洒落にならない 怖い話。 【短編】「洒落にならないほど怖い話」超こわいのだけ厳選…。

【超閲覧注意】洒落にならない「怖い話」まとめ…最強レベルの短編怪談

洒落にならない 怖い話

結構昔だけど19歳くらいで専門学校の学生だった頃の事。 駐輪場がいっぱいの時はそこらの自転車とか寄せて停めるしかないんだけど、田舎のちょっと大きめの駅だと駐輪場とか溢れかえるくらい多い。 そんな時はもう駐輪ゾーン横にでも適当な場所に停めてロックしておくしかない。 まあそこすら溢れてるんだけど。 ある日、帰りが遅くなりバイクを停めていた駅に着いたのが21時くらいになった。 駐輪場へ入っていくと結構遅いから駐輪スペースはガラガラ。 (放置自転車があるからそれなりにはあるけど) 混雑してる時に停めたので、スペース無くてかなり遠くに置いてあったんだけど、そこへ近付くにつれて違和感を感じた。 ガラーンとした駐輪場に残ってる自転車もなんか変な気がした。 倒れている物も多い。 見られている気配というのか、周りが妙に気になった。 サッサと帰ろうとバイクに荷物入れてロック外して駐輪場から出そうとしていると、 ん? なんかすげー重い。 確認すると後輪がパンクしていた。 嘘だろ。 スポークホイールだぞ。 チューブだから修理できないし帰れないじゃないか。 タイヤを見てみると、パンク傷が思いっきりナイフなどで切られた痕だった。。 「……か…よ…邪魔……とこに……てんじゃ…ねー…よ」 と突然声が聞こえた。 ビクッとして立ち上がると、駐輪場の中に人が立っていた。 照明は一つ一つ離れていて少し暗いが、照明の下はよく見える。 そいつは照明から少し離れたところに居たが、背が高く細い奴のようだった。 誰も居ない駐輪場ににょきっと突然人が出てきてゾクッとしたが、こっち見てなんか喋ってるのが解ると普通の人間だと解り少しほっとした。 ホッとするんじゃなかった。 そいつは突然こっちに走ってきた。 照明の下を通った所で見えたが、手に小さなナイフ持って振り回してやがる。 漫画みたいにブンブンあほみたいに。 空を切るそれはなんの意味があるんだ。 その時はそんな余裕もなく、うわー!と慌てた。 「お前らの自転車邪魔なんだよぉぉぉ!! ここに置くんじゃねぇぇよぉぉ!」 完全にこっち狙ってるのが解ったが、ナイフ持ってる相手に背中向けて逃げるのは無防備で余計に怖い。 バイクにかけてあったオフロードフルフェイスヘルメットを取り、こっちに真っ直ぐ走ってくるナイフマンに思いっきり投げつけた。 相手のダメージ考えずに物を思い切り投げたの初めてだ。 メットはこっちに向かってくる奴の顔面にボゴォっと当たり、そいつは 「うごぉぉっ!! 」 って吹っ飛んだ。 私のメットはゴロンゴロンと悲しい音を立てて転がっていった。 相手は地面に転がったがまだナイフを持ってる。 私は急いでバイクに縛り付けたバッグを開け、中から取り出した。 包丁を2本。 当時調理師専門学校生で、丁度偶然包丁を持ち帰る日で包丁セットの入ったバッグを持っていたのだ。 相手は立ち上がろうとしていたが、脳震盪でも起こしたのか顔にダメージを負ったのかよろよろしていた。 そいつに包丁を持って近づいたら、奴はこっちを見て尻餅をついた。 「うぁぅぁぁぁ……やめて」 何を言ってやがる。 ナイフを武器にする奴はその怖さもよく理解しているのか、自分より多い武器に怯えたのか、包丁が出刃包丁と柳刃包丁で見た目にも鋭利すぎたのが怖かったのか、完全に逃げ腰で両手で体を支えるような感じ。 