看護師悩み相談室。 看護師など現場の声 書籍に

「さくらこのお悩み相談室」を開設します

看護師悩み相談室

転職を考えるからには、何らかの理由やきっかけがあるはずです。 看護師の方からお伺いする転職理由は本当に様々ですが、大まかに整理すると下記のように分類することができます。 人間関係にまつわる悩み 看護師の方々の転職理由の代表格として挙げられるのが、人間関係に関する悩みです。 同僚や先輩看護師との人間関係が上手くいっていない。 ドクターとの方針が自分には合わない。 看護師長のやり方についていけない。 患者の方々からのクレームやセクハラに耐えられない。 職場では、看護師の同僚や先輩だけではなく、医師や看護師長、看護部長、患者や患者の家族、場合によっては他の医療専門職スタッフなど、様々な人と関わりながら仕事を進めていく必要がありますが、周りの全ての人との人間関係が上手くいくというのは現実的にはなかなか難しいでしょう。 ただでさえ看護師の職場は多忙で体力的・精神的にもハードなのでストレスも溜めやすい環境にあるわけですから、そうした環境が人間関係の悪化となって表面化してしまうのはある意味避けられないとも言えます。 働き方にまつわる悩み• 残業が多すぎる• 休日も勉強会などで休ませてもらえない。 休みが取りづらい。 夜勤が辛い。 勤務シフトが不平等。 忙しすぎてプライベートが充実できない。 働き方にまつわる悩みもよく聞きます。 残業や夜勤、休日出勤などで疲弊してしまい、急性期から療養型へ、病院からクリニックへ、といったように働き方の改善を求めて転職を考える方も多いです。 お金にまつわる悩み• 給料が安すぎる。 サービス残業が常態化している。 いくら働いても昇給しない。 自分の頑張りが正当に評価してもらえていない。 転職を考える看護師の方々のほとんどが、給与アップを望んでいます。 今より給与が上がるのであればいつでも転職したいと考えている方も少なくありません。 給与体系や手当、評価制度などは病院やクリニックによっても大きく変わってきますので、転職によって環境を改善できるチャンスは十分にあります。 仕事にまつわる悩み• 今の仕事内容は自分の肌に合わない。 職場の医療モラルが低すぎて、ついていけない。 もっと専門性を身につけたい。 仕事内容がハードすぎるので、もっと楽な職場がいい。 今の仕事は楽すぎて、逆に不安になる。 急性期病院、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設など、看護師の職場は様々ですし、病院の中でも外来、病棟、オペ室など配属される部署や診療科目によって仕事内容や働き方は大きく変わってきますので、自分のスタイルやキャリアプランに合った職場を見つけることが重要です。 プライベートにまつわる悩み• 結婚・出産したので、働き方を変えたい。 介護が必要になり、今の職場で続けるのは難しくなった。 夫が転勤するので、仕方なく転職することに。 また、ライフステージの変化や家族の事情により転職を考えたり、余儀なくされるケースももちろんあります。 但し、どんなきっかけであれ、今よりも良い環境を目指して転職をするという意味では同じです。 悩みを解決する手段として本当に転職がベストなのか? 上記のように、看護師の方々の転職理由は十人十色ですし、複数の理由が重なり合って転職を決意された方も多いのではないかと思います。 ただし、転職をする前に1つだけ考えて欲しいのは、「今の悩みを解決して現状を打破するために、転職という手段が本当にベストなのか?」ということです。 現状の問題を解決する手段としては、例えば転職以外にも下記のような色々な手段があります。 診療科目や部署の異動を希望する。 状況の改善に向けて、上司や同僚に働きかける。 教育制度を利用して専門看護師や認定看護師などの勉強にチャレンジする。 自分の考え方を変えてみる。 人間関係の問題に悩んでいるのであれば、部署を異動することで解決することもあるかもしれませんし、給与や待遇面の悩みについても、専門資格を取得して給与をアップさせるなど、色々な方法が考えられます。 当然ながらどの職場にも問題はありますから、新しい職場に行けばまた新しい問題に出くわすことになります。 そのたびに転職を繰り返していてはいつまでも終わりがありませんから、勇気を持って現状を改善するために同僚や上司に相談をしてみる、自分から働きかけてみる、というのも有効ですし、周りに変わってもらうのが難しければ、自分の考え方や見方を変えてみる、というのも良いでしょう。 転職という問題解決方法は、残念ながら誰にとっても万能なわけではありません。 もちろん、転職によって悩みから解放され、新しい職場で楽しく働いている看護師の方々もいっぱいいらっしゃいますが、その逆に、転職によって更に環境が悪化してしまったという事例も多いのです。 転職をする前に、「今自分が転職したいと思っている理由やきっかけは、本当に転職という手段でなければ解決できないものなのか。 」 この点をじっくり考えたうえで、それでもやはり転職したい、ということであれば、思い切って行動に移しましょう。 転職の悩みはプロに聞いてもらう 看護師の転職相談の難しいところは、身の周りに適切な相談相手がいないことが多い、という点です。 看護師の仕事やキャリアは特殊ですから、看護師以外の友人に相談するのもなかなか難しいでしょうし、そもそも生活リズムが合わないので相談する時間もないということも多いです。 家族も同様に、親身になって考えてくれるとしても、看護の専門知識があるわけではありませんから、適切なアドバイスをもらうのが難しいこともあります。 それでは同僚に相談すればよいかというと、当然同じ職場の人に転職の相談をすることなどそう簡単にはできません。 そうして、適切な相談相手を見つけられず、一人で悩み、苦しんでいる看護師の方は大勢いるのです。 そんな方におすすめなのは、看護師専門の転職支援会社です。 看護師専門の転職支援会社には、看護師や医療の業界事情にも精通しており、なおかつ転職支援のプロでもあるキャリアアドバイザーがいますので、どんな悩みもしっかりと受けとめて理解してもらえます。 転職支援会社に相談したからといって必ず転職をしなければいけないわけではありませんので、まずは悩みを聞いて欲しい、という気持ちだけでもよいので相談に乗ってもらうことをおすすめします。 キャリアアドバイザーの質も高く、親身に相談に乗ってくれる方が多い会社は、下記の3社です。 第三者の視点から客観的なアドバイスをもらうことで冷静に考えることもできますし、転職市場の現実や転職するべきタイミングなどを知ることもできますので、ぜひ一度相談してみてください。

