梅田 自転車 屋。 TREK Bicycle 大阪梅田店 4/3グランドオープン!|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|facebook.growthbot.org

大阪梅田のバイク&自転車駐輪場をエリア別に写真と地図で案内。阪神百貨店の自動二輪置き場もおすすめ!|Yellowhat

梅田 自転車 屋

小さい子連れの移動は、自転車が助かりますよね。 でも自転車を停める所が少ない上に、すぐ撤去されちゃう北区。 普段から北区のチャーリー(自転車)事情を調べています。 今日は、 「茶屋町らへん」 をご紹介(距離近っ笑) 茶屋町は、以外にも子連れで行きやすく、 さらっと買い物やごはんを食べるのに便利なエリアです。 子連れでふらっと遊びにいくコースとしては、 無料の駐輪場がある 西日本最大に本屋のジュンク堂、LOFT、NU、 からスタートします。 かなり広いです。 ーーー 「撤去」という2文字に、常に脅かされる 北区在住自転車人からしたら、 無料駐輪場がある施設は 本当にありがたい存在でございます。 茶屋町のMBS 今、1Fフロアーに、 らいおんチャンネルのお部屋に無料で 遊びにいけたります。 ここフロアーでは、様々なイベントもやってるので 隠れた子連れ穴場でもあって、 近くの保育園のお散歩先だったりもします。 自転車でふらりと茶屋町までいかがでしょうか?.

