卵巣 の う 腫 症状 チェック。 卵巣の病気セルフチェック!女性ホルモンと卵巣の深い関係

卵巣嚢腫はどんな痛み?症状や痛みの場所をココでチェック!

卵巣 の う 腫 症状 チェック

A.卵巣の病気は急性の卵巣炎などでないかぎり、ほとんど自覚症状がありません。 病気が進行して、腫瘍がかなり大きくなって、はじめて異変を感じるというのがほとんどです。 卵巣はもともとウズラの卵ほどの大きさ。 腫瘍がこぶしほどの大きさになると、周囲の臓器や血管を圧迫して、便秘や頻尿、下腹部痛などが起こります。 また、腫瘍が大きくなると、わき腹などにしこりを見つけることも。 ぽっこりとおなかだけがふくらんでくる、というのも症状のひとつです。 いつもおなかが張っている感じがしたり、腰痛が治らないなどの不快感、違和感がある場合も、卵巣の病気が考えられます。 卵巣の病気で強い症状が出るのは、急性の卵管炎、卵巣炎、あるいは腫瘍がおなかの中で回転してしまって起こる茎捻転(けいねんてん)の場合。 激しい腹痛や嘔吐、40度もの高熱を出すなどの症状が起こります。 とくに茎捻転の場合、ひどいときには意識不明の重体になることも。 盲腸や腹膜炎だと思って病院に運び込まれてから、卵巣の病気が発覚するということも珍しくありません。 また、悪性の腫瘍の場合は、進行すると腹水がたまり、膨満感や不正出血、おりものの量が異常に増えるなどの症状も起こります。 A.卵巣は腎臓と同じように、左右に一つずつあります。 片方の卵巣を摘出しても、もう片方の卵巣が正常に残されていれば妊娠が可能です。 でも、卵巣が一つになったら、「妊娠の可能性が半分になるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。 残ったほうの卵巣がしっかり働いてくれるので、月経や妊娠の可能性は二つあったときと変わらないのです。 また、たとえ残ったほうの卵巣を摘出することになった場合でも、病巣部分だけを取り除き、卵巣の一部を残す手術をすれば、妊娠の可能性があります。 両方の卵巣を全部摘出してしまった場合は、卵子のもととなる原始卵胞がなくなってしまうため、妊娠はできなくなります。 卵巣炎は、それ単体で起こる病気というより、卵巣に続く卵管が炎症を起こしたときに併発する病気です。 女性器官の中でも、もっとも炎症を起こしやすいのが、卵管。 卵管は細菌に対する抵抗力が非常に弱いため、炎症が起こりやすいのです。 卵管に炎症が起こると、つながっている卵巣にまで炎症が拡大してしまうことが少なくありません。 卵管・卵巣がともに炎症を起こした状態を総称して「子宮付属器炎」と呼んでいます。 炎症の原因は、大腸菌や淋菌、クラミジアなどの細菌。 人工妊娠中絶や流産、出産時、避妊器具やタンポンなどの生理用品を長時間放置するなどによって、卵管に細菌が入り込んできます。 慢性化すると、周囲の器官とくっついてしまったり(癒着)、卵管が狭くなる、ふさがるなどして不妊症の原因にもなってしまいます。 卵巣嚢腫、充実性腫瘍ともに腫瘍が小さいうちはまったく自覚症状が出ないのが、特徴です。 自覚症状があらわれるのは、腫瘍の大きさがにぎりこぶし大ほどになったころからです。 腫瘍がほかの臓器を圧迫するので、腹部の膨満感や腰痛などが起こります。 さらに進行していくと、便秘になったり頻尿になったりします。 また、腹部にしこりを感じたり、体重が増えたわけでもないのにおなかだけがぽっこりとふくらむことも。 不正出血や水っぽいおりものの量が増えるなどの症状が出ることもあります。 さらに、嚢腫が大きくなった場合、茎捻転(けいねんてん)といって、腫瘍がおなかの中でぐるりと回転してしまうことがあります。 卵管や靭帯がねじれ、激しい吐き気、嘔吐を伴う腹痛が起こり、時には意識不明に陥ることも。 早急に手術を受ける必要があります。 なお、かたいコブ状の腫瘍が特徴の充実性腫瘍の場合、こぶし大の大きさになると、おなかに触るとしこりを感じることがあります。 月経時以外の不正出血や月経痛のような痛み、腰痛などの自覚症状もあらわれます。 良性腫瘍で、それほど大きくない場合は、定期的に検査をして経過を見ます。 大きくなり茎捻転を起こす恐れがあるなど、重症化した場合は手術をするのが一般的です。 手術は、良性腫瘍では多くの場合、腹腔鏡を使って病巣部分だけを摘出します。 ただし、腫瘍が大きく、また周囲の臓器との癒着が激しいような場合は、卵巣を摘出することが多くなります。 また、境界悪性、悪性の可能性がある場合には、卵巣だけでなく、卵管や子宮を含めて摘出する手術が行われます。 境界悪性の場合は悪性よりも予後はよく、多くの場合、手術のみで完治が可能です。 悪性の場合は手術後に進行期を確認し、抗がん剤を用いた薬物療法を行います。 (次項「卵巣がん」も参照) なお、卵巣は左右一対からなる器官なので、片方だけを摘出しても、もう片方が正常であれば、妊娠することも可能です。 卵巣がんは自覚症状がほとんどないので、発見が遅れてしまいがちです。 そのため、残念ながら死亡率の高いがんのひとつとなっています。 卵巣がんには、大きく原発性と転移性の2つがあります。 原発性とは、卵巣そのものに発症するがんで、卵巣がんの約80%は、この原発性です。 転移性とは、ほかの臓器のがんが転移したもの。 乳がんや胃がんから転移するケースが多く見られます。 卵巣はがんが転移しやすい臓器でもあるのです。 もっとも多く発症するのは40~60代ですが、10代から閉経後の高齢まで幅広い年代に起こります。 卵巣がんの原因ははっきりわかっていませんが、次のようなケースでは発生率が高いといわれています。

