ダイソー オーニング。 ダイソー商品一覧 2020年版

100均で自宅の日よけを簡単設置!ダイソー・セリアでたくさんのオーニングが販売されていました!

ダイソー オーニング

遮断率は80%です。 同じ遮光スクリーンで、グリーンもあります。 遮光率は65%です。 ブラックとグリーンでは、大きさも違いますが、遮光率も違いますね。 遮光スクリーンはかなり薄いです。 これは、100均の商品に限らず、ホームセンターで購入した物も薄かったです。 ですが、しっかり日光を遮断してくれます。 ウインドオーニングという商品もありますよ。 UVカット率は75%、遮断率は79%です。 UVカット率は75%、遮断率は79%です。 こちらもUVカット率は75%、遮断率は79%です。 ネイビーとグレーのストライプです。 UVカット率は75%、遮断率は79%です。 UVカット率は75%、遮断率は79%です。 錆びにくいステンレス製の取り付け部材もありますよ。 取り付けのヒモもあります。 簡単な取り付けフックもありますよ。 これなら、簡単にオーニングを使用できますね。 100均で自宅の日よけ対策を簡単に!ダイソーのウインドオーニングを購入! ダイソーにもウインドオーニングがありましたよ。 UVカット率は80%、遮断率は85%です。 ダイソー商品の方が遮断率が高いですね! 高い位置に設置する際は2人以上で行った方がいいですね。 また、台風時は取り外した方がいいですね。 透ける事もないです。 ハトメもしっかりしています。 結構しっかりしています。 ベランダに張ってみましたが、強度も問題ありません。 ピン!と張ると風をかなり受けてしまうので、少したるみを持たせた方が良いかもしれません。 まとめ 今回は100均のダイソー、セリアの日よけグッズをご紹介しました。

次の

ダイソー商品一覧 2020年版

ダイソー オーニング

日差しが強くなる夏! 直射日光が窓に当たっている日は あまりの暑さで エアコンをつけているのに、 効きが弱く感じる時ありませんか? 室内のカーテンを閉じていても、 窓枠や窓ガラスが温められることで 室内に熱が放射されて 気温が上がります。 こうした現象も窓の外に、 すだれや日よけシェードを設置すると、 窓に直接日光が当たらないため 日射熱が入ってくるのを抑えられます。 そこで今回は、 100均のセリア、ダイソー、キャンドゥで手に入れる すだれやオーニングの取り付け金具を使った 効果的な付け方や、 窓への取り付け方についてまとめてみましたので ご紹介いたします。 セリアのすだれ・オーニング用取り付けフック セリアのすだれ・オーニング用取り付けフック をご紹介いたします。 すだれ・オーニング用取り付けフック セリアのコチラの すだれオーニング用取り付けフックは、 フックの裏に粘着素材がついています。 火で溶かし 壁やサッシにくっ付けることができます。 冷やし固めることができ、 粘着シールや吸盤よりも 取れにくく頑丈です。 オーニングにも使えます。 奥行きが1㎝以下で 厚みが4. 