次の

ヨドバシ.com

梅田 自転車 屋

今、梅田周辺はエラいことになってますな。 連日連夜、大阪市が放置自転車の撤去に精を出してはります。 おかげで、あれほど大量にあった放置チャリはどこへ行ったの?というくらいに、きれいになくなってます。 さすがにこれだけキレイになくなってると、怖くてチャリをとめられません(笑) いや〜、NYのブルームバーク市長が言っていたけど、落書きがあるからさらに落書きする人が増える、落書きをすべて消せば誰も落書きする人はいなくなる、ってのを、マジで実感してます。。。 大阪市の場合、市が中心となって、所轄の警察署、地元の町会、地元企業なんかが協力して、一定周期でキャンペーンを打ちます。 北区の梅田界隈やと、紀伊国屋書店の北側の長距離バス乗り場の近所で集合して、梅田界隈を練り歩きます。 で、放置自転車を見つけて…、というか、見つけるまでもなくなんぼでもありますが、赤い絵符や黄色の絵符を自転車にくくりつけるわけです。 赤いのは、1時間後には撤去の警告。 黄色いのは、放置したらあきまへん!の注意喚起。 はい、いわゆるレッドカードとイエローカードとおなじ役割ですわ。 キャンペーンによって赤やら黄色やらの絵符を使い分けますが、いつが黄色でいつが赤、といった法則や決まりはありまへん。 ただ、この絵符、表面がコーティングされた撥水加工になってまして、妙にカネかかってますねん。 これ見るたび、こんなとこにカネかけんな!って言いたくなります(笑) 警察や市の人はともかくとして、町会の人たちはボランティアなので、平日の昼間に仕事を調整してキャンペーンに参加しているので、ご苦労さまです!としか、言いようがありません…。 このキャンペーンのあと、放置自転車はレッドカードだらけですわ。 でもなあ、放置自転車を撤去するのも撲滅するのも撃滅させるのも大切やとは思うんですが、チャリ置き場そのものが、圧倒的にないです。。。。 この、黄色のベスト、黄色の帽子、黄色の腕章した方々が放置自転車街頭追放キャンペーンに参加されている方々でして、この方々にはなんの罪もないどころか地域の防犯のために頑張っておられるので頭が下がるんですが、でも、チャリ置き場がないんで、チャリ・ユーザーとしては、どーもならんのですわ。。 ときにはティッシュを配られたり、自転車のカゴにティッシュやチラシを入れて、啓蒙活動もされてます。 平松市長以下、北区長までが旗振りして、サイクルサポーターなるチームまで結成して、キックオフ・ミーティングまで、紀伊国屋書店前の広場で行なわれたこともありました。 ええ、もう、目一杯力を入れてはるんは、よーくわかるんですけどね。 で、こんなふうに、ぺんぺん草とともに、路上に、こんな紙が貼られますねん。 ここは放置自転車禁止区域であるからして、よってここに放置してあったチャリは大阪市が撤去したぞ、と。 さてさて、撤去されたチャリはどうなるのか。 また、どうやって取り戻すのか? ちょっとシュミレーションしてみましょう。 あくまでシュミレーション! 僕のチャリが実際に撤去されたわけではないですよっ!! 大阪市の、それも北区で撤去されたチャリは、大体が、弁天町の保管所に保管されることになっとります。 路上に貼られた紙にしっかり書いてますが、撤去した日時、保管場所、保管場所の所在地と連絡先、保管場所が開いてる時間と定休日、それと、保管期間は30日で、それ以降は責任持てん!との但し書き。 なにがしかの用事を済ませて、帰ろうと思ってチャリを置いた場所に行ってみて、置いておいたはずのチャリがなくて、代わりにこの紙が路上に貼られていた日には、最初、目が点になって、ちょっと力が抜けて、その後、沸々と怒りが湧いてきますなっ! えーっと、あくまでシュミレーションですけど。。。 