分かっ た。 「分かる」「解る」「判る」

馳星周さん、直木賞!「少年と犬」で“7度目の正直”「動物を出すのはズルいと分かっていたが…」― スポニチ Sponichi Annex 社会

分かっ た

去年、で初めてを書いた。 そしてで初めてに参加し、初めてをした。 で言うのもなんだけど、そこそこの数を作って、はになった。 贅沢でありがたい話だ。 でも、手にとってくれた人がそのまましてるのが分かる。 同じなら気にしない。 が忙しい人も。 でも読み専・の、Aさん。 が読んでないことだけはめちゃくちゃ気になってう。 、にを乗せるだけで満足して作るつもりなんてなかった私を「ぜひ本にしてほしい」って焚き付けたのはAさんだった。 期「すごく楽しみ」「がんばって」と言い続けてくれたのもAさんだった。 読んでないとは言われてないけど、でも分かるんだよTL見てれば。 他の人のは読むとすぐに書くじゃん。 Aさん、が大好きな神字書きのは何十回も読み返して、そのたびにTLに書いてるじゃん。 で会った時、私の本の話になった途端、黙り込んだのも気付いたよ……。 みたいに「何冊かに残しておくつもり」って言ってたけど、多分私の本は老後には向いてないと思う。 300ページ超えてるし。 も小さいし。 他の人が読んでないことは気にならない。 でもなに私のことしてくれてたAさんが買うだけ買ってするとは思ってなかっら、私は傷ついてる。 なのではトにす。 ごめんね…… 読んだけどつなかっら言ってないっていう性が頭すっぽ抜けてました。 すげーうぬぼれてた。 でもそれならAさんは悪くないし、私がしたうちの一冊がになったような悲しみも感じなくてすむ、む気が楽になった。

次の

実は分かってた、本格的な糖質制限を続けた人たちの寿命は短かった:データイズム:オルタナティブ・ブログ

分かっ た

小米炊飯器を買ってみた それまで使っていたのは、ナショナル(パナソニックじゃないのよ)「SR-IHWB10」という、1996年の製品。 5合炊きのIHではあるが、もう蒸気蓋が外れていたり、炊き上がりの中央に黒い汚れが付いてしまって毎回その部分を取り除いて食べていたりと、もう使ってはいけないレベルになっていた。 なので最近ではご飯を炊くこともせず、もっぱら「レンジでチン」タイプのばかり。 そうすると、流れでおかずもコンビニものばかりになってしまい、ヘルシー生活から程遠くなってしまう。 テレワークで生まれた時間を散歩に使い、近所の農家直販の新鮮野菜を手に入れ、それをホットクックで雑なスープやシチューにしているのに、これではいけない。 それにしてもこの炊飯器は24年も働いてくれていたのか。 わが家の食生活を支えてくれてありがとう。 無事に届いたXiaomi炊飯器、箱を開けて真っ先にやったのは、本体をひっくり返して技適マークを確認すること。 あった。 よかった。 しゃもじは2種類。 テーブルに置いても大丈夫な作りになっていて感心する。 蒸し器も付属。 電源ケーブルがちょっと短いので、延長ケーブルとかあった方がいいかもしれない。

次の

気持ちを分かってほしいだけなのに、なぜ分かってもらえないのか?

分かっ た

13 J1第19節 横浜FM3-1浦和 日産ス] 待望の今季初ゴールに「チームメートのおかげ」と何度も繰り返したFWだったが、とりわけ支えになったのはMFの存在だったという。 「あの人は心の底から自分のことを分かってくれている」 遠藤。 それを本人に伝えると、「特に何かしたわけじゃない」とやや照れ笑いを浮かべながら後輩への思いを語ってくれた。 「渓太ね、渓太……」。 そう感慨深そうに発したキャプテンの喜田だが、続いた言葉は力強かった。 「彼自身も思うところはあっただろうし、苦しい思い、悔しい思いはあったと思う。 前線の選手で一人だけ取っていなかったというのは、彼が一番思っていたと思うので」。 「でも、僕らチームメートは点こそ取っていなくても、渓太の走りで取れた点もあれば、アシストももちろんあったし、そういったところを見逃していない。 点はなくてもチームへの貢献度、ハードワーク、スペースを空ける走りは、見えづらいことかもしれないけど、彼の働きを僕らは分かっていた」。 喜田にとって、同じ横浜FMアカデミーで育った遠藤は3学年下。 自身はプロ入りして3年間、リーグ戦でほとんど出番を得られなかった一方で、1年目から安定した出番を得てきた遠藤に「リスペクトがある」のだという。 「僕なんかより全然すごいと思う。 素直に1年目からこういう舞台で試合に絡むのは僕にはない経験だし、それは彼が掴んだもの。 僕は年下であってもリスペクトするところはあると思っているし、それは他のチームメートも同じ。 尊重してピッチに立っているので、渓太で言えばゴールを取っていないからダメだとか、信頼しないということはしない」。 だからこそ「こうやって結果が出ることで彼の思い切りが増せばいいし、チームに対する忠誠心や貢献が報われて素晴らしいゴールが入ったと思っている。 チームのためにハードワークを続けることはピッチに立つ以上は必要だし、なおかつゴールを求めていくと思う。 それをサポートできれば」と述べ、今後も変わらぬプレーを期待しているようだ。

次の