世界 水泳 シンクロ。 世界水泳 シンクロ 評価点はシンクロせず。

シンクロ混合デュエット結果5位!世界水泳2015男女安部&足立ペア

世界 水泳 シンクロ

こんにちは! スポーツ大好き管理人のスポ太郎です! 2017年7月14日から 「世界水泳選手権大会」 通称『世界水泳2017』が開催されます。 水泳は日本人選手が活躍するし 見ていて楽しいスポーツの一つですよね! 思わず手に汗握って見入ってしまいます 笑 そんな水泳ですが、 プールの水温って何度くらいなのでしょうか? また、深さや水質管理はどうやってるの? ちょっと気になったので調べてみました。 特に長距離を泳げばなおさらです。 水温が高いプールは競泳にとっては 地獄だそうで、くたばってしまうそうです。 いいタイムが出なくなってしまいますね! 水温によって記録が左右されてはダメなので 国際水泳連盟の規則では プールの水温は摂氏25~28度に決まっています。 日本水泳連盟の規則もこれに準じています。 もちろん、大会をやっていない時の水温については この限りではなく、人が寒く感じないよう、 普段の営業ではこれよりやや高めに 設定されていることの方が多いでしょう。 長さ・・50. 02m 幅・・・ 25. 00m以上 水深・・2. 00m以上 3. 00mを推奨) コースの数・・10コース コースの幅・・2. 50m 長さ50. 02m ・・・ん? 0. 02mって中途半端な数字はどこからくるの? って思いますよね? これは、タッチする際に両端に設置された 「タッチ板」の厚みが片側1cm(0. 01m)なので 両方合わせて2cm(0. 02m) この分を引くとJUST 50. 00mになります。 さすがにキッチリと数値を出してありますね! ちなみに 国際飛び込みプールの場合は、 規定:水深5m。 国際シンクロプールの場合 フィギュアとルーティーンの水深の 規定が違うそうですが 3m以上なければならないそうです。 国際 水球プールの場合は、水深は2m以上。 種目によっていろいろありますね! 水深は深いほど、波が立ちにくく、 波が消えやすくなっています。 水面が安定する事で、記録も出やすくなります。 そんな理由から、このような深さになっているものと 思われます。 っていうか、あまりそんな事考えないですよね・・・。 でも言われてみると 最近は迫力満点の水中映像を撮る為、 プールの中に機材も入るし、 浄化ってどうやってるのか気になりますね・・・。 プールの浄化と聞くと 真っ先に思い浮かぶのが「塩素」ですよね。 よく学校のプールに入っていた 白くて丸いあれですね。 でも最近の浄化は昔ながらの「塩素」でなく、 「オゾン」などの触媒を使っていると思われます。 オゾンの持つ酸化力は塩素の数倍といわれ、 スピーディーな除菌効果、また 残留塩素を低くし、人体(目や皮膚など)にやさしいプール水にします。 そしてなんといっても 水の透明度が格段に向上するそうです。

次の

世界水泳やオリンピックのプールの水温や深さは?浄化の方法は?

