アイアンレール(鉄製)• テンションポール|突っ張り棒(カフェカーテンに多い)• 電動レール• ピクチャーレール• カーブレール などがありますが、これらには取付NGなので注意してくださいね。 取り付けタイプは「天井付け」 カーテンレールを利用する場合、ロールスクリーンの取付タイプは「 天井付け」に限られます。 天井付けのメリットは、窓の内側に窓まわりアイテムがすっぽりおさまるスッキリした見た目。 近くのエアコンや照明にぶつかる心配がなく、取り付け前にインテリアの配置を決めなくても問題ありません。 ただし、窓枠の端っこから少し光が漏れてしまいます。 購入の際、サイズは窓枠の内側寸法から 1cm引いた数字を入力しましょう。 採寸ミスによる光漏れや見栄えの悪さを防ぐためにも、きちんと測ることが大切です。 天井付けとは反対に、窓の外側・壁に取り付ける「正面付け」があります。 正面付けのメリットは、窓全体を覆うので光が漏れにくいこと。 部屋を真っ暗にしたい人向けの取り付けタイプです。 関連: ロールスクリーンを選ぶポイント 「カーテンレールが使えればあとはなんでもいい!」 なんてことはないですよね。 ロールスクリーンにはさまざまなデザインがあり、遮光などの機能も種類が充実しています。 以下のポイントをおさえて上手に選べば、大満足できるロールスクリーンがGETできますよ! 色 あなた好みの色でも良いですが、部屋の雰囲気や窓のサイズなどさまざまな視点で選ぶことも大切。 ロールスクリーンは凹凸がない分、壁紙・窓との相性がとても重要です。 おすすめの色は、ズバリ「白系」です!真っ白ではなく、「薄いベージュ」「ライトグレー」など。 壁紙の色に近づくため、まとまりが出て空間がスッキリと広く見えます。 ロールスクリーンを部屋のアクセントとして使いたい人は、ビビッドな色で目立たせても良いでしょう。 ただし、窓のサイズが大きいと、圧迫感を感じやすいのでなんだか落ち着かない雰囲気になるかも。 小窓・腰高窓(小さめ)くらいの大きさがベストです。 柄 無地だけじゃなく、柄物も多いロールスクリーン。 北欧デザインの大柄な植物柄なども素敵ですよね。 広い部屋に大きな窓なら、インパクトのある大柄でもOK。 一方、の窓に大柄をもってくると圧迫感が出て息苦しくなってしまいます。 機能 ロールスクリーンを 使う目的や、 操作する人をイメージし ながら機能を選びましょう。 たとえば、• 完全遮光タイプ• 採光タイプ• 防水タイプ• 防炎タイプ• ウォッシャブルタイプ などがあります。 昼間にぐっすり寝たい人は、100%光漏れを防いで部屋を真っ暗にできる完全遮光タイプ。 キッチンこんろや暖房器具の近くに取り付けるなら、万が一の避難時間が確保できる防炎タイプ。 など、あなた自身のライフスタイルに合わせて決めてくださいね。 関連: カーテンレールへの取付方法 カーテンレールビズを用いたロールスクリーンの取り付け方は、意外と簡単!窓枠にビス穴を開けたり、取付時にメジャーで寸法を測ったりする必要がありません。 ここでは、代表して立川機工ロールスクリーンの取付方法を紹介します。 カーテンレールのサイドキャップを外し、ランナーを全て取り除く• カーテンレールビズをブラケットの上部から差し込み、下部からビスで仮止めする• レールの端部からスライドさせて位置を決める(製品の端から4cm程度の位置)• ドライバーでしっかり固定する• サイドキャップを元に戻す• ロールスクリーンをはめ込む 1度理解すれば、覚えておけるほどの手順ですね^^ 窓枠や壁を傷つけないので、賃貸物件や新築の家にも安心して使えます。 