これ他の人から見たら完全に私が加害者だよな。 そいつを見張りながら携帯で警察に連絡し、警察が来るまで 「ちょっとでも動いたら、ヤルヨ」 と脅してた。 私も怖かったけど、相手が戦意喪失状態で助かった。 警察が到着すると、奴は縮こまってナイフも手放してた。 警察は真っ先に私に近づき完全に拘束しようとしてる……。 凄く…恐いです。 私は包丁を地面に置き、警察に説明。 通報したのも自分だと説明して、携帯見せて納得して貰った。 当時は包丁などもバッグに入れていれば問題なく持ち運びできた。 この数年後にナイフによる事件があり、学校や店から持ち帰るなどの理由ですら厳しく取り締まられるようになったようだ。 奴は警察に拘束され、その後奴のナイフを確認し駐輪場の自転車を警察が見て回ると、残っている殆どの自転車やバイクなどのタイヤがそのナイフによって引き裂かれていた。 私もバイクをやられたのを調書に書いておいた。 後に相手から弁償をして貰った。 奴の家族がしたのか、届け出た被害者全員にきちんと支払われたようだ。 勿論大事なメット代金も貰った。 警察から聞いたが、そいつも自転車できてるらしく、駐輪場に停める場所が無くて場所を空けるためにやったとかなんとか。 まあタイヤ切り裂かれる所になんかだれも停めたくはないし、それ狙いだったのかな。 洒落にならないのは、夜遅かったとはいえ駐輪場周辺には民家もあるのにあの奇声を聞いて出てくる人も居なければ、通りかかる人も居なかった。 こんな場所で女性がナイフ持った男に襲われたら逃げるの無理だろうなと思った。 その点は駅の方へ連絡しておいたら、卒業前だから1年も経たずに照明が増えて明るくなり、駐輪場も整理されて放置自転車も逐一処理されるようになった。 卒業までしかその恩恵には預かれなかったけど。 包丁二刀流は洒落にならないほど安心感があった。 人から聞いた話だから真偽は知らんけど投下。 近所に『ハサミ女』と呼ばれる、頭のおかしい女がいた。 30歳前後、髪は長くボサボサで、いつも何かを呟きながら笑ってる... 久しぶりに休みが取れた。 たった2日だけど、携帯で探される事もたぶんないだろう。 ボーナスも出た事だし、母に何か旨いものでも食わせてやろう。 そう思って京都・貴船... これ書くか迷ったんだけど、時効のような気もするんで書くわ。 俺が二十年前位かな、フリーターやってた頃の話なんだけどその当時ヨーロッパのほうへ海外旅行にいったんだ... はじめまして。 自分、金属加工業を営んでいるのですが先日不可解な事がありました。 数ヶ月前より左手薬指の指先を使って何かを掴むとズキン!と痛みが走るようになって... 去年の話。 車を買い換えたんだ、嫁の軽をミニバンにね。 自分はセダンに乗ってたんだけどどうもミニバンと一緒にはスペース的に敷地に停められなくなっちゃって家から徒... それは、私が一人暮らしを始めて3日目のことでした。 その日、私は仕事がうまくいき、お客さんと遅くまで繁華街で呑んでいました。 私の借りたマンションは、駅から徒歩... おおいさんの話 おおいさんってのが何者なのかわからんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。 「おおいさんって名乗った客が来たら目を合わすな」 ってい... カテゴリ• 103• 434• 153• 110• 236• 272• 4 オススメニュース記事.

