ポケモン 剣 盾 メッソン。 【ポケモン剣盾】メッソン進化先・性格・技・夢特性(隠れ特性)

【ポケモン剣盾】御三家はどれが最強?特徴と考察【ヒバニー・サルノリ・メッソン】

ポケモン 剣 盾 メッソン

【ポケモン剣盾】御三家はどれが最強?特徴と考察【ヒバニー・サルノリ・メッソン】 こんにちは 44 です。 やってますか? というか今回の記事はむしろこれからポケモン剣盾を買って始めようという方向けに、最初の3匹(通称御三家)の誰を連れていくのがいいかを考察していきます。 ちなみに僕はメッソンを連れていったのですが、個人的な推しはあまり考慮しないようになるべく客観的に考えていこうと思います。 今回の御三家は下記の動画の3匹です。 結論:ストーリー攻略のためなら誰でもいい いきなり結論ですが、ストーリー攻略のためならぶっちゃけ誰でもいいです。 ヒバニーでもサルノリでもメッソンでも、直感で好きなポケモンを選べばいいでしょう。 僕は爬虫類系が好きで爬虫類っぽい御三家がいれば毎回選んでいるので今回はメッソンでした。 一応選ばなかった2体は、選んだポケモンのタイプに弱い方をライバルのホップくんが、強い方をチャンピオンのダンデが使ってきます。 また、 ダンデは確定で炎タイプのリザードンを使ってくるため、サルノリを選ぶとクリア直前のチャンピオン戦は炎タイプのポケモン2体が相手=岩タイプや水タイプのポケモンがいれば比較的簡単に勝てるというのはありますが、今作はけいけんアメというレベル上げをソシャゲのように簡単にできるアイテムがありますから、それで手持ちの1体をレベル100にして挑めばレベル差でチャンピオン戦はねじ伏せられます。 とはいえ、サルノリチャレンジをしているトレーナー(「進化禁止!!サルノリ一匹で殿堂入りするまで眠りません」シリーズ)をしている方もいるので、どれを選んでも問題ないでしょう。 下記の動画のシリーズはサルノリ1匹で本当にぶっ続けでクリアするので30時間くらいありますが、最終回のチャンピオン戦のところを開始位置にしてはっておきますね(ネタバレ)。 最初から見てみると最後クリアしたときはプレイしてないのに結構感動します。 マジカル交換で比較的簡単に全種類手に入る ストーリー攻略のためならだれでもいいですし、今作はマジカル交換によって比較的簡単に他の御三家も手に入ります。 というのも、今作の御三家はランクバトルで採用できるレベルで普通に強いので、厳選をしている方も多く、厳選作業の過程で生まれる孵化あまりをマジカル交換で出している人も結構いるようです。 僕もマジカル交換でヒバニーとサルノリを1日でゲットできました。 ただ、一番最初にランクバトルで使いたい、という場合は自分でその御三家を持っていた方が厳選作業にすぐに入れるので、ランクバトルでは誰がどのように活躍できるか、というところをまとめていきますね。 最初に選んだ相棒のポケモンから厳選した御三家で勝てたらうれしさもひとしおかもしれません。 ストーリークリアにはけいけんアメを使ったレベル差やむしろ他のポケモンでねじ伏せられますし、クリア後の厳選作業では100%メタモンを使うので、メタモン厳選のときにさまざまな性格、性別が生まれるので最初にゲームを始めるタイミングでハードルを上げなくてもいいでしょう。 現在の環境にささっているのは誰か? ポケモンのランクバトルでは流行りすたりがあって、今よく使われているポケモンというのがいます。 そしてそのポケモンに勝てるようなポケモンを採用することで環境が回っていきます。 では今、御三家のうち誰がささっているか。 個人的にはヒバニーの進化系の エースバーンだと思っています。 というのも現在の環境に非常に多く存在し、猛威を振るっている バンギラスとアーマーガアというポケモンがいるんですが、エースバーンは素早さ119族という超高速からの「とびひざげり」と「かえんボール」によって両方に強く出られるからです。 さらにサイクル戦ではタイプ受けというのが大事になってきますが、そのときに採用されやすいのは多くのタイプを半減で受けられる 鋼タイプであり、 エースバーンの炎は鋼タイプの弱点をつけるのでいい感じだと思います。 () バンギラス&アーマーガアについては「」でも紹介しています。 ちなみにバンギラスやアーマーガアが増える前はサルノリの進化系であるゴリランダーが非常に多く採用されていましたので、すでに環境が回ってきていますね。 なのであくまで一つの参考・読み物として以後読んでいただければと思います。 ここからはヒバニー・サルノリ・メッソンの進化系それぞれについて、どういう場面に強いのかを参考動画を紹介しつつ見ていきたいと思います。 おもにクリア後の話なので、厳選など細かい具体的な手順は「」を参考にどうぞ。 ランクバトルについては「」もどうぞ。 【ヒバニーの進化系】エースバーンの戦術 エースバーンって初見キングカズマですよね。。。 というのは置いといて、は炎・格闘という非常に多くの相手にダメージが通る強力なわざを習得します。 その上に先ほども紹介したように、トップレベルのすばやさを誇ります。 ポケモンではすばやさが1でも勝っている方が先制攻撃できるので有利になります。 (参考:) それだけではなく、こうげき116族というそこそこの攻撃力も持ち合わせています。 これらの特徴から、バンギラスやアーマーガアにはもちろん、ミミッキュ対策で採用されやすいドリュウズ、特殊600族として強力なサザンドラ、600族ではないものの強力なジュラルドン、先発で出てきやすい超火力のヒヒダルマ、ダイマックスで全抜きを狙ってくる超火力アイアントなど、多くの強力なポケモンを上から一撃で倒す能力を持っています。 昔のバシャーモみたいな感じですね。 型はASようき、わざは• かえんボール(メインウエポン)• とびひざげり(サブウエポン)• ふいうち(とどめに一発)• みがわり(ダイマックスを流す。 特性もうか発動トリガー) というような感じで、もちものは他のパーティメンバーと相談して決めるのがいいのではないかと思いますが、いのちのたまを持たせることが多いかもです。 トップトレーナーの一人であるライバロリさんがエースバーン使っていたのではっておきますね。 参考にどうぞ。 ダイマックスでタイプ相性をひっくり返してごり押しているのが凄いですね。 【サルノリの進化系】ゴリランダーの戦術 は発売初期から注目されていたポケモンの1体です。 ドラムアタックという専用技を持っていて、100%の確率で相手の素早さを1段階下げることができるのが強力です。 上でも書いた通り、ポケモンにおいてすばやさが1でも勝っていれば先制できるため、素早さダウンの威力は非常に大きいですね。 また、はたきおとすを覚えることも大きなメリットとなっています。 たとえばじゃくてんほけんやとつげきチョッキを持たせたバンギラスや、しんかのきせきを持たせたサニーゴは強力なポケモンの1体ですが、いずれもはたきおとすで落としてしまえばだいぶ有利に試合を展開させることができます。 育て方としてはエースバーン同様にASようきで• ドラムアタック(メインウエポン)• はたきおとす(強力なサブウエポン)• ばかぢから(格闘が通る相手が多いため)• じしん(初代から強力なじめん技) というのが戦った相手の型を見ると多く、HP種族値が100とそこそこあるのでとつげきチョッキを持たせて特殊攻撃に強く出られるようにするのがおすすめだと思います。 ゴリランダーについてわかりやすく型の説明&戦闘をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【メッソンの進化系】インテレオンの戦術 は御三家の中では一番見かけない影の薄い存在かもしれません。 しかしその実態は真反対です。 素早さでいったら3匹の中で一番速く、ダグトリオと同じ120族に位置します。 エースバーンとゴリランダーは物理攻撃型だったのに対して、インテレオンは特殊攻撃型なのも特徴的ですね。 影は薄いものの、その非常に速い素早さと意外と高いとくこう種族値125という数字から撃たれるハイドロポンプやハイドロカノンは馬鹿にできない威力です。 型はCSおくびょうで、• ハイドロカノン(威力150の驚異的なメインウエポン)• エアスラッシュ(ダイマックスで素早さ上昇&30%ひるみを引けば運ゲーで勝てることも)• みがわり(カムラのみ発動兼相手のダイマックス流し。 特性げきりゅう発動トリガー)• ふるいたてる(スキがあればとくこうランク上げて全抜き性能UP) もちものはというHPが減ると発動して素早さが上がるきのみを持たせることが多いでしょう。 というのも、みがわりを繰り返すことでほぼ確実に発動し、ただでさえ速い素早さ120の1. 5倍=180という驚異的な素早さを得た後はダイマックスして上から一方的に倒すという流れが最強すぎるからですね。 げきりゅうというHPが3分の1以下のときに水わざが1. 5倍になるのも高速超火力を出して全抜きするのに一躍買っています。 ちまたではあのみがわりゲッコウガ以上と噂される強さを誇るポケモンです。 音技を使う相手(ニンフィアなど)や特性すりぬけ持ち(ドラパルトなど)はみがわりを貫通してくるので、そういった相手にはダイジェットによる素早さ上昇とハイドロカノンの超火力でねじ伏せる感じですかね。 マスターボール級は中級者以上のトレーナーがうじゃうじゃいる環境にもかかわらずここまで連勝できるのは素直に凄まじいですね。 もしかするとエースバーン以上に現在の環境にささっているのかもしれません。 実際僕もインテレオンを採用したパーティには今まで100%負けています。 最初期にたくさんいたギャラドスも減ってきているので、水わざをあまり警戒していないからかもです。 まとめ:【ポケモン剣盾】御三家はどれが最強?特徴と考察【ヒバニー・サルノリ・メッソン】 いかがでしたでしょうか。 結論どの御三家を最初に選んでもいいと思います。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

