モンスト イザナミ ワンパン。 ラウドラ 雑魚敵ワンパンライン|モンストチラ裏メモ

【モンスト攻略】イザナミ?のギミックと適正キャラランキング【超絶?】

モンスト イザナミ ワンパン

このページ内容... 出現頻度の高いギミックに対応できるため、連れていけるクエストが 多いです。 特にクシナダ[超絶]で非常に活躍します。 ・ガチャ限と同等にステータスが高い イザナミは超絶モンスターだけあって、ステータスが全体的に高いです。 スピードは300を下回るものの、攻撃力は約29000と高く、通常攻撃で ダメージを稼ぐことができます。 また、HPも24000を超えるため、パーティに編成しやすいです。 1ヒットのダメージが少ないので、連続ヒットさせてダメージを稼ぎます。 そのためイザナミ自身の配置と、当てに行く味方の角度も調整する必要があり ます。 隙間が非常に狭いため配置ができればボスのゲージを 飛ばすことができます。 ・マッチは頭を狙えるボス1、4戦目 イザナミ【超絶】での主なマッチショットポイントは、ボス1、4戦目です。 イザナミが壁際に出現するため、壁との間に狭まり頭を狙えばマッチショットが 決まりやすいです。 ・神キラー持ちならワンパンも可能!! イザナミは神族なため、神キラー持ちであれば超ダメージを 与えることができます。 ボス1〜4戦目までのHPは合計で約1120万。 合計HPを超えるダメージを与えれば、第1ステージでイザナミのワンパンも可能です。 どちらかの足に擦るように弾くことで、マッチショットを決めることができます。 ・両足の隙間に入り込むイメージで弾く 足元マッチを狙い際は、両足の隙間に入り込むイメージで弾くと良い。 うまくマッチショットを決められれば、500万以上のダメージを与えられます。 弱点の位置が足元に来ていれば、全てのゲージを飛ばしてイザナミを ワンパンすることも可能です。 味方で配置するモンスターをずらしながら位置を調整しましょう。 ボス戦突入後では、マッチを狙いづらい 配置をせずボス戦に突入してからだと、マッチショットは狙えません。 ボス4戦目にもマッチショットポイントがあるため、4戦目で再挑戦しよう!! ・縦ではなく斜めに弾く! 配置が成功していれば、画像の角度で弾くことでイザナミに超ダメージ を与えることができます。 ・マッチショット成功例(テキーラ) 1200万を超えるダメージであれば、ボス2〜4戦目のHPゲージを 全て飛ばし、イザナミをワンパンすることができます。 ・結果SSならヒットストップも可能 フォックスメタル等の結果SSを使って、上記のマッチショットを成功 させるとヒットストップが可能です。 乱打SS持ちは、シールドの上に張り付くように使うと良いです。 ボスのHPを削ってから配置! ソロで配置を行った場合は、配置したモンスターのターンが来る前に ステージを突破しなくてはいけません。 クリティカルがマッチ時に強力。 ステ強化効果もあるため優秀。 ガイドが出るとマットを狙いやすい。 結果SSでヒットストップも可能。 角度を意識しないで弾くと ・150万〜 ・500万〜 程度のダメージで俗に言う「ゲージ飛ばし」状態になります。

