ペット カメラ アプリ。 ペットの監視に!iPhoneアプリあんしん監視カメラ

‎「防犯カメラ・ペットとベビーの見守りカメラ」をApp Storeで

ペット カメラ アプリ

常駐できること 2. 動作が安定していること 3. AndroidでもiOSでも監視カメラになること 4. Android,iOS,PCから監視できること 5. アプリが自動起動すること 6. バックグラウンドにいても機能すること こんな難しい要望に応えられるアプリなどないと思っていたのだけれど、あった。 それが「 ペット、赤ちゃん 見守り遠隔監視カメラアプリ」、通称「 アルフレッド」だ。 遠隔監視カメラアプリ「アルフレッド」が一番 iOSでもAndroidでも使えて、PCでも監視できるという、完成度の高いアプリが「 アルフレッド」。 自動起動に対応しているので、とにかく手間いらず。 これは素晴らしい。 音声でやり取りすることもでき、キャプチャーも可能。 なんとも至れり尽くせりな監視アプリだ。 見るからに人の良さそうなおじいさんがトレードマーク。 大切な人を見守る執事というイメージなのだろう。 昔はフライドチキンのおじさんのようなキャラクターのアイコンだったのだけれど、今はシンプルなアイコンに変わっている。 カメラ側のセットアップ Android版もiOS版も、基本的には同じ流れでセットアップできる。 インストールして最初に行うのは、カメラとして使うかビューアーとして使うかの選択。 どっちを選んでも後からいくらでも切り替えができるので、さほど悩む必要はない。 また、どちらを選んでも次の画面でGoogleアカウントを要求してくる。 ビューアーとカメラの両方で同じアカウントでログインすることで2台が紐づけされるしくみになっている。 最低限見られればいいよ、という場合は音声も動き検出もリマインダーもOFF。 その方が軽い気がする。 あと、自動起動もここで設定。 自動起動をONにしておけば、スマホを再起動させても自動でアルフレッドが立ち上がって監視状態になってくれるのでうれしい。 ちなみにレンズの選択も音声もビューアー側から変更できる。 ビューアー側のセットアップ ビューアー側でGoogleアカウントにてログインすると、カメラとして起動しているスマートフォンの画面が並ぶ。 広告も入る。 特にセットアップらしき作業はない。 とってもかんたん。 AndroidもiOSも基本的には同じような画面構成。 サムネイルをタップしてアクティブにするとリアルタイムの監視が可能となる。 監視画面の下のメニューは音声,キャプチャー,画面の回転,フロントとリアのカメラの切り替え,それに暗視モードの切り替えなどが並んでいる。 ビューアーはPCでも動作可能だ。 computer にアクセスし、自動リンク先でGoogleアカウントにてログインすればOK。 バックグラウンドでも動いてる アルフレッドの偉いところは、バックグラウンドでも何でも起動してさえいれば機能することだ。 カメラとして使う端末側でLINEを立ち上げようが何しようがスタンバイ状態のままでいてくれる。 ただし、スリープしてはダメ。 スリープから復帰すればまた映像が映るようになるけれど、スリープしている間は画面が真っ黒。 もしスリープを無効にできないようなAndroid機をカメラ側に使う場合は、「」等のツールが必要かもしれない。 まとめ:監視アプリとしては最適 バックグラウンドでも動くということは、知らない間に第三者によってインストールされた場合は、ひょっとして盗撮に使われたりしてしまう可能性もあるってことだ。 ただ、起動している間は黄色いアルフレッドアイコンが表示されるので、そういった心配はまずないと考えて大丈夫だろう。 ちょっとした監視に使うには最適なアプリなので、余計な横やりが入らないことを祈る。 末永く使える状態でいて欲しいものだ。 スマートフォン向けの監視アプリとしてもっともおすすめな「アルフレッド」。 iPhoneでもAndroidでも大丈夫で、PCからも監視できるからカンペキ。 おまけ:端末は中古でも問題なし アルフレッドを利用するためだけにスマートフォンを用意するのはもったいない気がする、という人は、中古のスマホを活用しよう。 近年のスマートフォンは品質管理が行き届いているので、かなり長持ちする。 アルフレッド専用のスマホとして使うのであれば、わざわざ新品を用意する必要はない。 スペックはそこそこあるのに型落ちで安くなったAndroid機や、まだまだ現役のiPhone5sなど、中古スマホとしておすすめのものはたくさんある。 ためしに買ってみるくらいの感覚でも負担にならない価格のものもあるので、中古スマホを選択肢の一つとして考えてみては?.

