学校 再開。 神戸市:市立学校園の再開と今後の対応について

学校再開等に関するQ&A:文部科学省

学校 再開

日本中の長い自粛生活によって、新型コロナウイルス感染者数が大幅に減少した。 それにともない、いよいよ全国で緊急事態宣言が解除され、6月1日からはすべての学校が段階的に再開する見込みだ。 筆者の居住地からも、正式に学校再開の通知がきた。 子どもも4月頭に2時間だけ登校して以来、久しぶりの登校や友だちと会えることを楽しみにしているようだ。 同じように感じている児童・生徒は多いだろう。 現状、SNSの「#学校再開」「#分散登校」などのハッシュタグには、久しぶりにクラスメイトや友だちと会えた喜びが感じられる投稿が多数ある。 学校再開を前にした児童・生徒や保護者の様子を見ていきたい。 再開の喜びあふれる「TikTok」 3月頭から、長い子どもは約3カ月に渡る休校となった。 この間に一番のストレスだったのは、感染のリスクや家からろくに出られないストレスもあるが、学校に行けないことだっただろう。 学習が遅れるという問題もあるが、それ以上に単純に学校に行けないことや友だちに会えないことがつらかったのではないか。 TikTokはとてもわかりやすい。 「#学校再開」は400万再生、「#分散登校」は8万5000回再生となっているが、気持ちが伝わってくる動画が多数投稿されているのだ。 投稿は、中高生自身による制服姿の自撮りのダンス動画が多い状態だ。 「TikTok」のハッシュタグ。 左から「 学校再開」「 分散登校」 「久しぶりに会えて嬉しかった」「学校再開楽しみ」などのコメント付きで、友達同士で踊る動画が多数投稿されているのだ。 「#分散登校」には、「分散登校にしたら会えないじゃん」と、会いたい人と投稿日や登校時間がずれたことを悲しむ投稿も見られる。 すでに登校している生徒は、学校に来られた記念にと、教室や机、学校の建物の前など、学内で撮った動画を続々と投稿している。 その多くは制服姿であり、中には学校の指定ジャージ姿のものもある。 授業中などはマスクをかけていたことを思わせる、顎にマスクをかけたままの子も目立つ。 小学校再開の喜びは「Instagram」で確認できる Instagramには、「#学校再開」は5800件、「#分散登校」は約6000件ほど投稿されている。 こちらは、主に保護者らしき人の投稿が目立つ。 ランドセル姿の小学生の写真は特に多く、初登校を喜ぶものも多い。 その多くには、長い休校を家族で乗り切った喜び、学校に行ける喜びがあふれている。 ほかには、中高校生の子ども用の弁当写真、制服姿の写真などが多い。 中高生自身が友だちと写っている写真もある。 どれも「友だちに会えて嬉しかった」「久しぶりに学校に行けて嬉しかったようです」などと友だちと会えた喜びにあふれている。 なお、Twitterでは、緊急事態宣言解除直後から、「学校再開」関連の投稿が一気に増えている。 こちらには保護者や中高生などの本音が垣間見える。 「自主休校している」「学校に行くのが不安」「自主休校はクラスで1人だった」という人もいる一方で、学校再開への楽しみと不安が感じられる投稿が多い。 「学校再開だから、たまった宿題やらなきゃ…」「学校再開はいいけど、起きれるか心配笑」「分散登校で友だち作れるか心配。 元クラスの子とは登校日が分かれそう…」「過去で一番学校再開を喜んでる。 嬉しい!!!!」など、さまざまな本音が垣間見える。 学校再開には問題も多いが日常への第一歩 学校再開は、当初2週間ほど分散登校となり、その後通常通りの登校となっていくようだ。 組の奇数偶数や出席番号などで分かれて、午前組・午後組となって登校する学校や、隔日で交互に登校させる学校などもある。 「 フェイスシールド」 学校は再開したが、日常とは遠い投稿も多い。 「#フェイスシールド」は、現状で5000件以上登校されている。 美容師などがフェイスシールドをつけて施術しているほか、フェイスシールドをつけて授業を受ける学校もあるようだ。 殺菌力があることで知られる「#次亜塩素酸水」も、2万7000件投稿されている。 なお、次亜塩素酸水を空気中に噴霧することは人体への影響を懸念する声が出ているので、注意してほしい。 感染者数は減ったとはいえゼロではないし、まだまだ完全な日常は遠く、心配なことは多い。 しかし、ここまで感染者数を減らせたのは国民一人ひとりが「Stay Home」をがんばった結果であり、誇っていいだろう。 学校再開は、子どもと保護者にとって大切なステップだ。 3密を避け、感染防止に努めながら、徐々に日常を取り戻していきたい。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

