鶏 ガラスープ の 取り 方。 鶏ガラスープの取り方と「肉団子の和風ポトフ~柚子の香り~」 | 比内地鶏のおウチごはん。

鶏ガラスープの取り方と「肉団子の和風ポトフ~柚子の香り~」 | 比内地鶏のおウチごはん。

鶏 ガラスープ の 取り 方

鶏がらスープに使う野菜 鶏がらの臭みを消すために、基本はネギの青いところと生姜。その他、使う料理やお好みでにんにくや玉ねぎ、ニンジンなどを使います。 ラーメンの場合、にんにくは必須、他に玉ねぎやニンジンなど、多くの野菜を使うことで味が複雑になり、おいしい鶏がらスープに。 1l~1. 5lのスープならにんにくは5~6片を基本に、お好みでさらに増やしてもいいかと思います。 白湯スープにする場合は玉ねぎを多めに、ニンジンやキャベツなど野菜をたくさん入れることで、ポタージュのような甘みのあるスープに。スープの濁りを気にしない場合、野菜は捨ててしまうような切れっ端があればどんどん入れてしまっていいと思います。 残りは冷凍して下さい。 鶏がらスープの旨味を一番感じられるのは、鶏がらスープにゴマ油を足らし、塩胡椒で味付けしただけの中華スープ。 市販の鶏がらスープとは全く違う旨味を感じるかと思います。 チャーシューなどを作る時に豚バラブロックや鶏むね肉をスープと一緒に煮込めば、さらに旨味が出た美味しいスープに。 透明な清湯スープの場合は火加減もちょうどよく、やわらかく美味しいになります。 鶏がらはスーパーの精肉コーナーでも隅っこに追いやられていますが、常備しておけば色々な料理に使える万能の鶏がらスープになります。

次の

こってり濃厚、豚骨スープ!【スープ大辞典】

鶏 ガラスープ の 取り 方

出来上がり 約600cc 鶏ガラ 2羽 400g ネギの青い部分 100g 生姜 100g 玉ねぎ 100g 人参 60g 水 6リットル 【関連リンク】 ・ ・ ・ 鶏白湯スープの作り方 今回使った鶏ガラです。 小さかったので2羽使いました。 鶏ガラが隠れる位の水を沸かし、沸騰ししたら鶏ガラを入れ、5分くらい下茹でします。 お湯を捨て、鍋を綺麗にして鶏ガラと野菜、水4リットルを入れ水から蓋を閉めて強火で煮込みます。 生姜と人参は適当な大きさに切ります。 1時間30後です。 少し白濁してきています。 水が少なくなっているので、2リットル追加します。 後は同じように強火で1時間~2時間煮込みます。 煮込み終わったらスープを濾します。 完成 鶏白湯スープの完成です。

次の

鶏ガラスープの取り方 ゼラチン質で固まる濃厚鶏スープ

鶏 ガラスープ の 取り 方

大まかな流れ 後ほど詳しく説明しますが、最初にざっくりと。 鶏ガラを下茹で• 鶏ガラから肉を外し、砕きつつ鍋へ• 煮込む• 骨がもろくなってきたら潰す• どんどん煮込む• 完成 ね? 簡単でしょ? なぜ白濁するの? どう白濁させるの? 鶏に限らず、豚も牛もそうなのですが、骨髄などのコラーゲンが溶け出て白濁します。 ですから、肉を煮込むだけでは白濁しづらいです。 ガラを煮込み、骨髄を溶かし出すことが白濁スープを作る要となります。 作り方 鶏ガラを寸胴で下茹でします。 これは骨から余分な肉を取り除きやすくするための工程です。 下茹で時間は30分程度で十分。 寸胴から少々はみ出すくらいでも大丈夫。 火が通れば柔らかくなり、ちゃんと寸胴内に収まります。 ちなみに、これは6羽分、約3kg。 下茹でが終わったらガラを取り出し、肉を取り除いていきます。 指で取れる範囲で大丈夫。 お店で出すわけじゃありませんから、キレイにすべて取る必要はありません。 写真は手前がガラ、奥が取り除いた肉。 下茹でしたお湯は、それ自体も鶏ガラスープです。 白濁スープではありませんが、これもとてもおいしいので、取っておいて活用してみて下さい。 一日置いて、脂分を固めて取るのがおすすめです。 そのままだとちょっと脂っこすぎます。 また、取り除いた肉もおいしいので、取っておきましょう。 ミキサーにかけ、鶏肉団子にするのがおすすめです。 もしそれをこの白濁水炊きに入れるなら、団子は肉だけにして下さい。 ショウガなどは入れないほうがいいでしょう。 せっかくの極上スープにショウガの味が移っちゃうので。 肉を取り除いたガラを砕きながら圧力鍋(もしくは寸胴)へ。 私はいつもペンチで潰していますが、ハンマーで砕くなり、指でポキポキ折るなり、お好きな方法でどうぞ。 この作業は飛ばしちゃってもOKです。 圧力鍋で煮れば、どうせボロボロになりますから。 ガラがひたひたになる程度の水を入れ、沸騰させます。 アクを適度に取り除いたら、圧をかけ約1時間煮ます。 アク取りはそれほど神経質にならないように。 せっかくのうまみまで取ってしまいかねないので。 ちなみに私が使っている圧力鍋は。 日々の料理で超活躍しています。 1時間後、圧力鍋を開けます(普通の寸胴なら2~4時間ほど??)。 これくらいだとまだそれほど白濁はしていません。 木べらなどでガツガツと骨を砕いて下さい。 そこからは火力全開でガンガン煮ます。 すると、どんどん白濁していきます。 水分量が減ってきたら適宜、足して下さい。 完成! こしつつコップに注いで、塩をちょいと入れますと。 ザ・白濁スープ! 鶏白湯(とりぱいたん)! うめえええ! 最初は鶏モモ肉だけで。 塩を少し溶いたスープを取り皿に入れておき、これに肉を浸して食べます。 なんじゃこれ! うますぎ! やばい! こちらが飲んでいるはずなのに、濃厚な鶏ガラスープは私を飲み込みます! なお、黄色く見えるのは脂分。 私は少々脂があったほうがコクがあって好きなので、そのままにしました。 もし気になるようなら、一日置いて、脂分を固めて取り除いて下さい。 次は野菜を入れて鍋。 もちろんうまーい! ちなみにこれは一人用の鍋。 一人だったので。 そして、このほうが撮影しやすいのでw 〆はラーメン! 鶏肉団子を添えてみました。 濃厚、激ウマの鶏白湯ラーメンです。 雑炊もやばいです。 生麺を使う場合、麺は普通のお湯で軽く茹でて下さい。 いきなり鶏白湯に入れちゃだめ! これは鶏白湯に限った話ではありませんが、麺についている粉がスープに溶け、スープがドロッとしてしまうからです。 これはこれでうまいんですが、ちょーっと重たくなりますよねぇ。 乾麺だったらマルタイの「棒ラーメン」とかがいいんじゃないでしょうか。 ただ、ラーメンのスープを半分ほど飲み終えた時、ちょっと嫌になりましたw もう勘弁してくれ、と。 鶏すぎる、と。 鍋で普通に〆ラーメンを作るくらいならいいんですが、単体のラーメンにしてしまうと、飲みきれないほどスープが濃厚です。 もしラーメンのスープにするなら、少し薄めて塩や醤油で味を調整するといいかもしれませんね。 嫌になるほどうまい水炊き用の白濁した鶏白湯。 この冬、ぜひ一度、試してみて下さい。 市販品もおいしいですが、やっぱ自分で作ったら一層うまく感じますよ!.

次の