次の

【本怖】決して夜に1人で見ないで下さい!洒落にならない怖い話5選

洒落にならない 怖い話

画像出典: 私が学生の時に実際に経験した話です。 その当時つき合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。 弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマンドリンの音が聞こてくるのです。 すると、「あー、またあの子が弾いている」と、彼女もお母さんも当たり前のことのように言うのです。 そのころ私は頻繁に奇妙な夢を見ていました。 彼女に似た丸い顔をした男の子が、十字架に掛かっているという夢でした。 その話をすると彼女は、 「弟は白血病で亡くなったので、薬の副作用で顔が丸くなっていた。 それは私の弟だ」と言って泣くのです。 そのうち、夜になると私の家でも何かが侵入してくるような気配が感じられるようになり、 彼女にお札(フダ)をもらって、部屋の四隅に張ったりしていました。 でもまだ若かったせいか、そういうことも別段異常なことだとは思わずに日々を過ごしていました。 大学2回生の夏に鳥取まで遊びに行ったとき、そんなことを言っていられない目に遭いました。 みんなで車に乗り、山を越えるときには夜になっていました。 山中の夜のドライブというだけで十分恐い気もしていたのですが、 山の途中で車がガタガタいいだし、止まってしまいました。 え、こんなところで…どうしよう?と思ったのもつかの間、 彼女が運転席で「誰かを乗せてしまったみたい…」と言いました。 「え、うそ?」と私はパニック状態に陥りました。 私は助手席に乗っていたのですが、恐くて後ろを見ることができません。 「どこか行きたいところがあるみたいだから、送ってあげる」 彼女がそう言ったとたん車がまた動きだし、しばらく走った後ガタガタといって止まりました。 「ここみたいね…」 「そんな落ち着いた声で恐いこと言わないでちょうだい」という私の言葉も聞かず、 彼女は冷静に「降りてください…」と、ドアを開けて言いました。 私はもう、神様仏様、お願いですから降りてもらってください…と念じるだけ。 必死の願いが通じたのか、車の後部座席から何か白いものが、飛ぶような速さで前方の一角に消えました。 彼女がライトで照らすと、そこにはお地蔵さんがあったのです。 「ここに来たかったのね…」と彼女。 私はもう何も言えず、とにかく山を越えて、無事目的地に着くことばかりを祈っていました。 鳥取では砂丘を見て海で泳ぎ、平穏に過ごしました。 帰りは格別恐いこともなく、無事に家に到着。 彼女とはその後、だんだん疎遠になりました。 それ以後、私の夢に彼が現れることもありませんでした。 ベランダ 画像出典: 友達が経験した話です。 彼はほとんど全くと言って良いほど霊感が無いらしいのですが、 大学へ入って一人暮らしをしてから、いきなり金縛りを頻繁にするようになったそうです。 それだけでなく、間違い電話が異常に多い。 おばあさんの声で留守電が何回も入っていたり、 ある時には『親父が亡くなりました』という間違い留守電が入っていたりして焦ったそうです。 ある日、ベッドでうとうとしてた時、ベランダを誰かが走るのを見た友達は、とっさに「おい、コラ!!」と叫びました。 するとその声にむかついたのか、男がベランダから部屋に入ってきました。 最初そいつ一人だと思って強気でいたのですが、ベランダに居たのは一人ではなかったのです。 どんどん入ってきて、最終的に五,六人にベッドの周りを囲まれました。 そして彼は、恐くて動けないのか体が動かなくなりました。 動かない体で彼は「ごめんなさいごめんなさい」とくり返しました。 すると、そいつらは部屋を出ていったそうです。 彼は恐る恐るベランダに出てみました。 彼の家は五階なのですが、隣のベランダとの境には非常時脱出用の壁があるので、 それを破らない限り、ベランダ間の行き来は不可能なのです。 そして、その壁は破れてはいませんでした。 彼は「ああ、夢だったんだな」と納得しました。 そして、その夢を忘れかけていた頃、彼の友達とその部屋で飲み会をしました。 ほろ酔いぐらいだったそうです。 突然彼の友達が「おい、てめえ!」と叫んで、ベランダに出ようとしました。 彼は「どうしたの?」と聞きました。 彼の友達が言うには、「いま男達がベランダを走っていきやがった」ということでした。 その時、彼は思い出しました。 同じような体験をしたことを。 そして、その話は夢だと思って、誰にも話していなかったことを。 わからない 私が会社の出張から帰宅すると 妻が不思議そうな顔をしている。 「あれ?もう帰ってきたの?」 「もうって?ご主人様が三日ぶりに帰宅したのに?」 「いやいや・・・アンタこの三日ずっと家にいたじゃん!? んで、ついさっきちょっと飲み行くっつって出てったばっかじゃん!」 「ちょっと待て!話が噛み合わねぇ?」 ・・・妻の話によると、 私は三日前の朝出張が取り止めになったと言って すぐに帰宅してきたらしい。 んでこの三日間久々に、 家族で珍しく外食したり映画観に行ったり、 そりゃまあ楽しく過ごしたとか。 ・・・しかし私は 確かに三日間出張に行っていたのだ! 嫁が嘘をついてるのか?だが何故!? そこへ娘が起きてきて、私に礼を言った! 「欲しかったたま〇っち買ってくれてありがとう!」 ・・・知らん! そんなもん買ってやった覚えはない! 親娘で私をかついでるんだろうと思い たま〇っちの裏を見ると 親子三人で仲良く笑うプリクラが貼ってある! ・・・日付は今日!! 私は娘の笑顔に、 この謎は私の胸にしまっておこうと思った。 ・・・しかしわが妻と娘は 三日間「誰」といっしょにいたのか? コツコツさん 画像出典: 俺が体験した中でも一番怖かった体験を。 あの日は、すっげぇ蒸し暑かったのを今でも覚えてる。 深夜の12時くらいかな、兄貴とゲームしてたんだ。 それでさ、急に部室に忘れ物したの思い出して、 取りに行こうと思ったんだよ。 今考えると次の日取りに行けばいーじゃんって話だけど。 兄貴に 「ちょっと忘れ物取りに行ってくる」 って家出たんだ。 学校と家は近いから 5分くらい全力でチャリ漕げばすぐ着く距離なんだ。 で、ギア3にして全力でチャリ漕いで学校に着いたんだよ。 蒸し暑い夜だったから当然着いた時には汗だく。 で、学校の裏の駐輪場がある入り口から敷地の中に入ったんだ。 その瞬間、空気が変わった気がした。 めちゃくちゃ蒸し暑かったはずなのに 学校の中入った瞬間 肌寒いような嫌な寒さになったんだ。 で、当然俺はやばいやばいこれ多分やばいって思って すぐ学校の外出ようかと思ったんだけど、 何を思ったのかどうせここまで来たんだし 忘れ物だけは取って行こう、 って思って部室に行ったんだ。 それで部室の前に到着して、 いつも鍵が隠してある場所から鍵取って開けて、 部室の中入って忘れ物取って外に出て、 鍵閉めて鍵を元の場所に戻して、さっさと帰ろう… ってなって自転車に乗ったんだ。 そしたら何か聞こえるんだよ。 なんつーか…ハイヒールあるじゃん? あの靴の音がカツン…コツン…って なんか近づいて来るんだよ。 それでやばい…とっとと帰ろうって思って 自転車のペダル踏もうと思ったんだけど、 体が動かないんだ。 その間にもどんどん靴の音は近づいて来る。 そろそろ電灯の下来る頃かな、 とか変に冷静に考えて凝視してたんだけど… 誰もいないんだ。 ただ、靴の音だけが近づいて来る。 本気でちびりそうになったんだけど それを何とかこらえて動け動け動け動け!って ひたすら思ってたら体が動く。 これ幸いと即効で自転車漕ぎだしたんだ。 そしたら靴の音がありえないくらい早くなって 俺を追いかけて来た。 なんかさ、もうすぐ後ろで音聴こえるんだよ。 で、俺思いっきりペダル踏んで自転車のスピード上げた。 多分あの時は限界突破してたんじゃないかと思う。 裏からそのまんま出ればいいのに 何を思ったのか正門から出ようと思って ひたすらチャリ漕いだんだ。 その間にもどんどん音は近づいて来る。 それどころか学校の窓が 内側から叩いてるみたいに ガンガンガンガン鳴り出したんだよ。 軽く錯乱状態になって 必死に泣きそうになりながらチャリ漕いだ。 その間にも靴の音は近づいてくるし 窓はもう割れるんじゃないかってくらいガンガン鳴ってた。 ようやく正門に着いて、 転がり出るように必死で出たよ。 というかコケたんだけどね。 で、学校の方ビクビクしながら見てみると、 何もいないし音もしない。 シーンとしてるんだ、何事も無かったかのように。 それ見て更に滅茶苦茶怖くなって、 早く帰ろう!って思って後ろ向いたんだ。 そこには、髪の長い女がいた。 貞子みたいな感じの。 で、俺に近づいてきて耳元でこう言ったんだ。 「もう少しだったのに…」 って。 当然俺は気絶。 起きたら朝で学校の保健室のベッドの上だった。 どうやら先生に発見されて 保健室に連れてこられたらしい。 事情聞かれたから 洗いざらい全部先生に話したんだ。 そしたら先生が 「あー…お前も会ったのか、コツコツさんに」 って言ったんだ。 先生の話を聞いたところ、 どうやらこの学校は結構そういう事があるらしくて、 先生もコツコツさんに会ったらしいんだ。 ちなみにコツコツさんってのは 誰から先に言い出したかわからんけど そう呼ばれてるらしい。 霊感ある友達も 「この学校ちょっと変だなぁ…特に家庭科室。 うじゃうじゃいるよ」 って言ってた。 霊感0の友達もなんか見たって言ってた。 これを期に俺は絶対夜の学校には近付かなくなった。 今はもうその学校卒業して専門学校生やってるんだけど。 あれからまたコツコツさん出たのかな、 久々に学校に顔出しがてら聞いてみようかと思う。 と、これが俺が今までに経験した中で一番怖かった体験。 皆さんも、夜の学校には十分お気をつけ下さい。 引用元:.