次の

卵巣嚢腫の症状

卵巣 の う 腫 症状 チェック

卵巣のう腫の症状 卵巣のう腫の症状は、基本的にありません。 しかし、腫瘍が大きくなってくると、スカートやズボンなどの衣服がきつくなったり、腹部膨満感、左右どちらかの下腹部痛などの自覚症状が起こります。 こぶし大ほどまで大きくならないと 症状が出にくく、定期検診を受けていない場合は発見が遅れやすい傾向にあります。 卵巣のう腫がねじれて、卵巣につながる血管がつぶされて血流が滞ると、急に激しい下腹部痛が現れます。 これを茎捻転(けいねんてん)と呼びます。 多くは、直径5 cm以上の卵巣のう腫で引き起こされます。 卵巣のう腫の原因 卵巣のう腫は、内容物によって4種類に分けられ、その発生原因もさまざまです。 漿液性のう腫 漿液性のう腫は、卵巣から分泌される漿液(透明の液体)が溜まることで発生します。 思春期以降のどの年齢でも見られ、卵巣のう腫で最も多いタイプです。 粘液性のう腫 粘液性のう腫は、ゼリー状の粘液が溜まることで発生します。 大きくなることが特徴で、閉経後の女性に多く見られます。 皮様のう腫 皮様のう腫は、人体の起源となる細胞が腫瘍化することで発生し、どろっとした液体が入っています。 時に、脂肪や歯、毛髪が一緒に入っています。 20〜30代の女性によく見られます。 子宮内膜症性のう胞(チョコレートのう胞) 子宮内膜症性のう胞は、月経周期に合わせて卵巣の中に月経血(子宮内膜)が毎月溜まっていくことで発生します。 チョコレート嚢胞とも言います。 卵巣がんの一部は、子宮内膜症性のう胞を母地に発生する可能性が示されています。 卵巣のう腫の治療 卵巣のう腫が良性と診断され経過観察となった場合は、定期的に検査を受けてのう腫の大きさを確認します。 5 cm以上になると茎捻転などのリスクがあるため、手術を行います。 悪性の場合は、手術の後に化学療法が行われます。 妊娠の希望があるかどうかによっても、治療方法は変わってくるため、事前に医師とよく相談しましょう。 卵巣のう腫の予防 卵巣のう腫は、女性であれば誰でも発症する可能性がある病気です。 しかし、詳しい発症原因はわかっておらず、生活習慣によらないことから、卵巣のう腫を予防することは難しいでしょう。 初期には自覚症状に乏しいことからも、定期的に 子宮がん検診を受けて、卵巣の状態を診てもらうことが症状悪化の予防につながります。 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

