貴 景勝 怪我。 貴景勝無観客の春場所が負け越し危機な理由はケガかメンタルか

貴景勝の父親の職業、年収がすごい?実家が豪邸の金持ち?

貴 景勝 怪我

大相撲秋場所(8日初日、東京・両国国技館)で大関復帰を目指す関脇貴景勝(23=千賀ノ浦)が2日、東京・江東区の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古に参加した。 関取衆との申し合いで阿炎、阿武咲、玉鷲と計5番取って1勝4敗。 阿武咲には当たりを組み止められ、玉鷲に対しては当たって前に落ちてしまうなど、精彩を欠く結果となった。 稽古を見守った相撲解説者の舞の海秀平氏(元小結)は「とても厳しい。 もしかしたら関取衆と稽古できるまで(状態は)戻っていないのかな」と疑問符を打たれるなど、6日後に迫った秋場所に向けて不安を募らせた。 8月31日に行われた横綱審議委員会(横審)による稽古総見以来、2日ぶりに関取衆と相撲を取った貴景勝は「すごい良かったと思う。 膝も日に日に良くなっている」と前向きに振り返ったが、周囲の視線は厳しい。 同じ一門の尾車親方(元大関琴風)は「押し込んでいく馬力を感じない。 引く場面も多かった」と首をひねる。 芝田山親方(元横綱大乃国)も5番という番数に「今日は少ないからよく分からんな」と前置きしつつ「止められちゃうとダメ」と一言。 師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)も「ちょっとイマイチですね。 関取衆とやる怖さが抜けていないのかな」と心配した様子で話した。 中でも舞の海氏は悲観的に振り返った。 「立ち合いの当たりが戻っていない。 押されたときに踏ん張れない」と、右膝を負傷する以前とは遠い状態という。 「稽古総見のときは足がスムーズに出ていて戻ったように見えたけど…。 そのときの疲労もあるし、稽古総見の相撲を信じたい。 ただ、本人も不安なのでは。 どこまで膝の底力を出せるのか、相撲勘どころじゃない」。 それでも、秋場所の活躍については「ふたを開けてみないと分からない。 立ち合いで当たり勝てば勝ち続けることも考えられる」とした。 当の貴景勝は「稽古場がいいから本場所がいいというわけではない」と、あくまで本番が全てと構えた。 秋場所初日に向けて稽古できる日は、片手で数えるほどとなり「本場所1週間前で強くなることはない。 大事なのは番付発表前の調整」と、残り数日はコンディション維持に重きを置く意向を示した。 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 田中恒成「全部見せる」畑中建人がユーチューブ挑戦 []• ボクシング [6月14日 14:34]• プロレス [6月14日 10:01]• プロレス [6月14日 9:16]• 大相撲 [6月13日 13:55]• プロレス [6月13日 10:18]• ボクシング [6月12日 20:25]• 大相撲 [6月12日 18:41]• コラム [6月12日 17:56]• 大相撲 [6月12日 15:45]• 大相撲 [6月12日 11:00]• 大相撲 鳴戸部屋が朝稽古をライブ配信「少しずつ強く」 []• 大相撲 [6月13日 13:55]• 大相撲 [6月12日 18:41]• 大相撲 [6月12日 15:45]• 大相撲 [6月12日 11:00]• 大相撲 [6月12日 8:00]• 大相撲 [6月12日 7:15]• 大相撲 [6月12日 7:01]• 大相撲 [6月10日 17:26]• 大相撲 [6月10日 9:22]• 大相撲 [6月10日 9:03]• プロレス プロレスの雰囲気変わっても守るものがある/連載5 []• プロレス [6月14日 10:01]• プロレス [6月14日 9:16]• プロレス [6月13日 10:18]• プロレス [6月12日 10:01]• プロレス [6月11日 10:02]• プロレス [6月10日 23:19]• プロレス [6月10日 10:00]• プロレス [6月9日 13:14]• プロレス [6月8日 14:51]• バトル [6月8日 8:00]• ボクシング 田中恒成「全部見せる」畑中建人がユーチューブ挑戦 []• ボクシング [6月14日 14:34]• ボクシング [6月12日 20:25]• ボクシング [6月11日 17:24]• ボクシング [6月11日 11:46]• ボクシング [6月11日 2:21]• ボクシング [6月10日 21:01]• ボクシング [6月10日 12:01]• ボクシング [6月10日 8:41]• ボクシング [6月9日 18:00]• ボクシング [6月8日 11:01]•

