ホロライブ イヅル。 ニコニコ大百科: 「ホロライブ無許諾配信問題」について語るスレ 3541番目から30個の書き込み

ホロライブプロダクション

ホロライブ イヅル

確かによく似ていますね。 ハスキーで特徴のある歌声なのでわかりやすいかと思います。 また、奏手イヅルさんはツイッターの紹介文に中国語を勉強中であると記載しています。 めゐろさんも中国語の語学学習に通っていることが伺えるツイートを見つけることが出来ました。 特徴的な歌声が似ていること、共に中国語を勉強中であることから奏手イヅルさんの前世 中の人 がめゐろさんである可能性はあり得る話だと思います。 スポンサードリンク 奏手イヅルの顔や年齢も? 奏手イヅルさんの前世 中の人 がめゐろさんだとすると、顔や年齢も判明しているのでしょうか。 めゐろさんはあまり大きく活動をしている方ではなく、歌ってみた動画を何本か上げている程度なので 顔出しでの活動などは見つけられませんでした。 顔は隠されていますが、ピアノの弾き語りの動画を自身のツイッターにアップされています。 声や話し方の雰囲気からすると 20代前半くらいの若い男性ではないかと推察出来ますが、かなり若作りな声を出せるライバーさんもいますから実際はどうなんでしょうか。 スポンサードリンク 奏手イヅルの謝罪とは? 2020年にカバー株式会社が運営するホロライブ、ホロスターズの活動の中でのゲーム実況が権利元の許諾を得ずに行われていたことが判明し、問題になりました。 こちらのカバー株式会社の公式サイトでも声明が出されているので、詳しくは以下をご覧ください。 この問題について、自身のツイキャス配信にて奏手イヅルさんからも謝罪がありました。 現在では削除されていますが切り抜きがニコニコ動画に投稿されています。 会社側の不手際というだけではなく、自身も配信を行っていた側であるのでその非を認め謝罪するといった内容になります。 ただ、企業所属である以上この辺りは事務所側である会社がやってくれているだと認識するでしょうし、間違いなく会社側の不手際ですからライバー側が謝罪する羽目になるのは気の毒な感じはしますね。 スポンサードリンク まとめ 如何でしたか? 特徴のある歌声が似ていること、共に中国語を勉強中であることなどから奏手イヅルさんの前世 中の人 がめゐろさんである可能性はあり得る話だということがわかりました。 顔がわかる写真や動画は見つけることが出来ませんでしたが、ピアノの弾き語り動画を見ると綺麗な指をした男性であることがわかりました。 年齢については明確な情報を得ることが出来ませんでしたが、声や雰囲気からは20代前半くらいの男性ではないかと推察することが出来ました。 謝罪、という検索ワードについてはホロライブ、ホロスターズのゲーム実況における許諾問題について、自身にも責任があるとして謝罪配信を行っていたことがわかりました。 最後まで読んで頂きありがとうございました.

