ペット 亡くなった かける言葉。 ペットが亡くなった時 かける言葉 ~手紙編~

ペットを亡くした人にかける言葉や励ましの言葉は?【お悔やみの言葉・メッセージ】

ペット 亡くなった かける言葉

ペットが亡くなったという知らせを友人から聞いたとき、どのような言葉をかけたらよいのか悩むこともあるのではないでしょうか。 とくに自分がペットを飼ったことがないという場合、気持ちを察して何か言葉をかけたいものの、いい言葉が思いつかないということもあるでしょう。 ペットは今や大切な家族の一員であるため、「たかがペットが亡くなったくらいで」という考えは禁物です。 ペットを失った悲しみで、なかなか前向きになることができない状態をペットロスと呼ぶことがあります。 ペットの存在は飼い主にとって、とても大きな存在となっていることもあるのです。 そんな友人や知り合いにかける言葉はできるだけ共感するような言葉をかけるのが大切です。 相手の気持ちをくみとって、言葉を選ぶようにしましょう。 しかし相手によってはその言葉すら苦痛に感じてしまうこともあります。 また、ペットが亡くなった状況によってもかける言葉は異なってくるでしょう。 今回はペットが亡くなった時にかける言葉について、状況やおすすめの贈り物などもふくめてご紹介します。 ペットが亡くなった時は言葉を選ぶよりも早さをペットが亡くなった時にかける言葉が分からない場合、選ぶ言葉よりも早さが重要ということがあります。 大切なペットが亡くなった時、飼い主が望んでいるのは「共感」や「寄り添ってくれること」です。 人によってはペットが亡くなった悲しみで、立ち直れないということもあるかもしれません。 大切なのは亡くなったというその時間や時期に、その悲しみに共感してあげることです。 最近はメールやSNSで訃報を知ることもあるでしょう。 忙しいときでもできるだけ早めに返信すると、その人も早めに立ち直ることができます。 とくにSNSでは短い文章でやりとりすることも多いので例として「今知りました」「突然のことで言葉が浮かびません」「信じられません」などの文章だけでも十分です。 遅くなってしまった場合は、「遅くなってごめんなさい。 最近知りました。 大変だったね。 」ということを言ってあげるといいでしょう。 できるだけ早く返信することで、つらい気持ちに寄り添うことができます。 また知るのが遅くなってしまった場合でも、気持ちに寄り添えるような文章で十分です。 ペットが亡くなったという相手の気持ちを考えてみようペットが亡くなった時にかける言葉は、気を遣って言葉の表現もあまりストレートにしないということもあるでしょう。 かける言葉として大切なのは、相手の気持ちを考えることです。 日本人はそのような文化が根づいており、日常会話でも相手の気持ちを察するということが多いかもしれません。 ペットが亡くなった時などの訃報を知ったときでも、その相手の気持ちをくんで適した言葉を選ぶことが大切です。 ペットが亡くなったという時は、相手はとてもつらい気持ちになっているでしょう。 そのようなときにかける言葉は励ましよりも「つらかったね」「寂しいね」というような悲しみを分かち合うような言葉がいいかもしれません。 また「(ペットの名前)は〇〇さんと過ごせて幸せだったと思う」というようなペットとの日々を肯定する言葉もいいでしょう。 ペットとの日々は飼い主にとってとても大切な日々だったでしょう。 そんなペットとのお別れはつらい経験になることは避けられません。 そんなときだからこそ、気遣ってその気持ちに寄り添えるような言葉をかけてあげるといいでしょう。 人によっては嫌がられることもペットが亡くなった時にかける言葉で気遣ってかけたものでも、人によっては嫌がられることもあります。 ペットを失った悲しみを思い出すため、そのような言葉をかけられること自体よく思わないことがあります。 ペットのことを1番よく知っているのは飼い主ですし、またそのような大切な存在を失った悲しみはその人にしか分からない、ということもあるでしょう。 気遣ったやさしい言葉をかけられたとしても「あなたに何が分かるの」と不快にさせてしまうことがあります。 こちらからしたら気遣った言葉だとしても向こうからしたら、やさしさを押しつけられたということがあるかもしれません。 どのような人が言葉をかけてほしくないか、ということは実際のところ分からないところがあるでしょう。 しかし、親しい友人などの場合はその人のタイプや性格をふまえて様子をみるのもいいかもしれません。 ペットが亡くなった時にかける言葉とはペットが亡くなった時にかける言葉として、実際にはどのようなことを言ってあげたらいいのでしょうか。 ここでは状況別にご紹介します。 寿命でペットが亡くなった時寿命でペットが亡くなった場合は、飼い主とペットが一緒に過ごした時間も長いでしょう。 一緒に過ごした時間が長いほど亡くなった時の悲しみも大きいものです。 そのような状況では以下のような言葉がいいでしょう。 「〇才!?そんなに長生きしたの!(犬の種類またはペットの種類)ではすごいんじゃない?それだけ大切に育ててきたんだね」「最後まであなたと一緒に過ごすことができて、(ペットの名前)も幸せだったと思うよ」ペットが長生きしたことを誇れるような、前向きな言葉を選ぶことが大切です。 気持ちを汲むことも大切ですが、飼い主の性格などによっては同情してほしくないこともあるので、明るい言葉をかけたほうがいい場合もあります。 病気でペットが亡くなった時病気でペットが亡くなったという場合は、飼い主も尽力して治療に励んだことでしょう。 またペットも病気に対してがんばったはずです。 しかし「もっとあの時ああしていれば」と後悔していることもあるでしょう。 そのようなときには「(ペットの名前)頑張ったよね」「あなたもよく頑張ったと思う」「こんなに頑張った飼い主で(ペットの名前)も幸せだったと思うよ」などの言葉をかけてあげるといいでしょう。 看病していた飼い主を労いつつ、悲しい気持ちを汲みとったような言葉だといいかもしれません。 事故などでペットが亡くなった時事故などでペットが亡くなった場合は、飼い主も現実を受け止めることに時間がかかる状況になっています。 