次の

【短編】「洒落にならないほど怖い話」超こわいのだけ厳選…。

洒落にならない 怖い話

結構昔だけど19歳くらいで専門学校の学生だった頃の事。 駐輪場がいっぱいの時はそこらの自転車とか寄せて停めるしかないんだけど、田舎のちょっと大きめの駅だと駐輪場とか溢れかえるくらい多い。 そんな時はもう駐輪ゾーン横にでも適当な場所に停めてロックしておくしかない。 まあそこすら溢れてるんだけど。 ある日、帰りが遅くなりバイクを停めていた駅に着いたのが21時くらいになった。 駐輪場へ入っていくと結構遅いから駐輪スペースはガラガラ。 (放置自転車があるからそれなりにはあるけど) 混雑してる時に停めたので、スペース無くてかなり遠くに置いてあったんだけど、そこへ近付くにつれて違和感を感じた。 ガラーンとした駐輪場に残ってる自転車もなんか変な気がした。 倒れている物も多い。 見られている気配というのか、周りが妙に気になった。 サッサと帰ろうとバイクに荷物入れてロック外して駐輪場から出そうとしていると、 ん? なんかすげー重い。 確認すると後輪がパンクしていた。 嘘だろ。 スポークホイールだぞ。 チューブだから修理できないし帰れないじゃないか。 タイヤを見てみると、パンク傷が思いっきりナイフなどで切られた痕だった。。 「……か…よ…邪魔……とこに……てんじゃ…ねー…よ」 と突然声が聞こえた。 ビクッとして立ち上がると、駐輪場の中に人が立っていた。 照明は一つ一つ離れていて少し暗いが、照明の下はよく見える。 そいつは照明から少し離れたところに居たが、背が高く細い奴のようだった。 誰も居ない駐輪場ににょきっと突然人が出てきてゾクッとしたが、こっち見てなんか喋ってるのが解ると普通の人間だと解り少しほっとした。 ホッとするんじゃなかった。 そいつは突然こっちに走ってきた。 照明の下を通った所で見えたが、手に小さなナイフ持って振り回してやがる。 漫画みたいにブンブンあほみたいに。 空を切るそれはなんの意味があるんだ。 その時はそんな余裕もなく、うわー!と慌てた。 「お前らの自転車邪魔なんだよぉぉぉ!! ここに置くんじゃねぇぇよぉぉ!」 完全にこっち狙ってるのが解ったが、ナイフ持ってる相手に背中向けて逃げるのは無防備で余計に怖い。 バイクにかけてあったオフロードフルフェイスヘルメットを取り、こっちに真っ直ぐ走ってくるナイフマンに思いっきり投げつけた。 相手のダメージ考えずに物を思い切り投げたの初めてだ。 メットはこっちに向かってくる奴の顔面にボゴォっと当たり、そいつは 「うごぉぉっ!! 」 って吹っ飛んだ。 私のメットはゴロンゴロンと悲しい音を立てて転がっていった。 相手は地面に転がったがまだナイフを持ってる。 私は急いでバイクに縛り付けたバッグを開け、中から取り出した。 包丁を2本。 当時調理師専門学校生で、丁度偶然包丁を持ち帰る日で包丁セットの入ったバッグを持っていたのだ。 相手は立ち上がろうとしていたが、脳震盪でも起こしたのか顔にダメージを負ったのかよろよろしていた。 そいつに包丁を持って近づいたら、奴はこっちを見て尻餅をついた。 「うぁぅぁぁぁ……やめて」 何を言ってやがる。 ナイフを武器にする奴はその怖さもよく理解しているのか、自分より多い武器に怯えたのか、包丁が出刃包丁と柳刃包丁で見た目にも鋭利すぎたのが怖かったのか、完全に逃げ腰で両手で体を支えるような感じ。 