東京都、段階的に学校再開…オンライン学習も活用

学校 再開

が九州7県で解除され、各地の学校が順次、再開している。 福岡県内でも18日以降、分散登校が始まるが、校内では集団行動を取ることが多く、の感染リスクはつきまとう。 3密(密閉、密集、密接)を和らげつつ、学習の遅れにどう対応するか。 教育現場は試行錯誤を続けている。 手洗い、うがいとともに感染予防の基本とされるマスクの着用。 文部科学省は学校での常時着用、特に近距離の会話が必要な場面では徹底するよう求める。 体育の授業ではどうか。 大分県は、医療用の高機能マスクを着けた子どもが相次ぎ亡くなった中国でのケースを踏まえ、屋外であれば必ずしも着用は必要ないとする方針を決定。 同県のある小学校では「着けたい子はおり、紛失のリスクも考え、各自の判断に委ねている」とする。 一方、校内での常時着用を徹底する長崎市の小学校では、体育や音楽の時間も例外はなく、一部の児童や指導する教員から「苦しい」といった声が漏れることも。 熊本県のある小学校も「登下校時の着用はきつそう」という保護者からの意見があり、今後細かいルールを作る。 13日から分散登校を始めた宮崎市の青島小では、手洗い場の廊下に「距離を保ちましょう」と書かれた足形のシールを貼り、順番待ちの児童の密集を防ぐ。 トイレ掃除は教職員が担い、下校後は教室の消毒を徹底。 疋田雅樹教頭は「児童の感染リスクを可能な限り減らしたい」。 佐賀県のある小学校では、教室と教室の間の仕切りを外して2学級分の広さを確保し、音楽の授業は体育館を活用している。 子どもたちが楽しみにする給食は、学校側にとって特に気を使う時間だ。 長崎市の桜町小の児童は向かい合わず前を向いて食べている。 5年の女子は「友達と話せないので寂しい」。 大分県や宮崎県の小学校では、児童が従来担当していた給食の配膳を教員が行う。 「手洗いの徹底はしているが、食事中にしゃべるなとも注意しにくい。 感染リスクの心配以上に、心の安全も重要だ」と、大分県の50代小学校教諭は話した。 11日以降、大分や長崎県内の小学校では地域別にグループ分けするなどして分散登校を開始。 21日から分散登校を予定する福岡市は、今後の感染状況を見ながら全面再開に踏み切るか判断する。 福岡市の小学校の50代男性教諭は「登下校時はげた箱に児童が密集する。 分散登校を進める中で、下校時刻をずらすなどの対策を検討したい」と話した。 未学習分について、文科省は次学年に繰り越し、複数年かけて解消することを認める通知を出した。 問題は授業時間をどう捻出させるか。 大分県の小学校では、一部の学年で授業の単位時間をひとコマ45分から30分に短縮し、できるだけ多くの教科、領域を学べるようにする。 家庭で教科書を読み、疑問点をまとめた上で授業に臨む予習学習も求めるという。 佐賀県の小学校男性教諭は「休校中に予習を取り入れており、授業時間が少なくても何とかなりそう」とみる。 ただし、本年度から導入された新が掲げる「子どもの主体的な学び」を充実させるための時間の確保は難しい。 福岡市の中学校のベテラン男性教員は、学習を急ぐあまり「板書をひたすら写し、黙って聞くだけの旧式の授業に戻る恐れがある」と懸念する。 「工夫する先生と、しない先生との間に今まで以上に差が出る。 やる気が出ない子どもは置き去りにされてしまうのでは」 (坪井映里香、金沢皓介、四宮淳平、本田彩子).

