業務 スーパー チュロス オーブン。 業務スーパーの冷凍チュロスがコスパ抜群!美味しい食べ方や揚げない方法など

業務スーパーの冷凍チュロスがコスパ抜群!美味しい食べ方や揚げない方法など

業務 スーパー チュロス オーブン

チュロスのイメージは、油で揚げていて、砂糖たっぷり、カロリーが恐ろしく高いイメージですね。 いくら安くて、本数もたくさん入っているからといって、カロリーを気にせず食べてしまうと、健康に良くありません。 業務スーパーのチュロスのカロリーは、100グラムあたり172キロカロリーとなっています。 砂糖などが加わると、もう少し高いカロリーになってしまいますね。 150キロカロリーくらいは、プラスされるとみておいた方が良いでしょう。 さすがに300キロカロリーを超えてくると、気軽に食べるのは難しいですね。 しかし、業務スーパーのチュロスは、油を使わずオーブンやフライパンで焼いたり、調理方法次第でカロリーを低くすることもできるので、そこまでカロリーを気にせず食べられるのではないでしょうか。 ただし、カロリーをカットしたからといって、たくさん食べてはカロリーオーバーになるので、業務スーパーのチュロスを食べるときは、食べ過ぎないように気を付けてくださいね。 業務スーパーのチュロスは、冷凍で売られています。 油で揚げるときは、冷凍のままフライパンに入れて、180度の油で3本あたり3~4分揚げるようです。 油に入れるときにフライパンの中で、チュロス同士がくっつかないようにすること、浮き上がってくる前に触らないこと、きつね色になるまで揚げることが、上手く揚げるコツです。 油から取り出したら、チュロスが重ならないように、広げて油切りをし、3~5分ほど粗熱をとることで、余分な油が落ちて、美味しく食べられます。 フライパンに、たっぷりの油を入れて揚げるのが良さそうですね。 業務スーパーのチュロスは、冷凍なので、フライパンに入れるときに油がはねて、やけどをしないよう気を付けて調理してください。

次の

業務スーパーのチュロスは美味しい!揚げないオーブントースターでの作り方

業務 スーパー チュロス オーブン

業務スーパーによく通う人であれば、もしかしたら一度はチュロスを買ったことがあるのではないでしょうか。 チュロスは激安商品でありながら味は誰もが納得できるほど。 しかし、業務スーパーに売っているチュロスは「揚げないと美味しく食べられない」とか「挙げるのが面倒で買わない」という人も多いのでは。 人気商品でありながらも少し手間が掛かってしまうイメージのある業務スーパーのチュロス。 しかし、実は揚げないでトースターなどで簡単に美味しく調理が出来てしまうのです。 今回は、業務スーパーに売っているチュロスの詳細と揚げないでも美味しく食べられる方法、そしてチュロスの美味しい食べ方をご紹介します。 買ったことがある人も、今まで気になっていたけど買ったことが無い人も良ければ最後までご覧ください。 簡単で美味しいチュロスの揚げ方と食べ方を知ることが出来ます。 国産チュロスはかなりの人気商品であり、一般的に多く食べられている商品です。 激安でその上味も問題なしで量も多いこの国産チュロスは良いことだらけで評価も高いものになっています。 値段がかなり安めなのですが、日本で作られているので安全安心で買う方もためらいが無く購入できます。 チュロスの砂糖の甘みと良い香りがあり、甘すぎないので男性であっても誰であっても食べれてしまいます。 人によっては止められなくなってしまうほど美味しいと感じる人も。 また、サイズも程よいので何個も食べられるのがポイントですし、みんなでシェアしやすいので友達と集まった時には業務スーパーのチュロスを用意しても良いでしょう。 定番のチュロスをお家で手頃に食べたい場合は、業務スーパーの国産チュロスを買ってみると良いでしょう。 チュロスが売っているお店に足を運ばなくても家で気軽に食べれてしまうので、好きな人や子供がいるご家庭では冷凍庫に何個か入れておいても良いでしょう。 値段 98円 内容量 30本入り 500g カロリー 100gあたり 855カロリー 原材料 小麦粉・砂糖・甘味料・食塩等 もう一つのチュロスは、スペイン産のチュロスです。 国産チュロスは短めなのですがスペイン産チュロスは長めになっています。 大きめのサイズなので1~2本でも満足できてしまいますが、こちらも美味しいのでついつい続けて食べてしまいそうです。 シェアして食べても良さそうです。 しかも、食べ方はとても簡単でオーブントースターで焼くだけで食べられてしまいます。 業務スーパーにしては少し高めの値段にはなってしまうのですが本場スペインのチュロスをオーブントースターで焼くだけで、簡単にお家で食べられてしまうのでとてもおすすめですし、おやつとして気軽に食べられるのがポイント。 こちらのチュロスを食べる際にはお好みでトッピングやアレンジを加えてください。 そのまま食べてしまうと味を感じることが出来ませんので、砂糖などを自分好みに調整してかけてください。 家族や友達が集まった時にそれぞれ好きなトッピングや味付けで食べるのも楽しくて盛り上がりそうなので、お試しください。 値段 248円 内容量 8~9本入り 200g カロリー 100gあたり 329カロリー 原材料 小麦粉・食塩・植物油脂等 業務スーパーのチュロスを揚げないで簡単に作れる方法の一つとして、業務スーパーのチュロスをトースターで焼く方法があります。 トースターに重ならないようにチュロスを置いていき、少し油をかけて焼いていきます。 トースターで焼く際にはアルミホイルをかけて焦げないように気を付けましょう。 トースターでもチュロスのモチモチ感を楽しむことが出来るので、時間があまりない時や揚げるのが面倒だと思った際にはトースターで焼いてみてください。 また、オーブンでも可能なのでトースターが無い場合揚げないでそちらで焼いても良いでしょう。 オーブンで焼く場合はトースターを使用する方法と変わってきます。 オーブンの皿にオーブンシートを敷いて解凍をしないままチュロスを並べて入れ、180度の温度で30分ほど焼いてください。 焼きが足りないと感じた際は数分ほど追加で焼くと良いでしょう。 業務スーパーのチュロスを揚げないで焼く二つ目の方法として、フライパンもあります。 こちらは調理時間が少なく簡単に出来るので早く簡単に食べたいという人にはおすすめです。 フライパンに油を使わなくても出来ますが、くっついてしまうようであれば油をひいて焼いてください。 香りを引き立てたい時にはバターを使用しても良いでしょう。 弱火でたまにひっくり返したりしながら6~7分ほど焼きます。 この時、焼き目が足りないと感じたりしたら自分が納得いくまで焼くと良いでしょう。 この方法もモチモチとした食感を楽しむことが出来るのですが、油で揚げたときより、こんがりと仕上がらずきれいなきつね色にもならないのでもっちり食感を楽しみたい方はフライパンを使用してください。