「あのとき自分がしっかりしていれば」というような強い後悔の気持ちがある場合もあります。 そのようなときには「突然のことで、私も驚いています。 (ペットの名前)と過ごした日々は宝物ですね」「感謝の気持ちでお見送りしてあげてください。 ご冥福をお祈りいたします。 」などの、ペットへの感謝や共感するような言葉をかけてあげるといいでしょう。 ペットが亡くなった時にかける言葉で言ってはいけないことペットが亡くなった時にかける言葉で、言ってはいけない言葉があります。 それは相手の気持ちを否定するような言葉です。 「早かったね」「新しいペット飼いなよ」というような冗談は言ってはいけません。 また説教をするのはやめましょう。 場合によっては、飼い主は深く後悔している場合があります。 そのような心の傷をえぐるようなことはよくありません。 「あなたがもっと早く気づいていたら」「なんで気がつかなかったの」「たかがペットでしょ」という言葉は相手を怒らせてしまうこともあるほか、余計に心の傷が深くなってしまうこともあります。 冗談のつもりで言ったとしても相手にとっては深く心に刺さってしまうことがあるので注意しましょう。 また立ち直る時間にも人によって個人差があります。 自分が十分時間がたったという時間でも、相手によってはまだ立ち直れていないということもあるので、相手が嫌がるような言葉はいくら時間が経ったとしても言ってはいけません。 『虹の詩』もペットが亡くなった時におすすめペットが亡くなった時にかける言葉として「虹の詩よんでみて」という内容の言葉もいいかもしれません。 虹の詩は原作者不詳のまま世界中に広まっている詩です。 愛するペットと暮らしている人なら1度は聞いたことがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 虹の詩の概要ペットは天国の手前にある虹の橋という草原がひろがる場所に行きます。 ペットたちは病気で苦しんでいた子も年老いて亡くなった子も元気な体で仲間とともに過ごします。 それはまるで残された私たちの思い出のなかに思い出す彼らの姿そのものです。 しかしそのペットにもひとつ気がかりなことがありました。 それは自分を愛してくれた人がここにいない、ということでした。 みんなその人のことが恋しくて恋しくてたまりません。 そんなペットの一匹の前に人影があらわれてきました。 こちらに向かってくる懐かしい姿、視線の先にあなたを見つけたのです。 ペットは喜びにあふれ、一目散に飛びつきます。 再び会えた喜びのキスがふりそそぎ、覗き込んだその瞳は信頼にあふれた優しい目でした。 死んでしまった飼い主とペットはこうして再会し、一緒に虹の橋を渡っていきます。 これはあくまでもあらすじです。 原文を読むと、より感動的な描写がかかれています。 ペットロスで悲しい気持ちから抜けだすことができない、というときはこの虹の詩を読んでみるのもいいでしょう。 友人でそのような人がいる場合はすすめてみてもいいかもしれません。 ペットが亡くなった時にかける言葉以外のお悔やみの方法ペットが亡くなった時にかける言葉がどうしても見つからない、というときは言葉をかける以外にも労わる方法があります。 身近な人なら直接会って、贈り物をするのもいいかもしれません。 花などの贈り物ペットの場合、贈り物をするときには香典よりもペットの好物やお花をおくるといいかもしれません。 お花を贈るときには、花束よりもアレンジメントのほうがおすすめです。 花瓶の用意の心配をしなくて済むので贈り物に最適です。 またペットの祭壇がある場合は白い花に限らず、その子のイメージカラーを基調とした花を贈ることもあるようです。 ほかにも生花のアレンジメントであるマジカルブーケというものは近年人気を集めているようです。 またネット注文でおくるのもいいでしょう。 人間と違って法事などの時期に決まりがないので、落ち着いた頃に贈るのもいいかもしれません。 ペットを失ったときは基本的に甘美な贈り物は控えたほうがいいとされています。 しかしなかなか悲しみが癒えないというときは癒しギフトをおくってもいいかもしれません。 贈り物としてウィローツリーを癒しギフトのひとつにウィローツリーという人形があります。 ウィローツリーは犬や猫、小鳥などを抱いた天使の人形です。 このような贈り物はおくられて嬉しい人もいれば、そうでない人もいます。 癒しギフトは実用的なものでもいいですし、相手に合った贈り物をすると喜ばれるでしょう。 線香をあげるペット用の供養セットがあるという場合は、その施設や家にうかがって線香をあげるというのもいいかもしれません。 親しい友人などで家にお邪魔するときには線香をあげつつお話を聞くというのもいいかもしれません。 またペット用のろうそくや線香を贈るという方法もあります。 十分足りているときは必要ないかもしれませんが、祭壇に飾れるグッズは喜ばれることもあるようです。 写真をあげるペットと触れ合ったことがある場合は携帯電話にそのペットの写真が残っていることもあるのではないでしょうか。 その写真を現像してフォトフレームに入れて、プレゼントするのもいいかもしれません。 そのまま祭壇に飾ることもできるほか、お部屋に飾ることもできます。 飼い主がもっていないもので良い表情の写真があると、ぜひプレゼントしてみてはいかがでしょうか。 まとめペットが亡くなった時にかける言葉が見つからないというとき、ささやかな言葉でも十分というときがあります。 相手の気持ちをかんがえて、適切な言葉を選ぶことが大切です。 短い言葉でも早めに言葉をかけると救われることもあります。 最近はSNSで知らせを聞くこともあるでしょう。 そのようなときでも短めの文章でお悔やみの言葉をかけることもいいかもしれません。 メールなどで知るのが遅れてしまった場合でも、見るのが遅れた旨をひとこと添えてお悔やみの言葉を伝えるといいでしょう。 またペットが亡くなった状況によってかける言葉も変えるといいかもしれません。 言葉とプラスして贈り物をするという方法もあります。 相手の性格を把握して相手に合った方法で励ますといいでしょう。 あわせて読みたい•

