モバイル suica 券売 機 チャージ。 地方行くとモバイルSuicaが最強でカード式がほぼ無力なたった1つの理由。

ICOCAのモバイル対応はまだ?スマホで使いたいときはどうする?

モバイル suica 券売 機 チャージ

Suica スイカ とは? 画像引用元: SuicaはJR東日本の交通系ICカード 電子マネー です。 Suicaを使えば、 ICカードやスマホをかざすだけで電車に乗ることができます。 Suicaは 事前に現金や残高をチャージしておくプリペイド式の電子マネーです。 券売機で切符を買う必要がなく、 運賃は降車駅で自動精算されるのでいちいち計算する必要もありません。 全国各地の鉄道に対応 SuicaはJR東日本のSuicaエリアだけでなく、 全国の交通系ICカードのエリアで使えます。 Kitaca JR北海道• PASMO 関東私鉄• TOICA JR東海• manaca 名古屋私鉄• ICOCA JR西日本• PiTaPa 関西私鉄• SUGOCA JR九州• nimoca 九州私鉄• はやかけん 福岡市営地下鉄• icsca 仙台市交通局 例えば出張や旅行で北海道に行く場合、SuicaがあればKitacaエリアの電車やバスに乗ることができます。 いちいちその都市の交通系ICカードを取得する必要はありません。 コンビニやスーパーでも使える Suicaが使えるのは電車やバスなどの公共交通機関だけではありません。 コンビニやスーパー、レストラン、家電量販店など全国のさまざまな加盟店で利用できます。 以下は、Suicaが利用できる加盟店のほんの一部です。 コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、キオスク• スーパー:イオン、イトーヨーカドー、アリオ• グルメ:いきなりステーキ、ガスト、かっぱ寿司、マクドナルド• 家電量販店:ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ジョーシン• ドラッグストア:サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ Suicaが利用できるお店の詳細を知りたい人はを参照してください。 カードとスマホアプリの2種類がある Suicaには ICカードタイプの「Suicaカード」と スマホアプリの「モバイルSuica」の2種類があります。 基本的な機能はどちらも変わりませんが、モバイルSuicaならスマホをかざすだけで電車に乗ったり買い物をしたりできます。 ただし、モバイルSuicaを利用するにはスマホが 「」に対応していないといけません。 スマホがおサイフケータイに対応していない場合は、残念ながらSuicaカードを使うほかありません。 JREポイントが貯まる Suicaを利用すると、 JR東日本の共通ポイント「JREポイント」が貯まります。 Suicaでポイントを貯めて、貯まったポイントでSuicaを使うことが可能です。 JREポイントをSuicaで貯める方法は以下の通りです。 JR東日本の在来線をSuicaで利用する• Suicaグリーン券を購入する• モバイルSuica定期券を購入する• JREポイントのマークがある加盟店でSuicaを利用する グリーン券や定期券を購入するとJREポイントが貯まります。 また、2019年10月よりSuicaでJR東日本の在来線に乗車した場合もポイントが貯まるサービスが開始されました。 Suicaカードの場合は200円につき1ポイント、 モバイルSuicaは50円につき1ポイント貯まります。 電車に乗るだけでポイントが貯まるため、普段から電車で通勤・通学している人ならSuicaを利用するとお得ですね。 また、 JREポイントのマークがある加盟店でSuicaを使うと、100円または200円につき1ポイント貯まります。 ポイントが貯まる加盟店およびポイント還元率はを参考にしてください。 JR東日本の交通系ICカード Suicaとは• 全国各地の電車やバスの運賃清算に使える• 多くの加盟店でのお買い物に使える• モバイルSuicaならスマホで簡単決済• 利用するほどJRE POINTが貯まってお得 次の章では、Suicaの利用方法について解説します! Suicaの利用方法 Suicaを利用するにはまず Suicaカードを発行するか、スマホにモバイルSuicaアプリをインストールします。 あとはSuicaに残高をチャージし、Suicaカードやスマホを機械にかざすだけで利用可能です。 Suicaはチャージ方法が豊富なので、自分に合ったチャージ方法を選んでください。 それでは、Suicaの利用方法について詳しく見ていきましょう。 Suicaカードを発行する ICカードタイプの「Suicaカード」は Suicaエリア内のJR東日本の駅にある多機能券売機かみどりの窓口で購入できます。 価格は1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円の6つです。 購入価格から500円の預かり金 デポジット を引いた額がSuicaにチャージされます。 例えば2,000円を選んだ場合は1,500円の残高がチャージされたSuicaが発行されます。 ちなみに、預かり金はカード返却時に返金されます。 Suicaカードには記名式の「My Suica」と無記名式の「Suicaカード」の2種類があります。 どちらでも電車に乗ったり、買い物をしたりすることはできますが、 My Suicaのほうが使い勝手が良いです。 My Suica Suicaカード 個人情報の登録 必要 不要 再発行 可能 不可 JREポイント 貯まる 貯まらない 子ども用Suica あり なし 記名人以外の利用 不可 可能 My Suicaは紛失した際に再発行が可能です。 また、 無記名のSuicaではJREポイントが貯まりません。 せっかくSuicaを利用するのにポイントが貯まらないのはもったいないです。 特別な理由がない限りは記名式の「My Suica」を発行しましょう。 モバイルSuicaをインストールする カードタイプではなくスマホでSuicaを使いたい人は「モバイルSuica」を利用しましょう。 まずは各アプリストアからモバイルSuicaをダウンロード・インストールしてください。 インストールが終わったらモバイルSuicaアプリを起動します。 あとは画面の指示に従って会員登録をするだけです。 モバイルSuicaを利用する際はクレジットカードを登録する必要があります。 しかし、クレジットカードを持っていない人やクレジットカードを登録したくない人もいるでしょう。 その場合は クレジットカード登録が不要な「EASYモバイルSuica会員」になりましょう。 