三菱 ufj リサーチ & コンサルティング。 スマートシティ 三菱UFJリサーチ&コンサルティング|スマートシティ

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

三菱 ufj リサーチ & コンサルティング

退職後の主な転職先 転職先としてはや、などが多い傾向がありますが、国内の幅広い業種の企業への転職実績があります。 著名な研究者やエコノミスト、政界人を多数輩出している企業としても有名で、政策研究をはじめ、マクロ経済調査やコンサルティングなど、国内外にわたる幅広い事業分野においてさまざまなサービスを展開しています。 1985年設立、東京都港区に本社を構え、約910名の社員をかかえています。 この記事でわかること• ・対人感受性が高い人材を求めている• ・チームが最大限に力を発揮できるような協調性があることが肝心• コンサルティングサービスの専門性や特徴に応じて複数のビジネスユニットがあり、国内外問わずクライアントの支援を行います。 戦略策定から企業価値向上のための「戦略コンサルティング部」や、中小企業を対象とした「経営コンサルティング」、各種ツールやインタビューなどで現状分析をして課題解決をする「組織人事戦略部」など、さまざまなビジネスユニットがあります。 また、国際業務を展開する企業や政府関係機関などに対し、戦略企画から実務支援まで幅広いサポートを行うなど、非常に幅広くマルチに活躍している領域です。 今後の展望として、三菱UFGグループが有する知見を活用し、先進サービスの開発に力を入れることを目標としています。 政策研究事業 政策研究事業では、日本や世界が直面する医療や福祉、環境といった課題の解決に向けて、調査研究や政策決定、戦略構築などを支援します。 東京・名古屋・大阪に拠点を設けており、官公庁をはじめとした地方自治体や民間事業者など、あらゆる事業主体を対象に、きめ細かい対応ができる体制を整えています。 それぞれの地区には研修開発を行える体制を整えていますが、東京には、経済や財政などの調査研究や政策決定を支援する「経済政策部」、保健や医療を中心に調査研究や政策決定支援を行う「共生・社会政策部」など計5つの部署を設けており、万全な体制がある地区です。 今後もそれぞれの拠点を中心に地域展開を行い、クライアントのさまざまなニーズに応える支援を提供することを目標としています。 人事開発事業 人事開発事業では、「経営情報の提供」と「人材育成サポート」の2つを軸としている領域です。 三菱UFJビジネススクエア「SQUET」の会員などからの法務や人事などに関わる相談を受ける「総合相談部」、各種研修やセミナーといった教育事業の企画や営業を行う「人材開発営業部」など、研修や教育に特化した事業部が6つあります。 今後の指標として、変化し続ける時代を乗り越えていくためのさまざまなコンテンツや企画をさらに充実させていくことを目指しています。 具体的な業務内容は、国内外のマーケティング調査や新規販売先と市場ニーズの定量調査、マーケティング課題の抽出などです。 ほかにも、データアナリティクスやマーケティング戦略提言なども行います。 金融業界の経験や事業会社などでのマーケティングもしくは企画業務経験がある方は優遇される傾向にあります。 必須な経験・スキル• ・官公庁における行政改革、PPP・PFI事業の導入などの経験• ・コンサルティングファームまたはシンクタンクにおけうアドバイザリー業務経験• ・事業会社におけるPPP・PFI事業の企画と営業経験 など 人材育成コンサルタント 人材育成コンサルタントは、研修講師や人材育成コンサルティング業務を担当するポジションです。 具体的には、新入社員や中堅社員などを対象とした階層別研修の講師や営業力強化や江労務管理などの目的別研修講師などを担当します。 そのほかには、クライアントに対する営業やニーズ把握、企画提案なども行います。 教える側の立場なため、責任とやりがいを感じることができるでしょう。 必須な経験・スキル• 中途採用を多く行っており、採用人数は多い傾向がありますが、その一方で応募者が非常に多く、結果的に倍率が高くなっています。 また、ほかの応募者は全体的にレベルが高くなっているので、簡単に採用を勝ち取るということはできないでしょう。 ライバルと差をつけられるような特化したスキルや知識を具体的な実績を持ってアピールすることが重要です。 特化している能力を上手にアピールすることができれば、採用してもらえる可能性が高くなります。 また、チーム全体が最大限に力を発揮できるような影響力がある人も求めている傾向があります。 面接の際、これらを持っていることをアピールできるエピソードを用意すると良いでしょう。 面接回数は基本的に2~3回です。 ただし、応募人数や部署によっては、グループ面接の可能性があり、面接回数も異なります。 面接時間は1回につき30分~1時間となります。 また、「将来どんな風になりたいか」や「どんな人材になりたいか」など、ベーシックな質問を多くされますが、そういった質問の回答などで、こちらの人間性を見ているようであり、多少一貫性がない回答でも、個性的な部分やオリジナリティがあれば、好まれる傾向があります。 面接の雰囲気は、終始温和な感じがあり比較的に雰囲気が良く、圧迫面接などはありません。 必要以上に緊張せず、リラックスしながら面接に臨むと良いでしょう。 スキルアップできる環境もありますが、自身の裁量次第でどれだけスキルアップできるかが変わるので、向上心があればどこまでも成長することができるでしょう。 出世できる人はシンプルに仕事が取れる人で、極めて定量化しやすい指標で出世が決まるので納得間が高いです。 努力し続けて、周りに格差をつけるような実績を残すことが重要です。 ほかのシンクタンクに比べて落ち着いた雰囲気があり、のんびりとしている雰囲気があります。 また、部署によっては親睦会などがあるので、社員同士のコミュニケーションが取りやすい環境があります。 さらには若いうちから大きな仕事に携わることができる風土があるので、バリバリ仕事したいという方には向いている企業でしょう。 1981年に名古屋大学経済学部卒業後、三和銀行に入行。 2009年に三菱東京UFJ銀行執行役員システム部長兼UFJ日立システムズ出向、三菱UFJフィナンシャルグループ執行役員事務・システム企画部長に就任。 その後、三菱東京UFJ銀行常務執行役員システム部長や三菱東京UFJ銀行常務執行役員コーポレートサービス長を歴任し、2017年に三菱UFJリサーチ&コンサルティング代表取締役社長に就任。 1965年に一橋大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。 その後、ハーバード大学大学院に留学し、ハーバード大学経済学博士号授与。 講師となり大阪大学経済学部の教授や一橋大学商学部の教授を務めた。 2000年に三菱UFJリサーチ&コンサルティングの理事長に着任。 その後もスカパーJSATやアスクルの取締役、多摩大学の学長など務めている。

