ドラゴンボール ベジータ。 【サイヤ人編】初期ベジータの場面ごとの戦闘力を考察してみた【ドラゴンボール】

【ドラゴンボール】ベジータの弟!第2王子の人物像や強さとは?

ドラゴンボール ベジータ

『ドラゴンボール』のライバルキャラクターと言えば、ベジータ。 作中でも公式に悟空のライバルとして扱われた人気キャラクターの一人です。 ベジータはサイヤ人編で登場したため、ライバルにしては結構登場時期が遅いです。 当初は地球を侵略しにやってきた悪党で、ドラゴンボールを集めて不老不死になって宇宙を支配することを企んでいました。 悟空たちによって迎撃された後は、ナメック星で再び戦うことになるものの、フリーザという共通の敵を前にして一時的に共闘します。 それ以降、純粋に仲間になったわけではないものの、地球に住み着き共に戦っています。 ピッコロと同じように元々敵だった人物が、徐々に仲間になっていったという感じでした。 最終的にはすっかり普通に仲間になっていましたね。 悪人のベジータの性格が変わって改心していった過程を考察します! 《出典:ドラゴンボール》 惑星フリーザに帰還して怪我を治療した後も、すぐにまた地球を侵略しに行こうと考えていました。 しかし、フリーザがナメック星に行ってドラゴンボールを集めているという情報を聞いたことで、先にフリーザが不老不死になることを阻止するため、地球を後回しにしてナメック星に向かうことになります。 サイヤ人編のベジータは徹頭徹尾、悪党でした。 ここから仲間になっていくとは考えがたいレベルでしたね。 フリーザ編のベジータ フリーザ編では、フリーザよりも先にドラゴンボールを集めて自分が不老不死となり、宇宙を掌握しようと企みます。 ベジータ、フリーザ一味、クリリンたちという三つ巴でドラゴンボール争奪戦が行われます。 ベジータはフリーザとも敵対していますが、地球人とも味方する気はなく、脅してドラゴンボールを奪ったりしています。 しかしギニュー特戦隊がナメック星にやってきたことで状況が変わり、クリリンたちと共闘してギニュー特戦隊と戦うことになりました。 この時点ではあくまでギニュー特戦隊、またフリーザを倒すために仕方なくクリリンたちと共闘しているというだけであり、仲間意識はないし自分が不老不死になって宇宙一になることも諦めていません。 フリーザ戦では悟飯が殺されそうになっているのを見ても、「あのガキが死ぬのは構わんが」と述べて助けようとしない描写もあり、根本的にベジータの性格は変わっていないのがわかります。 《出典:ドラゴンボール》 悟空が自分を超えている強さを身につけていることには大きくプライドを傷つけられていますが、大怪我を負った悟空の怪我を治療する際、「貴様なら大した時間もかからずに全快できるだろう」と言っており、悟空の強さを認め始めていました。 フリーザに致命傷を受けた死に際には、悟空にサイヤ人の仇としてフリーザを殺してくれと涙ながらに頼んでいます。 悟空に仲間意識を持ったわけではないでしょうが、同じサイヤ人の生き残りとして少し特別な意識を持っているのだと思います。 ドラゴンボールで復活後は地球に住み着きますが、そこで何も悪事を働かず、それどころか死んだ悟空を蘇らせる手段を悟飯たちに教えるなど、今までとは打って変わって平穏になっています。 超サイヤ人となった悟空を蘇らせて、いつかその悟空を超えたいという気持ちからの発言であったため、単純に悟空を助けたいつもりで言ったわけではありません。 「宇宙一になった男を直接見てみたい、そして自分がそいつを超えて一番になりたい」というプライドのためです。 ただフリーザのときは不老不死になってでもとにかくフリーザを殺して自分が宇宙一になりたいと思っていたのに、この時点では悟空を復活させてその上で超えたいと思っているんですよね。 この先もポルンガや神龍の願いで不老不死になろうともしないですし。 この頃から宇宙を支配したいという欲より、自分がナンバー1でありたいという想いが強くなっています。 おそらく悟空が憧れの超サイヤ人となったことで、サイヤ人として負けたくないというプライドが強くなったからでしょう。 人造人間編のベジータ 人造人間編では3年間悪事も働かずにひたすら修行だけしていました。 前述のとおり悟空を超えることが一番の目的になっていたからです。 また、ブルマとよろしくしてトランクスを生んでいます。 出来心というかたぶん勢いだったので、ブルマへの愛情があるかというと若干怪しいです。 人造人間20号の攻撃でブルマとトランクスの命が危なかったときも、特に助けることも心配することもしていなかったですしね。 修行中に超サイヤ人へと覚醒したことで、失っていた自信を取り戻し、今度こそ自分がナンバー1になったと思っていました。 当初の計画では人造人間を倒した後、悟空と戦う予定だったはずです。 しかし、17号と18号が自分を遙かに超える強さだったため、再び人造人間を倒す修行期間に入ります。 