EASYモバイルSuicaでも電車に乗ったり、コンビニで買い物したりといった基本的な機能は使えます。 Suicaの残高をチャージする方法 Suicaを利用するには事前に残高をチャージしておく必要があります。 Suicaの残高をチャージする方法は以下の通りです。 チャージ方法 Suicaカード モバイルSuica 券売機 可能 一部券売機のみ可能 モバイルSuicaアプリ 不可 可能 オートチャージ 可能 可能 コンビニやスーパーのレジ 可能 可能 ATM (セブン銀行、ビューアルッテ) 可能 可能 駅の券売機からチャージ Suicaチャージのもっともオーソドックスな方法が、 駅にある券売機からのチャージです。 JR東日本エリアの駅の券売機はもちろん、他エリアの交通系ICカード ICOCAやPASMOなど に対応した全国の駅の券売機でチャージできます。 券売機でチャージする際の支払い方法は現金がメインです。 多機能券売機や駅にあるATM 「ビューアルッテ」ではJR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」でチャージすることもできます。 また、JREポイントが貯まっている人はJREポイントをSuicaにチャージ可能です。 モバイルSuicaは券売機では原則チャージできませんが、一部のモバイルSuica対応チャージ機ではモバイルSuicaのチャージが可能です。 モバイルSuicaアプリでチャージ モバイルSuicaを利用している人は アプリからチャージできます。 モバイルSuicaに登録したクレジットカードか、JREポイントで支払います。 ビューカードを持っている人は後述する「オートチャージ」も利用可能です。 クレジットカードを登録していない「EASYモバイルSuica」会員はアプリからチャージできません。 モバイルSuica対応チャージ機か店舗から現金でチャージしてください。 オートチャージ オートチャージは、残高が設定金額を下回ると改札入出場時に自動でチャージされる機能です。 毎回チャージする手間が省けますし、残高不足になる心配もありません。 Suicaのオートチャージを利用するには 「ビューカード」が必要です。 ビューカード以外のクレジットカードではオートチャージはできません。 また、オートチャージが利用できるのは My SuicaとモバイルSuicaのみです。 無記名のSuicaカードでは利用できません。 オートチャージは首都圏エリア、仙台エリア、新潟エリアの駅の改札入出場時のみ利用できます。 他エリアの駅や、コンビニやスーパーなどの加盟店で買い物する際は利用できません。 コンビニやスーパーのレジ Suicaが利用できるコンビニやスーパーのレジで現金チャージすることも可能です。 Suicaカード・モバイルSuicaどちらでもチャージできます。 店員さんに Suicaをチャージしたいこととチャージ額を伝え、料金を現金で支払いましょう。 ATM セブン銀行・ビューアルッテ Suicaは セブン銀行ATMとビューアルッテでもチャージ可能です。 セブン銀行ATMからのチャージは現金でのみチャージできます。 仮にセブン銀行の口座を持っていても、口座残高からチャージはできません。 ビューアルッテでは現金のほか、ビューカードやJREポイントでチャージすることも可能です。 読み取り機にカードやスマホをタッチする チャージが完了すれば、Suicaを使う準備が整いました。 電車に乗る場合は 改札機の読み取り部分にSuicaカードやスマホをタッチするだけです。 誤って切符投入口にSuicaカードを入れないよう注意してください。 お店で使う場合は 「支払いはSuicaでお願いします」と店員さんに伝えてください。 あとはレジの機械にICカードやスマホをかざせばOKです。 Suicaでできること 次にSuicaでできることについて解説します。 対応エリア内の電車やバスへの乗車• 新幹線への乗車• コンビニやスーパーなどの料金支払い• オンライン支払い Suicaがあれば電車やバスへの乗車はもちろん、コンビニやスーパーなどの買い物もカードやスマホをかざすだけで完了します。 最近では Suicaで新幹線に乗れる「タッチでGo! 新幹線」がスタートし、窓口に並ぶことなく新幹線に乗車することが可能となりました。 また、AmazonやYahoo! ショッピング、楽天市場といったオンラインショッピングの支払いをSuicaですることもできます。 Suicaがあれば、日常のほとんどの支払いができるといっても過言ではないでしょう。 Suicaでできないこと 画像引用元: 様々な支払いに利用できるSuicaですが、一方でSuicaでは出来ないことがいくつかあります。 20,000円以上の高額商品の購入• 異なるエリアをまたがっての利用 20,000円以上の高額商品の購入 Suicaはチャージできる残高の上限が20,000円となっており、それ以上チャージすることはできません。 在来線に乗るだけであれば、20,000円もチャージできれば十分でしょう。 しかし、家電量販店やスーパーでは20,000円以上の高額商品を買うこともあるかもしれません。 そのような支払いについては現金やクレジットカード、他の電子マネーなどSuica以外の方法を利用してください。 異なるエリアをまたがっての利用 Suicaは全国の交通系ICカードと相互利用ができますが、 別のエリアにまたがって使うことはできません。 例えばSuicaエリアである上野駅から乗車して、TOICAエリアである静岡駅で降りることはできません。 このようにエリアをまたぐ場合は、駅係員による精算が必要です。 Suicaで移動も買い物もお得に! 画像引用元: 以上、Suicaについて詳しく解説してきました。 最後に、Suicaの特徴についてもう一度おさらいしておきましょう。 Suicaの特徴• ICカードやスマホをかざすだけで電車に乗れる• コンビニや家電量販店など、利用できる場所が多い• チャージ方法が豊富• オートチャージでチャージの手間を省ける• Suicaを利用するとJREポイントが貯まる Suicaは 利用できる場所が非常に多い電子マネーです。 JR東日本エリアをはじめとする全国の電車やバスに乗れるのはもちろん、コンビニやスーパー、家電量販店といった加盟店での支払いもできます。 残高をチャージする方法も豊富です。 手軽にチャージしたい人はオートチャージ、使いすぎを防ぎたい人は現金など、自分に合った方法を選べます。 また、Suicaを使って電車に乗ることで 「JREポイント」も貯まります。 Suicaは幅広い人におすすめの電子マネーですが、とくに通勤・通学でJR東日本の電車を利用している人は、Suicaを使うとお得ですよ。

次の

JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaを使う>SF(電子マネー)>入金(チャージ)

モバイル suica 券売 機 チャージ

Suica スイカ とは? 画像引用元: SuicaはJR東日本の交通系ICカード 電子マネー です。 Suicaを使えば、 ICカードやスマホをかざすだけで電車に乗ることができます。 Suicaは 事前に現金や残高をチャージしておくプリペイド式の電子マネーです。 券売機で切符を買う必要がなく、 運賃は降車駅で自動精算されるのでいちいち計算する必要もありません。 全国各地の鉄道に対応 SuicaはJR東日本のSuicaエリアだけでなく、 全国の交通系ICカードのエリアで使えます。 Kitaca JR北海道• PASMO 関東私鉄• TOICA JR東海• manaca 名古屋私鉄• ICOCA JR西日本• PiTaPa 関西私鉄• SUGOCA JR九州• nimoca 九州私鉄• はやかけん 福岡市営地下鉄• icsca 仙台市交通局 例えば出張や旅行で北海道に行く場合、SuicaがあればKitacaエリアの電車やバスに乗ることができます。 いちいちその都市の交通系ICカードを取得する必要はありません。 コンビニやスーパーでも使える Suicaが使えるのは電車やバスなどの公共交通機関だけではありません。 コンビニやスーパー、レストラン、家電量販店など全国のさまざまな加盟店で利用できます。 以下は、Suicaが利用できる加盟店のほんの一部です。 コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、キオスク• スーパー:イオン、イトーヨーカドー、アリオ• グルメ:いきなりステーキ、ガスト、かっぱ寿司、マクドナルド• 家電量販店:ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ジョーシン• ドラッグストア:サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ Suicaが利用できるお店の詳細を知りたい人はを参照してください。 カードとスマホアプリの2種類がある Suicaには ICカードタイプの「Suicaカード」と スマホアプリの「モバイルSuica」の2種類があります。 基本的な機能はどちらも変わりませんが、モバイルSuicaならスマホをかざすだけで電車に乗ったり買い物をしたりできます。 ただし、モバイルSuicaを利用するにはスマホが 「」に対応していないといけません。 スマホがおサイフケータイに対応していない場合は、残念ながらSuicaカードを使うほかありません。 JREポイントが貯まる Suicaを利用すると、 JR東日本の共通ポイント「JREポイント」が貯まります。 Suicaでポイントを貯めて、貯まったポイントでSuicaを使うことが可能です。 JREポイントをSuicaで貯める方法は以下の通りです。 JR東日本の在来線をSuicaで利用する• Suicaグリーン券を購入する• モバイルSuica定期券を購入する• JREポイントのマークがある加盟店でSuicaを利用する グリーン券や定期券を購入するとJREポイントが貯まります。 また、2019年10月よりSuicaでJR東日本の在来線に乗車した場合もポイントが貯まるサービスが開始されました。 Suicaカードの場合は200円につき1ポイント、 モバイルSuicaは50円につき1ポイント貯まります。 電車に乗るだけでポイントが貯まるため、普段から電車で通勤・通学している人ならSuicaを利用するとお得ですね。 また、 JREポイントのマークがある加盟店でSuicaを使うと、100円または200円につき1ポイント貯まります。 ポイントが貯まる加盟店およびポイント還元率はを参考にしてください。 JR東日本の交通系ICカード Suicaとは• 全国各地の電車やバスの運賃清算に使える• 多くの加盟店でのお買い物に使える• モバイルSuicaならスマホで簡単決済• 利用するほどJRE POINTが貯まってお得 次の章では、Suicaの利用方法について解説します! Suicaの利用方法 Suicaを利用するにはまず Suicaカードを発行するか、スマホにモバイルSuicaアプリをインストールします。 あとはSuicaに残高をチャージし、Suicaカードやスマホを機械にかざすだけで利用可能です。 Suicaはチャージ方法が豊富なので、自分に合ったチャージ方法を選んでください。 それでは、Suicaの利用方法について詳しく見ていきましょう。 Suicaカードを発行する ICカードタイプの「Suicaカード」は Suicaエリア内のJR東日本の駅にある多機能券売機かみどりの窓口で購入できます。 価格は1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円の6つです。 購入価格から500円の預かり金 デポジット を引いた額がSuicaにチャージされます。 例えば2,000円を選んだ場合は1,500円の残高がチャージされたSuicaが発行されます。 ちなみに、預かり金はカード返却時に返金されます。 Suicaカードには記名式の「My Suica」と無記名式の「Suicaカード」の2種類があります。 どちらでも電車に乗ったり、買い物をしたりすることはできますが、 My Suicaのほうが使い勝手が良いです。 My Suica Suicaカード 個人情報の登録 必要 不要 再発行 可能 不可 JREポイント 貯まる 貯まらない 子ども用Suica あり なし 記名人以外の利用 不可 可能 My Suicaは紛失した際に再発行が可能です。 また、 無記名のSuicaではJREポイントが貯まりません。 せっかくSuicaを利用するのにポイントが貯まらないのはもったいないです。 特別な理由がない限りは記名式の「My Suica」を発行しましょう。 モバイルSuicaをインストールする カードタイプではなくスマホでSuicaを使いたい人は「モバイルSuica」を利用しましょう。 まずは各アプリストアからモバイルSuicaをダウンロード・インストールしてください。 インストールが終わったらモバイルSuicaアプリを起動します。 あとは画面の指示に従って会員登録をするだけです。 モバイルSuicaを利用する際はクレジットカードを登録する必要があります。 しかし、クレジットカードを持っていない人やクレジットカードを登録したくない人もいるでしょう。 その場合は クレジットカード登録が不要な「EASYモバイルSuica会員」になりましょう。 EASYモバイルSuicaでも電車に乗ったり、コンビニで買い物したりといった基本的な機能は使えます。 