世界 水泳 シンクロ

世界水泳選手権 開始年 1973 主催 公式サイト 世界水泳選手権(せかいすいえいせんしゅけん、FINA World Championships)は、が主催するの国際大会である。 正式名称は国際水連世界選手権である。 通称 世界水泳。 水泳界において、に次ぐ重要な大会とされる。 かつては2~5年間隔で不定期に行われてきたが、の第9回日本・福岡大会以降は夏季オリンピックの前年と翌年の奇数年に開催されている。 基本的には7-8月に開催されているが、にオーストラリアで開催された時は、南半球の季節の関係で3-4月に繰り上げて開催された。 そのため、この年8月に競泳のみ(日本名:世界競泳2007)が日本ので開催された。 本大会は世界最高スイマーが一堂に集う大会であり、特に競技ではがここで更新されることがある。 また、五輪の前年にあたる大会では、五輪に向けた調整や、前哨戦としても大変重要な大会になる。 正式種目として五輪にはない、自由形以外の50m競技も行われる。 2015年以降は大会も実質統合され、この大会と連続して行われるようになっている。 なお、偶数年に開催されている短水路の世界選手権はを参照。 大会一覧 [ ] 回 年 開催地 開催国 開催日程 開催アリーナ 参加国・地域 競技者数 1 1 1 - 47 686 2 1 1 - 39 682 3 1 1 - 49 828 4 1 1 - 52 848 5 1 1 - 34 1119 6 1 1 - 60 1142 7 1 1 - 102 1400 8 2 2 - 121 1371 9 1 1 - 134 1498 10 1 2 - パラウ・サン・ジョルディ 157 2015 11 1 1 - ジャン・トゥラボ 144 1784 12 1 3 - 167 2158 13 2 2 - フェロ・イタリコ 185 2556 14 1 1 - 181 2220 15 2 3 - パラウ・サン・ジョルディ 180 2293 16 1 1 - カザンアリーナ 17 1 - 18 1 - 19 2 2 - マリンメッセ福岡 20 1 未定 21 カザン 2 2 カザンアリーナ 22 ブダペスト 2 2 ドナウ・アレーナ 行われる競技・種目一覧 [ ]• (男・女)(50m,100m,200m,400m,800m,1500m)• (男・女)(50m,100m,200m)• (男・女)(50m,100m,200m)• (男・女)(50m,100m,200m)• (男・女)(200m,400m)• 飛板飛込(男・女)(1m,3m)• シンクロ飛板飛込(男・女)(3m)• 高飛込(男・女)(10m)• シンクロ高飛込(男・女)(10m)• シンクロ飛板飛込(混合)(3m)• シンクロ高飛込(混合)(10m)• チーム(混合)(飛板3m+高飛込10m)• ハイダイビング競技• ハイダイビング(女子)(20m)• ハイダイビング(男子)(27m)• 水球(男・女)• テクニカルルーティン(女子)(ソロ,デュエット,チーム)• フリールーティン(女子)(ソロ,デュエット,チーム,フリーコンビネーション,ハイライトルーティン)• テクニカルルーティン(混合)(デュエット)• フリールーティン(混合)(デュエット)• オープンウォータースイミング(男・女)(5km,10km,25km)• リレー(5km) 歴史 [ ] 種目 大会 29 29 29 29 32 32 32 32 40 40 40 40 40 40 40 42 42 42 4 4 4 4 4 6 6 10 10 10 10 10 10 10 10 13 13 13 2 2 2 2 1 1 1 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 3 3 3 3 3 3 3 3 3 4 4 7 7 7 7 9 9 10 0 0 0 0 0 2 2 4 6 6 6 6 6 7 7 7 7 7 合計 37 37 37 37 41 45 45 51 61 62 62 65 65 66 68 75 75 76 第1回世界水泳選手権は1973年ユーゴスラビア(現セルビア)の首都ベオグラードで、47カ国から686人が参加して開催された。 ちなみに2009年ローマ大会では、185の国と地域から総勢2556人が出場している。 世界の水泳界においては、オリンピックの存在感が大変大きかったこともあって、比較的その歴史は浅い。 