次の

ペットロスの人にかける言葉

ペット 亡くなった かける言葉

誰でも最後に訪れる死。 もし、あなたの近くにいる方の知り合いが亡くなった時にかける言葉どうしますか? もちろんよく会う方であれば、直接葬儀に伺ったり声かけができるのですが、 なかなか会う機会がない方に対しては手紙や今や便利なSNSサービス(LINEやメールなど)を利用して送る機会の方が多いですよね。 ただ、便利だからといってあまりにも気楽に送りすぎると返って相手を傷つけ、失礼になる場合もあります。 また、ビジネスの場合お客様や上司にそしてプライベートでしたらペットや大切な方が亡くなった場合それぞれ声掛けの仕方も変わってきます。 そこで今回はメールや手紙で亡くなった時の声のかけ方をご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。 スポンサーリンク お悔やみを伝える際の基本的なマナー お悔やみを伝える際NGワードやあまり言わない方がいい言葉等ありますのでまずはじめに基本的なマナーをご紹介します。 死因などあまり詳しく尋ねない 死因がそもそもなんだったのか知りたい方もいるかもしれません。 しかし傷心している遺族の方に対してお悔やみの言葉と共に尋ねる言葉ではありません。 その事に関しては後で知る機会もあるかもしれませんので、まずは遺族の気持ちを1番に考えお悔やみの言葉と共に尋ねるのは控えましょう。 忌み(いみ)言葉はさけましょう まず忌み言葉の代表といて重ね言葉があるのですが、この重ね言葉がどういったものであるのか下でご紹介します。 重ね重ね• たびたび• いよいよ• またまた• ますます このように1つの言葉に対して2階重ねて使う事が重ね言葉に該当します。 その他にもお悔やみの言葉としてNGなものがあります。 生きる• 生存 このように直接的な言葉も禁句です。 宗教・宗派によっても気を付けましょう! このたびは〇〇取締役〇〇様のご逝去のお知らせに接し心よりお悔やみ申し上げます。 かねてからご療養中とは伺ってはおりましたがあまりにも突然の逝去に驚きで実感がわかず大変という惑っている心境でございます。 ご生前、〇〇様に多大なるお力添えをいただきました。 今の私がございますのも〇〇様のお陰であると深く感謝しております。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 また宗教によっても供養の仕方というのは異なってきますので事前確認も必要になります。 必ず一人で進めるのではなく上司と相談しながら進めていくようにしましょう。 プライベート関連のメールや手紙の文例.