Suicaの残高をチャージする方法 Suicaを利用するには事前に残高をチャージしておく必要があります。 Suicaの残高をチャージする方法は以下の通りです。 チャージ方法 Suicaカード モバイルSuica 券売機 可能 一部券売機のみ可能 モバイルSuicaアプリ 不可 可能 オートチャージ 可能 可能 コンビニやスーパーのレジ 可能 可能 ATM (セブン銀行、ビューアルッテ) 可能 可能 駅の券売機からチャージ Suicaチャージのもっともオーソドックスな方法が、 駅にある券売機からのチャージです。 JR東日本エリアの駅の券売機はもちろん、他エリアの交通系ICカード ICOCAやPASMOなど に対応した全国の駅の券売機でチャージできます。 券売機でチャージする際の支払い方法は現金がメインです。 多機能券売機や駅にあるATM 「ビューアルッテ」ではJR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」でチャージすることもできます。 また、JREポイントが貯まっている人はJREポイントをSuicaにチャージ可能です。 モバイルSuicaは券売機では原則チャージできませんが、一部のモバイルSuica対応チャージ機ではモバイルSuicaのチャージが可能です。 モバイルSuicaアプリでチャージ モバイルSuicaを利用している人は アプリからチャージできます。 モバイルSuicaに登録したクレジットカードか、JREポイントで支払います。 ビューカードを持っている人は後述する「オートチャージ」も利用可能です。 クレジットカードを登録していない「EASYモバイルSuica」会員はアプリからチャージできません。 モバイルSuica対応チャージ機か店舗から現金でチャージしてください。 オートチャージ オートチャージは、残高が設定金額を下回ると改札入出場時に自動でチャージされる機能です。 毎回チャージする手間が省けますし、残高不足になる心配もありません。 Suicaのオートチャージを利用するには 「ビューカード」が必要です。 ビューカード以外のクレジットカードではオートチャージはできません。 また、オートチャージが利用できるのは My SuicaとモバイルSuicaのみです。 無記名のSuicaカードでは利用できません。 オートチャージは首都圏エリア、仙台エリア、新潟エリアの駅の改札入出場時のみ利用できます。 他エリアの駅や、コンビニやスーパーなどの加盟店で買い物する際は利用できません。 コンビニやスーパーのレジ Suicaが利用できるコンビニやスーパーのレジで現金チャージすることも可能です。 Suicaカード・モバイルSuicaどちらでもチャージできます。 店員さんに Suicaをチャージしたいこととチャージ額を伝え、料金を現金で支払いましょう。 ATM セブン銀行・ビューアルッテ Suicaは セブン銀行ATMとビューアルッテでもチャージ可能です。 セブン銀行ATMからのチャージは現金でのみチャージできます。 仮にセブン銀行の口座を持っていても、口座残高からチャージはできません。 ビューアルッテでは現金のほか、ビューカードやJREポイントでチャージすることも可能です。 読み取り機にカードやスマホをタッチする チャージが完了すれば、Suicaを使う準備が整いました。 電車に乗る場合は 改札機の読み取り部分にSuicaカードやスマホをタッチするだけです。 誤って切符投入口にSuicaカードを入れないよう注意してください。 お店で使う場合は 「支払いはSuicaでお願いします」と店員さんに伝えてください。 あとはレジの機械にICカードやスマホをかざせばOKです。 Suicaでできること 次にSuicaでできることについて解説します。 対応エリア内の電車やバスへの乗車• 新幹線への乗車• コンビニやスーパーなどの料金支払い• オンライン支払い Suicaがあれば電車やバスへの乗車はもちろん、コンビニやスーパーなどの買い物もカードやスマホをかざすだけで完了します。 最近では Suicaで新幹線に乗れる「タッチでGo! 新幹線」がスタートし、窓口に並ぶことなく新幹線に乗車することが可能となりました。 また、AmazonやYahoo! ショッピング、楽天市場といったオンラインショッピングの支払いをSuicaですることもできます。 Suicaがあれば、日常のほとんどの支払いができるといっても過言ではないでしょう。 Suicaでできないこと 画像引用元: 様々な支払いに利用できるSuicaですが、一方でSuicaでは出来ないことがいくつかあります。 20,000円以上の高額商品の購入• 異なるエリアをまたがっての利用 20,000円以上の高額商品の購入 Suicaはチャージできる残高の上限が20,000円となっており、それ以上チャージすることはできません。 在来線に乗るだけであれば、20,000円もチャージできれば十分でしょう。 しかし、家電量販店やスーパーでは20,000円以上の高額商品を買うこともあるかもしれません。 そのような支払いについては現金やクレジットカード、他の電子マネーなどSuica以外の方法を利用してください。 異なるエリアをまたがっての利用 Suicaは全国の交通系ICカードと相互利用ができますが、 別のエリアにまたがって使うことはできません。 例えばSuicaエリアである上野駅から乗車して、TOICAエリアである静岡駅で降りることはできません。 このようにエリアをまたぐ場合は、駅係員による精算が必要です。 Suicaで移動も買い物もお得に! 画像引用元: 以上、Suicaについて詳しく解説してきました。 最後に、Suicaの特徴についてもう一度おさらいしておきましょう。 Suicaの特徴• ICカードやスマホをかざすだけで電車に乗れる• コンビニや家電量販店など、利用できる場所が多い• チャージ方法が豊富• オートチャージでチャージの手間を省ける• Suicaを利用するとJREポイントが貯まる Suicaは 利用できる場所が非常に多い電子マネーです。 JR東日本エリアをはじめとする全国の電車やバスに乗れるのはもちろん、コンビニやスーパー、家電量販店といった加盟店での支払いもできます。 残高をチャージする方法も豊富です。 手軽にチャージしたい人はオートチャージ、使いすぎを防ぎたい人は現金など、自分に合った方法を選べます。 また、Suicaを使って電車に乗ることで 「JREポイント」も貯まります。 Suicaは幅広い人におすすめの電子マネーですが、とくに通勤・通学でJR東日本の電車を利用している人は、Suicaを使うとお得ですよ。

次の

Suica(スイカ)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅|金融Lab.