次の

貴景勝が左胸付近負傷「残念」またも御嶽海戦で悲劇

貴 景勝 怪我

白鵬は引退か?貴景勝に三連敗と怪我!? 大相撲に横綱が不在という状況が 続いています! 稀勢の里の引退、鶴竜の怪我、 そして白鵬の怪我による休場という 事態に見舞われているのです! そんな中、白鵬はネット上を中心に 引退か?と囁かれています。 貴景勝に敗北した事で三連敗となった 白鵬。 相撲協会からは大きな怪我に見えない という疑惑かけられています。 このまま連敗が続けば横綱を 引退せざる得ない為に、 怪我による休場という手段を取った のかとも言われています。 最近では衰えを指摘されていた白鵬。 貴景勝という日本人力士の躍進や 同じモンゴル人横綱の鶴竜も同じ様な 現状にあります。 その為に、 以前からまことしやかに囁かれていた モンゴル人力士達による八百長相撲に 終止符が打たれるのでは無いかという 話まで出る事態に! そんな白鵬の引退のウワサ、 疑惑となっている怪我による休場、 八百長相撲に関して更に詳しく 見て行きましょう。 白鵬は引退の危機か!?貴景勝に敗北! 大相撲初場所13日目に横綱白鵬は、 関脇の貴景勝に敗北して三連敗と なりました。 そして14日目に怪我を理由に、 休場をしていました。 ネット上ではそんな白鷗に対し、 引退をするべきか、話題になりました。 もう、白鵬欠場で引退はすべきです。 ニュース 優勝の望みがなくなると球場。 そうやって「東京オリンピック」で土俵入りをしようとしてらしいけど、お願いですから引退してください。 白鵬の土俵入りは勝手にアレンジしてインチキです。 — 吉沢賢 kenyosizawa1 稀勢の里が引退し、鶴竜も同じ様に 休場。 横綱不在の初場所にかなりの不満が ぶつけられたのがわかりますね。 白鵬の休場は本当に怪我が原因か?貴景勝に敗北が本当の理由? 白鵬の師匠である宮城野親方によると、 白鵬は初場所4日目、5日目時点で 右膝、左足首を痛めていたと 言われています。 しかし、横綱審議会からは、 休場をする程の大きな怪我をしていた と思えないと疑問を持たれています。 そして、横綱審議会は白鵬と鶴竜の 力士としての力が落ちてきたのでは 無いかという発言をしました。 横綱審議会は白鵬の休場を 怪我によるものではないと 考えています。 力士としての力が落ちてきた事による 貴景勝達に三連敗という状況から 逃れる手段と捉えている可能性が あるという事です。 それが事実ならば何故白鵬は、 休場をしてまで、三連敗という事実から 逃げる必要があったのでしょうか? それは横綱が引退するシステムに 関わっています。 スポンサード・リンク 白鵬に忍び寄る引退の影!モンゴル力士は八百長相撲をしていた? 三連敗を喫した白鵬。 横綱の引退は基本的に相撲協会から 勧告されたりはしません。 また、一度横綱になったら、 そこから下の番付に降格という 事もありません。 自己判断で引退を 決めるしかないのです。 そこに今回の白鵬休場の理由があると 言えます。 また、 白鵬が引退した場合、同時に同じ立場に 立たされた鶴竜にも引退の危機が あると言えます。 実は以前からモンゴル力士には 八百長相撲の疑惑がありました。 2人がもし引退し、八百長相撲疑惑が 事実ならば、これからはそれは困難に なるかもしれません。 そんな白鵬の休場理由と 八百長相撲疑惑に迫って行きましょう! 横綱は力不足となったら引退?白鵬が休場した理由! 横綱は前述した様に、 他者から勧告されて引退するのでは ありません。 自身の力が落ちてきた際に、 周囲の反応も踏まえて 自己判断で引退するのです。 つまり今回の白鵬の休場は、 三連敗という力士としての力が 落ちている事実から一時的に 避難するために行われたという 見方もできます。 三連敗どころか、 そこから更に連敗となると引退は 避けられなかったと考えられる 為です。 白鵬と鶴竜の引退は八百長相撲の終焉? 窮地に立たされた白鵬ですが、 同じモンゴル人横綱の鶴竜と共に 引退すればモンゴル人力士の 八百長相撲が終わるのではないかと 囁かれています。 そもそも、モンゴル人力士の 八百長相撲のウワサは元貴乃花部屋の 貴ノ岩に日馬富士が暴行を行った騒動の 際に出てきた物です。 貴ノ岩は、白鵬も属している モンゴル人力士で構成された モンゴル互助会からの八百長相撲を 拒否した為に暴行を受けた という内容のウワサです。 ウワサが事実ならば、 今回のモンゴル人横綱が同時に引退し、 互助会の影響力が弱まれば、 互助会による八百長相撲が出来なくなる のではという考えが出来ます。 あくまで八百長相撲は ウワサの域を出ない物です。 ですが、 貴景勝等の日本人力士の台頭が 見られる今の状況を考えると、 互助会の影響力減少に関しては あり得そうな事ですね。