そら、放置禁止区域にチャリを置いてるほうが悪いのは重々わかってるけれども、何度でも繰り返すけれども、チャリ置き場が圧倒的に少ないんですよっ! 大体、みんながチャリを置きたがる放置禁止区域っちゅーのは、皆、便利やからそこに置くわけで、その場所こそをチャリ置き場として整備してくれたらいいんですわ。 ほんま、なんとしかしてほしいです。 さて、弁天町ですが、JRの環状線の弁天町駅すぐに、チャリの保管場所があります。 引き取りにいくならチャリで行くわけにはいきませんから、電車で行くのが一般的やと思うんですが、環状線やと大阪駅から乗って15分くらいで弁天町に着きます。 大人170円。 子供は知らん。 途中、USJに遊びにいく客などに揉まれ、こっちはチャリを取り返しにいくのに、おまえらは!と、ちょっとキレそうになるかもしれませんが、もちろんそんなことでキレてはいけません(笑) ところが、だ。 最近では弁天町駅前のチャリ保管場所も満杯で溢れかえるようになってるらしく、第2チャリ保管場所として、弁天町駅から歩いて20分くらいの、市岡町とかいう、遠い遠いところまで歩かされるケースが多いみたいです。 この、駅から遠いやないかい!というのがわかると、ちょっとキレるかも(笑) や、あくまでシュミレーションね(笑) 弁天町駅からJRの高架沿いに南に歩いていって、みなと通りに出て西へ。 市役所前やら警察署前やら、あんまりかかわりたくない場所をスルーして、工場地帯を縫って、もうボチボチ大阪湾に近いんとちゃうやろか!ってところまで歩かされます。 20分くらいは歩きますわ。 ちなみに、弁天町の高架下はこんなかんじで、詳しく探せば、よさげな店がたくさんありそうなんですが、もちろん、チャリを取り戻しにいってる最中、はらわたが煮えくり返っているはずなので、そんな気にはなれませんわな。 もっとも、念を押しますが、シュミレーションで得た答えですよっ! ほら、沖縄料理の店とか、なにげにあるし。 なんか、橋のようなそうでないような、不思議な建築物が見えます。 トンネルの内壁ですかね? いずれにしても建築マニアにとっては、ちょっと萌える光景? とにかくですな、歩くこと20分。 こーんな、周辺になんもなさそうな場所に、弁天町の第2チャリ保管所である市岡自転車保管所はあります。 この壁が見えてからも、延々と壁伝いに歩かされます。 で、四辺の壁の、駅から一番遠いところに、入口がありますねん。 いやがらせか?(笑)こんなん、雨降ったら、行く気も起こりまへんわ。 で、中に入ると受付の事務所があるんで、そこで、いつ、どこでチャリをパクられたか…、もとい、撤去されたかを伝え、用紙に名前と住所を記入。 身分証明書とかの提示は、ないです。 そのあとですな、保管料の2,500円を納めて、チャリ保管場所へ誘導されますねん。 ここで疑問。 この2,500円って、確定申告のとき、控除の対象になるんですかいな?通勤やら仕事の移動手段で使ってる場合、経費として認められるんですかいな? 疑問は尽きないわけですが、保管場所に案内されてみるとですな、まあ、チャリの墓場か!と言いたくなるような光景で、赤札つけられて強制招集されたチャリが、野ざらしになっとります。 なんせ、月3,000台。 年間で36,000台が撤去されとりますから、そらすごい数になります。 ほいで、このチャリ、保管期限の30日間を過ぎたら、容赦なく業者に売られます。 キロいくら、ひとやまいくらで、故買商の免許をもった商売人が買っていくんですわ。 そのまま海外に売られていったり、修理して防犯登録取り直して、中古チャリ屋さんで5,000円やら10,000円やらの値札をつけて、店先に並びます。。。 