次の

ラウドラ 雑魚敵ワンパンライン|モンストチラ裏メモ

モンスト イザナミ ワンパン

このページ内容... モンストの「イザナギ零」の最新の評価 イザナギ零のステータスは、反射タイプの光属性、アビリティは「全属性耐性」、ゲージショットは「アンチ重力バリア」、ストライクショットは「十字砲」、友情コンボは「ロックオンワンウェイEL」となっています。 イザナギ零の評価点を見てみましょう。 [イザナギ零の良い点] イザナギ零の良い点として、どこの位置からでも攻撃が可能な友情コンボ、ステータス以上の耐久性持ち、広い範囲の敵を攻撃できる「レーザーストライクショット」です。 まず、「イザナギ零」が所持している友情コンボは「ロックオンワンウェイレーザーEL」で、ステージでの位置を気にせず敵に攻撃が出来るので、的雑魚の処理に効きます。 また、ボスの弱点の近くで友情コンボを始動すれば、ダメージソースとしても強力なので、同等の友情コンボを持っている「ヤマトタケル」より高い破壊力を持ち、限定ガチャの「アーサー・神化」と同等の破壊力を持ちます。 様々なクエストに出てくる敵の属性など問わずに一緒に連れていく事が出来ます。 「イザナギ零」が持つSストライクショットは「十字砲」で、自身を真ん中にして十字のレーザーを放ちますので、「有利属性」のボスの弱点に対し約900000ものダメージを出す事が可能。 また、ボスに密着した状態で、2本の「十字砲」レーザーが当たると約1300000もののダメージを繰り出す事も出来るので、「イザナギ零」は降臨モンスターとしては強力な部類に入ります。 [イザナギ零の悪い点] イザナギ零の悪い点として、自らのターンの場合に「瞬間火力」を期待出来ないのと、他の「零」の付くモンスターと比べると何か物足りないアビリティの数です。 「イザナギ零」の進化になった後のステータスは高くまたバランスが良いのですが、際立った部分がなく、砲台役として仲間のターンでは火力を出すことができますが、自らのターン時にパワー型、スピード型のような「瞬間火力」を出しにくい点です。 また「イザナギ零」の持つアビリティの数は2個で、他の「零」の付くモンスターは全て4個程のアビリティを所持しています。 、 「イザナギ零」の基礎になるアビリティが耐性とゲージでのアンチ重力バリアが付きますが、少なくとももう1個ぐらいはアビリティが欲しいです。 モンストの「イザナギ零・超絶」の攻略ポイント イザナギ零・超絶クエストの攻略のポイントは、「アンチワープ」の反射タイプモンスターを多く編成する、編成での闇属性は少なめにして自身のダメージを抑える、敵雑魚からの即死級の攻撃に注意する、「魔導師」からの「カウンター」発動中に「ヒーリングウォール」が展開するがステージの3、5戦目ではこの「ヒーリングウォール」が展開しないです。 「イザナギ零・超絶」では、全部のステージにランダムで「ワープ」が大量に出てきます。 パーティ編成では、アンチワープ持ちのモンスターを3体以上で組んでおくと、ステージ上で動きが取りやすくなります。 また敵雑魚と壁の間が狭いため反射タイプのモンスターを多数編成しておくと敵雑魚の処理しやすくなります。 この超絶クエストは、クエスト全体で敵の火力が高く、「闇属性」モンスターが編成に多くいると敵から受けるダメージが大きくなるので、万が一一緒に連れて行ったとしても2体にしておいて、後は他の属性モンスターで組みましょう。 超絶クエストでは、「鬼」や「魔導師」は即死にあたる攻撃を仕掛けてきます。 一番長い敵雑魚の攻撃のターンが来る前に必ず敵雑魚の処理をしておく事。 しかし、この「魔導師」をステージの1ターン時で倒してしまった場合、「ヒーリングウォール」が張り出されなくなるので注意が必要です。 ここでは「ハート」が出てきません。 ですので、代わりに「魔導師」がカウンターで「ヒーリングウォール」をステージ上に展開しますので、この「ヒーリングウォール」が張り出された状況をキープしながら、確実に仲間のHPを回復しましょう。 「魔導師」が現れないステージ3、5戦では、「ヒーリングウォール」が張り出さません。 ですので、仲間に回復アビリティを持つモンスターがいなければ、HPを回復が出来ないので、必ず敵からのダメージを抑えるために速攻で攻略する事をオススメします。 