ブラック ニッカ。 〖45度〗ブラックニッカ・ディープブレンドは分厚くて強い酒だった

ブラックニッカはまずい?シリーズ10種類の味や価格を比較!

ブラック ニッカ

本日はニッカウヰスキー株式会社が製造を行うウイスキーの銘柄「ブラックニッカ ディープブレンド」についてのレビューを行います。 ブラックニッカシリーズのレギュラーボトルの中では最も新しい銘柄であるディープブレンドの味は果たしてうまいのか、それともまずいのかについて、4種類の飲み方(ストレート・トワイスアップ・ロック・ハイボール)で検証していきます。 まず最初に、実際にこちらのお酒を飲んでみた結果としてはどの飲み方にも対応ができる中々に完成度の高い銘柄で、実売価格を考えると十分にお値段以上の価値を持っている一本だと感じました。 飲み方ごとの味の詳細や値段、カロリー、おすすめ度などについては下記に記しますのでよろしくお願いいたします。 ブラックニッカシリーズのその他の銘柄についても過去にレビューを行っておりますので、併せてお読みいただけると幸いです。 ブラックニッカ ディープブレンドの概要 ブラックニッカについてあまり詳しくない方の為に一応簡単に説明を入れておきますが、ブラックニッカとはニッカウヰスキーが製造を行いアサヒビールが販売を行うウイスキーのシリーズになります。 シリーズの歴史は1956年に発売された初代ブラックニッカにまで遡ります。 その後、新しい銘柄が出たり消えたりリニューアルをしたりという様々な変遷を経ながらも、現在まで脈々と受け継がれてきました。 ブラックニッカシリーズはジャパニーズウイスキーの中ではかなり歴史の長い部類に入る銘柄になります。 同シリーズの評価については銘柄によりピンキリではありますが、ものによってはAmazonなどのネット通販で通常価格から2倍以上のプレミアがついた値段で取引されている場合もあります。 そんな人気の高いブラックニッカシリーズの中では比較的歴史の浅い、レギュラーボトルの中では一番新しい銘柄となるのが本日レビューを行うディープブレンドという商品になります。 原材料:モルト・グレーン アルコール度数:45度 値段:1,500円(税別) ディープブレンドのボトルデザインについて ブラックニッカ ディープブレンドのテーマカラーはその名の通りのディープな青。 非常に格好いいデザインになっています。 角ばったボトルのデザインも美しく、惚れ惚れする見た目をしています。 ストレートで味を確かめます まず最初の飲み方はストレートです。 液色に関しては若干濃い目かな?という程度です。 まず最初に香りから確認をしていきます。 香りは全体的に力強く、その他のブラックニッカシリーズには無い厚みを感じます。 ピートとウッディな香りが前面に出てきますが、後半には蜂蜜の様な甘さも感じます。 では実際に味を確かめていきます。 アルコールの刺激については割と強めです。 しかし同時に甘さや旨味、酸味がバランス良くしっかりと感じられる為、そこまで嫌な感じはしません。 ブラックニッカ クリアの様なペラッペラでただ辛いという訳では無く確かな味わいを持った一本です。 