パート を 辞める 理由。 パート辞めたい…円満に辞めるための退職理由と上手な伝え方│#タウンワークマガジン

【パートを一週間で辞めたい】と感じてから行動することまとめ!

パート を 辞める 理由

この記事の目次• TOP1位「家庭の事情」 まずは「家庭の事情」です。 辞める理由によく挙げられるもので、いわば定番とも言えるものです。 この「家庭の事情」には様々なケースがあります。 例えば 子供の習い事のために送り迎えをすることになり、勤務時間帯的に働くことが難しくなったというケースや夫の勤務体系が変わり家を空けられなくなったケース、家事がおろそかになり夫の反対が強くなったケース等です。 パート先には単に「家庭の事情でパートを辞めさせていただきたいです。 」というだけでスムーズに退職できる場合もあります。 ただし、パート先の担当者によっては、できるだけ長く働いてもらいたい、あるいは少しでも働ける場を提供したいという思いから、引き留めたり、何とか調整できないかどうかを考えるために詳しい理由を聞いてくる人もいるでしょう。 ただし、 法律上はどのような理由であれ、辞めたい理由を詳細に話す義務はありません。 詳細な事情を話したくない場合は、「すみません、細々とした事情はプライベートなお話になるのでお伝えすることができません。 」「気にしていただいているのは大変ありがたいのですが、細々としたことは話すなと家族に言われており、一身上の都合ということでお願いしたいと思います。 」というような伝え方で丸く収めることをおすすめします。 TOP2位「(自分や家族の)体調不良」 パートで働いている間に 自分の体調を崩してしまったり、家族の体調不良による介護・看病が辞める理由になる場合もあります。 体調が良くないのでパートを続けることができない、というのはストレートでわかりやすい理由ですし、相手方にも納得しやすいものであると言えます。 例えば立ち仕事や力仕事のあるパート職だと「足の痛みがひどく、我慢していたが続けられなくなってしまいました。 」「大丈夫だろうと思っていたのですが、ひどい腰痛になってしまいました。 」というようなケースが考えられます。 介護・看病については、夫や子供、両親や義両親の体調不良や病気などが原因で起こることがあります。 どのような状況なのかはケースバイケースですが、やむを得ない事情でパートを続けることが難しい、ということが大きなポイントであると言えます。 TOP3位「転職(条件違い・もっと稼ぎたい)」 他のパート、あるいは正社員に転職する、ということも今のパートを辞める理由としてよくあるものです。 具体的には、例えば 「子供の塾・進学費用を貯めるためにもっとお金を稼ぐ必要が出てきたので、よりシフトに入れるパートに移りたいと考えています。 」や「現在の仕事の条件が面接時に聞いていた内容と違い、想定していた収入を下回るため続けて行くのが難しくなりました。 」といったものです。 他にも「他のパートとの掛け持ちは難しく、将来のことも考えて正社員を目指して転職活動することにした。 」ということも立派な理由です。 なお、転職先が決まっていない場合には、パート先の状況が改善される、あるいはシフト増加、時給アップにより収入の増加が約束された場合には、辞めずに勤務を続けるということもありえます。 収入を理由にパートを辞めるかどうかを考えている人は、まず条件や賃金アップが可能かどうか交渉するところから始めるというのも一つの方法です。 TOP4位「資格・趣味の勉強」 「資格・趣味の勉強」も転職などと同様に、具体的で納得してもらいやすい理由だと言えます。 例えば 「資格を取るための勉強をする」、「習い事を始めて時間の都合がつきにくくなった」等の理由が挙げられます。 TOP3位の「転職(条件違い・もっと稼ぎたい)」と合わせて「資格を取って転職したいと考えており、勉強に集中したい。 」という理由でパートを辞める人もいます。 いずれにせよ「パートの時間を勉強(もしくは習い事・趣味など)に充てたい」という趣旨を伝えることがポイントと言えます。 TOP5位「引っ越し」 夫の転勤や家族の介護、マイホーム購入など、様々な理由で「引っ越し」をすることもありえます。 遠くてパート先に通えない距離のところに引っ越すようであれば当然、パートは辞めざるを得ませんから理由としても真っ当なものであると言えます。 パート先の担当者も特に問題なく了承してくれることでしょう。 近隣への引っ越しの場合でも、生活環境の変化が生じるので、辞める理由としては十分です。 嘘はばれると良くないのでカドが立たない理由を伝える 辞めたい思いが強くて、嘘をついてでも辞めたい、という場合もありえるでしょう。 例えば「職場の人間関係が嫌」「仕事は大変なのに時給が安すぎる」「(勤務日・時間などに)無理を言われるので辛い」など、自分にとっては本当のことであるものの、担当者には言いにくい事情やとにかく仕事が嫌になって何でもいいから辞めたい、という場合は嘘をついてでも辞めたいと思うのも無理はありません。 ただし、だからといって 嘘をついてしまうと、ばれたときに気まずい思いをしたり、トラブルになる可能性もあります。 パート先が自宅から近いところであれば、生活していて顔を合わせることもあるかもしれません。 本当のことを言いたくない場合や、本当のことを伝えると相手を不快にさせるからといって、 ばれたときに良くない嘘は言わない方が良いでしょう。 そんな場合には、カドが立たない理由を伝えることをおすすめします。 カドが立たない理由としては、今回紹介したような「家庭の事情」や「体調不良」を主な理由として伝えるという方法があります。 また、「一身上の都合」として詳細な理由を話さないという方法もあります。 スムーズで円満な退職のためにも、カドが立たない理由を伝える方が良いでしょう。 事情があって緊急で辞めたい方は、こちらの記事も併せて参考にしてみてください。 今すぐにでも辞めたい場合はどうする?.