次の

なんでも話せる信頼関係を大切に

看護師悩み相談室

責任の重さ 看護師は人の生命を預かって仕事をしているため、その責任の重さ自体がストレスと感じる人も多くいます。 とくに近年は医療ミスで裁判にまで発展するケースもあり、常に緊張感を持って仕事をしてるのではないでしょうか。 対処法としては「友人や同僚に話を聞いてもらう」「マニュアルをきちんと守る」「疲労やストレスをため込まない」といったことで乗り越えているようです。 ライフワークバランスがとれない 仕事が忙しく休みや勤務時間が決まっていないと、家庭や趣味などに使う時間とのバランスがとりにくいと感じることがあるのではないでしょうか。 とくに結婚や出産といった生活の変化があると、今までと同じ働き方ではバランスがとれなくなることも少なくありません。 対処法としては「上司に相談する」「転職する」「業務内容を見直す」といったことで乗り越えているようです。 給料が少ない 仕事の忙しさや残業の多さなどから、今の給料では不釣り合いだと感じることがあるようです。 サービス残業や始業前の準備、勉強会や研修といった拘束時間もあるため、給料が少ないと感じる人が多いのではないでしょうか。 対処法としては「転職をする」「夜勤回数や資格を取得し手当てを増やす」といったことで乗り越えているようです。 やりがいを感じられない 自分の納得のいく職場で働けるとは限りません。 職場によってはやりがいを感じられず、毎日作業をこなすように過ぎていくと感じる人もいるようです。 目標ややりがいを感じられなければ、看護の仕事自体が苦痛に感じてしまうかもしれません。 対処法としては「仕事をポジティブにとらえてみる」「転職する」「やりたいことを考えてみる」といったことで乗り越えているようです。 効果的なストレス発散方法は? 自分の抱えているストレスと向き合う 自分の置かれている状況や抱いている感情を冷静に分析し、自覚をしましょう。 問題を解決するための方法や最善の対策を考えることができます。 「ストレス」というと悪いイメージを抱きがちですが、自分を成長させられるチャンスと捉えてみましょう。 しっかり寝る 夜勤があったり残業が多かったりすると、どうしても寝不足になってしまいます。 そんな状況では、正しく物事を考えることができません。 しっかり休息をとって、身体の疲れをとるようにしましょう。 自分のためだけの時間を作る ストレスの原因となることを忘れるのも、ストレス発散には大切なことです。 身体を動かしたり趣味に没頭するなど、自分だけの時間を作りましょう。 一週間に一時間程度だけでも効果的ですよ。 友人や同僚に愚痴る 一人で抱え込まず、周囲の人に話してみましょう。 話すだけでスッキリすることもありますし、頭の中が整理されて今まで気が付かなかったことに気付けるかもしれません。 周囲の人に話しにくければ、SNSなど無料で相談できるツールを使うのも1つの手段です。 リラクゼーション ストレッチやアロマテラピーなどで、心と身体の緊張を緩和しましょう。 看護師の仕事は責任の重い仕事で、常に緊張感にさらされています。 心身ともに緊張したままでは、ストレスがたまっていくだけです。 力を抜いて楽になる時間も大切です。 おすすめ!お悩み相談室5選 ナースハッピーライフ 今まであった相談内容が、数多くまとめられています。 それだけでは解決できなければ、悩みを投稿すると看護師経験者が回答してくれます。 ただし全てに回答してもらえるわけではないですし、サイトに紹介されるというデメリットもあります。 看護のお仕事 転職サイトが運営している悩み相談室で、キャリアアドバイザーと呼ばれるスタッフが電話で個別に相談にのってくれます。 転職のことだけでなく、どんな内容でもいいそうです。 ただし、この転職サイトに登録してからでないと使うことができないというデメリットがあります。 ナース専科 看護師や看護学生の情報サイトで、多くの人が悩みを投稿しています。 悩みを投稿するだけでなく、他の人の悩みにコメントをすることもできます。 あくまで掲示板なので、悩みが解決しなかったり思っていたのとは違う反応が返ってくる可能性もあります。 ナースカタリーナ 看護roo! 転職サイトが運営する、看護師や看護学生向けのコミュニティサイトです。 フリートークで、不特定多数の人がネットでおしゃべりしたり情報交換をしたりする場所です。 ナース専科同様に、悩みが解決しなかったり思っていたのとは違う反応が返ってくる可能性もあります。 マイナビ看護師 ナースぷらす 様々な専門家が悩みに回答をしてくれます。 今まで投稿された悩みも掲載しているので、同じような悩みを探すことができるかもしれません。 ただし、回答に時間がかかったりサイトに掲載されるというデメリットもあります。 まとめ 看護師という仕事は、とても悩みを抱えやすい仕事です。 仕事のこと、プライベートなこと、人間関係のこと、金銭面など挙げたらきりがありません。 それぞれの悩みに合った対策をとることで、問題を解決することができるかもしれません。 悩みは一人で抱え込まず、周囲に頼ってみることが大切です。 もし話しにくい内容なら、お悩み相談室などを活用するのもおすすめです。 ストレスを上手に発散し、看護師という仕事と真摯に向き合っていきましょう。