この値段でこの味なら十分に満足度の高い銘柄だと思います。 70点。 トワイスアップで飲んでみます 次の飲み方はウイスキーと同程度の水を加えたトワイスアップです。 ストレートの際は、どちらかといえば甘みのある香りが主体となっていましたが、加水を行うと酸味を伴なう華やかさのある香りに変わります。 爽やかで良いですね。 アルコールの刺激も少なくなり非常に飲みやすい味わいに。 水を加えたことにより後味の苦みが若干強調されているのですが、それがまた良い塩梅の味わいを生み出しています。 68点。 ロックでディープブレンドの味を確かめます 三番目の飲み方はオン・ザ・ロックです。 氷で冷やされたことにより香りはあまり感じられなくなりました。 氷で冷やされることにより、アルコールの刺激は緩和されましたが旨味の部分は丁度良い具合に残っており、後味には嫌みの無い深みのある苦みさが口の中に残ります。 余韻には甘みを残しゆっくりと溶けていく様になくなります。 美味しかったです。 71点。 ハイボールで味わいます 最後の飲み方はハイボールです。 ハイボールにすると香りは殆ど残りませんね。 かなり薄っすらとフルーティーな香りを感じますが特徴的な要素は見つかりません。 味わいに関してはスムースな飲み心地がありながらも確かな味わいが感じられ大変うまいと思います。 ピートの香りや苦みが炭酸に合いますね。 ブラックニッカ ディープブレンドのコスパや全体的な満足感、リピートについて ブラックニッカ ディープブレンドは実売の値段も1300円程度と比較的安く入手をする事ができ、味についてもその価格に十分に見合った仕上がりとなっているコスパ良いウイスキーでした。 実際の入手価格がほど近い角瓶と比べてもハイボールを除く全ての飲み方で点数が上回ります。 ハイボールに関しても方向性の違いはありますが、味の質自体は角瓶にも勝るとも劣らない構成になっています。 また、値段、レベルが共に近いブラックニッカスペシャルと比較すると内容自体は互角に近いと言えますが、ディープブレンドの方が取り扱いをしている店舗が圧倒的に多く利便性に勝るといえます。 同ウイスキーは普通に味を楽しむことが可能な銘柄でもありますが、値段的にも知れていますので宅飲みをする際などにワイワイと騒ぎながら躊躇なく消費する為の一本としても向いていると思います。 あとはハイボール缶も出して欲しいですね。 日本全国のスーパーやコンビニなどでも簡単に入手する事が可能なこちらの銘柄は、どの飲み方でも美味しくいただく事が可能な本格的な味わいのお酒でした。 アルコールの刺激が強いためウイスキー初心者にはそこまでおすすめは出来ませんが、ある程度飲み慣れた方にとってはうまいと思える内容になっています。 ブラックニッカディープブレンドはコンビニやスーパー等でも購入が可能ですが、お近くに無い場合や買いに行くのが面倒などとお考えの方はAmazonや楽天などの通販サイトを利用してみてはいかがでしょうか。 その際はブラックニッカシリーズのその他の銘柄と併せて購入をして飲み比べをしてみても面白いと思います。 今後もニッカのウイスキーやその他の銘柄についてのレビューを行いますのでよろしくお願いいたします。