次の

貴景勝「まさか」の負け越し、原因は

貴 景勝 怪我

落とせる星はひとつだけ 春場所も終盤に入りましたが、貴景勝の星勘定は12日終了時点で6勝6敗となっています。 カド番を回避するために許せる黒星はあとひとつしかありません。 12日目の対戦相手は比較的合口のいい竜電、これは突き落としで貴景勝が勝ちましたが13日目は調子を上げてきている横綱鶴竜戦が組まれました。 今場所、大関獲りのかかる朝乃山と横綱白鵬とまだ当たっていません。 現時点で平幕に碧山が1敗で単独トップに立っていることから13日目以降の結果によっては割が崩される可能性もありますが、通常なら14日目に白鵬、千秋楽に朝乃山と当たることになります。 あと1つしか落とせない3日間に当たる顔ぶれとしてはかなりキツイ。 この1年貴景勝も横綱二人も休場がちだったため両横綱とあまり当たってきていないのですが、9日目かららしくない相撲で3連敗しているのを見ると、竜電に勝って連敗ストップしたとは言えファンの皆さまは気が気じゃない日が続きそうです。 貴景勝の不調はケガ? さて、場所終盤になってからの貴景勝を見ていると足が出てないねぇと思う取組が目立ちます。 古傷の状態 貴景勝は新大関の昨年春場所で右ひざの内側側副靱帯損傷、同じ年の九月場所千秋楽の優勝決定戦で左の大胸筋の肉離れ(というと軽く聞こえるけど筋断裂)の大ケガをしています。 力士にケガはつきものです。 みんな痛いところを騙しだまし土俵に上がっていますが、土俵に上がる限り完治することはありません。 日々の稽古で付けた筋肉は休んでいるとあっという間に落ちてしまいます。 動かさないのが完治への道なのは分かってるけど、それをしたくても出来ないのがお相撲さんです。 貴景勝の右ひざと大胸筋も完全な状態ではないでしょうが、丁寧にケアしてなだめすかしながらコントロールできているように見えます。 新たなケガ? 今場所の貴景勝は場所前から違和感を持っていた左のひざを8日目の北勝富士戦で悪化させてしまったのではないか?と見られています。 確かに取組が終わって土俵を下がる時にあれ?と思いましたし、勝ち残りで座布団に座ろうとしたとき左の膝ががくがく痙攣していたのをNHKのカメラがとらえていました。 どこで傷めたんだろ?と思って8日目の取組動画を見返してみました。 …うーん、明らかにここ!と分かるような部分は見当たらないのだけれど…。 その後3日黒星続きになってしまったのですが、一番気になったのは11日目の阿炎戦。 以前も自滅しちゃったことがある立合いのもろ手突きも「?」だった上にまったく効いてるように見えず、阿炎の長い腕に翻弄され土俵際の『貴景勝スペシャル』こと左の突き落としも空振りで押し出されてしまいました。 なんかもう相撲の取り方を忘れちゃったんじゃないの?と思ってしまうほど、貴景勝らしくない負け方だったと思います。 …しかし、存在感発揮せねばならん大事な場所なのに、なんでこうもよく傷めるかねぇ。 荒磯親方がインタビューで「自分のあのケガの理由が引退して分かった。 稽古のし過ぎだった。 」と言ってました。 筋肉を稽古で徹底的にいじめてきた結果、あの日あの時負荷に耐えられなくなってブチっと切れてしまったんだそうです。 この記事を読んだ時貴景勝の顔が頭に浮かんだのですが、やりこみ系の稽古をする貴景勝はこの記事を読んだでしょうか。 一人大関の貴景勝 去年カド番を落として関脇に陥落した栃ノ心が大関復帰特例の10勝を挙げて戻ってきた時、貴景勝は3人の先輩大関に囲まれていました。 それがひとり欠けふたり欠けして一人大関で迎えたこの春場所。 貴景勝の性格を考えると、この状況は傍で見るより負担になっていそうです。 一人大関の重圧 大相撲の番付は、横綱は必ずしもいなくていいけど大関は必ず東西に一人以上置かなくてはならないという決まりがあります。 初場所限りで豪栄道が引退したため、貴景勝は1982年の琴風(現・尾車親方)以来38年ぶりの一人大関として土俵に上がっています。 この一人大関というのは、相撲を見る側からすれば他の大関が休場したために本場所に大関が一人しか土俵に立たない状態と大した違いはないように感じます。 大関という地位は下位には負けられず横綱が勝ちっぱなしになるのを阻止する筆頭の役目を担い、横綱がいなければ最高位として場所を締めなくてはならない見るとするとでは大違いの非常に苦労の多い立場です。 一人大関はその重さを同じ立場で分かち合う人がいないためより一層苦しいものです。 先場所横綱が相次いで休場して最高位になってしまった貴景勝は、優勝を逃したことで「大関の資格がない」とコメントしてました。 春場所を一人大関で迎えることが決まった時、貴景勝は大関としての責任感の強さから固くなるかも知れない、春場所は苦しいものになるだろうなぁと思ったものです。 案の定序盤からぼこぼこ負けて勝ち越しも危うい状況になってしまった貴景勝は千秋楽まで必死の土俵が続きますね…。

次の