教授へのメール。 大学教授へのメールの書き方・返信のマナー【例文/テンプレートつき】

大学教授へのメールの書き方は?質問・研究室訪問のアポなど目的別!

教授へのメール

メールでのお礼は、対面よりも難しい ビジネスの現場において、相手に感謝を伝える場面は多くあります。 対面であれば、直接お礼の気持ちを伝えられるので、きちんとした態度で臨めばなんとかなりますが、感謝の気持ちをメールで表現しなければならない場合、どのような文面が理想なのでしょうか。 いざ、お礼メールを書こうとして、急に手が止まってしまう人も決して少なくありません。 今回は、お礼メールを書くときのポイントと、さまざまなシーンで使えるメール文例をご紹介します。 これを参考にしながら、できるビジネスパーソンを目指しましょう。 お礼メールを送る際のポイント 訪問のお礼、会食のお礼、契約のお礼...。 ビジネスではさまざまなお礼のシーンがありますが、基本となる要素は共通です。 まずは、お礼メールを送る際、最低限気を付けておきたいポイントについてご紹介しましょう。 お礼メールを送るタイミング お礼メールはなるべく早く送るようにしましょう。 午前中の出来事に関するものであれば、その日の夕方までに、午後や夜の出来事であれば、翌日の午前中までに送るのがベストです。 表現にこだわり、じっくり時間をかけて、丁寧にメールを作成したい気持ちもわかりますが、お礼メールは鮮度が命です。 相手側にその出来事の余韻が残っているうちに送らなければ、お礼の効果は半減してしまいます。 例えば、訪問に関するお礼を送る際、場合によっては、同じ日に別の会社のAさんという担当も訪問に来ていたかもしれません。 Aさんが自分よりも早くお礼メールを送っていた場合、受け取る側からは「お礼メールがAさんよりも遅かった人」という認識を持たれてしまうかもしれません。 ちょっとしたお礼であればあるほど、なるべく早く送ることが大切です。 件名はわかりやすく簡潔に 件名は、ビジネスメールの中で気を付けなければいけないことのひとつです。 誰からの、何に関するメールなのかが、一目でわかるような件名を心掛けてください。 こうすることで、相手は何の用事か、誰からのメールかといった情報をひと目で判断できるため、メールの見落としなどを防ぐ効果があります。 よく見かける件名に、「先日はありがとうございました」というものがありますが、これはNGな例の最たるものです。 先日ではいつの話か具体的にわかりませんし、何の出来事か、また誰からのメールなのかもわかりません。 あなたがお礼メールを送る人は、ほかの人からもお礼メールをよく送られる人かもしれません。 そのことをしっかりと理解し、わかりやすい件名を心掛けましょう。 定型文にならないように お礼メールを送るスピードは、速ければ速いほどいいということをお伝えしましたが、だからといって、スピードを優先するあまり、どこでも誰にでも使えるような定型文を送るのはできるだけ避けたいところです。 文中には、その日の出来事に関する感想や思い出に残ったエピソードなどを盛り込み、「あなたのために書いたメールである」ということを強調するようにしてください。 そうすることで、相手もあなたとの思い出がよみがえり、いい印象を持ってもらいやすくなるでしょう。 また、ほかの人が定型文で送ってくる中、自分だけが具体的なエピソードの部分にふれていれば、それだけで相手の気持ちの中に差が生まれるはずです。 多少手間に感じることもあるかもしれませんが、書くことによるデメリットはないので、実践してみましょう。 この小さな差が、後々の大きな差へとつながっていくのです。 「取り急ぎ」は使わない 「取り急ぎ、お礼まで」というフレーズは、ビジネスメールでもよく見かけます。 しかし、取り急ぎというのは文字どおり、「とりあえず急いで」という意味ですので、場合によっては失礼だと感じる人もゼロではありません。 みんなが使っているから大丈夫ということではなく、その言葉の意味するところまで丁寧に理解した上で、使う言葉を選択するようにしましょう。 メールでお礼の気持ちを伝える ここからは、実際にお礼メールで使える文例を、シーンごとにご紹介していきます。 文例を自分なりにカスタマイズして、効果的かつスピーディーな文章作成に役立ててください。 