「イザナギ零・超絶」でのマッチショットのポイント 「イザナギ零・超絶」では、反射と貫通タイプ両方で「マッチショット」を狙える所があります。 またここでの中ボス戦は「貫通」、ボス戦は「反射」が「マッチショット」を決める事が可能です。 「イザナミ零」は「イザナミ」と形体が同じなので、似たような配置に「マッチポイント」が存在します。 「イザナミ零」でどうしても「マッチショット」がうまく出来ない時は、「イザナミ零」より低い難易度の「イザナミ」で最初に練習して再度挑むのも良いでしょう。 超絶クエストの中ボスからボス戦で狙う「マッチショット」は、両方共に的確な位置取りが必須になってきます。 ここはダメージが大きいクエストになるので、速攻で位置取りをしなければならないので、ここでの「マッチショット」は難易度が高くなり、万が一「マッチショット」を失敗してしまうと一気にピンチになる場合もあります。 ここのクエストの全体で「白爆発」を使用する敵雑魚が出てきます。 万が一「マッチショット」に失敗してしまうと、一ターンを無駄にしてしまい敵雑魚の処理が遅れてしまいますので、ここで「マッチショット」を狙う時は、必ず失敗する事を考えて立ち回る事です。 ボス戦1回目での「マッチショット」の位置取りポイント このクエストの5戦のステージでは、「バハムート」が3体出てきて、3体各自ともかなりの高い破壊力を持つ「拡散弾」攻撃をしてきますので、開始から「マッチショット」の位置取りを意識するのではなく敵雑魚の処理を必ずしてから位置取りをすると良いでしょう。 もし5戦のステージで位置取りが成功していた場合は、「イザナミ零」の足元に配置できますので、足の間を「カンカン」する事を想像しながら、角度を約15~20度当たりで横向きに打てば、「マッチショット」が決まりやすく、もし「マッチショット」が決まった場合はボス戦1回目を「ワンパン」することが出来ます。 もし位置取りをしなかった時も、ショットの角度が確実に合えば「マッチショット」を狙うことが可能なため、ボスの弱点が自身の足元に来た時に、位置取りした時と同じく角度は約115度で「マッチショット」を狙うと良いでしょう。 その時に「バハムート」が 障害になってくるので、その前に「バハムート」を処理しておきましょう。 中ボスでの貫通ママッチショットの位置取りポイント ポイントは「イザナミ」下側にある弱点を基準点にして位置取りを行う。 また次のステージで、ブロックに対して少しでも重なっていればいいので、位置取りはかなり簡単です。 自身の場所を意識しながらモンスターを動かすよりも、仲間のモンスターで押し出すように場所の調整をしておくと良いです。 事前にきちんと位置取りさえ出来ていれば、ここでの「貫通マッチショット」は簡単に成功しますので、位置取りがしっかりと出来た貫通タイプのモンスターから次回ステージを開始出来るようにターンの調整をしておきましょう。 もし万が一「貫通マッチショット」に失敗したとしても、次回のターン時からすぐに敵雑魚の処理が出来ます。 同じブロックの空間で「貫通マッチショット」 「貫通マッチショット」に対しての位置取りが成功していた場合は、横に打つだけで「イザナミ」に「貫通マッチショット」を決める事が可能となり、ボスの弱点の位置しだいでは約2500000以上ものダメージを加えられて「ワンパン」が出来るようになります。 また、「イザナミ」の上と下にある「ブロック」が発動してい場合でも、「ブロック」を使用した縦のカンカンで敵へのダメージを稼ぐ事が可能です。 但し、横で打った時のように「貫通マッチショット」で敵に対して大ダメージは加えられないので、縦の方向に狙う必要正はありません。 他に「神キラー」を持つ「ツクヨミ」や、高い攻撃力を持つ「ダルタニャン」であった場合には、成功した際に「ワンパン」がしやすくなります。 終わりに 「イザナギ零」は「イザナギ」と同じく「全属性耐性」を持っており、尚且つ高い耐久力が特徴なモンスターです。 また強力なレーザー系友情コンボを所持しているので、砲台としての役割がかなり利便性がありますので、多数の難関クエストに一緒に連れていけるので、手に入れたら育る事をオススメします。 ところでモンストでガチャを何度も引いて、最強のモンスターを何体もゲットしてみたいと思いませんか?.