次の

奏手イヅルの前世(中の人)はめゐろ?謝罪とは?顔や年齢も

ホロライブ イヅル

今回は「ホロスターズ(以下ホロプロ)とホロライブのコラボ」について、以前から抱いていた違和感が払拭できたので、ここで紹介する。 ちなみに、筆者はホロプロの奏手イヅル氏と花咲みやび氏と影山シエン氏の推しである。 否定の動機 そもそもこれらのコラボの批判は「ホロコーン」という、女性ライバーの異性コラボを極端に嫌う層によって行われてきたというのが一般のファンの見解だった。 私自身コラボに違和感を感じていたので、「私もホロコーンなのだろうか」と自問したこともあった。 しかし、ホロライブの大空スバル氏とにじさんじの舞元啓介氏のコラボ「舞スバ」や夏色まつり氏と社築氏のコラボ「27とJK」はすんなりと受け入れ、いわんや名コンビとさえ感じていた。 このことが不思議に思い、違和感の発祥を追究することにした。 例から学ぶ 以前女優の本田翼氏が有名ゲーム実況者2BRO. とコラボしたことで、コメント欄が荒れたことがあった。 荒れた原因について、YoutuberのKUN氏とゲーム実況者もこう氏は以下のように説明している。 「ファン層が被っていないと、コラボは燃えがち」。 元プロゲーマーでYouTuberのKUNさんは、この炎上についてこう説明している。 〜中略〜 人気ゲーム実況主のもこうさんも動画で「コラボはコミュニケーションの対象がコラボ相手になってしまい、本来向き合うべき視聴者を置き去りにする」と指摘。 両者の発言は「ホロプロとホロライブのコラボ」においても納得しうる点がある。 ホロプロは内実ともかく体裁としては女性向け、ホロライブは男性向けのコンテンツであり、両方見ているファンは確かに少ない。 これは「ファン層が被っていないと、コラボは燃えがち」というKUN氏の説明と合致する。 また、もこう氏の「本来向き合うべき視聴者を置き去りにする」という指摘も適当である。 ホロライブにおける「アイドル」売りは、音楽関連のアクションよりもファンとの交流に注力することで成立している。 したがって、ファンとの交流がなされなければ、 それはただのライバーもとい配信者(実況者)として評価される。 そこに女性としての優位性はない。 ホロライブの女性同士のコラボなら、「百合」だとか「てえてえ」だとか「面白さ」以外の コラボすることによってのみ満たせる特別な需要がある。 だが、「ホロプロとホロライブのコラボ」では「面白さ」のみが評価されるのだ。 もしにじさんじであれば、異性コラボでも「異性カップリング」という需要を満たすことができる。 それが箱としての個性であり、売りでもある。 ホロライブの売りが「異性カップリング」を売るようになってしまえばいよいよ凋落するだろう。 そこには、コンセプトが消滅したホロライブという亜流のライバー集団が残る。 見た目の問題 人というのは、外見で判断する生き物である。 コラボについて否定的意見を示している人物は、おそらく外見に影響されている節も大きいのではないだろうか。 舞元氏や社氏は中年らしい見た目であり、「異性カップリング」に組み込まれることはほとんどない。 例えば、でびでび・でびる氏や黒井しば氏のような人外キャラならば異性コラボでも、歓迎されていただろう。 ホストめいた見た目は「異性カップリング」を助長するものでしかない。 しかし、見た目は簡単に変えられる問題ではないので、この点は仕方ない。 圧倒的な知名度の差 個人的にはこの影響が大きい。 本田翼氏と2BRO. のコラボで2BRO. 側にヘイトが集まったのは、知名度の差によるものもあるだろう。 ホロプロとホロライブのコラボに当てはめる。 ホロプロを知らないファンからすれば、このコラボは「女性ライバーが名前も知らない男性ライバー」と「冗長なコラボ」をしているとしか見られない。 自己中だと思われるかもしれないが、私はホロプロを見るまでそういった感覚だった。 そのコラボで、ファンがホロプロ側に流れれば御の字だろうが、「ファン層の食い違い」という問題があり、ファンの流入は想定より少ないと考えられる。 逆効果の擁護 先日夏色まつり氏がツイッターを更新した。 しかし、これが結果的にポジティブな効果をもたらすかと言われれば、もたらされないと私は考える。 今ホロプロを擁護するということは、前述したように「ファン層の食い違い」「単純に面白くない」「圧倒的な知名度の差」も相まって、ホロプロに暗にヘイトが向けられるだけである。 贔屓と言ってしまえば語弊があるかもしれないが、「ホロプロの人たちと絡むけど、否定しないでね!」という発言はどうも特別視のように感じた。 この立場の差が改善しない限り、ホロプロ側にヘイトが集まるだけだ。 まとめ ・ファン層の食い違い ・面白さの追求 ・知名度の差 ・逆効果の擁護 ぜひ忌憚なき意見を聞かせていただけるとありがたい。 以上だ。 あとがき コラボは反対派だけどホロプロ好きとして、4秒だけ時間が欲しい。 とても共感できる内容でした。 私自身も、趣味で生配信をしたことがありますが、通話配信を行うとコミュニケーションの対象がコメントではなくどうしても通話相手に向きがちです。 そのため、優先度がコメント<コラボ相手になってしまいます。 理由はコメントとのレスポンスの時間差、単純な情報の違い(ゲームをしながら文字を追うなどのと比べ、音で情報を拾うためゲームしながらでもコラボ相手とのレスポンスができる)などがあげられると思います。 これはホロスタ未視聴勢の視点なので的外れかもしれないですが、今の状態ではホロスタが伸びても炎上の質(ホロとホロスタファンの対立構造による炎上)が変わるだけだとも考えていて、この先に必要なのは外部との男女混合多人数コラボや男性の友達を作る姿勢(他ライバーに限らず、男性視聴者に親しみやすいライバーの個性)の外部へのアピールが必要だと思います。 少なくとも単なる「男性アイドル像」だけではよくなっていかないと思いました。 芥川さん、お読みいただきありがとうございます。 仰る通り、どうも緊迫感が拭えない状況です。 コラボを批判すれば、やれユニコーンだと揶揄されコラボが推進されれば、この箱はにじさんじの贋物に成り下がります。 現に、声を上げにくい空気の中で、ホロスタあるいはコラボ推進派ライバーへのヘイトが高まっているのはれっきとした事実でしょう。 箱外コラボについてです。 実はホロスタとのコラボ解禁以降、ホロライブは箱内コラボに舵を切り、にじさんじとのコラボは格段に減りました。 おそらくにじさんじもその動きを勘ぐったのでしょう。 ホロスタがコラボ願いを出していないのか、にじさんじが蹴っているのかはわかりませんが、ホロスタとにじさんじのコラボはホロライブのそれに比べてめったにありません。 にじさんじ以外の箱ともコラボはしていますが、やはり流入する数には厳しいものがあります。 男性ファンも獲得していくべきなのは間違いないですが、ホロライブとのコラボで獲得しようとしたのはさすがに安直でしたね。 EXノートさん、お読みいただきありがとうございます。 まさしくそうなんですよね。 案件でも面白ければ反響は大きいし、大型コラボでも面白くなければ、ファン側の盛り上がりが乏しいこともあります。 単なるゲーム配信はまさしく後者に値するんです。 趣旨って意外と大事なんですよね。 したがって、面白そうな企画コラボなら喜ぶ人も多いんじゃないでしょうか(少なくとも私は見てみたいです) ホロスタ内の企画コラボはにじやホロに比べてかなり少ない印象があります。 企画コラボは精力的にやっていく必要がありそうですね。 男性客を取り込むために面白さは不可欠ですし、それをアプローチするならゲームや歌枠より企画配信が手っ取り早いですから。