そのうち、特におすすめなのがこちら。 人気の北欧デザインをベースに、生地の機能性や耐久性にもこだわった高品質な商品です。 採光ロールスクリーン 遮光とは反対に、太陽光を部屋の奥まで届けてくれる採光タイプ。 優れた断熱率(36. 2%)とUVカット率(98. 2%)により、夏でも暑さや紫外線が気になりにくく「明るさ」のみが室内に差し込みます。 デザインは、サンナ・レフティの描いたグレイッシュカラー全20種類。 当店だけのオリジナルカラーです。 フィンランドのグラフィック&テキスタイルデザイナー「SANNA LEHTI(サンナ・レフティ)」が、フィンランドの自然をモチーフに描きました。 遮光率99. 8%以上の遮光で、気になる太陽光・紫外線をカット。 日中でも部屋が暗くでき、大切な家具・フローリング・肌の日焼けも防げます。 屋外への光漏れもないため、プライバシー保護も期待大。 どの部屋の雰囲気にも合わせられるように、ナチュラルな11色・ビビットな10色・シックな6色を無地でご用意しました。 生地裏面にアクリル樹脂コーティング加工を施した「完全遮光タイプ」もあります。 楽天市場でロールスクリーン部門に常時トップ入賞するリーズナブルタイプは、 全100色を展開!耐久性抜群で色あせない高品質な生地が自慢です。 ほかにも、完全遮光・1〜2級遮光タイプ・ウォッシャブルタイプ・防炎・防音・シースルータイプなど種類が豊富なのも魅力的!どれも日本製で、メカの色など細部にも気を配られた製品です。 一般的なものと比べて、暮らしの中で幅広く利用できます。 賃貸物件の窓に あらかじめカーテンレールが付いていることの多い賃貸物件。 入居後、布製のカーテンがすぐに使えるので大変助かります。 でも、カーテンレールビズがあればロールスクリーンも取り付け可能!窓枠や壁にネジ穴を開けないので、退去時も安心です。 模様替え・部屋移動・引っ越しに 古くなったカーテンから新しいロールスクリーンへ模様替え。 ロールスクリーンは巻き上げた状態でも10cmほどの厚みしかありません。 縦長ですが、クローゼットに収納しても場所を取りにくいと思います。 また、新居への引っ越しや子供に1人ずつ個室を与えるときなども、お気に入りのロールスクリーンをもって移動できます。 ただし、窓のサイズはさまざまなので、ぴったり合うかどうかを事前にチェックしてくださいね。 窓一面をプロジェクタースクリーンに 家族や友だちみんなで映画・動画を楽しむ!ホワイトのロールスクリーンは、「プロジェクタースクリーン」代わりとして利用できます。 一般的なロールスクリーンでも良いですが、ホワイトで単調なデザインは普段の目隠しや遮光のために使うにはちょっと物足りない・・・。 そんな人におすすめなのがカーテンレールに取り付けるタイプです。 2連のカーテンレール(ドレープ用・レース用)のひとつをホワイトのロールスクリーンにして、もう片方は好きなアイテムを取り付け。 生地は光を通さない遮光1級・完全遮光がおすすめです。 プロジェクタースクリーンとして使わないときは、巻き上げるだけ!場所を取らないので、普段はあまり気になりませんよ。 まずはサンプルでお試しを! カーテンレールに取り付けられれば、模様替えや引っ越しにもお気に入りのロールスクリーンが使えますね! 条件をもう1度確認すると・・・• デザインや機能にもこだわれば、大満足できるおしゃれな窓辺が完成します。 通販で買うと、色味や質感が事前にチェックできないので不安かもしれませんね。 リホームでは、アイテムごとに「」をご用意しています。