もし計画通りに悟空を倒すことができていたら、もしかするとベジータは宇宙征服に乗り出していたかもしれないですね。 ブルマとトランクスにはわずかばかりの家族意識は残るかもしれないですが、フリーザ編のような悪意に満ちたベジータに戻っていた可能性はあったと思います。 精神と時の部屋で修行してまた自信を取り戻しますが、完全体のセルに敗北。 更に精神と時の部屋から出てきた悟空が自分を遙かに上回る気の大きさだったため、焦燥感がより募っていきます。 最終的に悟空とセルを上回ることができず、二人が戦っているときに、悟空が天才であり自分は敵わなかったということを認めています。 その後悟飯が超サイヤ人2になってセルを倒して、悟空はセルの自爆で死んでしまいました。 悟空が死んだことを悔しがっているのは、とうとう悟空を超えることができないままいなくなってしまったからですね。 悟空が死んでしまったことで、ベジータは永遠に悟空を超えることができなくなりました。 《出典:ドラゴンボール》 悟空の息子である悟飯にも追い抜かれ、自分はセルを倒すこともできなかった。 「俺はもう戦わん」と意気消沈しているのは、プライドが粉々になってしまったためでしょう。 ベジータが宇宙を支配しようとしていた悪人であることは事実ですが、根幹にあったのは自分が最強であるというプライドの高さゆえ。 悟空と悟飯への敗北感により、悪意が薄れたというより、ベジータの中で目的を失ってしまったところが大きいように思います。 また、トランクスがセルに殺されたときにベジータが激昂していたため、家族意識もでてきていました。 前述のとおり悟空と悟飯が自分より上であると認めたこと、それから精神と時の部屋でトランクスと一緒に修行していたことも、ベジータが変化するきっかけになったのかもしれません。 魔人ブウ編のベジータ セルがいなくなってからの7年間は、仕事もせずに修行ばかりしていたそうです。 うらやましい。 セル編終了時点では悟飯の方が強かったですが、悟飯が修行をしていなかったため、7年後にはベジータの方が強くなっていました。 悟空は死んでいるため、この時点では全宇宙でベジータが一番強い時期でした。 ベジータも悟飯より自分が強くなっていることを自覚しているため、その気になれば宇宙征服もできたはず。 それなのにただひたすら修行していたのは、死んでしまった悟空を超えることができないため、悟空の亡霊を追い続けて修行していたのではないかと思います。 (実力的には7年前の悟空より強くなっていますが、もし悟空が生きていれば当然悟空も強くなっているはずなので、ベジータは悟空を超えられなかった気持ちがいつまでも残っていると思います) 7年間穏やかに地球で過ごし、ブルマとトランクスと関わったことで家族愛も芽生えてきています。 ベジータ自身、「地球での暮らしも悪くないと思っていた」と後から発言していますので、はっきりと変化してきているのが分かります。 魔人ブウ戦では、悟飯の気が感じられなくなって死亡したと思ったベジータは、魔人ブウに対して「てめえよくも悟飯を殺しやがったな」と怒っています。 フリーザ戦では悟飯の命などなんとも思っていなかったベジータが、今では悟飯に仲間意識を持っていることがわかる描写です。 《出典:ドラゴンボール》 最後は自分の命と引き替えに魔人ブウを倒そうとし、ピッコロからは初めて他人のために戦っていると評されていました。 クリリンとピッコロがベジータの死をつらそうにしているところを見ると、周囲からもベジータに対して仲間意識を持たれていたみたいですね。 結果的に魔人ブウは生きていて、ベジータの無駄死にで終わってしまいましたが……。 死んだベジータは当然地獄へと行っていましたが、魔人ブウと戦うために占いババの能力で再び地球へ。 悟空とポタラやフュージョンで合体して戦うことをすごく拒んでいましたが、これはサイヤ人としてのプライドで、合体して戦うよりも一人で戦いたかったためです。 (ライバルの悟空の力を借りるのも嫌だったんでしょう) 最終決戦では遂に悟空をナンバー1と認め、あのベジータが悟空に「がんばれ」と応援までしています。 この時点で完全に悟空を仲間として認めていました。 関連記事: こうして振り返ると、ベジータの性格に大きな影響を与えた人物は、ブルマとトランクスだけではなく、悟空の存在が非常に大きかったのではないでしょうか。 同じサイヤ人でありながら常に自分より上に居続ける存在がいたため、ベジータもただ強くなることだけを考えて修行し続けていたのだと思います。 まとめ ベジータが改心できたのは、悟空というライバルが身近にいた影響が一番強いと思います。 悟空をナンバー1と認めた最後の魔人ブウ戦が、ベジータが改心して本当の仲間になった瞬間です。 家族愛に関しては最後は悟空よりもベジータの方が高かったとさえ感じますよね。 悟空は老界王神にブルマのエッチな写真を渡そうとしているところとか、ちょっと……。 《ベジータが登場するサイヤ人編は17巻から!》.