昨日はお忙しい中、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 もし、追加のご要望やご質問などがございましたら、 私までご連絡いただけましたらすぐに対応いたしますので、遠慮なくご連絡くださいませ。 それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。 訪問のお礼メールを送る際は、感謝の意を伝えることはもちろんですが、当日出てきた課題や、要望に対する自分の動き方、今後の展開に関して言及し、次の訪問につなげやすい文章を作ることが大切です。 一度のやりとりで終わらせず、次につなげることを見越した文章作成を目指してください。 昨日は、心のこもったおもてなし、誠にありがとうございました。 普段はお伺いできないようなプライベートなお話は特に興味深く、 ご家族想いの姿勢は、私もたくさん学ばせてもらわなければならないと実感いたしました。 仕事の面ではこれからも、 より一層気持ちを新たに貴社のお役に立てるよう努めてまいります。 今後とも、変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。 会食のお礼メールの場合、向こうが選んでくれたお店であれば、その食事や店構えなどに関するコメントを添えると、相手も喜んでくれるはずです。 また、当日何気なく話した内容なども盛り込めれば、ますます相手の気持ちは良くなるでしょう。 人間というのは、自分に興味を持ってくれている人に興味を持つものです。 まずは自分が相手のことを好きになることで、相手からも好かれることを目指しましょう。 この度は弊社の企画にご採用いただき、誠にありがとうございます。 貴社事業に少しでも貢献できるよう、弊社一丸となって取り組ませていただきます。 追って、これからのスケジュールに関してご連絡させていただきますので、 少々お待ちいただけますと幸いです。 至らぬ点もあるかとは存じますが、全力で取り組んでまいりますので、 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 契約してもらった際は、それに対するお礼を言うのはもちろんですが、きちんと結果を出すよう努力することを示し、頼れる人材をアピールすることも大切です。 また、契約をした後の流れなどについて不安を持っている人もいますので、今度のスケジュールに関してもふれておくとより親切です。 先方の質問に対する対応、提案の流れの作り方など、とても勉強になりました。 また、営業後にご指摘いただいた点につきまして、 改めて見直しつつ、今後の商談で活かしてまいります。 これからもまだまだご迷惑をお掛けしてしまうと思いますが、 ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。 上司に対するお礼メールも、お客様宛にメールをする場合と同様に、どういった部分が印象に残っているのか、そしてそれを基に、今後どういった取組みをしていくのかまで記載できれば、上司もあなたのやる気を感じることができ、より信頼を寄せてくれるようになるはずです。 ただし、このメールはあくまでも上司が不在のときや、フロアが違うため、普段会えない上司などに対して使うようにしてください。 同じフロアにいる場合は直接お礼に行ったほうが丁寧ですし、それをせずにメールだけ送るのは、逆に失礼にあたりますので注意しましょう。 お礼メールを活用して、さらなる成果につなげる できるビジネスパーソンほど、メールを上手に活用し、自分の手間を最小限に抑えつつ、大きな成果を上げるものです。 そのひとつの例が、お礼メールといっても過言ではないでしょう。 お礼を言われて迷惑に思う人はいませんから、いかに効果的にお礼を伝えるかで、相手から得られる信頼も大きく変化するはずです。 メールを送る際には、「わかりやすい件名」「定型文ではないオリジナル文章」を心掛け、なるべく早くメールを送るようにしましょう。 明日より今日、午後より午前、そうしたちょっとした時間の差でも、相手の印象は大きく変わります。 今回ご紹介した文例では、比較的丁寧な表現を使っていますが、相手との関係性によっては、もう少しくだけた文体にすることで、気持ちがより伝えられる場合もあるでしょう。 場面や相手に合わせて自由にカスタマイズしていきながら、あなたの感謝の気持ちをきちんと伝えられるように工夫してみてください。