次の

ブラックニッカ ディープブレンド

ブラック ニッカ

ブラックニッカシリーズを実際に飲み比べてみた ということでまずはブラックニッカ4種類を紹介していきたいと思います。 ブラックニッカスペシャル• ブラックニッカクリア• ブラックニッカリッチブレンド• ブラックニッカディープブレンド 以上がブラックニッカのレギュラー商品となります。 昔はブラックニッカスペシャルだけだったのが、クリア、リッチブレンド、ディープブレンドと増えていきましたね。 途中でブラックニッカ8年が終売しましたが、その後にディープブレンドが加わりました。 こうしてみると同じブラックニッカシリーズでもボトルのデザインからコンセプトまで違ったウイスキーが揃っていて面白いですね。 それでは実際に各銘柄の紹介と飲んでみた感想を紹介したいと思います。 ブラックニッカスペシャル ブラックニッカスペシャルと言えばブラックニッカの正当な後継銘柄。 当時一級ウイスキーで人気だったブラックニッカに宮城峡モルトを加えスペシャルとして 1985年に ブラックニッカスペシャルとして登場。 そして1985年から30年以上の年月が流れ、 今でもブラックニッカの代表銘柄として販売されています。 当時一級ウイスキーの名残でもあるアルコール度数42%ってのもブラックニッカスペシャルならではですね。 実際に飲んでみての感想 実際に飲んでみて感じたのは バランスが良さ。 他のブラックニッカはそれぞれのコンセプトやマーケティングを重視して作られたウイスキーなので、それなりに個性があります。 それに比べると スペシャルは突出した個性はありませんが、 全体的にまとまっていて香りや味わいのレベルが高いです。 良い意味で昔ながらのウイスキーです。 香りはフルーティーで特にラムレーズンの様な香りの印象が強いです。 後はバニラにほんのりピート感があるといった感じでしょうか。 味わいも甘み、ビター、そしてマイルドで飲みやすいです。 ある意味スタンダードスコッチみたいなウイスキー。 むしろ同価格帯のスコッチよりスペシャルの方が好き!って人も大勢いると思います。 関連記事 ブラックニッカクリア ブラックニッカクリアはシリーズの中でも 最も安く最もライトなウイスキー。 その特徴はなんといっても ノンピート麦芽の採用。 従来のピートを使用した本格的なウイスキーではなく、ノンピート麦芽を採用しウイスキーに慣れてない人でも 飲みやすいクセの無いクリアな味わいが特徴。 その価格と飲みやすさからも、コンビニから居酒屋など目にする機会は多いと思います。 実際に飲んでみた感想 ブラックニッカクリアは全体的に良く言えば ライトな仕上がり。 悪く言えば 薄い。 特にウイスキーにある程度慣れてしまった人にとっては物足りなさを感じます。 しかし ノンピートで軽快な飲み口は、特に 焼酎からステップアップにはちょうどいいウイスキーなんじゃないかと思います。 他にもその軽さから 最初の一杯的なポジションとしては使い勝手が良さそうです。 特に ハイボールや 水割りなどの 食中酒としての相性は抜群です。 関連記事 ブラックニッカリッチブレンド ブラックニッカクリアから次のステップとして用意されたリッチブレンド。 シェリー原酒を使うことで 甘さや香りなどが強化されました。 価格もブラックニッカクリアと比べ数百円高いですが、ブラックニッカシリーズでは安い方。 実際に飲んでみた感想 ブラックニッカリッチブレンドはシリーズの中でも フルーティーで 華やかな印象。 ブラックニッカクリアのように、 ライトな印象ですが シェリー原酒を採用している事もあり フルーティーな味わいと華やかな香りがします。 スペシャルやディープブレンドはバニラやレーズンなど甘い雰囲気ですが、リッチブレンドはほんのり酸味を感じました。 味わいやコクなどもしっかりしており、飲みごたえも増しています。 とはいえシリーズの中ではライトで飲みやすい部類にはいるでしょう。 甘さ、フルーティー、軽やかさなどを重視する方におすすめです。 ブラックニッカクリアからのステップアップにもおすすめ。 関連記事 ブラックニッカディープブレンド ブラックニッカ4兄弟の中で一番の末っ子。 ディープブレンドという名前通り、非常に濃厚で香りや味わいが特徴的。 新樽原酒をキーモルトに採用しヘビーピートモルトをアクセントに加えたりと 濃厚や ピート感を重視したブラックニッカとなっています。 発売当時から非常に好評のウイスキーで、トコログもお気に入りの一本です。 実際に飲んでみた感想 ブラックニッカシリーズでも一番新しい事もあって 一番個性的。 アルコール度数 45%とブラックニッカシリーズでも一番濃度が高いので アルコール感を感じます。 他のブラックニッカシリーズとは一線を画する味わい、 とっても濃厚で 香りも豊かです。 特に 樽感が非常に強く、スペシャルで感じたようなレーズンやバニラ系の甘い香りも特徴的。 ほんのりと ピート香が良いアクセントになります。 このウイスキーはウイスキーに慣れてきた人には非常におすすめです。 若干のアルコール感や荒さもありますが、価格に対して非常に濃厚で、ある意味コスパ最高のウイスキーかもしれません。 関連記事 ブラックニッカシリーズの違いを表にしてみた わかりやすい用に甘み、濃厚、華やか、軽さ、などの特徴をわかりやすくまとめてみました。 それぞれを簡単にまとめると スペシャル:1番まとまっていてスタンダードなウイスキー。 クリア:ライトで飲みやすいウイスキー リッチブレンド:フルーティー、甘みなどを重視 ディープブレンド:濃厚な味わいやコクを重視 こんな感じになりますね。 まとめ という事で今回はブラックニッカシリーズを飲み比べしてみました。 思った以上にどのウイスキーも個性があって楽しかったです。 価格も安いのに、色々と楽しんで飲むことができるので、思い切ってブラックニッカ4種を買って飲み比べしてみるのも楽しいと思います。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事.