次の

パートを辞めるタイミングは?申告は早ければ早いのが一番

パート を 辞める 理由

Contents• バイトを辞める意志の伝え方 ここからは、 バイトをやめる意志の伝え方 についてお伝えします。 辞める意思の伝え方1つで、 相手に与える印象は大きく変わります。 なのでしっかり、 うまいことやれるようにしておきましょう。 辞めるのを伝えるのは、「直接」がgood バイトを辞めるのを伝えるときは、 直接会って伝えるのがgoodです。 最近は メールとかLINEで伝えるのが 増えているみたいですが… それはマナーがなってません。 しつけがなってません。 人としてありえません。 直接会って伝えて、 通すべき筋はちゃんと通しましょう。 電話、メールもありっちゃアリ 基本は直接がいいんですが、 あらかじめ電話やメールで伝えておくのは アリです。 めんと向かっていきなり話すのは ちょっとやりづらいって場合は、 この作戦を使えばいいかと思います。 事前に電話かメールで意思を伝えて、 あとから改めて直接話す って感じですね。 バイトを辞めるときは何日前に言うべき? ここからは、 バイトを辞めるときは何日前に言うべき? についてお伝えします。 「明日やめます」 とかいうのは マナーがなってません。 やめるときは、 どれくらい前までに伝えるべきなのか? それをしっかり把握しておきましょう。 法律上は2週間 労働基準法では、 退職の意思を伝えて、 2週間後にやめることができる って決められています。 なのでどんなに遅くても、 2週間前までには バイトを辞める連絡しましょう。 1ヶ月くらい前に言っておけば無難 法律上は2週間とはいっても、 世の中の人間はほとんど法律知らないので、 1ヶ月くらい前に言っておくのが 無難かと思います。 まぁべつに2週間前に伝えたから ダメってことはないんですけどね。 相手が法律知らないバカだと、 文句言われる可能性があります。 あと、 なんとなく1か月前くらいにいは、 言うような風潮がある気がします。 なので急じゃない場合は、 1ヶ月くらい前に伝えておきましょう。 辞めさせてくれないときはバックれてok バイト先に辞めたいことを伝えても、 辞めさせないとか、金払わないとか、 そういう道を外れたゴミなことを 言ってくる可能性もあります。 そういうときは、 バックれてokです。 退職の意思を伝えてから、 2週間たてば辞めることができる って法律で決まってるので、 「辞める」って伝えてから、 2週間でバックれてokです。 サボったらお金をとるとか、 辞めるって言った月の給料払わないとか、 そういうこともただの犯罪なので、 もしそういうこと言われたら、 訴えてあげましょう。 労基署に連絡するって 脅しかけてみてもいいかもしれません。 たぶんすぐ引き下がります。 念のため、 辞める意志を伝えるときに 録音機器を忍ばせておくとgoodかも。 スマホのボイスレコーダー機能でもok バイトを辞めるときの言い方 バイトをやめる意志を伝えるときの おすすめの言い方をお伝えします。 言い方1つで、 相手の対応も変わるかもしれないので、 うまいやり方を仕入れておいて、 適切に演技してサクッと平和的に辞めましょう。 バイトをやめる話を切り出すとき、 「すみませんが…」って言って、 申し訳なさそうな雰囲気を出していきましょう。 あまりクールにいくよりも、 申し訳ない感だしておいた方が、 相手に悪い印象を与えないかと思います。 次の月いっぱい とか 来月の何日までで とか 辞める日は正確に伝えましょう。 ここをあいまいにしてしまうと、 いろいろめんどくさいことになるので、 最初にはっきりさせておいた方がいいですよ。 辞めるという意思は固い という印象を与えるために、 淡々と冷静に、はっきり伝えるのも 大切です。 あいまいな感じを出してしまうと、 もう少し~、あと何日~みたいに 引き留めてくる可能性があるからです。 それを防ぐ意味で、 淡々と冷静に、はっきり言ってやりましょう。 