シャウエッセン レシピ。 シャウエッセンの“中身”だけ! 夢の塊肉「あらびきミートローフ」がウマすぎる

【ジョブチューン】(5月16日)日本ハム シャウエッセンのアレンジレシピ『シャウエッセン肉じゃが』の作り方

シャウエッセン レシピ

さすがに九月も中旬ともなれば、あれだけ暑かった関東にも秋を感じさせる風が吹いてくる。 なんだか夏が終わるって寂しいね。 先月の終わりに母が逝った。 いつも以上に寂しさを感じるのもそのせいだろう。 バタバタしていたこともあり、あっという間に時が流れた。 ようやくホッとひと息つけるようになったが、なんだろう、上手く表現できないのだがどこか気が抜けたような感じがする。 もう少し時間がかかりそうだ。 さぁ!元気を出そう! 料理は楽しいね。 自分も周りの人にも力を与えてくれるような気がする。 久しぶりにキッチンに立ちホットサンドを作った。 手元に届いたシャウエッセン チェダー&カマンベールを使ったサンドイッチに挑戦するよ。 チェダーとカマンベールをブレンドしたチーズを、あらびきのシャウエッセンの肉に混ぜ、天然の羊腸に詰めました。 シャウエッセンのパリッと感や旨みはそのままに、濃厚なチーズが味わえます。 シャウエッセン チェダー&カマンベールのホットサンドのレシピ 材料(1人分)• 食パン(8枚切り) 1枚• シャウエッセン チェダー&カマンベール 4本• 卵 1個• ミニトマト 2個• クリームチーズ 20g• スライスチーズ 1枚• マヨネーズ 適量 下ごしらえ• アボカドとクリームチーズをよく混ぜ、ペースト状にする。 卵は錦糸卵にする。 作り方• 食パンにマヨネーズを塗り、スライスチーズの半分を乗せる。 アボカドディップ(アボカド+クリームチーズ)を塗り、その上にシャウエッセンを並べる。 さいの目に切ったミニトマトを乗せる。 その上に錦糸卵を順に乗せる。 マヨネーズを塗り、残りのスライスチーズを乗せた食パンで挟む。 ホットサンドメーカーに挟み、グリルで両面がきつね色になるまで焼いて完成。 簡単動画:シャウエッセン チェダー&カマンベールのホットサンド.

