真じろう。 真じろう (しんじろう)とは【ピクシブ百科事典】

真じろう (しんじろう)とは【ピクシブ百科事典】

真じろう

経歴 [編集 ] 元々マンガ家志望ではなく、大学に入った頃は生物学を専攻してて研究者志望だった。 ただ中学時代から絵を描くのは趣味で大学4年のときにの編集者が声をかけてくれて新人賞向けのマンガを描いた投稿作品が(マッグガーデン)の編集長に気に入られデビュー。 中学の時に掲示板で初めて使ったHN「しんじろう」をそのまま絵描きとしてのPNに流用。 その後、漫画家デビューに伴い自分へのご褒美として格上げし、「真じろう」に。 作風 [編集 ] やを好み、やなどのジャンルを得意とする。 「(が)終わらねえ」など、作者の内情・近況をとして用いることが多い。 カバー裏にを描いたり、おまけページにを描くことが多い。 また、自身と自作のキャラを(おまけページなどで)絡ませることも多い。 [ 要出典] 作品 [編集 ]• (全4巻)• 終末のノスフェラトゥ• 脚注 [編集 ] [].

次の

Fate/Zero(14) (角川コミックス・エース)

真じろう

経歴 [編集 ] 元々マンガ家志望ではなく、大学に入った頃は生物学を専攻してて研究者志望だった。 ただ中学時代から絵を描くのは趣味で大学4年のときにの編集者が声をかけてくれて新人賞向けのマンガを描いた投稿作品が(マッグガーデン)の編集長に気に入られデビュー。 中学の時に掲示板で初めて使ったHN「しんじろう」をそのまま絵描きとしてのPNに流用。 その後、漫画家デビューに伴い自分へのご褒美として格上げし、「真じろう」に。 作風 [編集 ] やを好み、やなどのジャンルを得意とする。 「(が)終わらねえ」など、作者の内情・近況をとして用いることが多い。 カバー裏にを描いたり、おまけページにを描くことが多い。 また、自身と自作のキャラを(おまけページなどで)絡ませることも多い。 [ 要出典] 作品 [編集 ]• (全4巻)• 終末のノスフェラトゥ• 脚注 [編集 ] [].