そーいえば最近、中古チャリ屋さんが増えましたが、みんな、ここで買ってます。 どーせやったら、業者だけじゃなくて、一般人にも、ここで小売りしてくれたらいいのに!とか、思いますね。 そーすると、ボロいチャリを撤去された場合は、2,500円の保管料を払わずに、5,000円くらいでよさげなチャリを見つけて、それを買う、なんていう素敵な…、もとい、不届きな企てを考える輩が絶対にいるんで、小売りはやらんのでしょうが。 むかし、南米で、結構高い靴をパクられて、次の日に泥棒市に行ったら売られてて、泣く泣く買い戻した苦い思い出がありますが、それに匹敵する感情が湧くかも、ですな。。。 ほいで、自分のチャリが無事に見つけ、係員立ち会いのもとで開錠できたら、チャリを引き取ることができます。 なので、鍵は絶対に持っていかんとあきまへん。 自分のチャリが見つからなかったり、持参した鍵で開錠できんかったら、2,500円は返金。 で、すごすごと引き下がることになります。 たぶん、ゴネても抵抗しても、無駄。 ほんま、保管料の2,500円なんて、オッサンの顔に投げつけてやろかと思うんですが、ここで働いてはる方は、シルバー人材センターからやってこられてる方々でして、いろんな人を相手にしてきたんでしょうな、異様に腰が低く、カネを投げつけてやろうと思うほどの怒りも鎮まり…、なんやしらん、上手いことやられたような気分にもなります(笑) あ、もちろん、シュミレーションの結果ですから、実際のところは知りませんよっ(笑)そーなるんではなかろうか、と。。。 弁天町なんで中央大通を東へ走るのが一番わかりやすいかもしれませんが、あそこはアップダウンがキツくて、チャリやとちょっとしんどいです。 なので、ほんの少し遠回りになるけれども、みなと通りを走らせるのが一番わかりやすい、かつ、ラクです。 みなと通りを東へ向いて走ると、いつのまにか中之島の一番東の端に出ます。 アップダウンも、ほとんどなし。 途中、大阪ドームとか見えますが、もちろん、立ち寄ってみる気分になど、まあ、ならんでしょうな(笑) もちろん、シュミレーション的感情として。。。 こっから梅田まで、全力でチャリをこいで、30分弱。 ケツ、痛くなります。。。。。 シュミレーションだと(笑) ついさっき、西長堀でパクられました… ほんま最近の大阪市はパクチャリで財政難立て直そうとしてんちゃうかって位、撤去が激しいです。 そもそも何の為に撤去してるんでしょうね? 景観の為?邪魔になるから? そのくせ、ミナミの路駐が激しかった歩道には駐輪の機械設置して金儲けしてますし。 ホンマやってる事が矛盾してますわ。 善良な市民はボランティアで参加してますが、役人さんには市民の為にとかいう精神は無いんでしょうなぁ。 撤去して金取って、止めるとこで金取って、挙句の果てに人様の私物を許可なく売っ払うなんて、やってる事は893以下です。 身内には甘いくせに… ボロチャリの為にわざわざ弁天町まで行って、払う必要もない金払うん嫌やから、もう新しいチャリ買いますわ。 あんな遠いところから果たして乗って帰れるのかと思いましたが、 余裕でした。 怒りが沸々と沸いては来たんですが、あまりにもシュミレーション通りでなんとなく楽しい小旅行になってしまいました。 窃盗犯に2500円も払うのはむかつくので放り投げてやりました。 (ささやかな抵抗)八つ当たりするのはよくないんだけどね。 親切にされてもこっちから愛想は振りまかないと決めていったのでやさしい良い人だったけど、つい八つ当たりしてしまいました。 お気をつけて〜とか言われちゃって。 絶賛開催中「わたしのマチオモイ帖」展で考えた、まちを紹介するということ。 大阪に住む僕たちにできることと、備え。

