コストコ 台湾 風 まぜ そば。 台湾風まぜそばキット

【デカい】これ何人前だよ!? コストコの1kg超「台湾風まぜそば」の量がヤバイ! 全てに驚かされっぱなしな件

コストコ 台湾 風 まぜ そば

「台湾まぜそばって、どんな味なの?」と思う方にざっくり説明すると、太麺(極太麺のところもあり)に 醤油ベースの味付け、ピリ辛のミンチ肉が入っているのでチョイ辛め、真ん中には卵黄、お店だとニラとネギが入っているのがメジャーなところでしょうか。 魚粉も入っているので、魚介風なテイストもあります。 以上のことからも、かなりごった煮感あふれるパンチの効いた味です。 そういったてんこ盛りの具材を麺と絡めて食べるため、よくかき混ぜてからいただきます。 こちらの商品のラベルにもその旨が記されていますネ! カロリーは 506kcalで、ナトリウムは2. 思っていたよりはヘルシーな印象です。 電子レンジの500Wで4分ほど温めればできあがり。 フタを取り外すと魚粉の香りが漂います。 魚粉らしきものが見えていかなったのでいささか気になっていましたが、その辺はさすがに押さえられています。 具材はピリ辛のミンチ肉とモヤシ、それにネギときざみノリにメンマ、卵黄とそれなりのラインナップです。 モヤシにはフライドガーリックと思われしものもまぶされています。 卵黄は温めると中身があふれ出して、「さぁ混ぜろ!」と言わんばかりです。 底には少量の濃厚スープがしみだしているので、こちらを麺を下から上にとていねいにかき混ぜていきます。 とあるお店には「20回はまぜてね!」と書いてあったので、同じように「おいしくなーれー」と念じながらかき混ぜます。 よーくかき混ぜたら、いつもながらのマイ丼に移していただきます! お店だと麺は太麺がほとんどですが、こちらは中太麺。 でも、それなりにコシがあってなかなかの食べごたえがあります。 ピリ辛のミンチ肉が味をリードし、これぞ台湾まぜそばっ!といった感じでなかなかの再現度です。 それと、なんとなく油っぽい印象がありますが、唐辛子のピリ辛にコショウのピリ辛、あとラベルには書かれていませんが、若干の山椒の辛さも加わっているような感じがあり、かなりガツガツと行けます。 きざみノリもいい仕事をしています。 あとは、ニラがあると完璧なのですが、これはマイセルフで加えるといいかもしれません。 もともとスープが少ないのと麺との絡みがよいため、お店ほどスープは残りません。 なので「追い飯」(少量のごはんを加えて食べる)は微妙です。 台湾まぜそばとしてはポイントを押さえているので、手軽に食べれるこちらの商品はとってもGood! パンチの効いた味覚に飢えている人はお試しあれ! <おすすめ記事> ・ <参考リンク> ・.

