そら豆 下 処理。 そら豆をおいしく食べる方法まとめ!焼き方や茹で方まで!保存方法も紹介

そら豆のゆで方やゆで時間は?さやごと茹でる?しわを防ぐ茹で方は?

そら豆 下 処理

春に出回る代表的な山菜の一つである 「ぜんまい」 春になると田舎から山で採れたものがよく送られてきます。 正直、私は ぜんまいをスーパーで買う、という習慣がないんです。 なぜなら、 山菜はこうして山で摘んだものを送ってもらえるんで。 でも、そもそもぜんまいって私みたいな田舎育ちの人にはなじみがあるけど、都会っ子からするとどうやって食べたらいいのか分かんないですよね。 ぜんまいは料理する前にひと手間が必要なんです。 と言っても簡単なんですけれどもね。 そこで今回は、 ・ぜんまいの下処理・下ごしらえ ・重曹や小麦粉を使ったあく抜きの方法 ・失敗したときに私がよくする対処の方法 をご紹介します! 記事作成:管理栄養士 Nonko 目次• ぜんまいの下処理・下ごしらえの方法は? ぜんまいはあく抜きも大事ですが、その前の洗う工程にもちょっとしたコツがあります。 このひと手間がとても大事なのでご紹介しますね。 生のぜんまいを手に入れたら、まず先っぽの茶色い綿毛を取ります。 綿毛の端をつまんで引っ張ると、だいたい取れますが、細かい毛までは完全に取り除けていないので気になる方は 穂先まで伸ばして丁寧に取り除いてください。 【ポイント!】 この時にできれば軍手や手袋を使ってくださいね。 指先、(特に爪の間)が真っ黒になって悲しくなりますので(笑) そして、たっぷり水を張ったボウルに入れて、ゆすりながらよく洗いましょう。 わたしはズボラ主婦なのであく抜きするときに使う鍋でそのまま洗っちゃいます。 これでぜんまいがきれいになりました。 これであく抜きの準備が整いました! ぜんまいのあく抜き!重曹を使った方法は? あく抜きの方法には 重曹を使ってあく抜きする方法と 重曹を使わない方法があります。 まずは 重曹を使ったあく抜きの方法からご紹介しますね。 沸騰直前に火を止め、そのまま自然に冷めるまで落し蓋をして冷まします。 重曹の量は水1Lに対して大さじ1の割合です。 (あまり多すぎると、へなへなになってしまいますので、分量は正確に!) 下処理するぜんまいの量に合わせて調節して下さいね。 スポンサーリンク ぜんまいのあく抜き!重曹を使わない方法は? 「重曹が家にないよー」という方に、 重曹を使わないあく抜きの方法をご紹介します。 こうすることで冷める過程で自然とあくが抜けていきます。 ぜんまいの小麦粉を使ったあく抜き方法は? 他にも 小麦粉と塩を使ったあく抜きの方法もあります。 10分ほどさらしたあとにあくが残っていたら、水にさらす時間を伸ばしてみてください。 ちなみにこの方法は小麦粉と水道代がもったいないので、ドケチ主婦のわたしはあまりおすすめしませんが、興味があったらやってみてください。 また、ぜんまいは茹ですぎるとせっかくの歯ごたえがなくなって触感が悪くなり風味も落ちてしまいます。 もうちょっと茹でようかな・・・くらいでやめておいてくださいね。 スポンサーリンク ぜんまいのあく抜きを失敗したときの対処法は? さあ、下処理もあく抜きも完璧にできました!あれ?でもあくが抜けてないかも・・・ はじめてだと重曹の量や茹で加減が分からずにあく抜きに失敗してしまうことがあります。 しかもぜんまいなどのあくが強い野菜は取ってすぐにあく抜きしないと1日たつごとにあくが強くなるんです。 なので、きちんと処理しても苦いなんてことも。 ここではあく抜きを失敗したときの対処法をご紹介しますのであきらめる前にやってみてくださいね! 〇調理前(あく抜き後、すぐ) ・水にさらす時間を延長する 一晩さらして、まだ苦みが強い場合は水を変えて、あと半日くらい水にさらしておいてください。 ・あく抜きの工程をもう一度する ぜんまいがまだシャキッとしているなら、もう一度重曹や茹でこぼしの方法であく抜きしてみましょう。 ただ2度目はぜんまい特有の歯ごたえがなくなってしまうことがあります。 ・油を多めに使って調理する それでもまだ苦いって場合は油を多めに使って調理しましょう。 天ぷらがおすすめです。 また、かき揚げも他の具と組み合わせることで 苦みがアクセントになりますよ。 ・味付けを濃くする 刻んでごま油で炒め、しょうゆ・酒・みりんで佃煮にしたり、肉みその具にしたりするのが好きです。 これとごはんとみそ汁があればとっても幸せです。 あとは卵とじもおすすめです。 卵が苦みを和らげてくれます。 春が旬のぜんまいを季節を感じながら美味しくいただきたいですね。 記事作成:管理栄養士 Nonko.