モバイル suica 券売 機 チャージ

Suicaとは? SuicaとはJR東日本が運営する交通系ICカードのこと。 交通系電子マネーとも呼ばれています。 Suicaのサービスが誕生したのは2001年。 それまでは紙のきっぷを購入して電車に乗っていましたが、Suicaの登場によって改札にピッとかざすだけで通過できるようになった、日本のICカードの先駆けです。 ちなみに名前の由来は「スイスイ Sui 」行ける「ICカード ca 」という意味からきているのだそう。 Suicaはあらかじめ入金 チャージ してから、電車・バスの乗車や買い物に利用する プリペイド式です。 1回あたりのチャージ額は500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の6段階。 1枚のSuicaに チャージできる上限は2万円となっています。 Suicaには一般的な カード型のSuicaと携帯やスマホで使う モバイルSuicaがあります。 モバイルSuicaについては、のちほど詳しく紹介していきます。 まずは Suicaの2つの機能「ICきっぷ」と「電子マネー」について解説しましょう。 【ICきっぷ機能】北海道や九州でもSuicaで移動できる! Suicaの ICきっぷ機能のメリットは、 ピッと1秒ほどの速さで改札を通過できることです。 JRと地下鉄など異なる路線を乗り入れたときには、 自動で精算されてスマートに移動でき、すべて 割安なIC運賃が適用されます。 さらに駅の専用の券売機で、Suicaを使って 定期券や新幹線の切符を購入することもできます。 Suicaが管轄するエリアは当初関東・首都圏だけでしたが徐々に広がっていき、現在は 首都圏に加えて東北の仙台・新潟エリアまで広がっています。 Suicaに続くようにして日本各地でもICOCAやPASMOなど地域に密着したICカードも続々誕生していき、全国にICカードが普及していきました。 2013年には 日本各地のJRや私鉄・バスが発行する交通系ICカードが連携して、お互いの管轄エリアを自由に行き来できる、 相互利用サービスを確立しました。 それからいっきにSuicaの利用エリアが拡大。 北海道や九州の電車やバスもSuicaで利用できるようになりました。 そのおかげで東京から広島や九州へ観光に行った先でも、乗り慣れない電車やバスの支払いにとまどうことなく、Suicaをピッとかざすだけで乗車でき、とても便利になっています。 エリア 各地の交通系ICカード 北海道エリア ・SAPICA サピカ ・Kitaca キタカ ・ICAS nimoca イカすニモカ 仙台エリア ・ Suica ・odeca オデカ ・icsca イクスカ 新潟エリア ・ Suica ・りゅーと 首都圏エリア ・ Suica ・PASMO パスモ 東海エリア ・TOICA トイカ ・manaca マナカ 西日本エリア 近畿圏・岡山・広島・香川・富山 ・ICOCA イコカ ・PiTaPa ピタパ 九州エリア ・SUGOCA スゴカ ・nimoca ニモカ ・はやかけん ただし、これらの交通系ICカードは 異なるエリアをまたいで、電車・バスの利用はできません。 エリアをまたぐ場合は、別途きっぷを購入する必要があります。 きっぷを購入するときは、交通系ICカードが使える券売機や窓口ならSuicaで支払うことができます。 こうした各地域の交通会社の垣根をなくすため、現在JR東日本は Suicaと各地域の交通系ICカードを1枚にまとめられるよう にシステムを開発しています。 jreast. 交通系ICカードが使える全国の店舗で、Suicaの電子マネーを利用することができます。 しかしKitacaやICOCA、SUGOCAなど全国の 交通系ICカードの利用者をひとくくりにして合算すれば、楽天Edyを超えて 全国1位となります。 これは過去最高の記録なのだそう。 さすが全国津々浦々まで網羅している交通系ならではの記録です。 jreast. pdf Suicaで損をしている人• 具体的には、ポイントが貯まる店と貯まらない店がある、ビューカードの申し込みが必要、ポイントサイトへ自分で登録しなければいけない、ポイントが貯まるSuicaと貯まらないSuicaがあるなどが挙げられます。 Suicaで得する「ポイントの貯め方」 では、どうすればSuicaでポイントを貯めることができるのか、次から解説していきます。 SuicaとJRE POINTを連携させる Suicaで貯まるポイントの名前はJRE POINT ジェイアールイー・ポイント といいます。 JR東日本グループが2016年2月にスタートさせた比較的新しいサービスです。 このJRE POINTは、それまでJR東日本のグループ各社がバラバラに作っていたポイントを吸収合併して誕生しました。 具体的には アトレクラブポイント、 テルミナポイントなど駅ビルのポイントを統合しました。 以前、Suicaで貯まるポイントは Suicaポイントでしたが、2017年12月に JRE POINTに統合されました。 また、Suicaポイントを管理していたSuicaポイントクラブも2019年3月31日で終了しました。 2018年6月にはJR東日本系が発行するクレジットカード、ビューカードの ビューサンクスポイントもJRE POINTに統合されました。 SuicaでJRE POINTが貯まるようにするには、 自分でJRE POINTとSuicaを連携させる登録が必要です。 登録の方法はJRE POINTのサイトで「JRE POINT WEBサイト会員登録」をおこないます。 登録できるSuicaは Suicaカード 記名式 、 モバイルSuica、クレジットカードの Suica付きビューカードです。 入力する項目はメールアドレス、パスワード 英数記号混合8~12文字 、第2パスワード 数字4~8文字。 SuicaのID番号、名前、誕生日です。 JRE POINT WEBサイトに登録できるのは、 同じ名前や個人情報のSuicaであれば 20枚のSuicaが登録できます。 例えばSuica、Suica定期券、モバイルSuica、Suica付きビューカードなど 複数のSuicaのポイントを一括管理できるので便利です。 このJRE POINTの登録ですが、SuicaのID番号を確認したり、普段使い慣れない第2パスワードを考える必要があったり、正直手間がかかる印象です。 楽天Edyやnanacoなどほかの電子マネーのように、Suicaを発行したら自動的にポイント連携するよう改善されることを期待します。 Suica利用でポイントが貯まる店 SuicaとJRE POINTの連携が終わったら、「Suicaを使えばポイントがどんどん貯まる!」とは ならない複雑なしくみがSuicaの デメリットです。 残念ながら Suicaで電車・バスに乗ってもポイントは貯まりません。 