2㎝以上の場所には 取り付けができませんのでご注意くださいね! 取付けたイメージは こんな感じです。 サッシ窓専用で サッシの枠にはめ込み ネジで固定。 取り付けが簡単で便利です! ミニタイプもあります。 すだれを巻き上げたときに 固定するためのヒモも付いています。 すだれハンガーは、 取り付け金具定番で、 サッシのに取り付けて使います。 窓とすだれの間を程よい距離で かけることができます。 すだれ巻上器 長さ180㎝までのすだれに対応した すだれ巻上器。 ロールスクリーンみたいに すだれの上げ下ろしがスムーズにできますよ! オーニングフック ネジタイプ 他のタイプの オーニング用のフックネジタイプや 取付フックもあります。 右端のオーニング用取り付けフックの 使用例です。 磁石もつかず、 すだれハンガーを取り付ける箇所もない場合は、 粘着式のすだれフックを壁などにつけて すだれを取り付けます。 オーニング用振れ止めフック すだれを掛けただけだと、 風などでバタバタとゆれますよね。 風で動くと、 すだれハンガーなどから外れやすくなります。 オーニング用振れ止めフックは オーニングの風によるバタつき を、防ぐ触れ止めフックです。 カラーはブラックとブラウンがありました! 穴明け不要で ネジ式で簡単に取付けができます! コチラは100均商品ではありませんが こんな感じで 下部の金具に取り付けることができます。 木片はコンクリート用の接着剤で つけることができます。 簡単ワイドフック キャンドゥにも 簡単ワイドフックがあります。 このタイプはネジ式で傷つけることなく 設置できます。 ロングタイプもあります。 どちらも耐荷重2kg。 すだれ・オーニング用ハンガー すだれやオーニング用の 取り付け簡単なネジ式ハンガーもあります。 こちらもすだれの巻き上げができる ヒモ付きです。 キャンドゥのすだれ巻上器 キャンドゥのすだれ巻上器は ヒモの色が2種類ありましたよ! キャンドゥのすだれ吊掛具 すだれ吊掛具もあります! 耐荷重2kgで2個入りです。 ウィンドオーニング専用 取り付け紐 オーニングを取り付けるヒモは、 1mと1. 5m用があり、 それぞれ4本 入りです。 100均で販売されている 「取り付け金具」は、 すだれ、オーニング用があります。 窓枠にフック付きの金具を サッシ上部にはめ込んで使用する ネジタイプは、 ネジを締めて簡単に設置できます。 もし傷が気になる方は 傷防止テープや薄い板を挟んで ネジを締めるのをオススメします! 粘着タイプは 裏側に接着剤がついています。 それをライターなどの火であぶり、 接着剤を溶かしてから貼りつけます。 コンクリートやブロック面などに使えます。 はじめの動画であったように 結束バンドを活用するのもいいですよね。 取り付けは思ったよりも簡単。 取り付け箇所に応じて、 金具を選んでみてくださいね。 最後までご覧いただきありがとうございます。 お手数おかけしますが 1日1回、下の2つのボタンに応援のクリックをいただけると 励みになります。 よろしければご覧くださいね!.