競泳では、第1回大会から長くアメリカと東ドイツの実力が圧倒的で、まさに水泳界の2大大国であった。 しかしながら、第3回大会頃から徐々に旧ソビエト連邦の実力も目立つようになり、米、東独の2強にソ連が次ぐ、という構図が見られた。 1990年代に入って、大きく躍進した新勢力はオーストラリアであった。 パース大会で、長らくアメリカに次ぐ水泳大国だったドイツやロシアなどをおさえ、メダル獲得数で第2位に躍り出た。 この大会以降、1位アメリカ、そしてオーストラリアがこれに続き、ドイツ、ロシアなどが2強を追う構図となっている。 非欧米諸国の中では、中国、日本など東アジア勢が有力であったが、モントリオール大会では、アフリカから南アフリカ・ジンバブエがそれぞれ健闘した。 一方アーティスティックスイミングでは、競泳と同じく第1回ベオグラード大会から常に実施されているが、第1回大会以降、長く金メダルをアメリカとカナダで競いあう時代が続いた。 そしてほぼ例外なく、3番手には日本がつけていた。 しかし1998年パース大会で、これまで全くメダル争いに加わっていなかったロシアが、いきなり3種目で金メダルを独占し女王の座についた。 2番手には、長く万年銅メダルに甘んじできた日本が台頭してきた。 そして3位以下にかつてのシンクロ2強の米・加両国と、フランスが続いた。 大会では、スペインがロシアに迫る活躍を見せて、3番手には中国がつけている。 なお、大会から、「フリールーティーンコンビネーション」が実施された。 また大会から、ソロ・デュエット・チームがこれまでの予選・テクニカルルーティンと決勝・フリールーティンの合計点で競っていたが、テクニカルルーティンとフリールーティンが分離された。 2019年大会から「ハイライトルーティン」が実施される。 これまでの4種目から種目数が拡大しメダル獲得のチャンスも広がったが、全種目に出場する選手はかなりの負担がかかることになる。 2013年大会から男子27m、女子20mで行われるハイダイビングが行われ、2015年大会から競泳で混合4x100mフリーリレー、混合4x100mメドレーリレーが、アーティスティックスイミングで混合デュエットのテクニカルルーティン、フリールーティンが行われた。 種目数が増える傾向にある。 国別メダル受賞総数 [ ] 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 231 181 126 538 2 118 83 65 266 3 2 98 83 75 256 4 1 91 104 99 294 5 79 82 64 225 6 31 24 28 83 7 28 29 43 100 8 20 41 43 104 9 20 18 36 74 10 19 22 22 63 11 16 30 28 74 12 11 15 15 41 13 11 7 11 29 14 10 33 58 101 15 10 5 12 27 16 9 8 13 30 17 8 26 25 59 18 3 7 4 5 16 19 6 8 8 22 20 4 8 7 19 21 4 5 0 9 22 4 4 5 13 23 3 2 2 7 24 2 2 4 8 25 2 1 7 10 26 2 1 1 4 27 2 0 1 3 28 1 4 9 14 29 1 4 1 6 30 1 3 3 7 31 1 2 2 5 32 1 1 4 6 33 1 1 2 4 1 1 2 4 35 1 1 1 3 36 1 0 1 2 37 1 0 0 1 1 0 0 1 39 0 5 5 10 40 0 3 3 6 41 0 3 2 5 42 4 0 3 1 4 43 0 1 1 2 0 1 1 2 0 1 1 2 46 0 1 0 1 47 0 0 3 3 48 0 0 2 2 49 0 0 1 1 0 0 1 1 0 0 1 1 0 0 1 1 0 0 1 1 総計 857 861 852 2570• 1 -- とを含む• 2 -- を含む• 3 -- とを含む• 4 -- を含む 競泳大会記録 [ ] 男子 [ ] 種目 記録 選手 国籍 日時 大会 50m自由形 21秒08 2009年8月1日 100m自由形 46秒91 セーザル・シエロ 2009年7月30日 ローマ大会 200m自由形 1分42秒00 () 2009年7月28日 ローマ大会 400m自由形 3分40秒07 パウル・ビーデルマン 2009年7月26日 ローマ大会 800m自由形 7分32秒12 () 