次の

業務スーパーの冷凍チュロスがコスパ抜群!美味しい食べ方や揚げない方法など

業務 スーパー チュロス オーブン

業務スーパーの冷凍チュロスのカロリーは、100gあたり172kcalとなっています。 チュロスは高カロリーのイメージがありますが、冷凍状態の時には砂糖はかかっていない状態なので、自然な甘さのあるチュロスになっています。 揚げた後にかける砂糖の量を自分で調節したり、油で揚げずに調理するとカロリーを抑えて食べることができます。 工夫次第で低カロリーで食べられるのも嬉しいポイントです。 ですが、スイーツであることに変わりはないので、食べすぎには注意が必要です。 業務スーパーには、冷凍チュロスの他にも様々な人気スイーツやデザートがあります。 次の記事でおすすめ商品を23種類紹介していますので、ぜひそちらも参考にして業務スーパーのスイーツを楽しんでみてください。 業務スーパーの冷凍チュロスの揚げない調理法の2つ目は、フライパンで焼く作り方です。 フライパンにチュロスを並べたら、時々ひっくり返しながら弱火で7分~8分焼いていきます。 油で揚げた時のような綺麗な焼き色にはならないので見た目は劣りますが、手軽に調理できるのが嬉しいですね。 また、オーブンより短時間で調理することが可能です。 フライパンで調理すると、カリカリというよりは全体的にもっちりとした仕上がりになります。 調理法によって食感が変わるのもおもしろいので、色んな調理法でお好みの食感を探してみても良いですね。 フライパンは一度にたくさん焼くのにも向いています。 難易度が高そうなアイシングですが、作り方は意外と簡単です。 アイシングをすれば模様が描けたり、チョコレートなどをトッピングしたかわいいチュロスができます。 お子さんと一緒にデコレーションをするのも楽しそうです。 甘めが好みの方は、はちみつ風味のアイシングがおすすめです。 粉砂糖30g、はちみつ3g、水大さじ1を混ぜ合わせ、粉砂糖がしっかり溶けたらチュロスにコーティングすれば完成です。 飾り付けをしたい場合は、アイシングが固まらない内に手早く行いましょう。 はちみつの代わりにレモン汁を少し加えるとさっぱりとします。

次の