次の

知人の愛犬が亡くなった時どんな言葉をかければいい?

ペット 亡くなった かける言葉

飼い主にとってペットはかけがえのない存在です。 亡くなったことを知ったら、できるだけ早くお悔やみの言葉を伝えるようにしましょう。 直接の連絡を受けたのではなく、SNSやブログなどで知ったという場合は、時間が経ってしまっていることもあるかもしれません。 そういった際には、お悔やみが遅くなってしまったことのお詫びとともに弔意を伝えることが大切です。 言葉をかけるときは、亡くなった原因がわかるのであれば、その原因や状況に合わせて飼い主の心に寄り添うことを念頭に置いておきましょう。 老衰で天国に旅立ったケースと病気や事故で旅立ったケースとでは、飼っていた年数や状況、飼い主の心情が違ってくるからです。 メールやSNSを利用して連絡をする場合は、軽率な文章にならないように気をつけます。 絵文字やスタンプは使用を控えることが基本ですが、先方が先に使ってきた場合は使用しても問題ないでしょう。 ただし、多用することは避けた方が無難です。 また、人間とペットを区別せず「大切なご家族を亡くした」というスタンスで対応しましょう。 ペットが亡くなった時に言ってはいけない言葉 自分では慰めているつもりでも、飼い主を傷つけてしまう可能性のある言葉や言い回しがあるので注意が必要です。 たとえば「かわいそうに」という言葉。 相手の気持ちに寄り添っているように思えますが、飼い主は「自分のせいで、ペットをかわいそうな目に合わせてしまった」と、自責の念にかられることもあります。 これでは、せっかくのお悔やみの言葉が逆効果になってしまう可能性も。 「また新しいペットを飼ったらどう?」「他にも飼ってるネコがいるなら寂しくないね」といった言い回しもふさわしくはありません。 飼い主にとってペットが家族であり、代わりになる存在はいないということ。 単なる動物というくくりでとらえると、不快な思いをさせることになってしまいます。 その他「もう少し一緒にいる時間が長ければ、また違ったかもね」「何にでも寿命はあるから落ち込まないで」など、たとえ直接的ではなくても、飼い主の行動を否定したり飼い主の気持ちをないがしろにしたりするような言葉は慎みましょう。 ここでは、ペットが亡くなった時にかける言葉やメッセージの例文をご紹介します。 天寿を全うして亡くなった場合 飼い主の悲しみを受け止めながら、ペットと共に長く過ごした時間が「お互いに満ち足りた」と思えるような言葉をかけてあげましょう。 長く一緒に過ごせた〇〇ちゃん(ペットの名前)は、本当に幸せだったと思います 空の星になって見守ってくれていることでしょう• 病気で亡くなった場合 病気だった場合、病状によってはある程度の覚悟はできていたかもしれません。 「もっと早く病気に気づいてあげていたら」「私がもっとしっかりしていたら」など、飼い主として自分を責めてしまうこともあるでしょう。 そんな飼い主の気持ちに寄り添い、心を尽くして看病にあたったことを肯定することが大切です。 ずっとそばで見守ってもらえたこと、〇〇ちゃんはきっと感謝していると思うよ いつもそばにいてもらえて、〇〇ちゃんは嬉しかったよね• 不慮の事故など思わぬ出来事で旅立った場合 思わぬ事故などに見舞われた場合、飼い主の気持ちは混乱しているはず。 もしもそれが、自分の不注意だったりした場合はなおさらです。 このようなときは、あまり余計なことには触れずに労わるのが良いでしょう。 〇〇ちゃんが天国で安らかな眠りにつかれますようにと祈っています メッセージと一緒にお悔やみの贈り物や花を送る方法も.

次の