次の

レンジ調理が解禁されたシャウエッセンのレンチン時短レシピ3選

シャウエッセン レシピ

コンテンツ• シャウエッセンの美味しい食べ方ベスト5! このランキングは私の独断と偏見により• 皮がパリッと音を立てる• ジューシーさ• 冷めても美味しい この3点を中心に選んでみました。 他のメニューを作りながらトースターで同時進行できて、更に冷めても美味しくパリッとしています。 評価ポイント• バーベキューで食べるような仕上がり• 冷めてもパリッと食べられる• 美味しそうな焼き目• 返す手間もない ここでは、「バーベキューのような味わい」で、なおかつ「簡単、手間いらず」が、高評価になり、No. 1となりました。 【手順】 トースターは上下から加熱するので、返す手間もありません。 トースターにアルミホイルかクッキングシートを敷いてシャウエッセンを間隔をあけて置く• 1200Wで6本を5分程度焼くだけ トースターが1000W以下の場合は、時間を少し長めに様子みてください。 また、自宅のトースターは何分で好みの焼き加減になるのか? 試すのも楽しいです。 【注意点】 焼き過ぎると皮が弾けて焦げます。 もし、弾けてしまった場合は、次から1分ほど少なくしてください。 【応用編】 おまけのストーブ編 ストーブの場合は、時々転がさないと片方だけ焼けてしまい、放ったらかしはできませんが、おやつ代わりに転がして楊枝を差すと、ミニフランクフルト風になります。 このくらいの焦げ目が好きなので、私の中では外せない食べ方です。 皮も弾けず焼けるので、ストーブがある方は試してください。 (肉汁が滲み出る場合があるので、アルミホイルは忘れずに! ) スポンサーリンク 「第2位」ボイル焼き メーカー推奨のボイル焼きはハッキリ言って美味しい! こちらは、とても有名ですね。 「ボイル焼き」とは、文字通り茹でてから焼く方法です。 ただ焼くよりもパリッとジューシーになります。 テレビでも放映されたので、実践している方も多いと思います。 もし、上手く焼けないと思っているなら、もう一度、手順を見ながら作ってみてください。 自分好みがわかると美味しいのですが、フライパンの大きさや水分量で仕上がりが変わるので、私の中では「2位」となりました。 【評価ポイント】• 冷めても美味しい• 1番パリッとしている• 割と目分量でも上手くできる• お好みのボイル加減と焼き加減が調節しやすい 【手順(少しアレンジしています)】• メーカー推奨の水分量がありますが、フライパンの底が隠れる程度の水でできます• 水からシャウエッセンを投入• 火力は中火以下で沸騰しすぎないように加熱(煮だってから3〜4分茹でる)• 時々、転がして全体的に茹で上がったら強火で水分を飛ばす• 少し焼き色がついたら完成 水分が多い時は、手順4で水を捨ててください。 【注意点】 水が少ないとボイルにムラができるので、全体に茹だるように時々転がしてください。 【応用】• シャウエッセンに被るくらいの水を沸騰させてシャウエッセンを投入する(後に紹介するボイルと同じ)• 茹で上がったら、手順4で余分な水分を捨てて焼く(油分が少し抜けてサッパリ仕上がります) 【ポイント】• 茹でる目安は3分• グツグツ沸騰させない火加減(沸騰したら弱火が失敗しない) 旨味がどんどん抜けてくるので、茹で過ぎに注意してください。 「第3位」ボイルでサッパリ! 粗挽きウィンナーと言えば、茹でたてを食べるのが本場風(ドイツ風)な感じがします。 ランキングが低いのは、冷めてしまうと味気なく感じてしまう点でした。 茹で汁に旨味が出てしまうので、サッと茹でてアツアツのうちに食べるなら最高です。 【評価ポイント】• 脂っこい感じがない• アツアツの皮が弾けた食感と肉汁は格別に美味い 【手順】 袋の裏に記載されていますので、そちらでもご確認頂けます。 確実にシャウエッセンが浸る分量より少し多く、鍋に水を入れます(鍋の大きさで水分量は変わります)• 沸騰したら弱火にして、シャウエッセンを入れます• 弱火のままボイルする時間は3分程度(私も納得の時間です)• 茹で上がったら軽く水分を飛ばして完成 【注意点】 シャウエッセンは、沸騰した状態で茹でない事で旨味を残せます。 (一度沸騰させたら、弱火にして、沸騰しない状態にしてから、シャウエッセンを入れます。 ) 茹でる時間が長いほど、脂分を落とせますが旨味も減ってしまうので、お好みで調節してください。 「第4位」電子レンジでボイル 発売当初は、電子レンジ調理を禁じていたシャウエッセンですが、最近はレンジでも簡単にボイルした状態と同じように作れるようになりました。 ただ、パリッとした感じは上位の方法よりも弱い感じです。 「しっかりと裏に作り方があります。 」 急いで食べたい時は重宝します。 お弁当に持っていったら、中が脂っぽく感じたので、アツアツなら良いと思いました。 結果、便利ですが第4位になりました。 【評価ポイント】• ボイルよりは旨味も残り手軽に作れます• メーカーの作り方が記載されているので安心感があります 【手順】(記載通り)• 耐熱皿に3本のせてラップします• 30秒加熱(500W)• あっと言う間に完成 シャウエッセン独特のパリッと音を立てて割れました。 【注意点】 加熱し過ぎると皮が弾けて、肉汁が飛び散るので、加熱時間や作り方を参考に時間調整してください。 スポンサーリンク 「第5位」そのまま食べる 「そのまま食べられます」と、裏の表示にも記載されている場合、加熱しないで食べることができます。 ソーセージやハムと同じで、工程段階でしっかりと加熱されている場合は食べても問題ありません。 初めて挑戦した時は、いつでもトイレに行けるように、病院に行けるように、(信用していない訳ではないのですが)準備しておきました。 結果、何事もありませんでしたが、初めて食べるのは、少し勇気が入りますね。 でも、意外と食べられます。 旨味もしっかりと感じました。 一般的に、加熱しないで食べる習慣がないので第5位になりました。 【評価ポイント】• 加熱しなくても、シャウエッセンの皮はパリッとしていました (さすがシャウエッセン! ) 【手順】• 袋から出します• 少し水分がある場合はキッチンペーパーに並べると良かったです 特に手順と言える事はありませんね。 (ベーコンチップの柔らかバージョンと言えば想像できるかと思います) 【注意点】 日本の工場で製造されていて、 「そのまま食べられます」と記載されている商品に限ります。 海外からの輸入品や「そのまま食べられます」と記載のない商品は、必ずしっかりと加熱してください。 また、お弁当のおかずにする場合や開封済の場合は加熱してください。 (万が一、雑菌が繁殖していたら危険です) 【そのまま食べる時は】• 未開封で賞味期限内• そのまま食べられると記載がある• 日本で製造販売されている この3点は守ってください。 ただし、しっかりと注意点を守れば、旨味の凝縮したバリッした食感が楽しめます。 個人的に脂肪分がラードっぽく感じるので(サラミ風)好みが分かれるところかもしれません。 シャウエッセンのライバルはどれ? 最近は、シャウエッセンの他にも、たくさんの種類が販売されています。 アルトバイエルン• 香薫 など、良く見かけますね。 その中でなぜ、シャウエッセンは人気なのか? 時々、食べ比べしたくなります。 結果的に、どれも美味しいのですが、「一押し! 」シャウエッセンとの違いを食べ比べて、独自に楽しんでいます。 今回は、材料など良く似ているアルトバイエルンと比較してみました。 一番わかりやすい、ボイルで食べ比べます。 皮がパリッとするのは? 両社とも羊の腸を使っているのですが、シャウエッセンの「パリッ」とした食感は、何度食べても不動の1位だと思います。 あなたもシャウエッセンが一番だと思ってくれると嬉しく思います。 こちらは、また新しい商品が発売されたら、随時検証したいと思っています。 中身は? 食感は? 程良く肉々しい感じがシャウエッセンにはあります。 「The 粗挽きウィンナー」としたらシャウエッセンに軍配が上がると思います。 アルトバイエルンは少し荒すぎる感じがしましたが、熟成の効果なのか、食べ進めると気にならなくなりなりました。 最初の一口で決めています。 結局、食べ続けると両方とも美味しいので、最初の口当たりを評価しました。 香りは? シャウエッセンの香りに長年慣れてしまっているのか、私はウィンナーの匂いはシャウエッセンが1番好きです。 アルトバイエルンも燻製の香りがしますが、シャウエッセンよりスモークが弱い気がします。 これは燻製にする時に、どのチップを使うのかで変わります。 なので、好みが分かれるのかと思います。 【比べた結果】 個人的にはやっぱりシャウエッセンが一番でした。 ただ、塩分を強く感じるので、この点は、アルトバイエルンがまろやかに思います。 塩分量を調べると、確かにアルトバイエルンの方が少なめでした。 食塩相当量 ナトリウム シャウエッセン 1. 9g 765mg アルトバイエルン 1. 8g 記載なし (100gあたり)(2020年1月現在) どちらも美味しいのは間違いありません。 でも、皮・食感・香りはシャウエッセンがトータル的に一番です。 (独自の感想です) シャウエッセンのおすすめレシピ これは、忙しい朝にもピッタリなスープになります。 野菜を茹でた後にシャウエッセンをボイルして野菜スープに変身します。 シャウエッセンスープ 【手順】(約4人前)• 人参など、お好みの野菜を細かく刻む(時短の為)• 水加減は1人前150ccくらい• 刻んだ野菜を最初に茹でる• コンソメスープを2人前につき1個入れる(塩分が気になる場合は4人前1個で調節すると良いです)• 野菜が茹で上がったらシャウエッセンを投入• 3分煮込んだら完成 お好みで塩コショウを入れて味を整えてください。 入れる野菜によって旨味が変わるので、オリジナルのスープが楽しめます。 また、シャウエッセンはボイルして取り出してもOKです。 我が家は、忙しい時にそのままウィンナースープとして朝食に食べています。 (作業時間は10分程度) 朝が忙しい時は、前日に野菜を刻んでおけば、さらに簡単!! 鍋1つで栄養満点の野菜スープに変身です。 シャウエッセンのダシが旨味になり、ウィンナーを一緒に食べることで腹持ちも違いますよ。 試してください! 安いウィンナーを美味しく食べる方法 シャウエッセンばかりを購入できない我が家は、お手頃なウィンナーを買うことがあります。 そんな主婦の味方「リーズナブルなウィンナー」をシャウエッセンのように食べる事ができるのか? 試してみました。 【迷った時はボイル焼き!】 圧倒的なジューシーさや旨味は違いますが、それなりにワンランク美味しくなります。 皮もシャウエッセンほどではありませんがパリッと出来上がります。 主人は、シャウエッセンより好きだと言っています。 (汗) 皮なしウィンナーは? 皮がないのでボイルには向いていません。 しかし、皮なしウィンナーも多めの油で揚げるように焼くと、香ばしい焼き色がついたウィンナーになります。 子どもには、こちらの方が人気です。 このように「ウィンナーの好みは、家族でもバラバラです。 」 色々と試して自分好みを見つけて下さいね。 まとめ たくさんの調理方法がありますが、気になった食べ方はありましたか? シャウエッセンをパリッとジューシーに食べる方法が見つかると嬉しく思います。 今回は、• トースターで焼く• ボイル焼き• ボイルのみ• 電子レンジ• そのまま食べる 以上の方法を、簡単に作れて美味しいと思った順に紹介しました。 主婦目線(時短・簡単)ですが、今後の参考になれば幸いです。 美味しいシャウエッセンが、更に美味しく食べられますように、これからも探求してみたいと思います。 【管理人 ノリ】 福岡県在住のスポーツ好き理系おじさんです。 身体を動かすことが好きで、時々こんな事をして楽しんでいます。 このブログは、私の好みや興味のあるものについて綴っています。 例えば、私が大好きな「おみくじに関すること」「食べること、食べ方」などをメインに掘り下げた情報を発信しています。 また、記事作成には数人のライターさんにご協力頂いて、ライターさんからの情報も積極的に取り入れています。 【ヨウコ さん】 ご主人とお子さんが二人いらっしゃる主婦ライターさんです。 【みゃあちょこ さん】 ご主人とお子さんがいらっしゃる主婦ライターさんです。 【ラン さん】 主婦のライターさんです。 【ローラ さん】 女子学生のライターさんです。 【はるかさん】 中学生と、小学生のお子さん(ご主人も)が、いらっしゃるお母さんライターです。 【アンさん】 独身OLのライターさんです。 最近の投稿• カテゴリー• 人気記事•