Suicaを使ってポイントが貯まるのは、 JR東日本エリア 関東・甲信越・東北 の一部の店舗で電子マネー機能を使ったときだけです。 その目印となるのが、 黄色の「Suica登録して貯まる」JRE POINTステッカーが貼ってある店やサービスです。 具体的には、 JR東日本の駅構内にあるエキナカの店舗や飲食店、そのほかに提携店のアリオやイトーヨーカドー 関東・甲信越・東北エリアのみ などがあります。 JRE POINTのアプリやサイトで告知される期間限定キャンペーンを利用すると、効率的にポイントを貯めることができます。 もうひとつ似たようなステッカーで、 緑色の「カードの提示で貯まる・使える」JRE POINTのステッカーがあります。 こちらはアトレなどJR東日本系列の駅ビルに貼ってあり、 「JRE POINTカード」の提示でポイントが貯まります。 ややこしいのですが、普通のSuicaでの買い物ではポイントは貯まりません。 ただし Suica付きのビューカードなら、JRE POINTカードが一体になっているので提示すればポイントが貯まります。 Suicaの 支払いでポイントが貯まる店 JRE POINTカードの 提示でポイントが貯まる店 条件 黄色いステッカーのある店で、Suicaを使って支払いをする 緑色のステッカーのある店で、JRE POINTカードかビューカードを提示する ポイント還元率 100~200円ごとに1ポイント 1~0. 5% 100円ごとに1~3ポイント 1~3% 対象店舗・サービス 【JR東日本の駅構内の店】 JR東日本の駅構内にあるエキナカの店舗・飲食店。 ほかには JRE POINTのWEBサイトから商品交換することもできます。 商品の一例を挙げると、Suicaのペンギングッズやメトロポリタンホテルズの共通利用券、鉄道博物館の入館引換券などがあります。 Suicaにポイントでチャージする場合は、JRE POINTのサイトで交換の申し込みをします。 そのあと JR東日本の駅にある券売機で「ポイントチャージ」を選んでチャージします。 スマホでSuicaを利用するモバイルSuicaなら、スマホの操作だけで簡単にポイントをチャージできます。 2018年からは全国のセブン-イレブンに設置してある セブン銀行ATMでも可能になりました。 しかしこうした現金でチャージする人は損をしています。 Suicaは クレジットカードでチャージすることで、魅力がぐっとアップします。 クレジットカードでSuicaにチャージをすると、 カード独自のポイントが貯まる場合もあり、現金でチャージするよりもお得です。 さらにJR東日本のエキナカやイトーヨーカドーでSuicaを使えば、JRE POINTが貯まり、 ポイントの2重取りができます。 ただし、スマホでSuicaを利用するモバイルSuicaの場合は、ほどんどのクレジットカードが使えますが、カード型のSuicaを利用する場合は、使えるクレジットカードが違ってくるので注意が必要です。 モバイルSuicaが使えるスマホがあればベスト! モバイルSuicaとは、スマホでSuicaを利用するための アプリです。 Androidなら おさいふケータイ機能がついているスマホ機種、 iPhoneなら ApplePayアプリを使える機種 2016年iPhone7以降 を持っていれば、モバイルSuicaを利用できます。 クレジットカードはビューカードをはじめ、、、、などの国際ブランドがついていれば、 どのクレジットカードでも登録することができます。 REXカード 還元率1. 25% 、 還元率1. 2% 、 還元率1. 0% といった高い還元率のクレジットカードも登録できます。 これらのカードは今のところSuicaにチャージするとポイントがたまりますが、モバイルSuicaにチャージはできても、 ポイント付与は対象外というクレジットカードもあるので確認するといいでしょう。 ただし、モバイルSuicaには年会費がかかってしまいます。 といっても無料になる方法があるので、のちほど詳しくご紹介します。 モバイルSuicaが使えないなら、ビューカードが必須! モバイルSuicaが使えるスマホを持っていない場合、 Suicaにクレジットカードでチャージするためには、JR東日本系の会社が発行する ビューカードが必要です。 通学通勤のSuica定期券を買うときは、好きなクレジットカードで支払えますが、 クレジットカードでSuicaにチャージするにはビューカードしかできないからです。 ビューカードはSuicaとの相性がとてもいいクレジットカードです。 この組み合わせには3つのメリットがあります。 1つめはSuicaと同じくJRE POINTが貯まること。 ビューカードにはいろいろな種類がありますが、どのビューカードでも クレジットカード払いをするとJRE POINTが貯まります。 貯まったポイントは1ポイント=1円相当でSuicaにチャージすることができます。 2つめはポイントが1. 5%の高還元であること。 ビューカードで貯まるJRE POINTは、通常1,000円ごとに5ポイントの0. 5%還元率です。 しかしSuicaへのチャージや定期券の購入をするときは、いっきに3倍もアップして 1. 5%の高い還元率でJRE POINTを貯めることができます。 3つめはオートチャージができること。 オートチャージ機能とは、電子マネーの残高が設定した金額を下回ると、自動改札機にタッチするだけで自動的にチャージする機能です。 この オートチャージ機能がSuicaで使えるクレジットカードは、ビューカードだけです。 のちほど紹介するモバイルsuicaでもオートチャージ機能を使えるのはビューカードだけです。 5%ポイント還元率は優秀! Suicaにビューカードでチャージしたときの 1. 5%のポイント還元率は、ほかの電子マネーと比べても とても優秀です。 PASMOの場合、Suicaと同じ交通系の電子マネーですが、クレジットカードでチャージしたときのポイント 還元率は1%です。 2018年3月から乗車で貯まるメトロポイントをスタートさせましたが、平日に1回以上乗車で一律3ポイントだけ。 しかも定期券利用はポイント付与の対象外です。 流通系の電子マネーはnanaco以外、クレジットカードでチャージしたときの 還元率は0. 5%、電子マネーを利用したときに0. 5%のポイントが貯まるケースが多く、 合計すると1%です。 JR駅にある 多機能券売機と 専用ATMビューアルッテでチャージ• JR駅にある 専用ATMビューアルッテで オートチャージ設定• いちいちSuicaの残高が少なくなっていないか気にする必要がなくなるオートチャージは、使ってみると 本当に快適な機能です。 さらにいえば、 モバイルSuicaでオートチャージがもっともラクなチャージ方法です。 