次の

神戸市:市立学校園の再開と今後の対応について

学校 再開

「なぜいま学校再開なのか。 再開しないでほしい」 「一刻も早く再開してほしい。 もう限界だ」 安倍首相が20日、新学期の学校再開に向けて方針取りまとめを文科省に指示したことが伝わると、教育関係者や保護者から再開に対する賛否両論が沸き上がった。 安全性を危惧する声がある一方、心的・経済的理由で再開を望む声がある中で、学校を再開する教育現場にはどんな課題が待ち受けているのか検証する。 「警戒を緩める趣旨はまったくない」 ぶら下がりに応じる萩生田文部科学大臣(23日夜) 「繰り返しになって恐縮ですが、これまでの警戒を緩める趣旨はまったくありませんので、あらためて皆様に十分ご認識を頂きたいと思います」 24日の通知の前日、急遽会見を開いた萩生田文科相は、学校再開が拡大防止の緩みにつながることに警戒感を示した。 さらに萩生田文科相は、「感染拡大が続く中、果たして学校を再開して大丈夫なのか」との懸念にこう答えた。 「前提条件として今の状況は休業をお願いした時と変わっておりません。 もっといえば感染者が増えている状況でございます。 しかしながら何が変わったかと言えば国民の皆様の意識が大きく変わってまいりました。 この休業期間中に地方自治体の皆さん、学校関係者の皆さんに大変なご努力を頂いて、どうしたら集団感染を免れることが出来るか様々な知恵や経験を積んでいただきました」 学校再開と臨時休業を行うためのガイドライン 専門家の知見、そして現場の経験をもとに発出された文科省の通知では、学校再開と臨時休業を行う場合のガイドラインを示している。 再開のガイドラインとしては、毎朝の検温や手洗い・咳エチケットの徹底、いわゆる「」が重なった場所を避けるため換気の励行などが挙げられているほか、授業だけでなく学校行事や部活動などにも3条件が重ならないような対策を取るよう通知した。 一方、臨時休業を判断する際のガイドラインでは、児童生徒や教職員の感染が判明した場合、当人や濃厚接触者を出席停止とするものの、「即全部休業とは考えていない」(文科省担当者)。 感染が判明した場合、教育現場は感染者の症状の有無や行動を分析するなど「総合的に」考慮し、自治体の衛生当局と相談したうえで、学校の全部または一部の臨時休業を実施するか決めることになる。 実は文科省の中でこの原案が回った際、一部には「これは間違えたメッセージを与えかねない」という危惧があった。 これまで自治体の中には、「自治体内で一人でも感染者が出れば即全校休業、隣接する自治体で感染者が出ても同様」と厳しい取り決めをしているところもあった。 こうしたルールから見ると、このガイドラインは「緩めた」メッセージを与えかねない。 これについて文科省担当者は会見で、「2か月前と今とわかっていることが違う」と否定し、「今わかっている知見で衛生部局と相談して判断してほしい」と繰り返した。 「頼りになるのはこれくらいしかない」 教育現場は今回のガイドラインをどう受け止めているか。 「専門家会議の判断を尊重してやらないと。 頼りになるのはこれくらいしかありませんし、これでやっていくしかないです。 ガイドラインは細かいところはたくさん言いたいことがありますが、大筋はこれでやるしかないですね」 こう語るのは埼玉県戸田市の戸ヶ崎勤教育長だ。 戸ヶ崎氏は教育現場で課題となりそうな事例をいくつか挙げた。 「ガイドラインには多くの児童生徒が手を触れる箇所、ドアノブや手すり、スイッチの消毒液による清掃を挙げています。 文科省としては書かざるを得ないのだろうけど、これだけ数のあるものを一体どうやって誰が消毒するんだと思います。 また、次亜塩素酸ナトリウムの使用と書かれていますが、子どもによっては皮膚炎を起こします」 「再開したら自分が感染するんじゃないか」 さらに戸ヶ崎氏は、「心のケア」についてこんな指摘をした。 「子どもたちの中には、『再開したら自分が感染するんじゃないか』という不安を持つ子もいます。 特に高齢者や基礎疾患のある家族と同居する子どもの中には、『僕が学校に行って家族が感染したらどうするんだろう』と悩んでいる子もいます」 また、保護者から『自分の子どもだけは守りたい』『これではとてもじゃないがうちの子どもは学校に行かせられない』という声も届いているという。 「こうした心のケアが必要な子どもや保護者にも、我々は寄り添わないとならないのです」(戸ヶ崎氏) 戸田市では、登校を躊躇する子どもは出席停止とし、欠席扱いにしない措置を検討している。 1人1人が行動の自制と変容を 「なぜ学校を再開するかと言うと、国民の皆様の感染拡大防止に関する意識が高まっているという認識があるからです。 引き続き一人一人の行動変容、強い行動の自粛の呼びかけが必要な厳しい状況に変わりはありません」(萩生田文科相) この三連休は春の陽気に誘われ自粛に疲れた国民が、行楽地や街にあふれた。 しかし感染が急拡大している欧米からの帰国者も増え、日本国内でいつどのようなかたちでオーバーシュート=爆発的患者急増が生じるかわからない状況は続いている。 学校の再開を楽しみにしている子どもたちのためにも、大人一人一人が行動を自制し、変えていく必要がある。 【執筆:フジテレビ 解説委員 鈴木款】.

次の