次の

江戸切りそば ゆで太郎「特もり」6月は大盛り無料キャンペーン開催!無料券併用可: バイク好きペケの気ままにブログ

コストコ 台湾 風 まぜ そば

台湾風まぜそばキット 購入時価格:998円(2020年3月) ITEM 96292 3月の新商品として販売されている「台湾風まぜそばキット」です! 「台湾まぜそば」といえば、愛知県名古屋市の名物料理「名古屋めし」の一つと言われている料理です。 なお、名前に台湾と付きますが名古屋独自の食文化が生み出した料理で台湾発祥というわけではありません。 最近のコストコは世界各国の料理だけでなく、日本のご当地メニューをオマージュした、オリジナルデリカが生み出される傾向にあるのかも? この商品を初めて食べたのは、東海地方でのテレビ番組の撮影の中ででした。 正味量:1010g 消費期限:購入日含め3日 蓋を開けました。 台湾ソース(辛味ソース)と言われている赤茶色っぽい濃厚ソースは別添となっており、温泉卵が2個付いていました。 私の中で台湾まぜそばと言えば、唯一食べたことがある麺屋はなびのイメージが強いので、どうしても比べてしまうところがあり、海苔とかニラとか魚粉とかは入って無いんだなぁ〜というのが第一印象でした。 あと、台湾まぜそばと言えばたっぷりのにんにくがお馴染みだと思うのですが、にんにくも特に別包装されているわけではないみたい。 でもまぁ、にんにくは無い方が食べられる!という方が多いかもしれないからそれはそれでアリですね。 必要な人は自分で足せば良いし。 調理方法は、蓋を取ってソースカップと卵を取り出し、電子レンジ500Wで10分ほど温め、半熟卵を割り入れ、まぜそばソースをかければOK!とっても簡単ですね! しかし、こういった茹で中華麺って電子レンジで温めても大丈夫なもんなのかね・・・? 勝手なイメージですが、スーパーとかでチルド販売されている茹で麺とかって、レンジで温めるとブヨブヨになったり、ブチブチ切れやすくなったりとあまり良いイメージが無いんですよね。。 そのまま全部は食べられそうになかったので、別皿に移してレンジで温めました。 これでおおよそ半分位の量かな〜? レンジで温めたのちに真ん中に温泉卵を落とし、別添のソースをサラサラと振りかけました。 立ち上る香りはそこまで辛そう!って感じじゃないかな。 どちらかといえば甘香ばしさと出汁っぽい香りが混じった焼きラーメンのような香りがします。 綺麗に盛り付けたものを完全に打ち崩すようにぐちゃぐちゃに混ぜ合わせます。 確か本場名古屋の台湾まぜそばのお店で、混ぜれば混ぜるほど美味しい!!みたいなことが書いてあったんですよね・・・せっかく美味しそうな見た目だったのに、なんだか背徳感のある食べ物だなぁ。。 そうそう!後から気がついたのですが、しっかり混ぜ合わせることを考えると今回のような平皿ではなく、どんぶりの方が良いと思います。 名古屋で食べた台湾まぜそばも確かにこんな感じだったよね。 豚挽肉は色味が薄めな感じだったので、味も薄いかと思いきや、こちらもピリ辛な味付けとなっており、またよく味わえば魚粉っぽい風味も感じられ、なるほどしっかり「台湾まぜそば」っぽい味だと思いました。 そして、中華麺!中華麺はレンジ加熱してもプチプチ切れやすいということはなく、もっちり柔らかで粘りがある食感。 辛味があまり得意でない人にとっては、この温泉卵の存在は偉大!! 私にとっては卵のおかげでなんとか味覚を保ったまま美味しく食べられる感じで、なんだったら3個4個欲しくなってしまうくらい・・・ただ、卵を加えて味を整えたとしても、ズーンと重たい塩気や辛味は残るので、お子さんが一緒に食べるのはちょっと厳しいかもですね。 ちなみに、辛いもの好きな旦那氏にとってはそんなにヒーヒー言うほど辛くはないらしく・・・台湾まぜそばメニューで言えば、「麺多め、にんにくなし、辛さ控えめ」といったところかな?と。 これに痺れ要素を加え、塩気が控えめになればもっと好みの味かも!?と言ってました。 食べ方としては、いきなりソースをどっさり加えるのではなく、はじめは少なめで調整しつつ、物足りない方のみさらに追加して食べる!というのが正解かもしれません。 私の個人的な感想としては、旨辛味で美味しいなぁとは思いましたが、とにかく麺が多いため、ネギのシャキシャキ食感がほとんど見当たらなくなってしまい、食べていて飽きがきちゃったんですよね。。 そこで、刻んだネギを追加して、食感に変化をつけたらより美味しくなりました。 こだわりたい方は、にんにくのすりおろしや細かく刻んだ海苔を加えると、さらに美味!! ちなみにこちら、電子レンジではなくフライパンで温めることもできます。 ソースと卵以外をフライパンに入れ、カラッと水分を飛ばしたのちに別皿へ移し、そこにソースと半熟卵を加えてしっかり混ぜ込んでいただきます。 レンジ調理も良いけど、個人的にはフライパン調理の方が麺が美味しいので、フライパン調理の方が好きでした。 これで998円はお買い得だと思います! 好みもあるのでおいしく食べられる人は限られるかもしれないけど、好きな人はめっちゃ好き!って感じ。 でも本場の台湾まぜそばもそんな感じですよね〜? まとめ 名古屋めしの一つ「台湾まぜそば」のコストコオリジナルバージョンです。 コストコらしいたっぷりすぎるもっちり麺と、ゴロッとした肉感が残る挽肉と具材の数々。 しっかり唐辛子が効いたお醤油ベースの台湾ソースと温泉卵をしっかり混ぜ、馴染ませてからいただきます。 見た目以上にしっかりソースが辛めなので食べる時は好みで量を調節した方が良いのと、ムラが無いようしっかり馴染ませた方が良いと思いました。 私はあまり辛味に強くないということもあり、ひと口ひと口ヒーヒー言いながら食べたのですが・・・旦那氏に至ってはそこまで辛味に悶えている様子は無く美味しく食べていたので、そこまでどうしようもなく辛い商品というわけではないみたいです。 麺が多すぎるということもあり、途中で飽きてしまうところがあるので、用意できればネギやニラ、焼海苔、すりおろしにんにくなどを別に用意して加えると、食感に変化がつくし、本場の味に近づくのでオススメです。 この商品を初めて食べたのはまさに台湾まぜそば発祥の地となる名古屋でした!私と一緒に地元(名古屋)の方々にも食べてもらったのですが、こちらを食べた皆、違和感なく「台湾まぜそば」として食べられていましたよ。 なので今回の商品は、地元の人も認める「名古屋めしの台湾まぜそば」の味!と言っても良いと思います。 台湾混ぜソバといえば コス子さんも初めて食べた、あの店のように〝ニラ〝が入ってるのが基本なような気がしますが、コストコのは、ニラが嫌いな方でも食べられるようにだと思いますが、ニラ入ってないんです。 〝オッタマゲェ~ ゜ロ゜;ノ)ノ〝 ソレワ ニラ ジャナクッテ ノラ デショ! ニラ大丈夫でしたら、ニラを足すとより本格的になるかも知れませんね。 ちなみに、コストコでは販売してませんが、カップ麺の 『ニュータッチ 名古屋発台湾混ぜソバ』 コレ私は業スーで買ってます。 実はニュータッチ の本社は茨城県なんですが・・ も美味しいですから、試してみてはいかが?.

