ポケモン剣盾マリルリ育成論。 【ポケモン育成論まとめ】マリルリの調整と対策『ソード・シールド/剣盾』

【ポケモン剣盾】マリルリとかいうエースバーンを倒すためにやってくるウサギ アクアジェットでふっとばしてけ卍

ポケモン剣盾マリルリ育成論

2019年11月15日にポケモンシリーズ第8世代の完全新作『ポケットモンスターソード・シールド』がNintendo Switchで発売。 今作の冒険の舞台はイギリスがモデルのガラル地方。 田園風景、近代的な都市、雄大な草原、険しい雪山などが存在する。 ガラル地方にはポケモンジムとジムリーダーが登場。 主人公はガラル地方を冒険しながらジムめぐりをしてチャンピオンを目指す。 最初の3匹のポケモンは、くさタイプの「サルノリ」、ほのおタイプの「ヒバニー」、みずタイプの「メッソン」。 パッケージを飾る伝説ポケモンはソード版の「ザシアン」とシールド版の「ザマゼンタ」。 その他にも多くの新ポケモンが登場し、新たなリージョンフォーム「ガラルのすがた」として再登場するポケモンもいる。 バトルの新要素としてポケモンが巨大化する現象「ダイマックス」が登場。 能力が強化され、強力な「ダイマックスはわざ」を使える。 4人のトレーナーと協力して野生のダイマックスポケモンと戦う「マックスレイドバトル」が登場。

次の

【ソードシールド】シングルバトルで注目の解禁ポケモンまとめ|追加DLC 鎧の孤島【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾マリルリ育成論

2019年11月15日にポケモンシリーズ第8世代の完全新作『ポケットモンスターソード・シールド』がNintendo Switchで発売。 今作の冒険の舞台はイギリスがモデルのガラル地方。 田園風景、近代的な都市、雄大な草原、険しい雪山などが存在する。 ガラル地方にはポケモンジムとジムリーダーが登場。 主人公はガラル地方を冒険しながらジムめぐりをしてチャンピオンを目指す。 最初の3匹のポケモンは、くさタイプの「サルノリ」、ほのおタイプの「ヒバニー」、みずタイプの「メッソン」。 パッケージを飾る伝説ポケモンはソード版の「ザシアン」とシールド版の「ザマゼンタ」。 その他にも多くの新ポケモンが登場し、新たなリージョンフォーム「ガラルのすがた」として再登場するポケモンもいる。 バトルの新要素としてポケモンが巨大化する現象「ダイマックス」が登場。 能力が強化され、強力な「ダイマックスはわざ」を使える。 4人のトレーナーと協力して野生のダイマックスポケモンと戦う「マックスレイドバトル」が登場。

次の

ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾マリルリ育成論

ヌメルゴンとは 出典: ポケットモンスターXYから登場した ドラゴン単タイプのポケモンです。 アニポケでは、サトシとしては珍しいフカマル以来のドラゴンタイプの仲間として活躍していました 仲間を守るために故郷に残ったため現在は離脱。 種族値は「90-100-70-110- 150-80」で、合計600になることから 600族と呼ばれています。 高い特防が特徴で、防御は少し低めですが特殊型のポケモンに役割が持てます。 ドラゴンとしては珍しいタイプの種族値ですね。 ただ、せっかく耐久が高くても「りゅうのまい」や「つるぎのまい」などの積み技を覚えないので、火力面において非常に中途半端なポケモンになっていますが、技の範囲は広いため 幅広い相手に対応できる器用さもあります。 特性 ヌメルゴンには3種類の特性があります。 この画像は、ポケモングローバルリンクのシングルレートの5月8日の情報です。 9割近い人が「そうしょく」のヌメルゴンを使っていることがわかりますね。 使用率トップ2の特性を説明致します。 「そうしょく」とは、草タイプの技のダメージを受けず攻撃を1段階あげるというもので、 きのこのほうし対策になる非常に優秀な特性ですね。 特殊型にする場合でも、基本的にこちらの特性を使用する人が多いみたいですね。 次に「ぬめぬめ」とは、接触技を受けると相手の素早さを1段階下げるというもので、優秀な特性ですがヌメルゴンは 物理耐久が低いため、物理アタッカーと対峙するのは危険なので、基本的にこちらは使われていませんね。 育成論 さて、ここから本題である育成論の紹介に入っていきます。 まずはどんなヌメルゴンが一般的に使われているかご紹介しましょう。 とつげきチョッキを持ち、 特防を更に高めたヌメルゴンが多いようですね。 次点では、中途半端な火力を補うためのこだわりメガネが入ってきています。 技を見てもほとんど特殊技なので、やっぱり 特殊型のヌメルゴンが多いですね。 メジャーな技だけでなく、フェアリーに抜群が取れる 毒技を覚えるのが非常に良いです。 次からは、一般的な型を2種類と両刀型の 3種類の育成論をご紹介していきたいと思います。 これは、元から高い特防を更に高め、特殊アタッカーに繰り出していき 受け流していくという型になります。 物理アタッカー相手には素直に引くということが大切です。 特性は「そうしょく」。 性格は「ひかえめ」、努力値は「252-x-20-236-x-x」で、防御をこれだけ振ることによって、ようきメガガルーラの恩返しが確定2発になります。 まあ捨て身タックル持ちのメガガルーラも多いので、 HP特攻ぶっぱにしても問題ありません。 技構成は「りゅうのはどうorりゅうせいぐん・だいもんじorかえんほうしゃ・10まんボルト・へどろばくだんorヘドロウェーブ」で、他にも 豊富に覚えるのでパーティと相談してください。 基本的にこの構成なら役割対象に勝てると思います。 こだわり系は技が固定されてしまうため、使い辛いところもありますがハマれば非常に強いと思います。 ですが起点にされないよう、十分 注意して技を選択してください。 特性は「そうしょく」。 性格、努力値はとつげきチョッキ型とほとんど同じでいいです。 素早さに振りたいならHPを削り、60振ることで4振りFCロトム抜きまで振ることをオススメします。 特攻ぶっぱりゅうせいぐんだとHP252FCロトムまでを高乱数で落とすことが出来ます。 技構成は「りゅうのはどう・りゅうせいぐん・だいもんじ・10まんボルト」、やっぱり 技は豊富なのでパーティによって色々変えてみて使い易い形を見つけてください。 草タイプの技を読んで繰り出していき、有利対面で交代先を読んで 負担をかけていければうまく立ち回れると思います。 特性は「そうしょく」、持ち物は「とつげきチョッキ」。 性格は「れいせい」、努力値は「204-52-x-252-x-x」で、やはり HP特攻ベースの努力値振りになりますね。 技構成は「りゅうせいぐん・だいもんじ・パワーウィップ・じしん」、他の優秀な物理技だといわなだれやばかぢからがあります。 ヒードランやライコウなど、特殊型だとあまり打点がなかったポケモンを 安定して倒すことが出来る「じしん」を使えるのが強みになってきます! 辛いポケモン 物理アタッカー 出典: やっぱりヌメルゴンを使う上で一番辛いのは、物理技でごり押しされることですね。 メガクチートやマリルリなど非常に辛いので、裏には優秀な物理受けポケモンを入れておくことをオススメします。 一緒に入れる物理受けとしては、クレセリアやヤドラン、サンダーなどが数値的にもタイプ的にも相性がいいですね。 ギルガルド 出典: ギルガルドに対して有効な技は覚えるんですが 火力が足りないため、ギルガルドが持っている率が高い「じゃくてんほけん」 抜群技を受けると攻撃特攻が2段階上昇する を発動させてしまう危険性が高いので注意が必要ですね。

次の