2009年7月29日 ローマ大会 1500m自由形 14分34秒14 2011年7月31日 50m背泳ぎ 24秒04 2009年8月2日 ローマ大会 100m背泳ぎ 52秒19 2009年8月2日 ローマ大会 200m背泳ぎ 1分51秒92 アーロン・ピアソル 2009年7月31日 ローマ大会 50m平泳ぎ 26秒67 2009年7月29日 ローマ大会 100m平泳ぎ 58秒58 2009年7月27日 ローマ大会 200m平泳ぎ 2分07秒23 2013年8月2日 50mバタフライ 22秒67 2009年7月27日 ローマ大会 100mバタフライ 49秒82 2009年8月1日 ローマ大会 200mバタフライ 1分51秒51 マイケル・フェルプス 2009年7月29日 ローマ大会 200m個人メドレー 1分54秒00 2011年7月28日 上海大会 400m個人メドレー 4分06秒22 マイケル・フェルプス 2007年4月1日 4x100mフリーリレー 3分09秒21 マイケル・フェルプス(47秒78) ライアン・ロクテ(47秒03) (47秒61) (46秒79) 2009年7月26日 ローマ大会 4x200mフリーリレー 6分58秒55 マイケル・フェルプス(1分44秒49) ()(1分44秒13) ()(1分45秒47) ライアン・ロクテ(1分44秒46) 2009年7月31日 ローマ大会 4x100mメドレーリレー 3分27秒28 アーロン・ピアソル(52秒19) ()(58秒57) マイケル・フェルプス(49秒72) デビッド・ウォルターズ(46秒80) 2009年8月2日 ローマ大会 女子 [ ] 種目 記録 選手 国籍 日時 大会 50m自由形 23秒73 2009年8月2日 100m自由形 52秒07 ブリッタ・シュテフェン 2009年7月31日 ローマ大会 200m自由形 1分52秒98 2009年7月29日 ローマ大会 400m自由形 3分59秒15 フェデリカ・ペレグリニ 2009年7月26日 ローマ大会 800m自由形 8分13秒86 2013年8月3日 1500m自由形 15分36秒53 ケイティ・レデッキー 2013年7月30日 バルセロナ大会 50m背泳ぎ 27秒06 () 2009年7月30日 ローマ大会 100m背泳ぎ 58秒12 () 2009年7月28日 ローマ大会 200m背泳ぎ 2分04秒76 2013年8月3日 バルセロナ大会 50m平泳ぎ 29秒48 2013年8月3日 バルセロナ大会 100m平泳ぎ 1分04秒35 ルタ・メイルティテ 2013年7月29日 バルセロナ大会 200m平泳ぎ 2分19秒11 () 2013年8月1日 バルセロナ大会 50mバタフライ 25秒07 () 2009年7月31日 ローマ大会 100mバタフライ 56秒06 2009年7月27日 ローマ大会 200mバタフライ 2分03秒41 2009年7月30日 ローマ大会 200m個人メドレー 2分06秒15 () 2009年7月27日 ローマ大会 400m個人メドレー 4分30秒31 2009年8月2日 ローマ大会 4x100mフリーリレー 3分31秒72 ()(53秒61) (52秒30) ()(53秒03) ()(52秒78) 2009年7月26日 ローマ大会 4x200mフリーリレー 7分42秒08 ()(1分55秒47) ()(1分55秒79) ()(1分56秒09) (1分54秒73) 2009年7月30日 ローマ大会 4x100mメドレーリレー 3分52秒19 趙菁(58秒98) ()(1分04秒12) (56秒28) ()(52秒81) 2009年8月1日 ローマ大会 日本の大会別獲得メダル数 [ ] 大会名 金 銀 銅 計 0 0 6 6 0 1 3 4 0 2 1 3 0 0 3 3 0 0 2 2 0 2 3 5 0 2 1 3 0 4 4 8 (開催国) 1 1 7 9 3 3 3 9 0 5 7 12 1 4 8 13 1 2 1 4 0 4 2 6 1 2 3 6 3 1 4 8 0 4 5 9 2 2 6 10 合計 12 39 69 120 日本は第1回大会から参加していたが、金メダルが取れなかった。 開催国となった2001年福岡大会のシンクロナイズトスイミング・デュエットで、・組が初めての金メダルを獲得した。 シンクロでは第1回大会から全ての大会でメダルを獲得していたが、2009年のローマ大会で初めてメダルなしに終わった。 