モロヘイヤ 茹でる。 モロヘイヤってどこまで食べられる? 茎の下処理と茹で方のコツ

【みんなが作ってる】 モロヘイヤ 茹で方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

モロヘイヤ 茹でる

モロヘイヤは近年その高い栄養価から健康食として注目されている野菜のひとつだ。 ただし、モロヘイヤには毒性がある。 特にその種子は危険であるという事が昔から言われていた。 その後の研究で、種子だけではなく、茎部分にも毒性があることが確認されている。 モロヘイヤに含まれる毒はストロファンチジンというもので、人体に入るとめまい、動悸、吐き気、最悪の場合は心不全などを引き起こすこともある。 さらに詳しい研究によって、この毒は完熟したモロヘイヤの種子、茎中に高濃度で存在していることが分かっている。 店頭に並ぶモロヘイヤは葉の部分だけで当然毒性を持っていないが、家庭菜園などでモロヘイヤを自家製している場合は、誤って茎の部分を食べないように注意する必要があるだろう。 モロヘイヤは生で食べられる?• おひたし 下ゆでしたモロヘイヤをだし醤油につけて食べるモロヘイヤのおひたし。 モロヘイヤ特有のぬめりと醤油が絡み合い、それだけでもごはんのおかずになる美味しさだ。 とくに夏の暑いときには、冷蔵庫で冷やしたモロヘイヤのおひたしを食べると生き返る思いがするだろう。 てんぷら モロヘイヤはてんぷらにも適した食材だ。 てんぷらにする場合は下ゆでする必要もなく、軽くゆすいだモロヘイヤに衣をつけてカラリと揚げるだけだ。 納豆和え ネバネバ食材同士のコンビネーション。 納豆と軽く刻んだモロヘイヤを混ぜ合わせることで滋養強壮にも最高の一品に。 お酒のおつまみにも最高だ。 味噌汁 味噌汁に葉物として加えても美味しいモロヘイヤ。 夏バテ気味の時に特におすすめしたい。

次の

知らないと怖い?モロヘイヤの食べ方と茎にある毒性について

モロヘイヤ 茹でる

モロヘイヤの茎と家庭菜園での毒性について モロヘイヤはゆでて食べることが多い野菜。 下ごしらえする上で モロヘイヤはどこまで食べられるか?は知っておくと便利です。 【 モロヘイヤはどこまで食べられるか? 】 ・一般的なモロヘイヤの下処理は『葉っぱをちぎって使いましょう』という程度で、茎については記載のないものが多いです。 でも、 葉っぱだけではなく、茎も美味しいのでぜひ捨てずに食べてみてください。 ただ、家庭菜園で作られる場合のみ、喫食可能かどうかの判断が難しいため、茎を食べるのはやめてください。 まず、モロヘイヤはさっと洗います。 次に、茎についた葉っぱをちぎります(穂先の葉っぱは付け根からちぎります)。 この段階で、茎だけ、葉っぱだけ、の状態に分けておきます(ゆでるときのゆで時間が異なるため)。 茎だけになれば、やわらかい茎の部分とそうでない部分を切り分けます。 基本的には『茎の穂先側の半分近く』はやわらかく、ゆでて美味しく食べられる部分です。 やわらかい茎の部分だけを食べやすい3~4㎝長さに切ります)。 ただ、その付近でも繊維を細かく断ち切るように切るなどすると美味しく食べることもできるので、工夫しながらやってみてください。

次の

知らないと怖い?モロヘイヤの食べ方と茎にある毒性について

モロヘイヤ 茹でる

モロヘイヤは近年その高い栄養価から健康食として注目されている野菜のひとつだ。 ただし、モロヘイヤには毒性がある。 特にその種子は危険であるという事が昔から言われていた。 その後の研究で、種子だけではなく、茎部分にも毒性があることが確認されている。 モロヘイヤに含まれる毒はストロファンチジンというもので、人体に入るとめまい、動悸、吐き気、最悪の場合は心不全などを引き起こすこともある。 さらに詳しい研究によって、この毒は完熟したモロヘイヤの種子、茎中に高濃度で存在していることが分かっている。 店頭に並ぶモロヘイヤは葉の部分だけで当然毒性を持っていないが、家庭菜園などでモロヘイヤを自家製している場合は、誤って茎の部分を食べないように注意する必要があるだろう。 モロヘイヤは生で食べられる?• おひたし 下ゆでしたモロヘイヤをだし醤油につけて食べるモロヘイヤのおひたし。 モロヘイヤ特有のぬめりと醤油が絡み合い、それだけでもごはんのおかずになる美味しさだ。 とくに夏の暑いときには、冷蔵庫で冷やしたモロヘイヤのおひたしを食べると生き返る思いがするだろう。 てんぷら モロヘイヤはてんぷらにも適した食材だ。 てんぷらにする場合は下ゆでする必要もなく、軽くゆすいだモロヘイヤに衣をつけてカラリと揚げるだけだ。 納豆和え ネバネバ食材同士のコンビネーション。 納豆と軽く刻んだモロヘイヤを混ぜ合わせることで滋養強壮にも最高の一品に。 お酒のおつまみにも最高だ。 味噌汁 味噌汁に葉物として加えても美味しいモロヘイヤ。 夏バテ気味の時に特におすすめしたい。

次の