次の

27歳現役看護師の悩み体験ブログ【ナースハック】

看護師悩み相談室

ベネッセスタイルケア 看護師 の本当の口コミ評判 同社の介護職員は約7000人で、このうち3割超にあたる約2200人が介護福祉士。 賃上げで資格取得を促す。 有料老人ホーム約280カ所を運営する ベネッセスタイルケアの規模すごすぎ。 うちの会社頑張れよ!! — nakamura barunabasu メモ。 5倍か。 ベネッセスタイルケア(東京・新宿)は4月から介護福祉士の資格を持つ職員への手当を5倍にした。 正社員は月3000円から1万5500円、パートやアルバイトは1時間あたり20円から100円に引き上げた。 chiebukuro. yahoo. ベネッセMCMは時給が安いと知り合いの看護師から聞いたことがあります。 あたしの知り合いが利用しているのは「MCナースネット」。 あたしのおすすめは「看護のお仕事」です。 看護師転職サイトまとめ ベネッセスタイルケアの特徴 老人ホームに強い理由 老人ホームに強い理由は ベネッセ自体が有料老人ホームを運営しているからですね。 介護業界や有料老人ホームで有名なベネッセスタイルケア• 応募条件は、正看護師の実務経験 3年• 応募条件は、準看護師の実務経験 5年• 対応地域は、 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県のみ• ベネッセグループは 研修制度や資格取得支援制度を用意 老人ホームですから、少ない看護師で対応しなければいけません、そこで、それなりの臨床経験が必要みたいですね。 ベネッセ系の有料老人ホームで常勤の看護師として働きたい場合、ベネッセスタイルケアがいいかもしれませんね。 派遣看護師は対応していません。 派遣看護師は関連会社のベネッセMCMがあります。 別会社になっています。 ベネッセスタイルケアの対応地域 現在の募集地域は、東京都内、神奈川県、埼玉県・千葉県・愛知県 名古屋など ・大阪府・兵庫県 神戸など です。 それ以外の地域の方は、全国に対応している「看護のお仕事」や「ナースパワー人材センターまとめ」があります。 ベネッセスタイルケアは単発バイトやアルバイトは!? ベネッセスタイルケアは単発バイトやアルバイトの募集はしていません。 ベネッセ系列であればベネッセMCM、他にはMCナースナットはアルバイトの募集をしています。

次の