次の

そら豆の下ごしらえ・下処理方法!臭いの対策は?|健康♡料理♡美容♡恋愛

そら豆 下 処理

傷みやすい【そら豆】冷凍保存は可能?正しい保存のコツを伝授。 枝豆より一足早く、5月くらいから八百屋やスーパーの店頭に並び始める、そら豆。 塩茹でにしたホクホクの豆を食べながら、飲むビールは最高だろう。 初夏といわず、一年中食べたいものだが、店頭に並ぶ時期はかなり限られている。 手に入る時に買い求め、上手に保存する方法を伝授しよう。 保存方法と下処理 そら豆は、細長い鞘に入ったまま売られていることが多い。 その理由は、鮮度が落ちやすいから。 さやから実を取り出すと、すぐに水分が抜けてしまい、甘味や旨味が減ってしまうからだ。 最近はスーパーで鞘を剥いた豆だけの状態で売られているものもあるが、鮮度と味にこだわるなら、やっぱり鞘付きのものを購入したい。 買ってきたら、鞘付きのまま冷蔵庫の野菜室へ入れて保存しよう。 買ってきて数時間以内に食べるなら、販売されている時の袋のままでいいが、2日〜3日くらい保存するなら、冷蔵用の保存袋に移し替え、ぴっちり封をして野菜室に入れるのがベター。 水分が抜けないようにすることが、鮮度と美味しさを保つコツなのだ。 保存期間 収穫してからすぐのそら豆は、鞘の色が濃い緑色で表面がつやつやしている。 時間が経つほどに、緑色の鮮やかさが減り、古くなると鞘が黒ずんでくる。 スーパーの見切り品コーナーに、少し鞘が黒っぽくなったそら豆を見ることもあるだろう。 家庭では、そうならないうちに食べ切りたいもの。 その目安は、冷蔵で1日〜3日程度と考えておこう。 また、鞘から実を取り出し、塩茹でした豆が残った時は、口が閉まるジップ付きの保存袋か保存容器に入れて冷蔵庫で保存する。 水分を含んでいるものは腐りやすいので、2日以内に食べきるのがベターだ。 冷凍のコツ スーパーで冷凍のそら豆が販売されているように、そら豆は冷凍保存が可能だ。 美味しさを損なわない冷凍の仕方は以下の通りだ。 鞘から豆を取り出す。 爪の部分を取って、へこんでいるラインに包丁で軽く切れ目を入れる。 沸騰した湯に塩をひとつまみ入れ、その中に豆を入れて茹でる。 この時、すぐに食べる時より固めに茹であげることがポイント。 冷水にとってから金属バットに広げて冷まし、冷めたらペーパータオルか布巾で水分をふき取る。 面倒でも、1粒ずつきちんとふき取ること。 再び金属バットの上に広げ、ラップをかけて冷凍庫へ。 こうすることで旨味を損なわずに急須よく冷凍できる。 完全に凍ったら、冷凍保温用袋に入れ、空気を抜いて口を閉じ、冷凍庫に入れる。 上記の方法で冷凍すれば、1ヶ月〜2ヶ月は保存が可能だ。 解凍方法と調理方法 冷凍したそら豆を解凍する時は、自然解凍がオススメ。 常温の室内に置いて解凍すればOK。 または、熱湯に入れて約2分間茹でて解凍することもできる。 冷凍する前に固めに茹でてあるのでさっと熱を通しても大丈夫だ。 急いでいる時は、電子レンジの解凍機能を使ってもOK。 冷凍する前に、爪の部分に切り込みを入れてあるので、レンジにかけても豆が爆発する心配はない。 (もし、爪に切り込みを入れるのを忘れて冷凍した場合は、電子レンジにかけて解凍するのは避けよう。 豆がレンジの中で破裂してしまうので) 解凍したそら豆は、そのままビールのつまみとして食べてもいいし、炒め物やスープの具にしたり、パスタにしたりと幅広く利用できる。 結論 鞘が空に向かってまっすぐ伸びることから、そら豆という名前がついたとも。 その勢いそのままに新鮮さと旨味を損なわず食べたいものだ。 たくさん出回る時期に正しく保存して、旬の美味しさそのままに長く味わおう。 【関連記事】•