辞めるからと言って失礼な態度をとるのは やめておきましょう。 それは 人として最低限のマナーですからね。 なので言葉づかいもしっかり、 人としての最低限のマナーを守っていきましょう。 バイトだからとか、 学生だからとか、 もうやめるからとか、 そんなの関係ありません。 バイト辞めるときのおすすめ理由 ココからは バイトをやめるときに使える おすすめの辞める理由をお伝えします。 ここでお伝えする理由を 言っておけば食い下がることもなく スムーズにやめれると思います。 ちなみに、 理由を聞かれない場合は、 あえて言う必要はありません。 聞かれたときだけ答える って感じにしておきましょう。 余計なことは言わないに越したことはありませんからね。 部活が忙しい、 サークル活動が忙しい だからバイトする時間がなくなってきた! って言えば、 まぁ たいてい大丈夫でしょう。 もし引き留めてきても、 部活、サークルの方が大切なんで~ って言って逃げればいいです。 一番強力なやめる理由ですかね。 勉強忙しくなってきて、 バイトするのしんどくなってきたので やめます。 って言えばok。 学生の本分は勉強です。 だからさすがに これ言って引き止めてくるのは、 ただのおバカさんだけです。 明らかに勉強してないだろって人は 使えませんけどね。 家庭の事情でバイト続けるのが 難しくなった。 ってやつですね。 まぁなんでもいいですよ。 なんかテキトーに家庭の事情を 設定しておきましょう。 ただし、 誰かが死んだとか、 引っ越すことになったとかいうのは、 ばれるリスクが高いのでやめときましょう。 本当のこと言う必要なんて、 無いんですよ。 それが本当かウソかなんて、 相手にばれようがありませんからね。 ちなみに、 「就職する」みたいな ばれやすい嘘は避けましょう。 上で紹介した3つのどれかを使うのが 無難だと思います。 明確な理由はないけど、 辞めたいってなったときは、 堂々とウソついてやりましょう。 やっぱり、 勉強を理由にするのが 一番強力ですよ。 そもそも、 バイト辞めるのに理由なんて、 必要ないんですから。 テキトーにうそこいときゃいいんですよ。 ちなみに、 理由を聞かれなかったら、 あえて言う必要はありません。 バイトするときに知っておくべきコト ここからは、 バイトするときに知っておくべきこと についてお伝えします。 これを事前に理解した状態で、 バイトにむかっていくほうが、 気楽に行けると思うので、 知っておいてください。 バイトが辞めるなんて珍しくない バイトが辞めるなんて 珍しいことでもなんでもありません。 バイトは一時的な人が ほとんどです。 だから、 やめることに後ろめたさを 感じる必要はありません。 やめたくなったら やめたらいいんです。 なにも悪いことはありません。 なんにも気にする必要ありません。 気軽にやめちゃいましょう。 バイトが抜けて回らなくなるほうが悪い よく、 バイト辞められると 店が回らなくなるから困る とかいって引き止められたりってことがあるみたいです。 だけど、 そんなことは バイトする側が 気にすることではありません。 店を回すのは 社員の仕事。 バイトが抜けたくらいで、 回らなくなる経営しているバカが悪い。 ただそれだけです。 「君が抜けると困る」 「へー、そう。 」 って感じでokです。 たかがバイトに余計な感情は、 持たない方がいいですよ。 最後に 以上、 バイト辞めるときの言い方、おすすめの辞める理由 でした。 やめたいけど、 うまい理由がないからなかなか辞めれない って人も結構いるような気がします。 そんなときはぜひ参考にしてください。 それっぽい理由をはっきり伝えれば、 それ以上過剰に何か言ってくることは ないはずです。 もし違法な対応されたら、 こっちもちゃんと法にのっとって、 つぶしてあげましょう。 それが大切です。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 しょうり.