次の

介護人材/外国人介護人材

三菱 ufj リサーチ & コンサルティング

退職後の主な転職先 転職先としてはや、などが多い傾向がありますが、国内の幅広い業種の企業への転職実績があります。 著名な研究者やエコノミスト、政界人を多数輩出している企業としても有名で、政策研究をはじめ、マクロ経済調査やコンサルティングなど、国内外にわたる幅広い事業分野においてさまざまなサービスを展開しています。 1985年設立、東京都港区に本社を構え、約910名の社員をかかえています。 この記事でわかること• ・対人感受性が高い人材を求めている• ・チームが最大限に力を発揮できるような協調性があることが肝心• コンサルティングサービスの専門性や特徴に応じて複数のビジネスユニットがあり、国内外問わずクライアントの支援を行います。 戦略策定から企業価値向上のための「戦略コンサルティング部」や、中小企業を対象とした「経営コンサルティング」、各種ツールやインタビューなどで現状分析をして課題解決をする「組織人事戦略部」など、さまざまなビジネスユニットがあります。 また、国際業務を展開する企業や政府関係機関などに対し、戦略企画から実務支援まで幅広いサポートを行うなど、非常に幅広くマルチに活躍している領域です。 今後の展望として、三菱UFGグループが有する知見を活用し、先進サービスの開発に力を入れることを目標としています。 政策研究事業 政策研究事業では、日本や世界が直面する医療や福祉、環境といった課題の解決に向けて、調査研究や政策決定、戦略構築などを支援します。 東京・名古屋・大阪に拠点を設けており、官公庁をはじめとした地方自治体や民間事業者など、あらゆる事業主体を対象に、きめ細かい対応ができる体制を整えています。 それぞれの地区には研修開発を行える体制を整えていますが、東京には、経済や財政などの調査研究や政策決定を支援する「経済政策部」、保健や医療を中心に調査研究や政策決定支援を行う「共生・社会政策部」など計5つの部署を設けており、万全な体制がある地区です。 今後もそれぞれの拠点を中心に地域展開を行い、クライアントのさまざまなニーズに応える支援を提供することを目標としています。 人事開発事業 人事開発事業では、「経営情報の提供」と「人材育成サポート」の2つを軸としている領域です。 三菱UFJビジネススクエア「SQUET」の会員などからの法務や人事などに関わる相談を受ける「総合相談部」、各種研修やセミナーといった教育事業の企画や営業を行う「人材開発営業部」など、研修や教育に特化した事業部が6つあります。 今後の指標として、変化し続ける時代を乗り越えていくためのさまざまなコンテンツや企画をさらに充実させていくことを目指しています。 具体的な業務内容は、国内外のマーケティング調査や新規販売先と市場ニーズの定量調査、マーケティング課題の抽出などです。 ほかにも、データアナリティクスやマーケティング戦略提言なども行います。 金融業界の経験や事業会社などでのマーケティングもしくは企画業務経験がある方は優遇される傾向にあります。 必須な経験・スキル• ・官公庁における行政改革、PPP・PFI事業の導入などの経験• ・コンサルティングファームまたはシンクタンクにおけうアドバイザリー業務経験• ・事業会社におけるPPP・PFI事業の企画と営業経験 など 人材育成コンサルタント 人材育成コンサルタントは、研修講師や人材育成コンサルティング業務を担当するポジションです。 具体的には、新入社員や中堅社員などを対象とした階層別研修の講師や営業力強化や江労務管理などの目的別研修講師などを担当します。 そのほかには、クライアントに対する営業やニーズ把握、企画提案なども行います。 教える側の立場なため、責任とやりがいを感じることができるでしょう。 必須な経験・スキル• 中途採用を多く行っており、採用人数は多い傾向がありますが、その一方で応募者が非常に多く、結果的に倍率が高くなっています。 また、ほかの応募者は全体的にレベルが高くなっているので、簡単に採用を勝ち取るということはできないでしょう。 ライバルと差をつけられるような特化したスキルや知識を具体的な実績を持ってアピールすることが重要です。 特化している能力を上手にアピールすることができれば、採用してもらえる可能性が高くなります。 また、チーム全体が最大限に力を発揮できるような影響力がある人も求めている傾向があります。 面接の際、これらを持っていることをアピールできるエピソードを用意すると良いでしょう。 面接回数は基本的に2~3回です。 ただし、応募人数や部署によっては、グループ面接の可能性があり、面接回数も異なります。 面接時間は1回につき30分~1時間となります。 また、「将来どんな風になりたいか」や「どんな人材になりたいか」など、ベーシックな質問を多くされますが、そういった質問の回答などで、こちらの人間性を見ているようであり、多少一貫性がない回答でも、個性的な部分やオリジナリティがあれば、好まれる傾向があります。 面接の雰囲気は、終始温和な感じがあり比較的に雰囲気が良く、圧迫面接などはありません。 必要以上に緊張せず、リラックスしながら面接に臨むと良いでしょう。 スキルアップできる環境もありますが、自身の裁量次第でどれだけスキルアップできるかが変わるので、向上心があればどこまでも成長することができるでしょう。 出世できる人はシンプルに仕事が取れる人で、極めて定量化しやすい指標で出世が決まるので納得間が高いです。 努力し続けて、周りに格差をつけるような実績を残すことが重要です。 ほかのシンクタンクに比べて落ち着いた雰囲気があり、のんびりとしている雰囲気があります。 また、部署によっては親睦会などがあるので、社員同士のコミュニケーションが取りやすい環境があります。 さらには若いうちから大きな仕事に携わることができる風土があるので、バリバリ仕事したいという方には向いている企業でしょう。 1981年に名古屋大学経済学部卒業後、三和銀行に入行。 2009年に三菱東京UFJ銀行執行役員システム部長兼UFJ日立システムズ出向、三菱UFJフィナンシャルグループ執行役員事務・システム企画部長に就任。 その後、三菱東京UFJ銀行常務執行役員システム部長や三菱東京UFJ銀行常務執行役員コーポレートサービス長を歴任し、2017年に三菱UFJリサーチ&コンサルティング代表取締役社長に就任。 1965年に一橋大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。 その後、ハーバード大学大学院に留学し、ハーバード大学経済学博士号授与。 講師となり大阪大学経済学部の教授や一橋大学商学部の教授を務めた。 2000年に三菱UFJリサーチ&コンサルティングの理事長に着任。 その後もスカパーJSATやアスクルの取締役、多摩大学の学長など務めている。