次の

マンション高層階の日よけ。和室の遮光用カーテンが100均でできた!

ダイソー オーニング

スポンサードリンク マンション高層階の日よけ、ベランダはオーニングNG? わが家の和室の悩み。 それは、夏の強烈な朝日! わが家の和室はマンションによくあるタイプで、リビングとつながっていてふすまで仕切る部屋。 東に面した窓にはカーテンレールがなく、朝日を遮るのは障子のみ。 今は、窓を開けた時の目隠し用に中途半端なシェードを突っ張り棒で吊り下げてるだけの状態です。 夏場はあまり和室を使わないので、リビングとの境のふすまを閉め、熱気がリビング側へ漏れて来ないようにしていました。 といってもふすま1枚なので、暑いんですけどね。 で、ここ数年続く猛暑。 いい加減なんとかしないと、でもメインルームじゃないからできるだけリーズナブルに。 ということで、いろいろ考えてみました。 夏の日よけでまず思い浮かぶのが、よしずやすだれ、オーニング(シェード)などですよね。 部屋の中にカーテンを付けるより遮熱効果が高く、見た目も涼しげでやってみたいんですが・・・。 ベランダの日よけグッズはどれも使用できるのは低層階のみ。 確かに、マンションの高層階は風が強く吹くときもあるし、危険だからしょうがないんですけどね。 となると、部屋の中にカーテンを付けるしかないか。 マンションの和室の遮光、カーテンレールがない! ということで、和室にカーテンをつけることにしたんですが、和室ってカーテンレールないんですよね。 しかも、ウチの和室は障子の木枠の上は梁が出っ張ってて、カーテンレールを付けるならここに下向きに付けるしかないんです。 うーん、できれば梁や壁にネジ穴は開けたくない。 となると、棒に通すタイプのカーテンか・・・。 調べてみると、障子を取っ払って枠に突っ張り棒をして、カーテンを吊るすという方法がありました。 でも、外した障子を置くとこがないんだよな〜。 ってことで、壁にフックを付けてのれん棒のようなものでカーテンを下げることに決定。 ネジ穴は開けたくないので、画びょうくらいの穴で、耐荷重があって棒をかけられるフック。 ダイソーにありました! 次はのれん棒ですが、窓の幅が約175cm。 そんな長い棒は100均にはないよな〜、と諦めかけた時、ダンナが見つけました。 これ、園芸用の支柱です。 なんと、長さは210cm! いかにも園芸用っぽいグリーンと、ちょっと渋めのグリーンがあったので渋めをチョイス。 これもダイソー。 そして、カーテン代わりのオーニング。 これもダイソーで300円のやつにしました。 セリアやキャンドゥにも、100円で遮光スクリーンがあったんですが、生地がイマイチ。 ペロペロのナイロンの畳みたいな生地だったので、室内で使うにはちょっとなあと決めかねてたんですよ。 で、ダイソーでこれを見つけて、ちょっと高いですが生地もしっかりしてるし、室内使用ならかなり持ちそう、と決定。 最後にカーテンを吊るすクリップ。 これは以前セリアで買った、プラ製で10個入りのを使うことにしました。 ただちょっとクリップ力が弱いんだけど、大丈夫かな・・・。 スポンサードリンク 和室のカーテンが100均グッズでできた! まずは、壁にフックを取り付け。 の前に、フックに棒がかかるか確認。 買う前はパッケージがあるから見た目でしか確認できないんですよね。 よし、大丈夫。 壁にフックを打ち付け。 画びょうが刺さるような壁なら軽く叩くだけでOK。 とここで、いきなり問題発生〜! 障子の木枠の出っ張りを考えてなかったので、壁にフックを付けると、フックが木枠より奥に入ってしまって園芸棒がしっかりかからないじゃないか〜。 うーん、どうしよう。 薄い木の板やプラ板を挟めば多少は段差が解消されるか・・・(写真は取り合えず折りたたんだ紙でシミュレート中)。 でも、適当な材料がなかったので、木枠につけちゃうことにしました。 プッシュピン跡くらいしか残らないし、いいや〜。 カーテン代わりのオーニングは、長さを調節するため端を折り返してクリップで挟んでと。 園芸用支柱にカーテンクリップを通して完成! カーテンの下に漏れた光を見ると、どれくらい日光を遮っているのかがわかります? 窓枠より外側までカーテンを伸ばしたかったので、カーテンクリップの一番端はフックより外にかけました。 それと、この園芸用支柱ですが、植物が絡みやすいようでこぼこになってます。 カーテンクリップがやや滑りにくくなるのでご注意くださいませ! 途中で気がついたんですが、カーテンとして開く必要がないなら、フックに直接かけても使えますね。 でもまあ、ソコソコといった数字でしょうかね。 ちょっと開けてみるとこれくらいの差。 部屋が真っ暗になるわけじゃないんですが、和室を寝室として使ってる場合は、朝の眩しさは軽減されると思います。 あと、朝っぱらからモワッとこもっていた熱気が和らぎました。 不満点は、カーテンクリップがプラ製のためか、クリップ力が弱め。 強い風でカーテンが煽られると外れることもあります。 金属製のヤツに変えようかな・・・。 でもとりあえず、合計900円(税込972円)で出来たので満足です! まとめ 使ったものは、ダイソーのオーニング2個、園芸用支柱1本、壁用フック1セット、セリアのカーテンクリップ1セット。 すべて100均商品ですが、なかなかいいものができました。 (オーニングは300円商品ですけどね) 見栄えはいまいちなので、お客様が来る部屋とか、メインルームとして使っている場合には向かないかもしれませんが^^; 朝っぱらから襲ってくる眩しさと熱気が緩和されたので、満足満足。 今回のヒットは園芸用支柱ですね! この長さは盲点でした。 ダンナよくやった! 本来の使い方ではないので保証はできませんが、そこそこの強度もあるので、軽いカーテンくらいなら大丈夫そう。 強度が不安な場合は真ん中もフックで支えるとさらに安心! いろいろ工夫して考えるのって楽しいですね。

次の