これ他の人から見たら完全に私が加害者だよな。 そいつを見張りながら携帯で警察に連絡し、警察が来るまで 「ちょっとでも動いたら、ヤルヨ」 と脅してた。 私も怖かったけど、相手が戦意喪失状態で助かった。 警察が到着すると、奴は縮こまってナイフも手放してた。 警察は真っ先に私に近づき完全に拘束しようとしてる……。 凄く…恐いです。 私は包丁を地面に置き、警察に説明。 通報したのも自分だと説明して、携帯見せて納得して貰った。 当時は包丁などもバッグに入れていれば問題なく持ち運びできた。 この数年後にナイフによる事件があり、学校や店から持ち帰るなどの理由ですら厳しく取り締まられるようになったようだ。 奴は警察に拘束され、その後奴のナイフを確認し駐輪場の自転車を警察が見て回ると、残っている殆どの自転車やバイクなどのタイヤがそのナイフによって引き裂かれていた。 私もバイクをやられたのを調書に書いておいた。 後に相手から弁償をして貰った。 奴の家族がしたのか、届け出た被害者全員にきちんと支払われたようだ。 勿論大事なメット代金も貰った。 警察から聞いたが、そいつも自転車できてるらしく、駐輪場に停める場所が無くて場所を空けるためにやったとかなんとか。 まあタイヤ切り裂かれる所になんかだれも停めたくはないし、それ狙いだったのかな。 洒落にならないのは、夜遅かったとはいえ駐輪場周辺には民家もあるのにあの奇声を聞いて出てくる人も居なければ、通りかかる人も居なかった。 こんな場所で女性がナイフ持った男に襲われたら逃げるの無理だろうなと思った。 その点は駅の方へ連絡しておいたら、卒業前だから1年も経たずに照明が増えて明るくなり、駐輪場も整理されて放置自転車も逐一処理されるようになった。 卒業までしかその恩恵には預かれなかったけど。 包丁二刀流は洒落にならないほど安心感があった。 人から聞いた話だから真偽は知らんけど投下。 近所に『ハサミ女』と呼ばれる、頭のおかしい女がいた。 30歳前後、髪は長くボサボサで、いつも何かを呟きながら笑ってる... 久しぶりに休みが取れた。 たった2日だけど、携帯で探される事もたぶんないだろう。 ボーナスも出た事だし、母に何か旨いものでも食わせてやろう。 そう思って京都・貴船... これ書くか迷ったんだけど、時効のような気もするんで書くわ。 俺が二十年前位かな、フリーターやってた頃の話なんだけどその当時ヨーロッパのほうへ海外旅行にいったんだ... はじめまして。 自分、金属加工業を営んでいるのですが先日不可解な事がありました。 数ヶ月前より左手薬指の指先を使って何かを掴むとズキン!と痛みが走るようになって... 去年の話。 車を買い換えたんだ、嫁の軽をミニバンにね。 自分はセダンに乗ってたんだけどどうもミニバンと一緒にはスペース的に敷地に停められなくなっちゃって家から徒... それは、私が一人暮らしを始めて3日目のことでした。 その日、私は仕事がうまくいき、お客さんと遅くまで繁華街で呑んでいました。 私の借りたマンションは、駅から徒歩... おおいさんの話 おおいさんってのが何者なのかわからんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。 「おおいさんって名乗った客が来たら目を合わすな」 ってい... カテゴリ• 103• 434• 153• 110• 236• 272• 4 オススメニュース記事.

次の