次の

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの評判総合情報

三菱 ufj リサーチ & コンサルティング

OUR VISION 私たちのビジョン 社会全体がデジタル化による破壊的イノベーション(Digital Disrupt)の真っ只中にあります。 官民のいずれの領域においてもテクノロジーによる市場の再創造、生産性革命を通じたSociety5. 0の実現に向けた取組みが加速中です。 Society5. 0とは、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させることによって、社会課題の解決を目指す社会のことです。 私達は、産官学民に跨る社会の英知を、国内はもとより広く世界から集め、多くのステークホルダーとの共創関係を構築。 これをベースに、社会課題の定義とソリューションを創出。 国内外での社会実装をご支援してまいります。 TEAM チーム 専務執行役員 南雲岳彦 今日、AI、IoT、データエコノミー等、デジタル化の言葉を目にしない日はありません。 社会のデジタル化は、私達の仕事や生活の有り方に大きな影響を及ぼすことになりますが、その最たるものがスマートシティやデジタルガバメントとよばれる領域です。 では、都市や行政のデジタル化は、私達にどのような未来をもたらすのでしょうか? デジタル化は地方の活性化にどのように役立つのでしょうか? また、目を転ずれば、世界には健康に関する課題が山積みになっています。 例えば、感染症への対応。 日本の外にはまだ日本が十分に対応できていない様々な感染症が存在し、やがて日本へやってくる可能性も否定できません。 我々の備えは十分にできているのでしょうか? また、海外への貢献は十分にできていると言えるでしょうか? このような社会課題は、産官学民が分断した状態では解決が難しいものばかりです。 そして、既存の学問体系や知識体系一つ一つでは十分な解決策を提示することが難しいというのも現実です。 私達は、国内外の様々なパートナーの皆様とオープンイノベーション志向のエコシステムを構築し、これらの課題に果敢に挑戦してまいります。

次の