次の

ベジータ

ドラゴンボール ベジータ

Contents• ベジータとブルマの「正反対な人物像」を知る2つの情報 2人は生きてきた世界も性格も全く違う者同士でした。 惑星ベジータに住むサイヤ人は戦闘能力によって階級が決まることから、 王子であるベジータは最強クラスということになります。 サイヤ人には生き残りがほとんどおらず、 ベジータ、ナッパ、悟空の兄のラディッツ、カカロット(悟空の祖国での本名)の4人しかいませんでした。 ベジータはとても 好戦的な性格で、人から命令されたり侮辱されたりすることを極端に嫌います。 しかし、悟空やフリーザなど次々現れる敵と戦う中で、 悟空の強さが常に自分の上であることを受け入れるようになっていきましたが、ベジータの中で悟空は 「必ず超えるべき存在」であるとともに 「目標」でもあったのです。 自分の強さに甘んじることなく、常に鍛錬し、心身ともに高めることを怠らない超努力家と言えます。 大企業カプセルコーポレーションの令嬢であり、 父は科学者で社長のブリーフ博士ですから、お金持ちであることはもちろん、 飛び抜けた頭の良さも父親譲りであることがわかります。 イケメンが大好きで「素敵な人に出会うため」にドラゴンボールを探す旅に出ており、その途中で悟空と出会いました。 当初はヤムチャと付き合っていましたが、彼の浮気グセに耐えられず破局し、その後ベジータに惹かれていきます。 ベジータとブルマの馴れ初めで知る「愛情が深まった2つの背景」 2人が出会った時点ではお互いに無関心でしたが、距離が徐々に縮まっていく場面が度々登場します。 それでは、 ベジータとブルマの馴れ初めで知る「愛情が深まった2つの背景」についてご紹介していきます。 ナメック星では激しい戦いが繰り広げられ、星ごと爆発して消滅したため、ナメック星人たちは新たな星へ移住するまでの間、 カプセルコーポレーションで仮住まいを始めます。 ベジータも地球には頼るツテがなく、行く当てもない様子でいたところ、ブルマから 「うちに来たらどうか」と誘われ、以後カプセルコーポレーションの世話になり始めました。 ブルマがベジータに声をかけたのは、 あくまでも厚意からであって、当時は恋愛感情など少しも存在しませんでした。 しかし、 男女が惹かれ合うようになるきっかけは大抵、些細な出来事の中に潜んでいるものです。 ブルマがベジータに仮住まいを勧めたのも、ベジータが申し出を受けたのも、 「2人がいずれ結ばれる運命だったから」だと言えそうです。 女性の気持ちなど考えたことがない• 頭の中は常に 戦いや 鍛錬のことばかり• 女より悟空の存在が気になる ブルマにとっては、 今まで出会ったことのない男性のタイプでもあり、自分の目標や信念にひたすら向かうベジータの姿に本当の 男らしさを感じたのです。 ある時、カプセルコーポレーションで 重力修行をしていたベジータは、無茶をして重傷を負ってしまいました。 