次の

簡単!無料スマホアプリで見守りカメラを設置(ペットなど)

ペット カメラ アプリ

カメラ用スマホの設定 ではまず、カメラ用のスマホの設定を行います。 アプリを起動すると、アプリについて簡単な説明の画面が出てくるので、流し読みしていきます。 すると、次の画面が表示されるので「スタート」ボタンをタップしましょう。 カメラとビューアーを選ぶ画面が表示されるので、「カメラ」を選択して「次へ」ボタンをタップしましょう。 Googleアカウントへのログイン画面が表示されるので、「Googleにログイン」をタップして、自分のGoogleアカウントへログインしましょう。 ビューアーのほうでも同一のアカウントでログインするので、複数Googleアカウントを持っている場合はどのアカウントでログインしたか覚えておいてください。 Googleアカウントにログインすれば、カメラ側の設定は完了です。 ちなみに、今回は100均で買ったグッズを使ってスマホをセッティングしてみました。 ビューアー用スマホの設定 続いてビューアー用のスマホの設定です。 ビューアー用スマホにアプリをインストールしたら、カメラかビューアーの選択画面まで進んでください。 今回は「ビューアー」を選択して、「スタート」ボタンをタップしましょう。 Googleアカウントへのログイン画面が表示されるので、カメラ用スマホで設定したGoogleアカウントでログインしてください。 ログインが成功すれば、次の画面が表示されます。 カメラの画像をクリックすると、カメラ用アプリへの接続が始まり、カメラ用スマホの映像がリアルタイムで表示されます。 ビューアー用PCの設定 続いてPCで確認する場合の設定です。 Alfredのサイトにアクセスしましょう。 「Sign in with Google」のボタンをクリックすると、Googleアカウントへのログイン画面が表示されるので、カメラ用スマホで設定したGoogleアカウントでログインしてください。 ログインが成功すれば、次の画面が表示されます。 カメラの画像をクリックすると、カメラ用アプリへの接続が始まり、カメラ用スマホの映像がリアルタイムで表示されます。 Alfredの主な機能 双方向音声(トランシーバー) Alfredにはこちらの音声を送る双方向音声機能があります。 ビューワー画面でマイクのマークを長押しするだけで、こちらの音声を送ることができます。 音声を送れるのは、マイクのマークを長押ししている間だけです。 録画機能 Alfredにはカメラの映像を録画することができる機能があります。 ビューワー画面でカメラのマークを長押しするだけで、録画することができます。 録画できるのは、カメラのマークを長押ししている間だけです。 友達や家族ともカメラを共有する 友達や家族ともカメラを共有することができます。 ビューアー側のアプリで、カメラの歯車マークをタップしましょう。 メニューリストが表示されるので、メニューの中から「信頼サークル」をタップします。 「アカウント追加」をタップして、友達や家族のメールアドレスを入力しましょう。 この時入力するメールアドレスはGoogleアカウントである必要があるので注意してください。 アカウントを追加したら、設定は完了です。 友達や家族のスマホにアプリをインストールし、追加したアカウントでログインしてみましょう! 動作検知機能 Alfredには動作検知機能があります。 動作検知機能は、撮影範囲である程度ものが動くと自動で録画をして、確認用スマホに通知してくれる機能です。 まず、ビューアー側のアプリで、カメラの歯車マークをタップしましょう。 メニューリストが表示されるので、下のほうにスクロールして「動き検出」をオンにします。 また、動作検知のレベルは設定することができます。 よく動くワンちゃんを監視する場合は、レベルを「低い」に設定しましょう。 最後に Alfredは無料で使うことができますが、広告が結構鬱陶しいです。 あまりにも邪魔な場合は、1,890円程度支払えば広告だけを永久に消すことができます。 また、月額400円程度払うことでアップグレードすることができます。 12か月分一気に購入すれば月額280円程度の出費で済ませることができます。