次の

迷わずに済むカーテンレールの付け方

ロール カーテン 付け方

ロールスクリーンが選ばれる理由 窓まわりアイテムといえば、カーテンやブラインドが頭に浮かぶのではないでしょうか。 でも、ロールスクリーンもほかにはない魅力があるんです! シンプルな見た目で部屋がスッキリ ロールスクリーンが選ばれる1番の理由は、シンプルな見た目。 カーテンのようにウェーブがないので、部屋を広くスッキリ見せられます。 また、ロールスクリーンは巻き上げたときもとてもコンパクト。 生地の厚みにもよりますが、すべて上げた状態だと厚さが10cmほどしかありません。 カーテン・ブラインド・シェードなど、生地やスラット(羽根)のあるタイプは、開けた状態でも窓を遮る部分が大きくなってしまいます。 一方、ロールスクリーンは閉じたときも開けたときも邪魔になりにくいアイテム。 空間を広く使いたい、狭いリビングや小さな子供部屋にぴったりです。 【注意】閉じたまま光・視線の調節がむずかしい 一般的なロールスクリーンは、ブラインドのように光や視線の調節ができません。 生地が1層のシンプルなものだと、巻き上げたときは外から丸見え。 太陽の光も、室内へダイレクトに入ってきます。 とはいえ、日中部屋を明るくするにはやっぱりロールスクリーンを巻き上げておきたいですよね。 視線が気になる人には、ダブルロールや調光ロールスクリーンがおすすめ。 最近では「遮光タイプのロールスクリーン+フラットなレースカーテン」という新しい組み合わせも人気が高まっています。 カラー・機能も充実 ロールスクリーンは、カラバリ・機能も充実しています。 シースルー• ウォッシャブル 家庭の洗濯機で簡単に洗えるウォッシャブルタイプや、火がついても燃え広がらない防炎タイプ。 太陽光・紫外線をシャットアウトして、家具・フローリング・お肌の日焼けを防ぐ遮光タイプ。 インテリア用品通販サイト「Re:HOME(リホーム)」では、上記のようなさまざまなタイプをご用意しています。 そのポイントをお伝えしますね。 お部屋になじむ「白系」がおすすめ ロールスクリーンの色は、ただの白ではなく「薄いベージュ色」「ライトグレー」を選ぶとおしゃれな部屋が作れます。 ロールスクリーンは窓に取り付けるものなので、壁紙との相性がとても重要。 たとえば、壁紙が白色系の場合、ロールスクリーンも同一色の白系でまとめると空間がスッキリとして広く見えます。 最近は、壁紙も色とりどり!パッと見て白でも、うっすら暖色系・寒色系の色味が入っていたり、うっすら黄色系で和風の空間が作られていたり。 ボタニカル(植物)な雰囲気には、うっすら緑色系が使われるケースもあります。 もちろん、部屋のメリハリをつけるためにはっきりとしたビビット色を取り入れるのもありです。 でも、大きめの窓にそのアクセントをもってきてしまうと、なんだか落ち着かない空間になってしまうので注意してくださいね。 インパクト大な大柄のロールスクリーンに憧れているあなた。 お気に入りの北欧柄を、大きな窓にドーンと飾っておしゃれに見せたいですよね。 どうしてもこの大柄がいい!と譲れない場合は、背景・柄ともに落ち着いた淡い色を選ぶと良いですよ。 マリメッコはちょっと勇気ない。。 光をたくさん採り入れたい窓や空間の間仕切りにおすすめです。 このロールスクリーンは光を取り入れつつも熱や紫外線をカットしてくれます。 断熱率は36. 生地の色にもとことんこだわっていて、他ロールスクリーンにはない色味が北欧インテリアによく合います。 主な操作方法はチェーン式・プルコード式の2つ。 窓が床まで伸びている掃き出し窓にはチェーン式を!窓の下に壁がある腰窓にはプルコード式がおすすめです。 窓にはもちろん、ダイニングとキッチンの間や室内階段との間などに取り付けて空間を分けるのにもぴったり。 冷暖房効率を上げる断熱効果も期待できます。 来客時にロールスクリーンを下ろせば、見せたくないものをサッと隠せますよ。 生地が簡単に取り外せるので、力の弱い女性でも掃除がしやすいですよ。 洗い終えた生地にシワがあるときは、家庭用のアイロンで伸ばせば元どおりの綺麗な生地に仕上がります。 通常、取り付けにはネジを使いますが、タイル張りなどネジが打ち込めない窓には、テンションバーというメカを利用します。 ネジが打ち込めないようなお風呂にも設置できるので、安心してくださいね。 万が一火がついても燃え広がらないので、避難経路が確保できます。 カーテン生地のような綿素材のものはむしろ火災をエスカレートさせてしまいますが、これなら安心ですね。 そんな人には遮光タイプがおすすめです。 光をほぼ完全にシャットアウトできるものからうっすらと光が入れられるものまで、いろんな遮光レベルがありますよ。 各商品に1〜3までの等級が表示されているので、部屋・家庭の状況や生活スタイルに合わせて選んでくださいね。 日中も部屋を完全に真っ暗にしたい、女の一人暮らしで外から生活パターンを知られたくない。 そんな人には光を100%通さない完全遮光タイプがおすすめ。 生地の表面に専用の樹脂コーティングを施し、光を反射します。 また、プロジェクターのスクリーンにもなるので、オフィスでも活用が期待できます。 閉じたまま光を調節「ダブルロールスクリーン」 外の視線が気になるけど、日中は太陽の光で部屋を明るくしたい。 そんな人にはダブルロールスクリーンがおすすめです。 一般的なロールスクリーンが生地1層なのに対し、ダブルロールスクリーンは厚地+レース生地を組み合わせた生地2層タイプ。 2枚(ドレープカーテン+レースカーテン)のカーテンのように朝昼はレース生地のみにして、夜は室内が透けて見えないように厚手生地を使います。 今後、さらなる進化を遂げていく期待のロールスクリーンです。 関連: ナチュラル感MAX「綿生地タイプ」 部屋をナチュラルなコーディネートで仕上げたい人には、綿生地がおすすめです。 化学繊維では表現できない自然な質感が魅力。 綿の生地そのものがとても丈夫にできているので、使い込むほど味わい深くなります。 部屋に、かすれ感のあるプリント柄を取り入れるだけで、おしゃれな空間が演出できますよ。 生地サンプルで失敗しらず 色柄や使い方など、バリエーション豊富で選ぶのも楽しくなりそうなロールカーテン。 通販だと実際の透け感や触りごこちがわからないので、くらべるのってむずかしいですよね。 リホームでは、そんなあなたのために 生地サンプルを無料でご提供しています。

次の