衝突しながらも必死に看病するブルマを見るうちに、 ベジータの中にも徐々に彼女への 愛情が湧いてくるようになります。 自分に対し臆することなく「バカじゃないの」とハッキリものを言えるブルマの快活さと、わかりやすい彼女の愛情表現は、 ベジータにとってはかなり新鮮な体験だったのです。 ベジータとブルマの結婚生活と愛情がよくわかる2つの側面 当初は家庭の匂いなどしなかった2人ですが、大きな戦いを経て、徐々に家族としての愛情を育んでいきます。 きちんと 入籍したのは人造人間との戦いが終わった後のことでしたが、 彼には依然として「家族」という存在に関心が薄かったと言えます。 どちらかと言うと、 サイヤ人は家族という概念が非常に薄いため、婚姻や血縁で繋がる絆というものを理解しがたかったとも表現できます。 しかし、魔人ブウを倒した後は、 娘ブラを可愛がり、徐々に 夫・父としての自覚も芽生え、 愛情という幸せを実感しだすようになりました。 悟空が老界王神に、ブルマのエッチな写真を渡そうとしているのを知ったベジータの反応には、彼の心境の変化が端的に表れています。 自分をずっと支えてきた 妻• 自分の後を追うように強くなろうとする 息子• 目に入れても痛くない 娘 人間でも、自分以外に関心がなかった男性ほど、 本当に愛する存在ができると徹底的に守ろうとする傾向がありますが、ベジータはまさにこのタイプの男性だったのです。 まとめ ブルマは当初から愛想の良いイケメン好きでしたが、ベジータは女性に対して一切関心を見せませんでした。 男性は病気などで弱っている時に、女性の献身的な姿を見て心惹かれると言いますが、 ベジータもまた、自分を看病してくれたブルマを「本当に大切な存在」と認識するようになったのです。 無骨な男性ほど、妻や家族にかける愛情は揺るぎないため、ブルマにとっても 理想的な男性に出会えたと言って過言ではありません。

次の

ドラゴンボール超のネタバレ 漫画版の第61話の感想 ベジータの新技が発動!モロの秘策

ドラゴンボール ベジータ

55 ID:pqJZ4zKt0. 54 ID:EERQV2Py0. 96 ID:fLFd3saY0. 10 ID:wFLEacIfa. 2ch. 22 ID:jump• 名無しさん• 2020年04月25日 04:57• 多分削った方がスピード感出て勢いが増す。 特に戦闘シーンでは 恐らくだけど鳥山の特徴的な大ゴマの絵っぽいのを描きつつさらにその動きのもう一つ後のカットまで描いちゃってるから無駄ゴマが増えてる。 110の二枚目なんかそれがわかりやすいと思うけど、このページだって「があっ!」を含む下段4コマの内どれか一つでもあればいいシーン。 下段は2コマで大き目の「があっ!」のあと次のコマでベジータがギュン!って距離詰める絵を描いて次のページで蹴りがさく裂って流れでもいいと思う.

次の