次の

【モンスト】イザナミ戦ワンパン配置(角度)とマッチショットポイント

モンスト イザナミ ワンパン

このページ内容... モンストの「イザナギ零」の最新の評価 イザナギ零のステータスは、反射タイプの光属性、アビリティは「全属性耐性」、ゲージショットは「アンチ重力バリア」、ストライクショットは「十字砲」、友情コンボは「ロックオンワンウェイEL」となっています。 イザナギ零の評価点を見てみましょう。 [イザナギ零の良い点] イザナギ零の良い点として、どこの位置からでも攻撃が可能な友情コンボ、ステータス以上の耐久性持ち、広い範囲の敵を攻撃できる「レーザーストライクショット」です。 まず、「イザナギ零」が所持している友情コンボは「ロックオンワンウェイレーザーEL」で、ステージでの位置を気にせず敵に攻撃が出来るので、的雑魚の処理に効きます。 また、ボスの弱点の近くで友情コンボを始動すれば、ダメージソースとしても強力なので、同等の友情コンボを持っている「ヤマトタケル」より高い破壊力を持ち、限定ガチャの「アーサー・神化」と同等の破壊力を持ちます。 様々なクエストに出てくる敵の属性など問わずに一緒に連れていく事が出来ます。 「イザナギ零」が持つSストライクショットは「十字砲」で、自身を真ん中にして十字のレーザーを放ちますので、「有利属性」のボスの弱点に対し約900000ものダメージを出す事が可能。 また、ボスに密着した状態で、2本の「十字砲」レーザーが当たると約1300000もののダメージを繰り出す事も出来るので、「イザナギ零」は降臨モンスターとしては強力な部類に入ります。 [イザナギ零の悪い点] イザナギ零の悪い点として、自らのターンの場合に「瞬間火力」を期待出来ないのと、他の「零」の付くモンスターと比べると何か物足りないアビリティの数です。 「イザナギ零」の進化になった後のステータスは高くまたバランスが良いのですが、際立った部分がなく、砲台役として仲間のターンでは火力を出すことができますが、自らのターン時にパワー型、スピード型のような「瞬間火力」を出しにくい点です。 また「イザナギ零」の持つアビリティの数は2個で、他の「零」の付くモンスターは全て4個程のアビリティを所持しています。 、 「イザナギ零」の基礎になるアビリティが耐性とゲージでのアンチ重力バリアが付きますが、少なくとももう1個ぐらいはアビリティが欲しいです。 モンストの「イザナギ零・超絶」の攻略ポイント イザナギ零・超絶クエストの攻略のポイントは、「アンチワープ」の反射タイプモンスターを多く編成する、編成での闇属性は少なめにして自身のダメージを抑える、敵雑魚からの即死級の攻撃に注意する、「魔導師」からの「カウンター」発動中に「ヒーリングウォール」が展開するがステージの3、5戦目ではこの「ヒーリングウォール」が展開しないです。 「イザナギ零・超絶」では、全部のステージにランダムで「ワープ」が大量に出てきます。 パーティ編成では、アンチワープ持ちのモンスターを3体以上で組んでおくと、ステージ上で動きが取りやすくなります。 また敵雑魚と壁の間が狭いため反射タイプのモンスターを多数編成しておくと敵雑魚の処理しやすくなります。 この超絶クエストは、クエスト全体で敵の火力が高く、「闇属性」モンスターが編成に多くいると敵から受けるダメージが大きくなるので、万が一一緒に連れて行ったとしても2体にしておいて、後は他の属性モンスターで組みましょう。 超絶クエストでは、「鬼」や「魔導師」は即死にあたる攻撃を仕掛けてきます。 一番長い敵雑魚の攻撃のターンが来る前に必ず敵雑魚の処理をしておく事。 しかし、この「魔導師」をステージの1ターン時で倒してしまった場合、「ヒーリングウォール」が張り出されなくなるので注意が必要です。 ここでは「ハート」が出てきません。 ですので、代わりに「魔導師」がカウンターで「ヒーリングウォール」をステージ上に展開しますので、この「ヒーリングウォール」が張り出された状況をキープしながら、確実に仲間のHPを回復しましょう。 「魔導師」が現れないステージ3、5戦では、「ヒーリングウォール」が張り出さません。 ですので、仲間に回復アビリティを持つモンスターがいなければ、HPを回復が出来ないので、必ず敵からのダメージを抑えるために速攻で攻略する事をオススメします。 