次の

ブラックニッカスペシャルの終売の噂や価格、味などについて

ブラック ニッカ

「ノンピートモルト」だから、 香りにクセがない。 「ウイスキーって煙くさくて、飲みにくい」「香りがちょっと苦手」・・・そんな方も少なからず、いらっしゃるようです。 ウイスキー独特のスモーキーな香りは、原料のモルト(大麦の麦芽)を乾かす時に使う「ピート(草炭)」の香り。 ピートを燃やした熱風でモルトを乾かすため、モルトに煙の匂いがつき、ウイスキーの香りの中に混ざるのです。 スモーキーな香りが苦手な方にも、ウイスキーをおいしく楽しんでいただきたい。 そう考えてニッカウヰスキーは1997年、ピートを使わずに乾かした「ノンピートモルト」で、ウイスキーをつくりました。 それが、ブラックニッカ クリアです。 当時としては非常に画期的なチャレンジでしたが、香りがやわらかで飲みやすいウイスキーとして、多くの方に愛されるブランドに育ちました。 ストレート ウイスキーをそのまま飲むってちょっと勇気が必要かもしれないけど、かろやかで飲みやすいブラックニッカ クリアなら、いい感じ。 おしゃれなスキットルに入れて、アウトドアで飲むのもいいね。 水割り おいしくつくるなら「1・2・3(ワン・ツー・スリー)」。 ウイスキーの分量を1としたら、その2倍の量のミネラルウォーターで割って、大きめの氷を3つ。 マドラーで混ぜて30秒ぐらい待つと、味がなじむんだって。 トゥワイスアップ 氷なし、ウイスキー1:水1で割る。 水は冷やさずに、常温で。 冷たい水割りよりも香りが立つから、ブレンダーの人がよくこれでテイスティングするらしいよ。 味わいもしっかり楽しめる。 オン・ザ・ロック 大きめの氷の上から、静かにウイスキーを注ぐだけ。 ゆっくり溶ける氷がウイスキーと混ざっていくのを見てるのって、ちょっとロマンチック。 香りや味わいがだんだん変化していくのを確かめてみて。 フロート 氷と水の上にウイスキーを浮かべる。 マドラーを伝って静かにウイスキーが流れるようにすると、2層になってすごくきれい。 ストレートから水割りへと、だんだん変わっていく香りや味わいを楽しめるよ。 ホットウイスキー ウイスキー1に対して、お湯2ぐらい。 シナモンやクローブ、アニスなどスパイスを入れたり、はちみつやジャムを足したり。 紅茶やホットチョコレート、温めたジンジャーエールで割るのもおいしいよ。 ジンジャーハイボール ピリッとさわやか、スパイシーで夏っぽい。 おろし生姜を足すと、ジンジャー感アップしてオトナの味わい。 【材料】 ブラックニッカ クリア・・・30ml ジンジャーエール・・・120ml すりおろし生姜・・・お好みで• 梅ハイボール 梅酒のコクと甘酸っぱさがウイスキーと溶けあって、まろやかなのにさっぱりした味わい。 【材料】 ブラックニッカ クリア・・・30ml 梅酒・・・10ml 炭酸水・・・120ml 梅の実・・・お好みで• ライムハイボール しぼったライムを実ごとグラスに入れ、ガムシロップを加えてハイボールに。 すっきりしてて食事にも合うよ。 ジャーハイ ウイスキーにスパイスやフルーツを漬け込んで、炭酸で割る「ジャーハイ」。 香りを楽しむハイボールだから、甘いのがちょっと苦手、っていう人にもおすすめ。 アイスカフェキューブ ウイスキーミルク ウイスキーに牛乳と練乳を加えてステア、凍らせたコーヒーを入れる。 ほのかに甘くて香ばしく、コーヒーが溶けるにつれてほろ苦さが増しておいしい。 【材料】 ブラックニッカ クリア・・・30ml インスタントコーヒー・・・小さじ1 (お湯100mlで溶かし、キューブ状に凍らせておく) 牛乳・・・100ml 練乳・・・大さじ1• オトナかき氷 ブルーハワイシロップにブラックニッカ クリアを混ぜ、かき氷にかける。 後味にほんのりウイスキーの味わいが来て、驚きのおいしさ。 レモンとかイチゴとか、いろいろイケる。 【材料】 かき氷・・・1杯(ロックグラスやボウルなど) ブラックニッカ クリア・・・適量 ブルーハワイ かき氷シロップ・・・ブラックニッカ クリアと同量• オレンジバルサミコハイボール バルサミコとは、ブドウ果汁でつくる果実酢。 凍らせたオレンジと一緒にグラスに入れ、ブラックニッカ クリアと炭酸を加えて。 フルーティーな酸味で、さっぱり。

次の