券売機やビューアルッテに限定されず、いつでもどこでもチャージができます。 今後はQRコードの台頭で廃れる端末なので、新規購入するなら おすすめしません。 オートチャージは2018年3月からはSuicaで 改札に入るときだけでなく、出るときにもオートチャージ機能が発動するようになり、より便利になりました。 ただしオートチャージが適用される自動改札は、 首都圏・新潟・仙台Suica・PASMOエリアの改札に限定されています。 つまり 関西や九州などでは適用されません。 2021年には全国でSuicaのサービスが使えるようになる予定ですから、期待しましょう。 「モバイルSuica」のお得な使い方 モバイルSuicaの会員数だけでも 500万人 2018年現在。 対応しているスマホ機種を持っているなら、ぜひ使ってみてほしいアプリです。 どんな機能があるのか見ていきましょう。 スマホ利用できる交通系ICカードは「モバイルsuica」だけ Suicaは 「関東圏の人しか使えない」、「関東圏以外の人は地元の交通ICのほうがお得」と思っている人が多いのですが 間違いです。 実は現段階では全国各地で発行している 交通系ICカードのなかで、Suicaだけがスマホで利用することができます。 2018年8月にSuicaとみずほ銀行はみずほ銀行の口座からSuicaのチャージができる Mizuho Suicaをスタートして、サービスの拡大を行なっています。 モバイルSuicaの大きなメリットは 全国どこにいても作ることができることです。 もしモバイルSuicaを使っているスマホを紛失しても、新しいスマホにチャージ残高ごと引き継いで再発行することができます。 カード型Suicaには実現できない、モバイルSuicaならではの便利な機能にをまとめると、以下のようなことが挙げられます。 【モバイルsuicaならではの便利な機能】• 日本の どこにいてもSuicaが作れる• 好きなクレジットカードが登録できる• スマホでSuicaに チャージができる• スマホでチャージ 残高の確認ができる• スマホでSuicaの 使用履歴が確認できる• JRE POINTを 簡単にSuicaへチャージできる• 銀行振込でもチャージができる みずほ銀行、三菱UFJ銀行、じぶん銀行のみ カード型のSuicaの場合、これらの機能は JR東日本の駅へ足を運び、券売機や専用ATMのビューアルッテで操作する必要があります。 しかし モバイルSuicaなら、 日本全国どこにいても手元のスマホで操作することができるのです。 関東以外に住んでいて 旅行や出張が多い人、 地元の交通系ICカードのポイントや使い勝手に 不満がある人は、モバイルSuicaを検討することをおすすめします! モバイルSuicaもビューカードの登録なら年会費がお得! モバイルSuicaはカード型Suicaのように新規発行時に500円のデポジットはかかりませんが、注意したいのは 年会費1,030円(税込)がかかるということです。 とはいえそれまで1年近くありますので、 年会費を払わなくていい方法を紹介したいと思います。 方法は3つあります。 1つめはモバイルsuicaの引き落としにビューカードを登録すること。 公式サイトでは「当面のあいだ無料」という表現をとっているので永遠に無料というわけではなさそうですが、現段階では無料です。 ビューカードを登録すれば、オートチャージ機能の設定をすることもできます。 2つめはモバイルSuicaのアプリを使わず、 ApplePay、GooglePayのアプリでモバイルSuicaを利用すること。 3つめは「EASYモバイルSuica」で利用すること。 EASYモバイルSuicaとはクレジットカードを登録しないで、コンビニ、銀行振込などでチャージするSuicaです。 しかしこの場合、チャージのポイントは貯まりません。 具体的にはオートチャージ、新幹線の予約、JRE POINTからチャージ、スマホの機種変更時のデータ移行、定期券の購入などの機能が使えません。 モバイルSuicaをお得に便利に使おうとすると、やはりここでも ビューカードを登録したモバイルSuicaかApplePayを利用するのがおすすめです。 年会費がかからず、オートチャージができ、さらにSuicaへのチャージで1. 5%のポイント還元がついてくるからです。 下記にカード型のSuica、モバイルSuica、EASYモバイルSuicaのチャージ方法を表にまとめてみたので参考にしてみてください。 jreast. カード型のSuicaには記名式と無記名式がある カード型のSuicaには次の種類があります。 【一般的なSuica】 名前を登録しないで作る 「Suicaカード」と、自分の名前や生年月日、性別、電話番号の 個人情報を登録して作る 「My Suica 記名式 」の2種類があります。 記名の有無でSuicaの再発行や払い戻しなどの対応が違ってきます。 発行場所は、JR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口です。 【Suica定期券・Suica連絡定期券】 定期券の場合、 発行場所はJR東日本の首都圏・仙台・新潟のいずれか最寄りエリアの駅にある、指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口です。 新規でSuica定期券を作る場合には、インターネットを使った 「ネットde定期」で申し込むことができます 受け取りは指定席券売機、みどりの窓口。 これらのSuicaはどれも 初回の購入時には預り金 デポジット 500円 税込 が必要です。 Suicaの返却時には 返金されます。 Suica付きクレジットカードはデポジット無料、ネット申し込みOK Suicaの機能と クレジットカード機能が一体になったタイプは、カード型のSuicaと違って発行するときに デポジットは不要です。 Suica付きクレジットカードの代表ビューカードは年会費がかかりますが、年会費以上のお得なサービスをおこなっています。 例えば、年間のご利用金額に応じて、ビューサンクスボーナスや商品券がもらえたり、Web明細ポイントサービスに申し込むと年会費以上のポイントが貯まります。 ビューカードの申し込みは インターネットと書類送付のどちらかで申し込むことができます。 1点注意したいのは、Web完結のインターネット申し込み以外は 本人確認書類のコピーの送付が必要ということ。 書類送付で申し込む場合は、申込用紙と一緒に本人確認書類を同封します。 インターネットで申し込みする場合は、各自でWebから印刷して本人確認書類のコピーを同封して送付する必要があります。 やイオンカードなど 流通系のクレジットカードなら、こうした 書類の送付が不要なので、ビューカードの申し込みには 少し手間と時間がかかる印象です。 