次の

真じろうとは

真じろう

まずは無事完走&完結したことを喜びたい。 原作もアニメも情け容赦ない描写が続いて楽しめたのだが、このコミカライズではさらに通常少年誌での表現の限界に挑むような描写が多く、最後までいけるのかどうかが不安だった。 しかし、きちんと0へとたどり着き、さらにその先の数年間(ここは原作にあったか覚えていない。 10巻くらいにアイリスフィールと切嗣の新婚生活?があったが、あれも確かドラマCDからの引用だったはず)も描かれている。 理想を追いかけ、裏切られ、それでも最後に希望を胸に抱いて果てた一人の男。 彼の人生は、祝福されたものではなかっただろうが、最期に「安心した」とつぶやいて逝けたのは、せめてもの幸せであったと思いたい。 このままUBWやHFも描いて欲しい気はするが・・・特に後者は現在進行形の良作があるから無理か。 あと、同じく聖杯戦争を生き残ったもうひとりのマスター。 彼は現在「某II世」として倫敦時計塔にいるのだが、なぜ「II世」となったのか、が描かれた「Another Ending」も収録されている。 こちらは脚本が「~II世の事件簿」シリーズの三田誠氏。 「事件簿」は読んでいないので、読もうか・という気になった。 amazonの書影では帯がないので分からないが、「完結記念全巻収納boxプレゼント(抽選である、勘違いされないよう)」があるので気になるかたは応募を。 まず、無事に完結まで描ききって下さったことを心から嬉しく思います。 「以下、ネタバレを含みます」 事実上の優勝決定戦は、全巻である13巻までにほぼ決着がついています。 この14巻は、聖杯戦争終結後の、ゲームで言えばエンディング、 エピローグに該当するでしょう。 聖杯戦争を生き抜いた(?)ものたちの、 それぞれの物語がとても丁寧につづられています。 特に、少年時代から、 自分の親しいものまでを含めて、殺され、そして殺し続けなければいけなかった 「かつての少年」「そして絶望しきった大人」衛宮切嗣は、人生の最後の けして短くはない時間を、誰も殺さない、殺すこともしなくて良い、穏やかで 優しい日常を手に入れます。 義理の息子の士郎、まるで仲の良い姪の ような藤村大河が、どれだけ彼の真冬の枯木のような心を癒したかが 伝わってきます。 zeroへの物語、私には、少年時代に巨大な負債を 突然両肩に載せられた切嗣が、その晩年の穏やかな日々、そして、 最後の月の夜に、その負債を全て完済し、待ち焦がれた「zero」に たどりついて(そして、贅沢にも、自分の夢を引き継ぐと胸を張る 息子の言葉を受け取って)満足しきって旅立てたのだと思います。 そして、ある意味「聖杯戦争、唯一の勝者」である、ウェイバー・ベルベット は、自分の目標と目的を得て、自分の非力を自覚しながらも着実に 一歩ずつ進み始めます。 これは、使い古された表現ですが 「少年が男に」なっていくものでしょう。 アニメ版も素晴らしかったのですが、尺の都合上、どうしてもカット せざるをえなかった部分も多かったわけですが、コミカライズ版は その点「サービス満点」だったと大満足です。 アニメ版のファンだった方には、是非ご一読をお薦めしたい 作品でした。 心から拍手! 魔術師は根源を求める者らしい。 だからその目は常に彼岸を向いている。 超越的なるものを信奉しているため、此岸的日常に優先するものがある。 ほとんど読者は、此岸的日常を愛しているし、愛や平和が永遠に続くことを 願っているだろうし、物語のラストは主人公がトラウマから解放されて、 愛すべき日常を幸福に過ごす様を望むだろう。 それは魔術師の考えと 真っ向からぶつかる。 この対立に、虚淵氏は第三極を提示した。 イスカンダルであり、ウェイバーである。 Zeroの物語の中で、誰よりも 鮮烈に生きて、諸人を魅せたのはイスカンダルだと思う。 イスカンダルの 求める彼岸は私達の日常と対峙しない。 タイガーの言葉も日常と対峙しない。 故にZeroは輝く。 」 その後は切嗣と士郎と藤ねぇ まだ中学生ぐらい?」の3人の穏やかな日常は5年続いた。 その間、士郎は切嗣に「俺は魔術師になりたいんじゃない!爺さんの魔術を教えて欲しいんだ!」そして出ました!「ドレース・オン」 切嗣のアドバイスで士郎が名付けた呪文! この巻でやっとアニメでは知り得なかった切嗣の死因も分かりました!藤ねぇの素性も。 そして、聖杯の中身=アンリマ この世全ての悪」 ずっと気になってた聖杯の中身が呪いの泥だったとは! そして切嗣に心臓撃ち抜かれて死んだ言峰綺礼が生き返ったのも、始めにアサシンを失い令呪が消えたのにまた令呪が現れた意図も全てが聖杯の意思だったとはね。 聖杯は結局人の心を弄ぶ悪なのかなぁ...。 後日談、髪が伸びたウェイバー登場、時計塔で新米教師になってた! window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3. 1 ;! length b. f[b]? event. ssw "eelsts". ssw "eeldata". event. onSushiUnload. onSushiFlush. attach "beforeunload",F ;d. attach "pagehide",F ;d. event. srcElement a. t,dt:g. dt,x:a. pageX,y:a. pageY,p:e. getXPath c ,n:c. button ;c. type ;c. extractStringValue c. href ;c. id ;c. className. className. x a. srcElement a. now - a. filter A ;a. length! a return! type? target. parentElement:a. target;if! hasAttributes! attributes return! 1;Object. keys c. attributes[a]? attributes[a]. value:""; c[a] "". a return! extractStringValue a. nodeName "". extractStringValue a. type "". extractStringValue a. href "". extractStringValue a. id "". split " " ; if -1! indexOf "http" -1! indexOf a return! count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. violations",h ;ue. count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. addEventListener "mousedown",w,! 0 ,b. addEventListener "beforeunload",l,! 0 ,b. addEventListener "visibilitychange",l,! 0 ,b. addEventListener "pagehide",l,! 0 ;b. 0,attributes:! 0,characterData:! 0,subtree:! errorHandlers e. errorHandlers. getElementsByTagName "html" [0]. substr 0,b. split String. max b. slice d,b. length-1 ;a. length? length? errorHandlers a. errorHandlers. com? count "WeblabTriggerThresholdReached",1 ,b. error "Number of max call reached. 2E3. PageLatency. n return u. keys o. schemaId ". Metric. recordMetric "baselineMetricEvent",1 ,u. global. navigationStart c. n return c. Timer. open n ;o. createObjectStore n. transaction n,"readwrite". objectStore n ;o. UUID. toUpperCase. upperBound n ;e.

次の