ビクシリン。 呼吸器内科の抗生剤 : ピクトグラムでわかる呼吸器内科

医療用医薬品 : ビクシリン

ビクシリン

細菌が原因のいろいろな病気に用います。 作用 【働き】 感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。 腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。 グラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌にも有効です。 病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。 いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。 【薬理】 細菌の細胞壁の合成を抑えることで、殺菌的に作用します。 ペニシリン系の代表的な抗生物質です。 緑膿菌やセラチアには効果がありません。 扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎など比較的軽い感染症に用いることが多いです。 安全性の高い抗生物質ですが、まれにアレルギー症状を起こします。• カプセルのほか、子供向けのシロップ用細粒があります。 注意 【診察で】• アレルギーを起こしやすい人は、必ず医師に伝えておきましょう。• 今までに薬を飲んで発疹などアレルギー症状を起こしたことのある人は、その薬の名前を医師に教えてください。• 喘息、じん麻疹、腎臓病など持病のある人は、医師に伝えてください。• 服用中の薬は、医師に伝えましょう。 【注意する人】• この薬で、じん麻疹などアレルギー症状を起こしたことのある人は禁止です。 また、この系統(ペニシリン系)にアレルギーのある人も原則用いません。• 伝染性単核症というウイルス性の病気にかかっているときには用いません。 この薬の影響で、発疹がでやすいためです。• 喘息やじん麻疹などアレルギー性の病気のある人は慎重に用います。 腎臓の悪い人、高齢の人も副作用がでやすいので、服用量、服用間隔などに配慮が必要です。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 避妊薬の効果を減弱するおそれがあります。 【使用にあたり】• 決められた飲み方を守ってください。 症状、年齢、製剤によって用法用量が異なります。 症状が重いときは、多めになることがあります。• 時間毎(6時間毎等)のほか、食事に合わせて食後に飲むことも多いです。• カプセルは、コップ1杯ほどの十分な水で飲んでください。 子供用の細粒(ドライシロップ)は、ふつう、1包を適量の水で溶いてから飲みます。大きい子供は、そのままでもかまいませんが、多めの水で飲ませてください。• 指示された期間きちんと続けましょう。 症状によっては、少し長めになるかもしれません。 自分だけの判断で止めてしまうと、再発したり治りにくくなるおそれがあります。• ふつう、3〜4日も飲めば治ってきます。 もし、効果がなかったり、かえって悪化する場合は、早めに受診してください。 薬が合っていないかもしれません。 【その他】• 下痢の予防に、乳酸菌の整腸薬と併用することがあります。• 尿糖検査が不正確になることがあります。 【備考】 抗生物質の効きにくい細菌が増えています。 ある調査によると、中耳炎を起こす肺炎球菌の7割が抵抗力を持っていたそうです。 このような耐性菌を増やさないため、欧米では抗生物質の安易な使用は慎まれています。 効能 【適応菌種】 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭疽菌、放線菌、大腸菌、赤痢菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌、梅毒トレポネーマ 【適応症】• 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症• 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎• 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染• 膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、梅毒• 腹膜炎、肝膿瘍• 感染性腸炎• 子宮内感染• 眼瞼膿瘍、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)• 中耳炎、副鼻腔炎• 歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染• 猩紅熱• 炭疽、放線菌症• 注:製剤により多少異なる 用法 【カプセル】 通常、成人は1回アンピシリンとして250〜500mg(力価)を、1日4〜6回経口服用する。 なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。 【顆粒、ドライシロップ】 用時溶解し、通常成人は1回本剤2. 5〜5g〔アンピシリンとして250〜500mg(力価)〕を1日4〜6回経口服用する。 小児は体重1kg当り本剤0. 25〜0. 5g〔アンピシリンとして25〜50mg(力価)〕を1日量とし、4回に分けて経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 わりと多いのは「下痢」です。 とくに小さい子供は、便がやわらかくなりやすいです。 これは、抗菌作用により、腸内細菌のバランスが乱れるためです。 軟便くらいでしたら、たいてい心配いりませんが、ひどい下痢が続くときや血便がみられるときは受診してください。 人によっては、小さいブツブツした「発疹」ができます。 ときに、発熱をともなうこともあります。 この場合、いったん服用を中止し、医師の指導を受けてください。 ショックに至るような重いアレルギー症状(アナフィラキシー)を起こすことはまずないですが、万一、ひどい「じん麻疹」ができたり、顔や口が腫れてゼーゼーしてくるときは、すぐに受診してください。 そのほか重い副作用として、腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚障害の報告もあります。 これらは、きわめてまれな副作用ですが、とくに高齢の人、また長期服用時においては注意が必要です。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、胸苦しい、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔のむくみ・腫れ、のどが腫れゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。• 血液障害、溶血性貧血..発熱、喉の痛み、だるい、出血傾向(血豆・青あざ、歯肉出血、鼻血、血尿)、息切れ、動悸、黄疸(皮膚や白目が黄色)、むくみ、尿量減少。• 大腸炎..激しい腹痛、頻回な下痢、発熱、血液便、下血。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。 【その他】• 発疹(小さな赤いブツブツなど)、じん麻疹(プックリと赤く腫れる)• 軟便、下痢、腹痛、吐き気• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ビクシリン(アンピシリン)の作用機序と副作用【ABPC】