次の

【ジョブチューン】(5月16日)日本ハム シャウエッセンのアレンジレシピ『シャウエッセン肉じゃが』の作り方

シャウエッセン レシピ

手抜き感ゼロ!電子レンジでラクラク時短調理 スイッチオン!で調理可能な電子レンジは、忙しい日や夕飯を作る元気がない日の救世主。 レンチンで時短にもなり、調理中にはほかのことに時間が使えるのでとっても便利。 温めだけに使っているのはもったいない! 電子レンジでの調理が可能になったシャウエッセンが主役のおいしいレシピをご紹介します。 休日の朝ごはんやお弁当の副菜など、手軽だけど手抜き感ゼロがうれしいですね。 トマトジュースとケチャップを合わせておく。 ピーマンは種を取り除きせん切り、玉ねぎは薄切り、シャウエッセンは斜め切りにする。 耐熱ボウルに(2)を入れ、ラップをかけて600Wで3分加熱したら軽く混ぜ合わせる。 焼きそば麺と(1)、塩、コショウを加え軽く混ぜ合わせたら、さらに1分30秒加熱する。 バターを加え全体を混ぜ合わせ、さらに2分加熱したら完成。 お好みでパルメザンチーズやタバスコをかけてもおいしくいただけます。 シャウエッセンを1cm幅の輪切りにする。 耐熱容器に冷凍かぼちゃと(1)を入れ、ラップをふんわりとかけて600Wで3分加熱したらマッシャーでかぼちゃを粗くつぶす。 スライスチーズと合わせてサンドウィッチの具材にしてもおいしくいただけます。 時間に余裕のある時は、薄くスライスした玉ねぎやゆで卵を加えるとボリュームのある一品になります。 キャベツはざく切りにする。 キャベツでシャウエッセンを覆いかぶせるように入れるのがポイント! レンチン後。 シャウエッセンは破裂することなくプリプリ! 3. バターロールパンに切れ込みを入れる。 (2)を挟んだら完成。 お好みでケチャップやマスタードをかけてもおいしくいただけます。

次の