「Pokémon HOME」で隠れ特性持ち「サルノリ」、「ヒバニー」、「メッソン」がもらえるキャンペーン開始

ポケモン 剣 盾 メッソン

夢特性 スナイパー 攻撃を急所に当てると威力がさらに上がる 特性「スナイパー」は、自身の技が急所に当たったときに威力を上げる特性。 上昇値も1. 5倍ではなく、2. 25倍となっているようだ! ヒバニーの夢特性 夢特性 リベロ 自分が出す技と同じタイプに変化する。 「リベロ」は、ポケットモンスターソード・シールドから登場した新特性。 自分のわざを出す直前に自分のタイプがわざと同じタイプになるようだ。 「へんげんじざい」に似た特性となっている。 サルノリの夢特性 夢特性 グラスメイカー 登場したときにグラスフィールドをはりめぐらせる。 「グラスメイカー」は、戦闘に出ると5ターンの間、場の状態を「グラスフィールド」にする特性。 地面にいるすべてのポケモンは、毎ターン最大HPの16分の1を回復し、くさタイプの技の威力が1. 3倍になる。 さらにわざ「じしん」「じならし」の威力を半減することができる。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

「Pokémon HOME」で隠れ特性持ち「サルノリ」、「ヒバニー」、「メッソン」がもらえるキャンペーン開始

ポケモン 剣 盾 メッソン

5倍になる。 5倍ではなく2. 25倍になる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 交代しても効果は続く。 また、威力が150になる。 この技は、特性『よびみず』の攻撃対象を変更する効果の影響を受けずに攻撃できる。

次の