次の

教授へのメールの書き方と文例が丸わかり! 返信時のポイントも解説|#タウンワークマガジン

教授へのメール

返信は翌日までに メールを受け取ったら翌日までには返信しましょう。 もし翌日までに返信できない内容だった場合は返信できないと分かった段階で、すぐには返信できませんということを伝えましょう。 ただし、深夜や休日はメールの返信を控えるようにしましょう。 どうしてもの時は「 夜遅くのメールとなってしまい、申し訳ございません」や「 休日のめるとなってしまい、申し訳ございません」などの一文を文章の先頭に書き加えましょう。 件名は「Re:」はつけたまま 教授のメールに対して返信する場合は、件名はそのままで返信するようにしましょう。 教授は件名に「Re:」がついていることで何に対する返信か一目で判断できます。 もしやり取りが続き「Re:」が多くなって読みにくくなったときは、「Re:」を一つにするようにしましょう。 また、話の内容が変わった場合は話の内容に合った件名に変えましょう。 引用を使う 教授からのメール内容の一部分に対して返事をしたいときありますよね。 そういったときに 引用を使うと、どの文章に返事をしているのかが分かるので便利です。 また、「いつもご指導いただきありがとうございます。 」などの感謝の気持ちを込めた挨拶を送るのも良いでしょう。 挨拶の後には自分が誰なのかを伝えましょう。 件名:研究室訪問のお願い 〇〇学部〇〇学科 山田〇〇 <本文> 〇〇先生 はじめまして。 突然のご連絡失礼いたします。 私は〇〇学部〇〇学科の山田〇〇と申します。 このたびは〇〇先生のゼミの資料を拝見し、ゼミの内容に興味を持ったためぜひ一度、研究室を訪問したいと思いご連絡いたしました。 今週は、 水曜日の17時以降、木曜日の13時以降、金曜日の~15時 が私の可能な時間です。 先生のご都合のいい日時はいつになりますでしょうか。 お忙しい中、お手数おかけしますが、何卒よろしくお願いします。 〇月〇日に私から~~に関するメールを送信し、ご返信をお願いしておりましたが、ご確認いただいておりますでしょうか。 念のため先日送らせていただいたメールをを再送いたしますので、ご確認いただければ幸いです。 お忙しいところ、お手数おかけしますが、何卒よろしくお願いします。 しかし、ここまで紹介してきたことは社会にでても必要なことです。 今回紹介したメールの構成とメールを送る際のマナー、メールの例文を参考にして、大学生のうちからメールの扱いに慣れておきましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました! よろしければTwitterのアカウント の方をフォローしていただき感想をくださるとうれしいです!.

