郵便局簡易保険。 独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法の全文・条文

簡易保険

郵便局簡易保険

保険でお金が借りられるという話、聞いたことありませんか?郵便局の簡易保険なら、1. 75%~6%という低利でお金が借りられます。 では、利用方法、注意点をくわしく見てみましょう。 そこには「保険契約者」「被保険者」「保険受取人」の3人の名前が書いてあるはずです。 お金を借りられるのは、 「保険契約者」です。 つまり、親( 契約者)があなた( 被保険者)にかけている保険があったとしても、お金を借りられるのは親で、あなたは借りられません。 簡保の申し込みをした郵便局でなくても、全国どこの郵便局でも手続き出来ます。 簡保カードを使えば、次回からの貸付もATMですることが出来ます。 また、郵便貯金のキャッシュカードと簡保カードが一枚になった 共用カードもあります。 え、こんな低金利?次のページでご紹介します。

次の

郵便局が保険を“押し売り”!? ~郵便局員たちの告白~

郵便局簡易保険

保険でお金が借りられるという話、聞いたことありませんか?郵便局の簡易保険なら、1. 75%~6%という低利でお金が借りられます。 では、利用方法、注意点をくわしく見てみましょう。 そこには「保険契約者」「被保険者」「保険受取人」の3人の名前が書いてあるはずです。 お金を借りられるのは、 「保険契約者」です。 つまり、親( 契約者)があなた( 被保険者)にかけている保険があったとしても、お金を借りられるのは親で、あなたは借りられません。 簡保の申し込みをした郵便局でなくても、全国どこの郵便局でも手続き出来ます。 簡保カードを使えば、次回からの貸付もATMですることが出来ます。 また、郵便貯金のキャッシュカードと簡保カードが一枚になった 共用カードもあります。 え、こんな低金利?次のページでご紹介します。

次の

郵便局 学資保険: 簡易保険システム

郵便局簡易保険

「簡易郵便局」を受託しませんか 簡易郵便局とは 現在、郵便局は全国に約24,000局あります。 そのうち約4,000局が、地域の方々に業務を行っていただいている簡易郵便局。 日本郵便株式会社と契約を交わしていただき、手紙を送る、お金を引き出す、保険に加入する( 1)、といったサービスを全国あまねく受けられるように運営していただいています。 1 保険の募集および紹介は、株式会社かんぽ生命保険の委託により行う業務です。 簡易郵便局・開局のしくみ 簡易郵便局は、委託手数料を収益としながら受託者が事業主として郵便局の運営を行っていただくものです。 取扱業務の主な内容 郵便局の窓口業務のうち基本的な業務(郵便、貯金、為替、振替、保険)を行っていただきます。 切手、印紙、はがき等の販売• 郵便物のお引き受け(配達はしません)• ゆうパックのお引き受け(配達はしません) 貯金(銀行代理業)• 通常貯金や定額貯金のお預かりまたは払戻し• 口座振替の対応• 普通為替や定額小為替の発行(販売) 保険• 保険料の受け入れ• 保険金の請求に関する手続き• 1 保険の募集および紹介は、株式会社かんぽ生命保険の委託により行う業務です。 年齢が契約締結時点で20歳以上、申込時点で65歳以下• 簡易郵便局施設・設備を自ら用意できる方• 十分な社会的信用を有し、簡易郵便局委託業務を適正に行うために必要な能力を有する方• 破産者でない などです。 2 個人の場合、連帯保証人1名(純資産300万円以上)が必要。 収入について 日本郵便株式会社から受託者の方へ、「基本額」「取扱料」および「加算額」の合計額で構成される委託手数料を毎月お支払いします。 <基本額> 業務の取扱量にかかわらず、毎月一定の額をお支払いします。 なお、基本額は、受託する業務範囲により異なり、月額50,058円から281,949円です。 <取扱料> 取扱件数に応じてお支払いします。 例えば、ゆうパックの引受け、定額貯金の預け入れなどの取扱件数に応じてお支払いします。 <加算額> 取扱金額等に応じてお支払いします。 例えば、定額貯金の預け入れを受け付けた場合、その預入金額に対して定められた割合でお支払いします。 詳しくは下記より、お電話にてお問い合わせください。

次の