内祝い品物。 結婚内祝い(お返し)の「時期」と「金額の目安」

内祝いの相場:【結婚・出産・新築】人気の内祝いギフトと基本マナー

内祝い品物

迷ったときは、ご両親・身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。 出産内祝いにふさわしい品物は嗜好品や実用品 出産内祝いの品物は、最近では 紅茶やコーヒー、焼き菓子をはじめとする嗜好品やお菓子などが人気です。 昔から縁起ものには「砂糖」「赤飯」「紅白まんじゅう」などが贈られてきましたが、地域により今でも紅白の砂糖は、出産祝いとして一般的に使用されています。 そのことと関連し、現在では紅茶のセットと共に角砂糖を添えた出産内祝いなどのセットも人気です。 その他、石鹸、寝具、タオル、ハンカチ、かつお節など、昔ながらの実用品も、根強い人気を誇っています。 紅茶やコーヒーは、缶に赤ちゃんの名入れができるなど、ひと工夫できる品物もあります。 砂糖なども、出産内祝いとしてデザインなどに工夫が凝らされた、楽しいものが増えています。 出産内祝いの品物は、贈り先様によって変える方がいいものです。 贈り先様の好みをよく考えて、喜ばれる品物を選びましょう。 職場やサークルなどから、連名で出産祝いをいただいた場合は、大勢で食べられるお菓子などを出産内祝いとして会社などに贈るといいでしょう。 品物選びに迷う、あるいは贈り先様の好みに合わせたものを贈りたいけれど、好みが分からないという場合は、贈り先様が豊富な品物から好きなものが自由に選べる、カタログギフトもおすすめです。 カタログギフトは、出産内祝い用のカタログギフトやグルメ専用のカタログギフトなど、カタログ自体の種類もさまざまなものがあります。 贈り先様に合わせて合わせて選ぶのがよいでしょう。 ハーモニックでは出産内祝い専用のカタログギフトをご用意しております。 また、内祝いに添え状と一緒に赤ちゃんの写真を同封する場合は、家族や親戚だけにするように注意しましょう。 それほど親しくない人に赤ちゃんの写真を送っても、送られた方が扱いに困ってしまいます。 関連記事: 地域の慣習によりふさわしい品物が異なるので、よく調べましょう 出産内祝いでよく用いられるもののひとつに「緑茶」があります。 しかし「緑茶」は、仏事によく用いられるため、慶事の内祝いにはふさわしくないとされる地域もあります。 地域により考え方が違うものの代表です。 縁を切ることをイメージさせる「刃物」は、一般的には贈り物として縁起が悪いとされていますが、逆に地域によっては、未来を切り開くものの象徴として、出産内祝いにも使われます。 両親などに、地域ならではの慣習を前もって聞いておくといいでしょう。 特に、遠方の親戚などに出産内祝いを贈る場合は要注意。 地域の慣習が複雑な場合などには、カタログギフトをお贈りするのもいいでしょう。 関連記事: 出産内祝い お返し を贈る時期は、赤ちゃんの生後1ヵ月の頃にお贈りするのが一般的とされています。 相場は、お祝いにいただいた額の半分程度を目安にお返しすると良いでしょう。 その他、のしの書き方や高額のお祝いをいただいた場合のマナーもご紹介。 出産祝いのお返しで困ったらハーモニックのマナーサイトをチェックしよう。 出産内祝いに同封する手紙の例文をご紹介します。 相手との関係性別に例文を解説しますので、誰に送る場合であってもここを読めば書きやすくなるでしょう。 また、ギフト選びに悩んでいる人に、出産内祝いにおすすめのギフトについてもご紹介します。 出産祝いは想像していたよりも多くの人から受け取ることもあります。 いただく人の幅が広いため「なにをお返しすれば良いのかわからない」「お返しのマナーに不安がある」と、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。 そのような方に向けて、この記事ではお返しをするときのマナーや、おすすめの品物などについて紹介していきます。 出産内祝い お返し の「のし紙・表書き」についてご紹介。 水引の種類や表書きの書き方も決まりがあります。 結婚内祝いや引き出物のお返し、出産内祝い、香典返し、法人ギフトのカタログギフトならハーモニック。 出産内祝いの基本について事前に調べておくと、出産後にあわてなくて済みます。 この記事では、一般的な出産内祝いを「贈る時期やタイミング」についてご紹介します。 「出産内祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗 のし のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「出産内祝い」も紹介します。