次の

大学教授への宛名書き・敬称|手紙やメールを送るときの注意点

教授へのメール

日本の大学は基本的に学生や教授に学校用のメールアドレスが配布されています。 そのため、教授や先生は基本的に学校のメールアドレスで仕事や学生に対してやりとりしていることが殆どです。 そういった理由から、できるだけ個人で使用しているメールアドレスは使用しないようにしましょう。 無断で連絡してしまうと送り先の教授や先生を不快にさせてしまったり、メールを見落とすことになり返信が届かないといったトラブルを起こしてしまう可能性があります。 大学に属している教授や先生は、色んな人々とメールアドレスなどで連絡を取り合っています。 そのため、分かりやすい内容で伝えることはなるべくはやく返信をもらうため以外にも円滑なコミュニケーションをとるために必要です。 内容をわかりやすくするのはなにも言葉遣いにこだわるだけでなく、適度に改行を入れるなどしても読みやすくすることができます。 送られる相手の立場になって読みやすくわかりやすい文章を送るように心掛けていくことで、社会に出ても円滑なコミュニケーションをとることができるでしょう。 これは大学だけでなく誰かしらにメールを送るうえでの基本的なマナーのひとつと言えます。 特に教授や先生は先にも触れたように多くの人と接しているわけですから、必ず身分を明かすようにしてください。 具体的な内容としては、氏名以外にも学年や学部といった所属を書き記します。 大切なのは一目で相手が誰だかわかるように意識することです。 身分に関してメールに記載するときは、必ず冒頭におくようにして、それから本題に入るようにすると相手にとって見やすい文章となります。 これは先に触れた「内容はわかりやすく」に共通したポイントとなっており、相手に対して物事を伝えるうえでも大切なマナーです。 学生と教授は異なる立場になりますから、できるだけ丁寧な文章を心がけましょう。 失敗例としてフランクな文章にしてしまったり、記号を用いてしまうことがありますが、これはマナー違反です。 目上の人とコミュニケーションをとっていることを意識して、丁寧な言葉遣いにするだけでなく正しい日本語を使うことを意識しましょう。 大学においてゼミは重要な科目のひとつであることから、教授や先生と学生が多く言葉を交わす内容のひとつでもあります。 そういったことから、ゼミに関して了解を得る際はその内容をしっかり明記しておきましょう。 教授や先生は多くの学生と交流しているわけですから、その内容を覚えていないことも多くありますので、了解を得る場合は詳しく内容を書くようにして了解を得えるようにしましょう。 先に紹介したゼミと同じように学生は課題に関して教授や先生と多くやりとりすることの多い内容です。 場合によっては自身の成績に大きく関わる内容になりますから、しっかりマナーを守るようにしましょう。 教授や先生によっては多くの講義を行っていることもありますので、より詳しい日時を書いておくとスムーズに質問の答えを得ることができるでしょう。 大学において教授や先生は忙しい身でありますから、突然の訪問は不躾になります。 そのため、あらかじめメールでアポイントメントをとるようにするのがマナーとなっています。 例文としては、「〇〇の件について研究室に訪問したいと考えております。 あくまでこちらの都合に合わせていただくわけなので、相手の都合が合うかどうか確認する意味合いを含んだ内容を送るようにしてください。 大学生活にとって課題の締め切りをまもれなかったり、単位を落としてしまったときなどの失敗をしてしまったときは教授や先生に対して謝罪しなければならない場面も出てきます。 そういったときの例文としては「〇〇といった理由で、締め切りが守れませんでした。 申し訳ございません」といった内容にすると良いでしょう。 どうして謝罪するのかについて自分の非を明確かつわかりやすく書き記すだけでなく、心を込めて誠意を持った謝罪の言葉を記すことが大切です。 こういった内容において返信を催促する場合に大切なのは、「どういった内容のものか」すぐにわかるようにしておくことです。 関連記事においては返信する際のビジネスマナーについて詳しく解説されています。 今後のやりとりしておいくうえでしっかりマナーを守れるように読んでおくと良いでしょう。 このケースの場合は、再度確認の旨を伝えるだけでなく、期限が迫っているなどの場合はそういった内容も丁寧に伝えておくことで相手に対して返信が欲しいことを伝えることができるでしょう。 内容としては、「先日にアポイントメントに関しての相談はご確認できましたか」といった確認から始まり、期限を伝えます。 それから伺うことが可能な日程を書き記しておきましょう。 このとき、一日だけでは相手の都合がつかないこともあるので、複数の日時を伝えるようにすることで、相手に猶予を与えてあげてください。 正しいマナーを理解して大学教授とのメールのやりとりをスムーズに行おう! 今回は、大学において教授や先生とのメールをやり取りする際のマナーについて詳しく解説しました。 内容はケースバイケースではありますが、基本的なマナーを守ることでスムーズな返信を行えるようにしましょう。 まずはしっかりマナーを理解して、円滑なコミュニケーションとしてメールを活用してください。

次の