競泳では第1回ベオグラード、第2回カリ大会で平泳ぎのが2大会連続でメダルを獲得するなどしたが、その後は日本勢の不振に伴ってメダルをしばらく得られないでいた。 再び日本チームがメダルを得たのは、1991年パース大会で、その後日本勢は徐々に復調を見せた。 2003年バルセロナ大会の100m平泳ぎと200m平泳ぎで、が初めての金メダルを獲得。 2005年モントリオール大会では、金メダルこそ獲得できなかったものの、平泳ぎの北島康介や自由形長距離のなどを中心として過去最高の9つのメダルを獲得、総数で初めて米豪に次ぐ第3位となった。 飛込では2001年福岡大会男子3m板飛込でが初メダルとなる銅メダルを獲得している。 この大会では女子10mシンクロ高飛込でも・組が銅メダルを獲得している。 日本でのテレビ中継 [ ] 第8回まではが衛星放送などで放送していた。 2001年(第9回)の福岡以後はが日本国内における放送権の独占契約を結んだ。 地上波の系列と衛星波子会社の、CS放送ので独占中継している。 基本的に生放送であるが、競技の進行状況その他によっては()を行う日もある。 2011年からは再びB'zの「ultra soul」がテーマ曲となり、この年はアレンジされた「ultra soul 2011」がテーマ曲となった。 2013年は「ultra soul」オリジナルバージョンが2001年以来12年ぶりにテーマ曲として復活した。 2001年と2003年はが特別実況を務めた。 担当したレースはとのレース。 2005年はカナダで行われたため、時差の関係で競泳決勝の一部が「」の枠内にかかった。 このため、通常同番組を放送している系列外の局も競泳決勝(土日を除く)のみ放送された。 として、2001年の福岡大会に使用した後、日本水泳連盟の公認マスコットキャラクターとなった『 ぱちゃぽ』を毎回使用している。 テレビでは、視聴者にわかりやすいように、世界記録のペースを赤色のラインで表示し、これより先を進んでいれば世界記録ペースで泳いでいることを示している。 大会によっては競技の開催時間帯であってもによるとなるために、放送前に競技の結果がウェブニュースや放送などで分かってしまう「」となるケースがある。 なお、は先述の季節上の関係で世界水泳は3-4月の開催だったため、翌年のの前哨戦という位置づけで、世界水泳をしのぐ「夢の国際競泳大会」、「2007年の真の競泳世界一決定戦」として「(世界競泳)」がテレビ朝日・日本水泳連盟・国際水泳連盟との共同企画によりので開催され、同様にテレビ中継された。 テレビ朝日中継関係者 [ ] 放送キャスター (2001年 - )メインキャスター 解説者• (シンクロ)• (シンクロ。 三重県知事夫人)• (シンクロ)• (競泳)• (飛び込み・ハイダイビング) 実況アナウンサー(いずれもテレビ朝日)• (競泳)• (競泳)• (競泳)• (競泳)• (シンクロ)• (シンクロ)• (シンクロ)• (飛び込み・ハイダイビング) 過去• (2001年大会女子シンクロ飛び込み銅メダリストの大槻枝美と中学時代の同級生)• (2001年のみ)• (実況)• (実況。 当時テレビ朝日アナウンサー)• (進行キャスター。 テレビ朝日アナウンサー)• (解説)• (解説。 現長官)• (2005年。 放送当時東京支社勤務アナウンサーで、「スーパーモーニング」MCだったことによる)• (2009年、2011年。 元五輪選手で、キャスター、リポーター担当)• (2011年進行キャスター。 テレビ朝日アナウンサー)• (2009年 肩書き上は「スペシャルゲスト」) 提供出し [ ]• この大会期間中、テレビ朝日では出し(番組・大会の協賛スポンサー表示)は画面下に出す程度でクレジットのアナウンスは行わない。 (と同要領) その他 [ ] アジア・オセアニア以外で当大会が開催される場合、時差の都合上日本時間の深夜~早朝に開催されてしまう。 特に「-甲子園への道」は2005年以後、同番組製作局の()以外の多くが午前0時台以後(土曜・日曜は朝日放送テレビを含め最終版ANNニュース明け)に放送されるところもあるが、これを世界水泳の生中継終了後に延期し、早朝番組となるケースもある。 また23時台の「」は朝日放送テレビのみ唯一全国ネットスポンサーセールス(前半のみ)ながら時差放送扱いされているが、世界水泳の開催時間によっては23時台の「」(ローカル差し替え枠)を休止し、ネオバラの同時放送にすることもある。 脚注 [ ] [].