次の

梅田周辺の放置自転車の撤去と取り戻しの現状(あくまでシュミレーションと言い張る編)

梅田 自転車 屋

世界最大の自転車パーツメーカー、シマノが開設した展示・交流スペース「シマノスクエア」 =大阪市北区のグランフロント大阪内「ナレッジキャピタル」 Photo: Junichiro MAEKAWA 自転車系を「狙って誘致」 キタの繁華街、梅田の新しいシンボルとなった「グランフロント大阪」。 この大型複合施設内にある産官学交流拠点「ナレッジキャピタル」に今年2月、世界最大の自転車部品メーカー、シマノが新しい展示・交流スペース「シマノスクエア」をオープンさせた。 シマノスクエアに展示されている歴代の自転車パーツ =大阪市北区のグランフロント大阪内「ナレッジキャピタル」 Photo: Yoshiyuki KOZUKE 300平方メートルを超える広々としたスペースに、歴代のレース用自転車パーツや、同社のもう一つの事業の柱である釣り具などを一堂に展示。 サイクリングに関連するアクセサリーなどを販売するほか、カフェも併設し、自転車愛好者が集ってサイクリング談義に花を咲かせている。 グランフロントでは昨年9月、サイクリングウェアを中心とするスポーツアパレルブランド「レリック」の直営店が進出した。 ランニングやゴルフのウェアも併売するが、店内に並ぶサイクリングウェアの品揃えは目を見張るほどだ。 翌10月には、サイクルウェアブランド「カペルミュール」の直営店も進出。 同ブランドは、本格的な機能を備えながらカジュアルにも着こなせるウェアが人気を呼び、急成長してきた。 大阪でも、ライフスタイルにマッチした自転車の装いを提案している。 スポーツアパレルブランド「レリック」が昨年9月に開設した直営店「レリック大阪」 =大阪市北区のグランフロント大阪 Photo: Yoshiyuki KOZUKE サイクルウェアブランド「カペルミュール」の直営店 =大阪市北区のグランフロント大阪 Photo: Yoshiyuki KOZUKE 相次ぐ出店で、梅田は自転車愛好者の注目スポットに急浮上した。 シマノスクエアが出店したナレッジキャピタルの広報担当、奥村亜紀さんは、「シマノは歴史ある世界的企業。 未来の暮らしを提案しようと誘致した」と経緯を語る。 オープン後の来客は順調で、「自転車のファンはこんなにもいるんだなと実感している。 今後、さまざまな交流によるイノベーションが起きるのではないか」と期待している。 また、レリックとカペルミュールが店を構えるグランフロント大阪の広報担当、冨田聖二さんも「自転車系を狙って誘致した」と明かす。 もともと東京では通勤を含めてスポーツ自転車の需要拡大が先行していたが、「大阪でもその兆しを非常に感じている」と冨田さん。 関西の自転車愛好者が両ブランドの東京直営店を訪ねたり、ネット通販で商品を買い求めたりしていることをリサーチした上で、両店舗の誘致を決めたという。 有名ショップが高島屋に進出 ミナミのランドマーク、高島屋大阪店(中央区難波)には3月1日、スポーツサイクル専門店「シルベストサイクル難波店」がオープンした。 5階ゴルフ用品コーナーの向かいに約100平方メートルの自転車売り場を新設。 百貨店らしく、上品でスタイリッシュなサイクリングウェアの展示が目を引く。 自転車本体は、初心者向けの10万円台から、電動変速機を備えた本格レース仕様までズラリ。 100万円クラスの超高級品も、開店直後から商談が進んだという。 シルベストサイクルはほかに梅田、大阪府箕面市、京都市に店舗を展開。 統括店長の山崎敏正さん(61)は幻の1980年モスクワ五輪代表の自転車競技選手(日本は同大会をボイコット)で、今もレースに出場する伝説的サイクリストだ。 同社が運営するチームは実業団レースの強豪として知られる。 「レリック大阪」の店内には本格的なサイクルウェアがズラリ =大阪市北区のグランフロント大阪 Photo: Yoshiyuki KOZUKE そんな関西一の有名サイクルショップを誘致した理由について、高島屋広報・IR室の小出絵里子さんは「ロードバイク愛好者層と当社のお客様が合致する」と狙いを明かす。 健康志向や「コト」消費の盛り上がりもあってロードバイクへの注目は高まっているが、自転車本体が10万円から数十万円と高価なこともあり、趣味として始める人は40~50代の男性が多い。 顧客に富裕層が多い高島屋では「市場が拡大する余地がある」と判断。 梅田など他地域で人気のシルベストサイクルに白羽の矢を立てたという。 ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」やミュージカルの「大阪四季劇場」が入居する高級感あふれるビルで、店舗面積は現在の1. 4倍に広げるという。 近隣には、世界的人気を誇るイギリスのサイクルウェアブランド「ラファ」の直営店「ラファ サイクルクラブ大阪」が平成24年に開店し、昨年4月にリニューアルオープンしている。 本格的なカフェを備え、梅田を訪れるサイクリストの定番ルートになっている。 日本国内の自転車ブームは、1970年代には自転車旅行を中心としたツーリング、80~90年代には山野を駆けるマウンテンバイクが盛り上がりを見せたが、いずれもスポーツとして社会的に定着する前に衰退していった。 カジュアルでスタイリッシュなサイクルウェアが並ぶ「カペルミュール グランフロント大阪店」 Photo: Yoshiyuki KOZUKE しかし近年は、「ツール・ド・フランス」など自転車競技の本場ヨーロッパのレースが衛星放送などで生中継され、また「弱虫ペダル」を中心に自転車系の漫画やアニメがヒットするなど、メディアを通じてスポーツサイクルの認知度が拡大。 健康志向や自転車通勤の広がりも重なり、ロードバイク愛好者は増加を続けている。 ただ、高性能のロードバイクを楽しむためには、適切な機材や用具が必要で、安全確保のための整備も欠かせない。 このため、高島屋が「専門性の高いショップを挙げた」(小出さん)というように、本格的な商品やサービスを提供する専門店を誘致する動きは今後も広がりそうだ。 また、普及促進には走りやすい道路環境や、サイクリングイベントなどソフト面の充実も必要だ。 関西にはびわ湖、淡路島という人気のサイクリングコースがあり、自治体や地元団体がコース整備や誘客、イベント開催などに取り組んでいることも、ロードバイク普及の追い風になっているという。 (より) この記事のタグ•

次の