ホンダハイブリッドシステム。 トヨタハイブリッドとホンダハイブリッド、実はそれぞれ強みが違うんです!

ホンダのハイブリッドシステムの特徴!車の種類一覧と人気車種2つ!口コミ/評判はいかに?!

ホンダハイブリッドシステム

新車で買えるホンダのハイブリッドカーは13車種 ホンダの車の歴史は1999年のインサイト販売から始まりました。 このコンパクトは当時国内最高燃費を記録して、特異なボディー形状が斬新で、これからの時代はハイブリット自動車が主流になると当時話題になりました。 現在、ホンダでは大きく分けて3種類のシステムが用意されています。 フィットなど小型車に採用されるi・DCDはコンパクトで低コストのシステムで、エンジンの補助として高い燃費を実現しています。 オデッセイ、アコードに搭載されたi・MMDはモーター主体でガソリンエンジンは発電用及び高速走行用に利用されます。 高コストですがモーター両方の効率の良い部分を引き出せるシステムです。 NSX、レジェンドに搭載されたSH-はモーター駆動を組み合わせたもので、通常のよりも軽くコンパクトに化することが可能です。 これまでのハイブリッドと異なり、モーター駆動を積極的に運動性能向上に使った独創的なシステムとして注目が集まっています。 ホンダ ジェイド 新車価格:244. 3〜314. 6万円 ホンダ ジェイドはスタイリッシュなワゴン。 2015年2月発売。 3列シート(6人乗り)の風モデルとして登場した。 現在は2列シート車(5人乗り)もラインナップする。 モデルには、直4 1. 5Lエンジンとモーター1基を搭載。 燃費は24. ジェイドの購買ターゲットは、プレファミリー層および子育てを終えた中高年層。 ハイブリッドモデルにスポーティーな「RS」を用意し、走り重視のユーザーにもアピールする。 最新「ジェイド」中古車情報.

次の

ホンダ ハイブリッドシステムの展望について

ホンダハイブリッドシステム

ホンダがいま最も力を入れているパワートレイン、i-MMD。 一部報道陣向けのワークショップが浜松で開催され、そこに参加してきたので内容をレポートしよう。 2013年発売のアコード ハイブリッドから始まった、走行用と発電用の2モーターを備えるi-MMDは、現在6車種まで増えている。 今回のイベントでは、開発者からのプレゼンテーションやモーター工場の見学、各モデルへの試乗というプログラムだった。 プレゼンテーションに関しては、かなりディープで正直お腹一杯になってしまったことを告白しておくが、その内容はホンダが考えている戦略の方向性や、なぜi-MMDに力を入れるのかを知るのに重要なもの。 あえてその内容をレポートするのでじっくりと読んでいただきたい。 本田技術研究所 取締役副社長の三部敏宏氏(2019年4月1日付で本田技術研究所取締役社長に就任)は、 「ここ数年の全世界における電動化への動きは、想定以上に進んでいると理解しています。 ホンダは電動車のベースとなるハイブリッドの効率をさらに向上させること、それと共に、PHEVやZEV(Zero Emission Vehicle)の導入を加速させ、電動車両においてもそれなりに台数を出していく必要がある。 これまでのように技術だけではなく、事業性との両立を実現するということが必要になってきたと考えています」と現状を語る。 さらに、 「規制もより強化され、内燃機関の熱効率改善だけでなく、ハイブリッド(HEV)であっても1モーターシステムでは届かないような燃費、CO2のレベルになってきた。 そこで今後はi-MMDを主力にHEVやZEVを展開していく戦略です」とした。 三部氏は、 「日本の電動化比率は3割弱なので、大して高くない目標だと感じるかもしれない。 ただし、ホンダが勝手に目標数字を決めても、最終的にお客様に買ってもらわないと、この比率は達成できない。 従ってこういう比率になるような商品開発を忘れずに目標達成に向かって頑張ります」とその意気込みを語った。 つまり、それだけホンダらしい魅力的な商品を開発していかねばならないということなのだ。 その第一弾としてがある。 前回のの市販バージョンだ。 これを今年欧州に、来年日本で販売を開始。 このように2030年に向けて一歩一歩進めていっているのだ。 >> [次ページへ続く].

次の

ホンダのハイブリッドシステムの特徴!車の種類一覧と人気車種2つ!口コミ/評判はいかに?!

ホンダハイブリッドシステム

新車で買えるホンダのハイブリッドカーは13車種 ホンダの車の歴史は1999年のインサイト販売から始まりました。 このコンパクトは当時国内最高燃費を記録して、特異なボディー形状が斬新で、これからの時代はハイブリット自動車が主流になると当時話題になりました。 現在、ホンダでは大きく分けて3種類のシステムが用意されています。 フィットなど小型車に採用されるi・DCDはコンパクトで低コストのシステムで、エンジンの補助として高い燃費を実現しています。 オデッセイ、アコードに搭載されたi・MMDはモーター主体でガソリンエンジンは発電用及び高速走行用に利用されます。 高コストですがモーター両方の効率の良い部分を引き出せるシステムです。 NSX、レジェンドに搭載されたSH-はモーター駆動を組み合わせたもので、通常のよりも軽くコンパクトに化することが可能です。 これまでのハイブリッドと異なり、モーター駆動を積極的に運動性能向上に使った独創的なシステムとして注目が集まっています。 ホンダ ジェイド 新車価格:244. 3〜314. 6万円 ホンダ ジェイドはスタイリッシュなワゴン。 2015年2月発売。 3列シート(6人乗り)の風モデルとして登場した。 現在は2列シート車(5人乗り)もラインナップする。 モデルには、直4 1. 5Lエンジンとモーター1基を搭載。 燃費は24. ジェイドの購買ターゲットは、プレファミリー層および子育てを終えた中高年層。 ハイブリッドモデルにスポーティーな「RS」を用意し、走り重視のユーザーにもアピールする。 最新「ジェイド」中古車情報.

次の