ビクシリン

効能・効果• 咽頭炎• 外傷の二次感染• 角膜炎• 角膜潰瘍• 眼瞼膿瘍• 肝膿瘍• 急性気管支炎• 口腔手術創の二次感染• 喉頭炎• 子宮内感染• 骨髄炎• 歯冠周囲炎• 歯周組織炎• 手術創の二次感染• 猩紅熱• 腎盂腎炎• 中耳炎• 乳腺炎• 熱傷の二次感染• 肺膿瘍• 麦粒腫• 抜歯創の二次感染• 副鼻腔炎• 腹膜炎• 扁桃炎• 膀胱炎• 放線菌症• 慢性膿皮症• リンパ管炎• リンパ節炎• 感染性腸炎• 深在性皮膚感染症• 表在性皮膚感染症• 慢性呼吸器病変の二次感染• 淋菌感染症 効果・効能 (添付文書全文) 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、梅毒、腹膜炎、肝膿瘍、感染性腸炎、子宮内感染、眼瞼膿瘍、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染、猩紅熱、炭疽、放線菌症。 <効能・効果に関連する使用上の注意> 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、感染性腸炎、副鼻腔炎への使用にあたっては、「抗微生物薬適正使用の手引き」を参照し、抗菌薬投与の必要性を判断した上で、本剤の投与が適切と判断される場合に投与する。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献、自発報告等を参考に集計した(再審査対象外)。 1.重大な副作用 1).ショック、アナフィラキシー(0. 3).無顆粒球症、溶血性貧血(0. 4).急性腎障害等の重篤な腎障害(0. 5).偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎(0. 2).血液:(0. 3).肝臓:(0. 4).消化器:(0. 5).菌交代症:(0. 6).ビタミン欠乏症:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.伝染性単核症のある患者[発疹の発現頻度を高めることがある]。 (原則禁忌) ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 1.セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者。 3.高度腎障害のある患者[血中濃度が持続する]。 4.高齢者。 5.経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状が現れることがあるので観察を十分に行う]。 (重要な基本的注意) ショックを起こす恐れがあるので、十分な問診を行う。 (相互作用) 併用注意:経口避妊薬[経口避妊薬の効果が減弱する恐れがある(腸内細菌叢を変化させ、経口避妊薬の腸肝循環による再吸収を抑制すると考えられる)]。 (高齢者への投与) 高齢者には、次の点に注意し、用量並びに投与間隔に留意するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 1.高齢者では生理機能が低下していることが多く副作用が発現しやすい。 2.高齢者ではビタミンK欠乏による出血傾向が現れることがある。 2.授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[母乳中へ移行することが報告されている]。 (臨床検査結果に及ぼす影響) 本剤の投与により、ベネディクト試薬、フェーリング試薬による尿糖検査では偽陽性を呈することがあるので注意する。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (その他の注意) アンピシリンとアロプリノールとの併用により、発疹の発現が増加するとの報告がある。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

国立病院機構 九州医療センター|お産・出産|周産期センター

ビクシリン

ビクシリン注射用1gに関連する病気 関連する可能性がある病気です。 細菌性肺炎(総論) スピロヘータ感染症(総論) 梅毒 肺炎 敗血症 猩紅熱 急性気管支炎 ビクシリン注射用1gの主な効果と作用• 病気( 感染症)の原因となる菌を殺すお薬です。 ペニシリン系の 抗生物質です。 細菌の細胞壁の合成を阻害して細菌の増殖をおさえる働きがあります。 ビクシリン注射用1gの用途• 外傷の二次感染• 化 膿性• 眼瞼 膿瘍• 口腔手術創の二次感染• 子宮内感染• 歯冠周囲炎• 歯周組織炎• 手術創の二次感染• の二次感染• 抜歯創の二次感染• 放線菌症• 慢性膿皮症• リンパ管炎• リンパ節炎• 感染性腸炎• 深在性皮膚 感染症• 表在性皮膚感染症• 慢性呼吸器 病変の二次感染• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 下痢、悪心、食欲不振、発疹、過敏症、発熱、蕁麻疹、痙攣、神経症状、貧血、好酸球増多 起こる可能性のある重大な副作用 急性汎発性発疹性膿疱症、ショック、アナフィラキシー、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、無顆粒球症、溶血性貧血、急性腎障害、重篤な腎障害、偽膜性大腸炎、血便、重篤な大腸炎、腹痛、頻回の下痢 上記以外の副作用 顆粒球減少、血小板減少、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、菌交代症、口内炎、カンジダ症、ビタミンK欠乏症状、低プロトロンビン血症、出血傾向、ビタミンB群欠乏症状、舌炎、神経炎 ビクシリン注射用1gの用法・用量• 1.成人:1).筋肉内注射の場合:アンピシリンとして、1回250~1000mg(力価)を1日2~4回筋肉内注射する• 敗血症、感染性心内膜炎、化膿性髄膜炎については、通常用量より大量を使用する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 2).静脈内注射の場合:アンピシリンとして、1日量1~2g(力価)を1~2回に分けて日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液に溶解し静脈内注射し、点滴静注による場合は、アンピシリンとして、1日量1~4g(力価)を1~2回に分けて輸液100~500mLに溶解し1~2時間かけて静脈内に点滴注射する• 敗血症、感染性心内膜炎、化膿性髄膜炎については、通常用量より大量を使用する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 伝染性単核症• アレルギー• 気管支喘息• 経口摂取の不良• 高度腎障害• 蕁麻疹• 全身状態の悪い• 非経口栄養 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 新生児 低出生体重児を含む• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 早産の新生児 0日〜27日• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜 ビクシリン注射用1gの注意が必要な飲み合わせ.

次の