次の

絹さやの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間など):白ごはん.com

そら豆 下 処理

2018-03-07 23:24 板前の僕から言わせてもらえば、下処理が不完全な料理は絶対不味くなる。 例えば煮魚。 魚のカマや頭などを、醤油や砂糖で炊いた煮魚は美味しいですよね。 しかし、一歩下処理を誤ると生臭くて食べられません。 煮魚で重要なのは、「霜降り」という下処理。 血や鱗をしっかりと除いた後、熱湯をかけて臭みを取ります。 その時に、しっかりと残った血や鱗を取る。 上記の工程が、煮魚では一番重要だと僕は考えています。 絶対に。 それは、他のどの料理でも同様。 今回は、今が旬「ホタルイカ」の下処理をご紹介。 ホタルイカも下処理が顕著に出る食材です。 ご参考になればと。 口に残る蛍烏賊を僕はもう食べたくない たまに居酒屋で、「蛍烏賊の酢味噌掛け」を注文してガッカリした経験はないだろうか。 食べてみると、口に何か残るホタルイカ。 残った口の中のホタルイカの異物を、ビールで流す後味の悪さ。 これは、下処理がしっかりとなされていないから起こります。 ホタルイカは、目とお尻と背骨に硬い部分があります。 お店によっては、• 目は取り除くけど他は・・• 目と口は取るけど・・• 納品されたまま提供しますけど・・ など様々。 雑に下処理されたものが、口の中に残るのです。 さすがです。 ホタルイカの下処理 ホタルイカの硬い部分は、骨抜きによって取っていきます。 【目の処理】 目は潰してしまうと弾けてしまい、洋服などが汚れる恐れがあるので、目の根元から取ります。 【口の処理】 裏返して口をつまみ、引っ張ります。 足を一緒に撮ってしまわないように注意。 【背骨の処理】 背骨は、ホタルイカを裏返すとエンペラ(イカの頭)に筋があるので、筋の下の部分から引っ張り出す。 すると、背骨が写真のようにスルスルっと出てきます。 上記の下処理を施して、ようやく「美味しい蛍烏賊」となるのです。 下処理をしっかりやれば、全く口に残らず、違和感も無くなります。 ちなみにホタルイカの一番美味しい産地は、ぶっちぎりで「富山湾内産」です。 味の濃さ・大きさ・味噌の多さ が全然違います。 「今までの蛍烏賊は何だったのか・・」と思う事間違いありません。 まぁ、値段も全然違いますが。 笑 のホタルイカは、「富山湾内産」にこだわっています。 ようやく富山湾内産の が入りました。 というか、ようやく仕入れられる値段に落ち着きました。 は湾内産にこだわっています。 マジで全然モノが違いますので。 頭はパンパンに張り 味噌が溢れんばかり。 そして味が濃厚。 これから丁寧に下処理を。 背骨まで綺麗に除きます! — 「はな」陶芸の宿はなぶさ三代目 花房光宏 hanabusamitsu ようやく値段が落ち着いてきたので、仕入れが安定してきました。 では、 今月いっぱいまでホタルイカを献立に入れる予定です! 是非、口に全く残らない、違和感のないホタルイカをご賞味ください。

次の