次の

ホロスターズ所属のVtuber「律可」さんが3Dデビュー‼

ホロライブ イヅル

確かによく似ていますね。 ハスキーで特徴のある歌声なのでわかりやすいかと思います。 また、奏手イヅルさんはツイッターの紹介文に中国語を勉強中であると記載しています。 めゐろさんも中国語の語学学習に通っていることが伺えるツイートを見つけることが出来ました。 特徴的な歌声が似ていること、共に中国語を勉強中であることから奏手イヅルさんの前世 中の人 がめゐろさんである可能性はあり得る話だと思います。 スポンサードリンク 奏手イヅルの顔や年齢も? 奏手イヅルさんの前世 中の人 がめゐろさんだとすると、顔や年齢も判明しているのでしょうか。 めゐろさんはあまり大きく活動をしている方ではなく、歌ってみた動画を何本か上げている程度なので 顔出しでの活動などは見つけられませんでした。 顔は隠されていますが、ピアノの弾き語りの動画を自身のツイッターにアップされています。 声や話し方の雰囲気からすると 20代前半くらいの若い男性ではないかと推察出来ますが、かなり若作りな声を出せるライバーさんもいますから実際はどうなんでしょうか。 スポンサードリンク 奏手イヅルの謝罪とは? 2020年にカバー株式会社が運営するホロライブ、ホロスターズの活動の中でのゲーム実況が権利元の許諾を得ずに行われていたことが判明し、問題になりました。 こちらのカバー株式会社の公式サイトでも声明が出されているので、詳しくは以下をご覧ください。 この問題について、自身のツイキャス配信にて奏手イヅルさんからも謝罪がありました。 現在では削除されていますが切り抜きがニコニコ動画に投稿されています。 会社側の不手際というだけではなく、自身も配信を行っていた側であるのでその非を認め謝罪するといった内容になります。 ただ、企業所属である以上この辺りは事務所側である会社がやってくれているだと認識するでしょうし、間違いなく会社側の不手際ですからライバー側が謝罪する羽目になるのは気の毒な感じはしますね。 スポンサードリンク まとめ 如何でしたか? 特徴のある歌声が似ていること、共に中国語を勉強中であることなどから奏手イヅルさんの前世 中の人 がめゐろさんである可能性はあり得る話だということがわかりました。 顔がわかる写真や動画は見つけることが出来ませんでしたが、ピアノの弾き語り動画を見ると綺麗な指をした男性であることがわかりました。 年齢については明確な情報を得ることが出来ませんでしたが、声や雰囲気からは20代前半くらいの男性ではないかと推察することが出来ました。 謝罪、という検索ワードについてはホロライブ、ホロスターズのゲーム実況における許諾問題について、自身にも責任があるとして謝罪配信を行っていたことがわかりました。 最後まで読んで頂きありがとうございました.

次の