「イザナギ零・超絶」でのマッチショットのポイント 「イザナギ零・超絶」では、反射と貫通タイプ両方で「マッチショット」を狙える所があります。 またここでの中ボス戦は「貫通」、ボス戦は「反射」が「マッチショット」を決める事が可能です。 「イザナミ零」は「イザナミ」と形体が同じなので、似たような配置に「マッチポイント」が存在します。 「イザナミ零」でどうしても「マッチショット」がうまく出来ない時は、「イザナミ零」より低い難易度の「イザナミ」で最初に練習して再度挑むのも良いでしょう。 超絶クエストの中ボスからボス戦で狙う「マッチショット」は、両方共に的確な位置取りが必須になってきます。 ここはダメージが大きいクエストになるので、速攻で位置取りをしなければならないので、ここでの「マッチショット」は難易度が高くなり、万が一「マッチショット」を失敗してしまうと一気にピンチになる場合もあります。 ここのクエストの全体で「白爆発」を使用する敵雑魚が出てきます。 万が一「マッチショット」に失敗してしまうと、一ターンを無駄にしてしまい敵雑魚の処理が遅れてしまいますので、ここで「マッチショット」を狙う時は、必ず失敗する事を考えて立ち回る事です。 ボス戦1回目での「マッチショット」の位置取りポイント このクエストの5戦のステージでは、「バハムート」が3体出てきて、3体各自ともかなりの高い破壊力を持つ「拡散弾」攻撃をしてきますので、開始から「マッチショット」の位置取りを意識するのではなく敵雑魚の処理を必ずしてから位置取りをすると良いでしょう。 もし5戦のステージで位置取りが成功していた場合は、「イザナミ零」の足元に配置できますので、足の間を「カンカン」する事を想像しながら、角度を約15~20度当たりで横向きに打てば、「マッチショット」が決まりやすく、もし「マッチショット」が決まった場合はボス戦1回目を「ワンパン」することが出来ます。 もし位置取りをしなかった時も、ショットの角度が確実に合えば「マッチショット」を狙うことが可能なため、ボスの弱点が自身の足元に来た時に、位置取りした時と同じく角度は約115度で「マッチショット」を狙うと良いでしょう。 その時に「バハムート」が 障害になってくるので、その前に「バハムート」を処理しておきましょう。 中ボスでの貫通ママッチショットの位置取りポイント ポイントは「イザナミ」下側にある弱点を基準点にして位置取りを行う。 また次のステージで、ブロックに対して少しでも重なっていればいいので、位置取りはかなり簡単です。 自身の場所を意識しながらモンスターを動かすよりも、仲間のモンスターで押し出すように場所の調整をしておくと良いです。 事前にきちんと位置取りさえ出来ていれば、ここでの「貫通マッチショット」は簡単に成功しますので、位置取りがしっかりと出来た貫通タイプのモンスターから次回ステージを開始出来るようにターンの調整をしておきましょう。 もし万が一「貫通マッチショット」に失敗したとしても、次回のターン時からすぐに敵雑魚の処理が出来ます。 同じブロックの空間で「貫通マッチショット」 「貫通マッチショット」に対しての位置取りが成功していた場合は、横に打つだけで「イザナミ」に「貫通マッチショット」を決める事が可能となり、ボスの弱点の位置しだいでは約2500000以上ものダメージを加えられて「ワンパン」が出来るようになります。 また、「イザナミ」の上と下にある「ブロック」が発動してい場合でも、「ブロック」を使用した縦のカンカンで敵へのダメージを稼ぐ事が可能です。 但し、横で打った時のように「貫通マッチショット」で敵に対して大ダメージは加えられないので、縦の方向に狙う必要正はありません。 他に「神キラー」を持つ「ツクヨミ」や、高い攻撃力を持つ「ダルタニャン」であった場合には、成功した際に「ワンパン」がしやすくなります。 終わりに 「イザナギ零」は「イザナギ」と同じく「全属性耐性」を持っており、尚且つ高い耐久力が特徴なモンスターです。 また強力なレーザー系友情コンボを所持しているので、砲台としての役割がかなり利便性がありますので、多数の難関クエストに一緒に連れていけるので、手に入れたら育る事をオススメします。 ところでモンストでガチャを何度も引いて、最強のモンスターを何体もゲットしてみたいと思いませんか?.

次の