次の

パートを辞める際は、もっともらしい理由で円満退職!│ふじや流プラス

パート を 辞める 理由

意思表示のタイミングは一ヶ月前 人員補充や引き継ぎなどのことを考えると、 せめて一ヶ月前までに上司に申し出ましょう。 有給休暇がある職場だと、その消化もしなければなりません。 法的には 2週間前に申し出があれば退職できます(ただし、就業規則や契約がある場合は会社のルールにもとづきます)が、一般的には一ヶ月前が慣例となっています。 パート・バイトの場合、「退職願」の提出は必要ないことがほとんどです。 辞める理由は正直に言わなくてもいい そもそも法的には辞める理由を言う必要はないですし、 「一身上の都合で」でOKなのです。 言葉にすると、 例文• 「ごぶさたしております。 その節はお世話になりました。 おかげさまで体調も回復し、つい最近こうして仕事につくまでなりました」• 「お久しぶりです!介護のかいあって、 わたしと一緒なら散歩もできるようになりました」 礼儀正しく接した上で堂々と応対しましょう。 「あの時はご相談に乗っていただきありがとうございました」と付け加えておけば悪い噂も立ちづらいかと。 そのあと「では。 (ニッコリ)」と軽やかにその場から離れましょう。 笑 あくまでも余裕を持って接するのがポイントです。 こんなことも往々にしてあるので、職場が近所のときは理由をよーく考えてから申し出るようにしてくださいね! 退職日までにしておく事 引き継ぎはしっかりと 引き継ぎは必ずメモや文章に残しておくのがベストです。 引き継いだ人のためにも、また退職後に自分に問い合わせ来ないようにするためにもこれは徹底しておくべき。 チェックシートを用意して、デイリー業務の細かいところまで残しておくと安心です。 退職後、1ヶ月間は後任者からの質問にこころよく答えてあげましょう。 いつまでもズルズル頼られて迷惑なようなら、「これ以上は力になれません」とはっきり断って大丈夫です。 有給を消化する パートでも有給が与えられている職場があります。 これはしっかり消化しておかないと問題になるのでとっていきましょう。 有給は最後の月に集中させると他の人の迷惑になったり、引き継ぎの時間が減ってしまうので、できるだけ数ヶ月前から計画的にとっていきましょう。 制服や返却するものを揃えておく 退職してから何度も足を運ばずにすむように、返却するものはまとめて一度ですませましょう。 エプロンや制服、バッジ、従業員マニュアル、備品、会社契約の電話、名刺、文具などの備品などなど、入社時に支給されて退社のときに返却するたぐいのものは、漏れのないように揃えておきます。 制服などクリーニングは不要といわれても、一応クリーニング(または洗濯)に出してから返却するのがマナーだと思います(特殊な素材はのぞく)。 まとめ 以上、退職するさいに納得してもらいやすい理由をいくつかご紹介しました。 辞めてくて仕方ないのに、言い出しづらくて我慢している人は、ぜひ上記の中からご自分が言いやすいものを選んで意思表明してください。 がんばってくださいね。 そもそも退職は労働者の権利ですから、悩まなくとも申しでていいのです。 ただ引き継ぎはしっかりと終わらせるのが大人としてのマナーです。 仕事仲間や会社に迷惑がかからないよう、これだけは最大限に優先させましょう。 最後の日はお世話になった人に、簡単な挨拶をしてまわりましょう。 実は管理人、過去に退職の申し出をしたとき、不満をぶちまけてしまったことがあります。

次の