次の

丸茂圭衣の出身大学や身長体重や彼氏は?画像も【リオシンクロ】

世界 水泳 シンクロ

新種目ミックスデュエット・テクニカル 今大会から初種目となったシンクロの混合デュエット!! 大注目の安部篤史選手、足立夢実選手。 予選は自分たちの演技ができなくて悔しさが残ったものの、決勝はやりきりました。 決勝の結果は以下の通り。 1位 アメリカ:88. 5108 2位 ロシア:88. 2986 3位 イタリア:86. 3640 4位 ウクライナ:83. 7653 5位 日本:82. 3509 6位 トルコ:74. 7756 スポンサーリンク ウォーターボーイズに影響されてシンクロをはじめたという安部篤史選手が話題になり、今回の世界大会シンクロで、たぶん、井村コーチが日本に帰ってきたというの同じくらい話題になりました。 出典: 大きな舞台に立ちたいと今大会のためにシンクロ日本代表に挑戦した安部選手。 そしてロンドンオリンピックなどでも日本代表として活躍し、その後引退したものの、この種目で初の日本人代表になりたいと現役復帰した足立選手。 それぞれの想いを胸に臨んだ今回の大会。 しかしながら予選は悔しい結果となります。 世界選手権のシンクロで男子が初めて演技した歴史的な日に予選6組中5位。 長く日の目を浴びなかった時期を乗り越え、この場に立った感慨とともに、不本意な内容に「何とも言えない感覚。 はまらないところがいっぱいあった」とうつむいた。 冒頭、足立の傍らにパンツタイプの水着で男らしさを強調した安部が立つ。 「悪い緊張感はなかった」と言うが、勢いよくプールに飛び込んでからの演技にさえがない。 脚技は少しずつずれ、高さにも欠けた。 花牟礼コーチは「ただでさえ小柄な2人がこぢんまりしていた。 (安部は)硬くなって力を出し切れなかった」と評した。 スポンサーリンク 決勝では素晴らしいジャンプ! リオ五輪では同種目はありません。 世界大会以降は退き、本来の水中パフォーマーに戻る安部選手。 決勝戦は悔いを残したくないところ。 陸から演技がはじまり、水中へ。 そしてその後、最初にして最大の見せ場のジャンプ!! 安部選手が水中から押し出し、足立選手が飛び出してバク転!一回転!!! めっちゃキマりました!!! 予選を上回っているだけでなく、練習でもこれほど高いジャンプはしたことがなかったくらいだそうです。 すごかった! その後の演技でも、やや動きのタイミングが遅れたりしたところはあったものの、全体的にはまとまっていて2人の息のあった演技を見せてくれました。 男女のシンクロって、こんなにも動きが一致するものなんですね。 男性と女性では筋肉の付き方から全然違うはずなのに、見ていて違和感ないくらいぴったりしている。 力強くも美しい演技でした。 順位は予選と同じだったものの、演技後のインタビューでは2人ともやりきったという安堵の表情が垣間見れました。 納得の結果というわけではないけれど予選よりもいい演技ができたし、ここまでよくやったよなぁといったところでしょうか。 2月からペアを組み練習をはじめて、安部選手は5か月前の当時はエレメンツ(規定要素)1つもできなかったところを、ここまでこれたことがお2人とも感慨深いとのこと。 この5か月で周りも驚くほどの急成長を見せました。 いやすごいですね。 きっと、桜木花道がバスケを知らなかったところから数か月でインターハイ選手になったくらいすごいことです。 松岡修造も大満足だったようで、 「シンデレラボーイになりたいと話していたが、シンデレラ篤史だ!!」と賞賛。 ちなみに1位のアメリカの男子ビル・メイ選手は、まさに男子シンクロのパイオニア的な存在。 もちろん日本では安部篤史選手がパイオニアなのですが、ビル・メイ選手は女子に混ざって試合に出場したりと世界の男子シンクロを切り開いてきました。 競技は引退したのですが、今大会のために復帰。 そんな選手が、決勝でシンクロ大国・ロシアのさらに上をいく素晴らしい演技で優勝したことも感慨深いなと思いました。 アメリカの演技は、とにかくもう表情が良かったです。 すごい楽しそうで生き生きしてる!! 男女混合というと、男子の選手と女子の選手が一緒に演技するんだなくらいにしか思っていませんでしたが、違いますね。 男女ペアだからこその表現があります。 かといって、派手なジャンプを何度も飛んだりというような、フィギアスケートとも違う。 女子オンリーのシンクロだと美しくもかっこいい、宝塚のような感じなのですが、 男女混合は、例えるなら社交ダンスの雰囲気っていうのが自分としては一番しっくりくるかな。 今大会が初種目で、安部選手、足立選手が良い演技を披露したにも関わらず6チーム中5位。 想定以上のレベルの高さでした。 これからシンクロの混合種目はますます魅力的なものになっていくでしょう。 日本のシンクロ界に新たな道を示してくれた安部選手、足立選手に拍手を送りたいです。

次の