次の

【2020年最新版】結婚祝いの内祝いにおすすめの品物10選

内祝い品物

内祝いの由来 近年では、「内祝い」は、お祝いを贈ってくれた方に「お返し」をするような意味合いが強くなっていますが、「内祝い」とは本来、出産や結婚、入学、成人、就職、新築、改築など、人生の節目となる記念日に、親せきや友人知人、ご近所などに配るギフトのことを指します。 「うちでこんな慶事がありましたよ」と周囲に知ってもらうためのもので、一緒に喜びを分かち合う、「お裾分け」の気持ちが始まりです。 個人のお祝いはもちろん、企業や商店などが、「何周年記念」「リニューアル」などと称してお客さまに配ることもあります。 しかし、現在ではお祝いに対する「お礼」の意味合いが強く、いきなり内祝いを渡すと驚かれることもあるようです。 中には、「こちらから何もお祝いの品を渡していないのに…」と戸惑いを感じる方がいるかもしれません。 最近の内祝いの傾向 昔は、お赤飯や紅白まんじゅうなど、定番の内祝いギフトがありました。 昨今では、石鹸・洗剤やタオルといった日用品や、日持ちのするスイーツなど食料品が人気ですが、贈り先が本当に欲しい品物を、カタログギフトの中から選んでいただくという方法も流行しています。 金額の目安としては、相手からお祝いをいただいた場合、その半分から3分の1くらいが一般的。 また、慶事からあまり日程を置かずにお贈りすることも大事です。 さらに、地域によっては、贈るべきもの、避けるべきものが決まっていることがあります。 タブーに関しては、事前に確認しておくとよいでしょう。 また中には、内祝いを辞退される方もいますが、そういうときには訪問の際にさりげなく手土産を持参したり、お礼状を書いて渡すなどするとよいでしょう。 パン・グラノーラ• チーズ・乳製品・卵• 美容・健康食品• 保存食・非常食• その他フーズ・スイーツ• キット・セット• スキンケア・基礎化粧品• ベースメイク• メイクアップ• ボディケア• ヘアケア• メイク雑貨• 美容機器・雑貨• フレグランス• オーラルケア・歯磨きグッズ• 美容・健康食品• メンズコスメ• その他ビューティ• バッグ• ファッション雑貨• 財布・小物• アクセサリー• ランジェリー・インナーウェア・ルームウェア• バッグ• ファッション雑貨• 財布・小物• メンズコスメ• フラワー• 線香・仏具• ホビー• カタログギフト• その他ホーム&インテリア• ベビーカー・チャイルドシート• ベビーベッド・寝具• おもちゃ・知育玩具• キッズ雑貨• 家具・寝具• 入園・入学準備• その他ベビー&キッズ• マタニティ用品• その他マタニティ• ランドセル 条件から探す [ ブランド ]• [ 在庫 ]• [ 価格タイプ ]• [ 価格 ]•

次の

親戚から結婚祝いをもらったら?悩みがちなお返し(結婚内祝い)の相場やおすすめの品物について【解決!お祝いのマナー】

内祝い品物

ご親族には 身近な親戚への内祝いは、家族構成、ライススタイルなどを考慮した上で選びましょう。 若い親戚には、高級タオル・スイーツ等、自分では買わないけれど、もらったら嬉しいものがおすすめです。 年配の親戚にはいくらあっても困らない調味料・ドリンク等の消耗品のギフトセットが良いでしょう。 ご友人には 親しい友だちには、好みに合わせたものを贈りましょう。 気軽に贈るなら、家族と楽しく食べてもらえそうな人気のスイーツがおすすめです。 また、プレゼント選びに心配を感じるなら、カタログギフトはいかがでしょうか?好きな商品を選べて、贈られる方からみても便利なものです。 上司や目上の方には 上司、恩師等の目上の方への内祝いは、年齢、趣味や嗜好まで考慮しましょう。 事前にリサーチしてから選ぶのがベスト!もし、どんな品物を贈ればいいか悩むなら、老舗のグルメや、伝統焼き物の和食器、ブランドの洋食器等上質なアイテムがおすすめです。 同僚には 職場の同僚から連名でお祝いをいただくことも多いはず。 グループでお祝いをいただいた場合、お返しに個包装のスイーツセットやドリンクは職場でも分けやすくて便利なため喜ばれます。 また、個別にお返しする場合、プチギフトなら気軽に多人数分を用意でき、おすすめです。

次の