子宮筋腫・子宮内膜症 症状チェック

卵巣 の う 腫 症状 チェック

卵巣とはこんな器官です 卵巣は、子宮とともに妊娠・出産に関わる大切な器官。 親指の頭ほどの大きさの楕円形で、子宮の両側に伸びた卵管にぶら下がっている。 灰白色で表面がでこぼこした臓器だ。 卵巣には生まれたときから原始卵胞という卵子のたまごが数百万個もある。 思春期になると原始卵胞が成熟し、約1ヵ月に1個ずつ卵子となって排出され(排卵)、卵管を通って子宮のほうへ運ばれていく。 数百万個の原始卵胞のうち、成熟して排卵するのは一生のうちおよそ400~500個ほどと言われ、それ以外は退化消失する。 また、卵巣からは エストロゲン(卵胞ホルモン)と プロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンが分泌され、女性らしい体を作ったり、健康や精神状態の安定のためにはたらいている。 卵巣の病気セルフチェック!こんな症状に要注意 卵巣は、片方の卵巣に腫ようなどのトラブルがあって機能しなくても、 もう片方が正常にはたらいていれば生理も変わらずにあるし、妊娠もできる。 このため、卵巣の病気は、ある程度進行するまで気づきにくいことも多い。 定期的にチェックを行うことがとても大切だ。 次のチェックで複数気になることがあった場合は一度きちんと診察を受けることをおすすめしたい。 セルフチェック• もし病気が見つかって手術をする場合、いくつか心配になる点もある。 更年期障害が早まるの? 卵巣をとってしまうと女性ホルモンが分泌されなくなり、のぼせたりイライラしたりといった更年期障害が早まるのではないかという不安もある。 しかし、 卵巣は片方をとってももう片方が残っていれば女性ホルモンは分泌されるし、万一両方を摘出したとしてもホルモン療法によって症状を軽減させる方法もある。 ホルモン療法って大丈夫? 現在のホルモン療法は必要なホルモンを必要なだけ使うという治療が主流。 エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンを、血液検査などから その人の状態に合わせて使うことができるので、自分に合うように薬を調整してもらえるのだ。 もしトラブルや副作用が続くようならすぐに医師に相談しよう! Q. 本当に手術しなくちゃいけないの? 卵巣の病気にかかわらず何か手術を受ける際に、少しでも不安があれば医師に徹底的に相談してみて欲しい。 もし医師の説明で納得ができない場合は、セカンドオピニオンを求めて別の病院で診察を受ける手もある。 セカンドオピニオンとは、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見を聞くこと。 手術を受けるなどの重大な決断をしなければならないとき、他の専門医に相談して納得した上で患者自身が治療法を選択するための方法だ。 インターネットや書籍などの情報源を利用して専門医を見つけることができる。 アメリカなどではすでに普及しているセカンドオピニオンという考え方、今後日本でもどんどん取り入れられてくるだろう。

次の