次の

【販売中のみ】9ページ目

コストコ 台湾 風 まぜ そば

「台湾まぜそばって、どんな味なの?」と思う方にざっくり説明すると、太麺(極太麺のところもあり)に 醤油ベースの味付け、ピリ辛のミンチ肉が入っているのでチョイ辛め、真ん中には卵黄、お店だとニラとネギが入っているのがメジャーなところでしょうか。 魚粉も入っているので、魚介風なテイストもあります。 以上のことからも、かなりごった煮感あふれるパンチの効いた味です。 そういったてんこ盛りの具材を麺と絡めて食べるため、よくかき混ぜてからいただきます。 こちらの商品のラベルにもその旨が記されていますネ! カロリーは 506kcalで、ナトリウムは2. 思っていたよりはヘルシーな印象です。 電子レンジの500Wで4分ほど温めればできあがり。 フタを取り外すと魚粉の香りが漂います。 魚粉らしきものが見えていかなったのでいささか気になっていましたが、その辺はさすがに押さえられています。 具材はピリ辛のミンチ肉とモヤシ、それにネギときざみノリにメンマ、卵黄とそれなりのラインナップです。 モヤシにはフライドガーリックと思われしものもまぶされています。 卵黄は温めると中身があふれ出して、「さぁ混ぜろ!」と言わんばかりです。 底には少量の濃厚スープがしみだしているので、こちらを麺を下から上にとていねいにかき混ぜていきます。 とあるお店には「20回はまぜてね!」と書いてあったので、同じように「おいしくなーれー」と念じながらかき混ぜます。 よーくかき混ぜたら、いつもながらのマイ丼に移していただきます! お店だと麺は太麺がほとんどですが、こちらは中太麺。 でも、それなりにコシがあってなかなかの食べごたえがあります。 ピリ辛のミンチ肉が味をリードし、これぞ台湾まぜそばっ!といった感じでなかなかの再現度です。 それと、なんとなく油っぽい印象がありますが、唐辛子のピリ辛にコショウのピリ辛、あとラベルには書かれていませんが、若干の山椒の辛さも加わっているような感じがあり、かなりガツガツと行けます。 きざみノリもいい仕事をしています。 あとは、ニラがあると完璧なのですが、これはマイセルフで加えるといいかもしれません。 もともとスープが少ないのと麺との絡みがよいため、お店ほどスープは残りません。 なので「追い飯」(少量のごはんを加えて食べる)は微妙です。 台湾まぜそばとしてはポイントを押さえているので、手軽に食べれるこちらの商品はとってもGood! パンチの効いた味覚に飢えている人はお試しあれ! <おすすめ記事> ・ <参考リンク> ・.

次の