次の

不要スマホをWebカメラにして留守宅ペットを監視モニターする方法【AtHome Video】

ペット カメラ アプリ

常駐できること 2. 動作が安定していること 3. AndroidでもiOSでも監視カメラになること 4. Android,iOS,PCから監視できること 5. アプリが自動起動すること 6. バックグラウンドにいても機能すること こんな難しい要望に応えられるアプリなどないと思っていたのだけれど、あった。 それが「 ペット、赤ちゃん 見守り遠隔監視カメラアプリ」、通称「 アルフレッド」だ。 遠隔監視カメラアプリ「アルフレッド」が一番 iOSでもAndroidでも使えて、PCでも監視できるという、完成度の高いアプリが「 アルフレッド」。 自動起動に対応しているので、とにかく手間いらず。 これは素晴らしい。 音声でやり取りすることもでき、キャプチャーも可能。 なんとも至れり尽くせりな監視アプリだ。 見るからに人の良さそうなおじいさんがトレードマーク。 大切な人を見守る執事というイメージなのだろう。 昔はフライドチキンのおじさんのようなキャラクターのアイコンだったのだけれど、今はシンプルなアイコンに変わっている。 カメラ側のセットアップ Android版もiOS版も、基本的には同じ流れでセットアップできる。 インストールして最初に行うのは、カメラとして使うかビューアーとして使うかの選択。 どっちを選んでも後からいくらでも切り替えができるので、さほど悩む必要はない。 また、どちらを選んでも次の画面でGoogleアカウントを要求してくる。 ビューアーとカメラの両方で同じアカウントでログインすることで2台が紐づけされるしくみになっている。 最低限見られればいいよ、という場合は音声も動き検出もリマインダーもOFF。 その方が軽い気がする。 あと、自動起動もここで設定。 自動起動をONにしておけば、スマホを再起動させても自動でアルフレッドが立ち上がって監視状態になってくれるのでうれしい。 ちなみにレンズの選択も音声もビューアー側から変更できる。 ビューアー側のセットアップ ビューアー側でGoogleアカウントにてログインすると、カメラとして起動しているスマートフォンの画面が並ぶ。 広告も入る。 特にセットアップらしき作業はない。 とってもかんたん。 AndroidもiOSも基本的には同じような画面構成。 サムネイルをタップしてアクティブにするとリアルタイムの監視が可能となる。 監視画面の下のメニューは音声,キャプチャー,画面の回転,フロントとリアのカメラの切り替え,それに暗視モードの切り替えなどが並んでいる。 ビューアーはPCでも動作可能だ。 computer にアクセスし、自動リンク先でGoogleアカウントにてログインすればOK。 バックグラウンドでも動いてる アルフレッドの偉いところは、バックグラウンドでも何でも起動してさえいれば機能することだ。 カメラとして使う端末側でLINEを立ち上げようが何しようがスタンバイ状態のままでいてくれる。 ただし、スリープしてはダメ。 スリープから復帰すればまた映像が映るようになるけれど、スリープしている間は画面が真っ黒。 もしスリープを無効にできないようなAndroid機をカメラ側に使う場合は、「」等のツールが必要かもしれない。 まとめ:監視アプリとしては最適 バックグラウンドでも動くということは、知らない間に第三者によってインストールされた場合は、ひょっとして盗撮に使われたりしてしまう可能性もあるってことだ。 ただ、起動している間は黄色いアルフレッドアイコンが表示されるので、そういった心配はまずないと考えて大丈夫だろう。 ちょっとした監視に使うには最適なアプリなので、余計な横やりが入らないことを祈る。 末永く使える状態でいて欲しいものだ。 スマートフォン向けの監視アプリとしてもっともおすすめな「アルフレッド」。 iPhoneでもAndroidでも大丈夫で、PCからも監視できるからカンペキ。 おまけ:端末は中古でも問題なし アルフレッドを利用するためだけにスマートフォンを用意するのはもったいない気がする、という人は、中古のスマホを活用しよう。 近年のスマートフォンは品質管理が行き届いているので、かなり長持ちする。 アルフレッド専用のスマホとして使うのであれば、わざわざ新品を用意する必要はない。 スペックはそこそこあるのに型落ちで安くなったAndroid機や、まだまだ現役のiPhone5sなど、中古スマホとしておすすめのものはたくさんある。 ためしに買ってみるくらいの感覚でも負担にならない価格のものもあるので、中古スマホを選択肢の一つとして考えてみては?.

次の