ちなみに、Suica付きクレジットカードはビューカードが他社と提携して発行しているカードがいくつかあります。 例えば イオンSuicaカード、 JALカードSuica、 ANA VISA Suicaカード、 スーパーICカード Suica 三菱UFJ-VISAなどです。 ビューカードに比べてSuicaへチャージしたときの ポイント還元率は劣りますが、気になる人はチェックしてみてください。 Suica付きビューカードのおすすめ4選 Suicaと相性のいい ビューカードは「 クレジットカード+ JRE POINTカード+ Suica」の 3つの機能が1枚になっている便利なカードです。 数あるなかからおすすめを4つピックアップして紹介します。 Suica付きビューカードはどのカードでも、Suicaへのチャージポイント還元率1. 5%は同じです。 選ぶときには定期券を付帯させたいか、JRの駅ビルでよく利用している商業施設があるか、ビックカメラをよく利用するかなどで判断するといいでしょう。 ビュー・スイカカード \ 最大JRE POINT5,000ポイントプレゼント!オンライン入会キャンペーン実施中! / 【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード 2万円まではSuicaがお得!高額決済はビューカードで ビューカードを使うときにはコツがあります。 通常ビューカードで貯まるJRE POINTは1,000円ごとに5ポイント(0. 5%還元率)です。 つまり1,000円以下の買い物にビューカードで支払うと切り捨てになってポイントはもらえません。 またSuicaは2万円までチャージできます。 1,000円以上の買い物でも 2万円まではSuicaで支払えば1. 5%還元になり、0. Suicaの注意点 デメリット ここまでの記事のなかでも触れていますが、Suicaのデメリットをまとめたので押さえておきましょう。 Suicaの残高を確認する方法• セブンイレブンにある セブン銀行ATMで確認 (2018年より)• コンビニの支払い時に レシートを確認 買い物をしなければいけない)• 駅の 改札を通過するとき確認 (一瞬しか見えない)• Suicaに対応している 券売機で確認• Suica対応の 自動販売機で確認する• パソリや 電子マネービューアーで確認する (購入が必要)• モバイルSuica、Suicaリーダーの アプリで確認する (対応スマホ機種が必要) Suicaの履歴を確認する方法 もう1つSuicaのデメリットに挙げた Suicaの利用履歴の確認はどのようにやるのでしょうか。 利用履歴も モバイルSuicaならスマホで確認することができますが、そのほかの方法は1つしかありません。 駅のSuicaにチャージができる券売機で操作する方法だけです。 直近の 利用履歴が最大20件まで表示されます。 JRや東京メトロの券売機では、1回の操作で 過去100件までさかのぼって 印刷が可能です。 この履歴は領収書として使うことができます。 流通系の電子マネーのように、Suicaの利用履歴もアプリやインターネットで確認できるように改善を期待したいものです。 電子マネーだから気になる疑問 最後にキャッシュレスの電子マネーだからこそ気になる、Suicaの紛失や盗難をしたらどうなるのか、払い戻しはできるのか、有効期限はあるのか…。 気になる疑問を解説します。 Suicaの紛失や盗難にあったら? 紛失・盗難時の対応はSuicaの種類によって違います。 【カード型のSuica】 流通系の電子マネーのように インターネットで使用停止の手続きをすることはできません。 必ず 駅やバス営業所の窓口へ足を運んで使用停止の手続きをしてください。 名前を登録して発行した My Suica 記名式 やSuica定期券なら、 再発行できます。 【Suica付きクレジットカード】 クレジットカード会社へインターネットか電話連絡で使用停止することができ、再発行することもできます。 【モバイルSuica】 インターネットかモバイルSuicaコールセンター 050-2016-5005/7時~23時 へ電話すれば、使用停止と再発行の手続きができます。 カード型Suica、モバイルSuicaのどちらも再発行手数料は510円です。 チャージ残高は再発行した新しいSuicaにすべて 引き継がれます。 カード型Suicaの場合、再発行まで 数日かかります。 無記名式のSuicaカード、EASYモバイルSuicaは再発行はできません。 どちらにしても紛失や盗難後に悪用された場合の対策として、警察や派出所に届け出ることをおすすめします。 途中でSuicaの払い戻しはできるの? 使わなくなったSuicaは 払い戻しができます。 払い戻しの条件はSuicaの種類によって違うので、ひとつずつ見ていきましょう。 【カード型のSuica】 返金の手続きは みどりの窓口でおこないます。 残金から 220円の手数料を引き、これに デポジットの500円を加算して返金されます。 残金が 220円以下の場合は デポジットのみの返金になります。 My Suica 記名式 は運転免許証など 本人確認証明書の提示が必要です。 無記名の Suicaカードは 必要ありません。 【Suica定期券・Suica連絡定期券】 基本は上記のSuicaと同じく、 定期券Suicaも払い戻しには 本人確認証明書が必要です。 また 定期券部分だけを払い戻すことも可能です。 返金後は My Suica 記名式 として継続利用できます。 【モバイルSuica】 モバイルSuicaの場合は、 アプリから退会手続きをおこないます。 会員メニューから退会手続きを進めていき、 振込先の口座情報を入力することで払い戻しを受けられます。 長期間使っていないSuicaがあります。 有効期限はある? 長期間、利用していないSuicaはチャージ残高が残っていても、利用できないことがあります。 とくに、最後に利用した日から10年以上利用がないSuicaは使用できなくなります。 そうした場合、 Suicaエリアの駅の窓口まで持っていけば、 新しいSuicaカードを発行して、古いSuicaの チャージ残高を移行してくれます。 または Suicaの払い戻しも可能です。 Suica スイカ のまとめ いかがでしたか? 長年、Suicaを使っている人ほど意外に知らないSuicaの使い方があったのではないでしょうか。 いちばんおすすめの使い方は、Suicaのチャージで1. 5%還元のポイントが貯まる Suica機能付きビューカードを1枚作ること。 そのビューカードを モバイルSuicaに登録して、 オートチャージ機能を利用することです。 そしてSuica付きビューカードを手に入れたとしても、自分でネットにアクセスしてJRE POINTとSuicaを連携させる登録が必要です。 まずは忘れないうちにやっておきましょう!.

次の